ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

育毛

教えて!抜け毛その原因と対策とは?薄毛解消&育毛マニュアル決定版

更新日:

抜け毛の原因って?

AdobeStock_96804591

抜け毛の原因は様々です。中でも多いのは、頭皮の汚れが髪の成長を阻害しているというケースでしょうか。

髪の毛の成長は、常に頭皮の状態に左右されています。余分な皮脂が毛穴に詰まっていると、髪の毛に栄養を送ることが難しくなってくるんです。

頭皮の状態を良好に保つには、毎日しっかり洗髪を行うことが大切です。マッサージをするように、指の腹で優しく頭皮を揉みほぐすのがポイント。育毛シャンプーなどの助けを借りて、毛穴の汚れまでしっかりと落としましょう。

ただし育毛シャンプーを購入する時は、強力な洗浄力を持ったものよりも、頭皮に優しいものを選んでくださいね。洗浄しすぎると、頭皮の保護に必要とされる最低限の皮脂まで取り除かれてしまうんです。

ただの汚れとみなされがちですが、皮脂には頭皮の潤いを保つという大切な役割もあるんですよ。かえって頭皮の状態を悪化させないように、洗髪はほどほどにしておきましょう。
ところで抜け毛の症状は、昨今、性別を問わずに多く見られます。年齢を重ねた男性の場合、抜け毛の原因は、ホルモンバランスの乱れから来ていることがほとんど。いわゆる男性型脱毛症と呼ばれる抜け毛には、男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の過剰な働きが、影響を及ぼしていると言われています。

男性型脱毛症には、「フィナステリド」を配合した薬が良く効きますフィナステリドを摂取すると、体内で作られるジヒドロテストステロン量の増加を、未然に食い止めることができるのです。日本で使用が認められているのは、医薬品として販売される『プロペシア』。フィナステリドが1mg配合されています。

『プロペシア』は、お近くの育毛専門クリニックなどで、診察のうえ処方してもらうことが可能です。一方、女性の抜け毛は、頭皮の血行不良によって起こることが多いようです。

抜け毛で悩んでいる女性は、まず生活習慣を見直してみましょう。過度のストレスを抱えていたり、不規則な生活を続けていると、人間は段々と血行不良になってくるんですよ。

さて最後になりますが、育毛剤を使用する際には、用法をよく確認してくださいね。特に妊娠をしている女性などは要注意。

育毛剤の中には、男性ホルモンに働きかける成分が配合されているものがあるんです。誤って使用してしまうと、体内のホルモンバランスが目茶苦茶になってしまいますからね。

抜け毛の対策を取ろう

あなたは抜け毛の対策を取っていますか?ちょっとした対策を取るだけで、抜け毛が解消できることもあるんですよ。ここでは、効果的な抜け毛対策をいくつかご紹介していきますね。

頭皮にかかる負担は、少しでも減らすことが肝心です。抜け毛の進行は、頭皮ケアで食い止めましょう。まず試してもらいたいのは、頭皮のマッサージです。

抜け毛が増えるのは、あなたの髪の毛が栄養不足に陥っているからかもしれません。マッサージで頭皮の血行を促進してやると、髪の毛に栄養が行き渡りやすくなるんですよ。マッサージは、身体がリッラクスした状態で行うのが理想的。例えば、お風呂上がりの就寝前などに試してみましょう。

マッサージのついでに、頭部のツボを刺激するのもオススメです。「百会(ひゃくえ)」というツボを刺激すると、体中の血の巡りがスムーズになると言われています。

「百会」の場所を探るには、まず両方の耳穴を親指で塞いでください。そして親指で耳を塞いだまま、手のひらで頭をつかみます。頭をつかんだ際に、両手の中指が触れ合うところ。そこが「百会」です。指の腹を使って、3秒ほど「百会」を指圧するのが効果的だそうです。

