アンチエイジング

ベリーを食べてアンチエイジング!ポリフェノールで若返り効果

更新日:

ブルーベリーやラズベリー、イチゴなどのベリー類は、若返りの効果がたっぷりなのをご存知でしょうか。ベリー類の中でも、とくに若返り効果の高いベリーを摂取することで、効率よくアンチエイジングをすることができます。美味しくて美容に良い成分が豊富なベリー類をもっと食べて、手軽に若々しさを手に入れましょう。

ベリー類にはポリフェノールが豊富

ブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリーなど、ベリー類には様々な種類がありますが、どれも豊富にポリフェノールを含んでいるのが特徴です。ポリフェノールを摂取することによって、抗酸化作用が働くので老化を防止することができます。

 

年齢を重ねるにつれて、体の中で活性酸素が作られるようになり、酸化していきます。ベリー類に含まれているポリフェノールは、この酸化をストップしてくれる働きがあるので、アンチエイジングには最適なのです。

ベリーを食べてフリーラジカルを撃退!

体に取り込まれた脂肪酸を、有害な「過酸化脂質」という成分に変えてしまうことをフリーラジカルと言います。ベリー類にはこのフリーラジカルを制御する働きがあるので、脂肪酸が有害な過酸化脂質に変化してしまうのを防いでくれます。

 

年齢を重ねるにつれて、摂取した脂肪は過酸化脂質に変化しやすくなってしまいます。習慣的にベリー類を食べることで、美容にとって良い効果が得られるのです。

アントシアニンの効果で目の疲れも解消

ポリフェノールの一種であるアントシアニンという成分が、ベリー類には豊富に含まれています。アントシアニンには高い抗酸化作用があるため、若返りに効果的です。さらに、アントシアニンを摂取することで、目の疲れが解消できると言われています。その理由は、ロドプシンという成分の再合成を助ける作用があるからです。

 

目の疲れを感じている人は、アントシアニンを摂取することで、眼精疲労を予防することができます。さらに、アントシアニンの効果は即効性があるので、摂取してから4時間後には回復効果があると言われているのです。

どんなベリーがアンチエイジングに効果的?

ベリー類はどんなものでもポリフェノールがたっぷりと含まれていますが、種類によって美容に良い成分が違っています。それぞれのベリーにどんな成分があるか知っておくことで、さらに効果的に美容成分を取り入れることができます。

ブラックベリー

ブラックベリーには、抗酸化成分であるポリフェノールが、たくさん含まれています。アンチエイジングに最適なアントシアニン、エラグ酸、タンニン、カテキン、エピカテキンなどが有効に働くので、若返り効果が期待できます。

 

ベリー類の中でもブラックベリーには抗酸化物質を豊富に含んでおり、濃厚な黒紫色には、たっぷりとアントシアニンが含まれているのです。さらに、食物繊維のペクチンという成分を含んでいるため、便秘も予防することができ、ダイエット効果も期待できます。

アサイーベリー

奇跡の万能フルーツとして有名になったアサイーベリーは、アンチエイジングに最適なベリーです。アサイーはアミノ酸、抗酸化物質を豊富に含んでいるため、老化防止の効果があります。アサイーベリーには、不飽和脂肪酸という成分が含まれており、さらにオレイン酸の効果によって肌の再生力をアップさせ、細胞を若返らせる効果があるのです。

 

いらなくなった老廃物を外へと排出する働きもあるので、常に体の中を綺麗に保ってくれる効果もあります。アサイーは、サプリメントやドリンクなど豊富なバリエーションがあるので、毎日の食生活に手軽に取り入れることができるでしょう。

マキベリー

ブルーベリーの少し小さめサイズで、さらにアントシアニンは豊富に含まれているのがマキベリーです。マキベリーは美容効果抜群のスーパーフルーツで、パタゴニアン・ブルーベリーとも呼ばれています。マキベリーのすごい所は、とにかくポリフェノールが豊富に含まれていることです。なんとアサイーベリーの約5倍、ブルーベリーの14倍も含まれているのです。

 

このポリフェノールの効果で、抗酸化作用がしっかりと働き、若返り効果があるのです。抗酸化物質とオメガ脂肪酸、食物繊維をバランス良く含んでいるので、栄養バランスもバッチリなのです。豊富なビタミンやミネラルに加えて、カルシウムやカリウムも含んでいるので、老廃物を排出してくれる効果もあります。

コーヒーベリー

コーヒーベリーとは、コーヒーチェリーとも呼ばれているコーヒーの実のことです。コーヒーを作るときには種の部分を使いますが、その周りについている果肉の部分がコーヒーベリーです。コーヒーベリーにはポリフェノールがたっぷりと含まれており、抗酸化作用の高いアントシアニンがとくに豊富です。

 

さらに、がんの予防に効果的と言われている「クロロゲン酸」という成分が、活性酸素の生成をしっかりと抑えてくれるので、老化防止効果が高いのです。また、コーヒーベリーを摂取することで脂肪を分解し、燃焼を助ける効果があるので、ダイエット効果も期待できます。紫外線を吸収する働きもあることから、美白にも効果があると言われています。

ゴールデンベリー

ゴールデンベリーと聞くと、何のことかピンとこない人も多いと思います。実は、ゴールデンベリーというのは「ほおずき」のことなのです。このほおずきの実が、実はアンチエイジングの女王とも呼ばれているほど人気を集めているのです。

 

ゴールデンベリーには、βカロテン、ビタミンC、食物繊維などの美容成分がたっぷりと含まれており、活性酸素を除去する働きがあります。年齢を重ねてダメージを受けやすくなった粘膜を再生し、免疫機能を保つ効果があるのです。また、「イノシトール」という成分が含まれていることによって、代謝を促進し血行を良くする効果があります

 

コレステロール値を下げて、動脈硬化の予防にもつながるので、美容はもちろんのこと、健康のためにもとても良いスーパーフードなのです。美肌にとって欠かせない成分であるビタミンCの吸収を助ける効果もあり、肌の潤いを保ちながら美白効果も期待できます。

アロニアベリー

日本ではなかなか耳にすることのないアロニアベリーは、北米やロシアなどの寒い地域で主に栽培されており、日本でも東北を中心に栽培されているベリーです。黒い実と赤い実がつくのが特徴で、食べられるのは黒い実です。

 

ポリフェノールの中でも抗酸化作用の高いアントシアニンを豊富に含んでいるため、アンチエイジングに効果的です。目の疲れ解消にも非常に効果的なので、パソコンに向かうことの多い人はぜひ摂取したいベリーです。

 

また、アロニアベリーには豊富なオリゴ糖が含まれているため、腸内環境を整えて便秘を解消してくれる効果があります。腸内の悪玉菌を減らし、乳酸菌などの善玉菌を促進することで腸内細菌のバランスを整えてくれるのです。便秘気味で調子が悪いと感じている人におすすめです。

 

身体が喜ぶポリフェノール

ポリフェノールとは植物由来の成分の総称で、植物の樹皮や種子に含まれている苦味や渋み・色素などの成分です。

これらの成分により植物は昆虫や小動物などから身を守っています。

そしてポリフェノールと言えばアンチエイジングが知られていますが、これらの成分が紫外線などによってできてしまう活性酸素を抑えているのです。

特に動物のように動くことのない植物にとっては欠かせない成分と言えます。

しかしこの活性酸素を抑える抗酸化作用は動物にも非常に重要です。

植物に含まれるポリフェノールを摂取することで活性酸素を抑えることができます。

肌や血管の老化、疲労やストレスによる活性酸素の発生、がん細胞など様々な面で効果があるとされているのがポリフェノールなのです。

この他にはメラニンの生成を抑えて美白にする作用や、肌を健康に保つ作用、脂肪燃焼効果もあるとされています。

アレルギーにも効果的で、アレルギー症状の原因となるヒスタミンを抑えてくれるようです。

自然界にはなんと5000種類ものポリフェノールが存在していると言われています。

その中で人間に有効にはたらくとされるものだけでも400種類ほどに上るようです。

意外を抗酸化作用をもった成分は多いということですね。

 

抗酸化作用とは

上記の活性酸素は100%悪いものというわけではなく、存在自体が良くないわけではありません。

活性酸素は細菌やがん細胞と戦ってくれるという面も持ち合わせています。

しかし活性酸素は疲労やストレスなどで大量に増えやすく、紫外線など環境によっても増えてしまいます。

この大量の活性酸素に触れることで人間は老化が早まるとされています。

細胞の老化が早まることによって動脈硬化が進んだり、代謝が悪くなるなど生活習慣病につながってしまうということです。

生活習慣病の9割は活性酸素によるものだという研究報告もあるようです。

これらの影響により逆にがん細胞を活性化してしまうこともあり、活性酸素の除去は非常に重要とされています。

この活性酸素は身体を酸化させるはたらきがあります。

その酸化力をもって細菌やがん細胞と戦っているのです。

そしてこの酸化力に対してポリフェノールがはたらくのが抗酸化作用です。

過度な酸化を防ぐという意味ですね。

活性酸素を抑えることで生活習慣病を防いだりアンチエイジングが期待できるというわけです。

 

ポリフェノールと言えば赤ワインやカカオ

ポリフェノールが知られるきっかけとなったのは赤ワインカカオチョコレートではないでしょうか。

赤ワインは白ワインと違い果皮や種子も含めて絞るためポリフェノールが豊富になると言われています。

赤ワインにはアントシアニンやレスベラトロールというポリフェノールが含まれています。

特にアントシアニンは豊富に含まれており、細胞を若返らせることで肝機能や心機能を改善し、認知症の予防などにも良いようです。

またアントシアニンと言えばブルーベリーに含まれる成分ということをご存じの方も多いと思いますが、このアントシアニンはポリフェノールだったのですね。

ブルーベリーはぶどうポリフェノールを豊富に含み、果物の中ではポリフェノールの含有量が最も多いとされています。

またアントシアニンほど多くはないですが、赤ワインに含まれるレスベラトロールはポリフェノールの中でも強力な抗酸化作用をもっているとされています。

長寿の遺伝子であるサーチュイン遺伝子を活性化させることで老化しにくい身体になるとともに、がんの抑制に強力にはたらくようです。

チョコレートやココアなどのカカオポリフェノールも有名になりました。

カカオを謳った商品も多数出ていますし、カカオの特徴として乾燥状態ではポリフェノールの含有量が格段に多くなります。

ココアなどでは効率よく摂取できるということですね。

ただし牛乳との相性は良くないようでポリフェノールの吸収量は減ってしまうとのことです。

とても意外ですが、ポリフェノールを摂取したいときは気を付けましょう。

ココアは保温力に優れているので冷えに悩む人では積極的に摂りたいですね。

飲み物で言うと緑茶に含まれるカテキンもポリフェノールの一種なのです。

カテキンは殺菌効果が高いことでも有名ですね。

また脂肪燃焼効果を謳った商品もあるように、コレステロールを減らしたり血糖値を正常化してくれるはたらきがあるとされています。

カテキンは入れたてのお茶で最も多く、時間が経ったり加工されると減ってしまうようです。

その他に飲み物と言えばコーヒーにもポリフェノールは含まれています。

コーヒークロロゲン酸というポリフェノールで、脂肪燃焼や代謝の活性化にはたらきます。

コーヒーの場合はカフェインが含まれていることでも有名ですが、摂取のし過ぎでカフェインによる交感神経過多にならないように気を付けましょう。

コーヒーもお茶もバランス良く摂りたいですね。

 

果物はやはりポリフェノールが多い

ブルーベリーのアントシアニンについて上述しましたが、果物ではポリフェノールが多く含まれています。

すももにはフラボノイドというポリフェノールが豊富で動脈硬化の予防に高い効果が期待できるとされています。

すももには食物繊維も多く含まれているので、その整腸作用がさらに動脈硬化の改善効果を高めるとされています。

果物でポリフェノール含有量が多いものとしてはイチゴも挙げられます。

アントシアニンやエラグ酸というポリフェノールが豊富です。

ビタミンCやクエン酸を多く含んでいることと合わせて、疲労回復効果が高くピロリ菌対策にも良いようです。

他にはりんごに含まれるりんごポリフェノールをご存じの方も多いでしょう。

美肌やダイエットに効果的なことや、抜け毛の予防などにもはたらくようです。

 

意外?

和食でも摂れるポリフェノール

AdobeStock_64169427

ポリフェノールと聞くと和食とは縁がなさそうなイメージをもってしまいそうですが、蕎麦に含まれるルチンというポリフェノールは血管系に強いとされています。

血管が加齢などでもろくなるのを防いだり、高血圧や動脈硬化を予防してくれるはたらきがあるようです。

近年では血管の老化から人間は老いていくとも言われていますので、是非とも摂りたい成分ですね。

蕎麦アレルギーの人でもアスパラガスや桑の実、そしてグレープフルーツなどの柑橘系の皮に多く含まれているようなのでそれらで摂取すると良いでしょう。

また和食に多いのが大豆ですが、大豆に含まれるイソフラボンもポリフェノールの一種です。

納豆や豆腐はたんぱく質が多いことでも有名ですが、イソフラボンも摂ることができます。

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似たようなはたらきをするとされていて、更年期障害や骨粗鬆症など女性ホルモンの影響を受ける疾患に有効なようです。

女性らしさを引き出すためにも有効なポリフェノールとされています。

男性では前立腺がんなどに対しての抗がん作用もあるということです。

 

 

最後に

いかがでしたか?ベリー類の中でも、よりアンチエイジングに効果的なものを選んで摂取することで、高い効果が得られるでしょう。ベリーは生で摂取することはもちろん、忙しい人はサプリメントなどで摂取するのも良いですね。

 

紹介した以外にも、手軽に摂取しやすいブルーベリーやビルベリー、カシス、黒豆などもおすすめです。冷凍して販売されているベリー類は、ちょっとした休憩やおやつにつまむことができるので便利です。毎日の生活スタイルの中に、無理のないように取り入れてみることで、毎日若返りを実感してみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-アンチエイジング
-,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2018 All Rights Reserved.