さらに毎日の洗髪を心がけることも、立派な抜け毛対策です。頭皮が不潔だと、髪の成長が滞ってしまうんですよ。
洗髪時には、頭皮をマッサージするように洗いましょう。

この時、爪を立てていると、頭皮を傷付けてしまいます。指の腹を使って、頭皮を優しく揉みほぐすのがポイントです。また洗髪と同様、ブラッシングの際にも頭皮を傷めないように気を付けてください。

ブラシの毛先で、頭皮を傷付けてしまう恐れがありますからね。抜け毛対策を取るなら、できれば頭皮に優しいブラシに買い換えてしまいましょう。

イチ押しは、猪毛のブラシです。優しく地肌を刺激する猪毛のブラシを使えば、髪がツヤツヤになるうえに、頭皮の血行改善が出来るそうですよ。

毛乳頭の働き

育毛のカギを握るのは、髪の毛の心臓部である『毛乳頭』の働きです。『毛乳頭』の役割は、髪の成長をコントロールすること。「毛母細胞」に指令と栄養を送って、髪の成長を促します。健やかな髪の毛を維持するためには、この『毛乳頭』の働きが不可欠なんですよ。

ところで、『毛乳頭』の働きが弱ってしまうと、頭皮の状態は一体どうなると思いますか?私たちの髪の毛は、「毛母細胞」が細胞分裂を繰り返すことで成長しています。

しかし司令塔の役割を果たす『毛乳頭』の働きが鈍っていれば「毛母細胞」の分裂が滞ってくるのは必至!その結果、地肌に生える髪の毛はやせ細り、頭皮はいわゆる薄毛の状態になってしまうのです。

『毛乳頭』の働きを強くするためには、毎日の頭皮ケアが大切です。頭皮ケアで『毛乳頭』を刺激してやると、「毛母細胞」が活発になり、次第に髪の毛も健康を取り戻します。

手軽に行える頭皮ケアのひとつは、血行を促進させる頭皮マッサージ。マッサージで頭皮の血の巡りが良くなれば、『毛乳頭』へ栄養をスムーズに届けることができるはずですよ。

また頭皮マッサージに加えて、育毛剤を使用するのもオススメ。『毛乳頭』に程よい刺激を与えてくれる育毛剤を選べば、いっそう育毛効果が高まります。

ちなみにイチ押しは、タンパク質を『毛乳頭』にしっかりと送り届けてくれる育毛剤です。『毛乳頭』の活性化には、発毛命令を出すタンパク質の働きが欠かせないんですよ。

ただし育毛剤を使用する場合は、成分表示や用法をよく確認してください。誤った使用方法を続けていると、かえって頭皮の状態を悪化させることがありますからね。

さらにできるだけ低刺激のもの、浸透力が高い育毛剤を選ぶこともポイントです。正しい頭皮ケアで、効率よく『毛乳頭』の働きを活性化させましょう。

抜け毛と向き合った育毛生活を

抜け毛を増やす原因のひとつに、「頭皮の血行不良」があります。髪の毛の成長を促す栄養は、血液とともに毛根まで運ばれてきます。

そのため血の巡りが悪いと、髪の毛に十分な栄養を届けることができないんですね。そして毛根が栄養不足で弱ってしまうと、髪の毛は抜けやすくなってしまうんですよ。

あなたの血行は良好ですか?知らないうちに血の巡りが鈍くなっているという人は、実のところ結構いるものです。例えば不規則な生活を送っている人、または喫煙をしている人たち。こうした悪習慣が身に付いていると、血流をコントロールしてくれる自律神経のバランスが崩れてしまうんですよ。

育毛生活の第一歩は、自分の抜け毛と向き合うことから始まります。抜け毛に悩んでいるという人は、自分のライフスタイルを見直してみましょう!

まず夜間は、ぐっすりと眠るクセをつけてください。髪の毛が成長するのは、人が眠っている時間帯。特に体内で成長ホルモンが分泌される22~2時までだと言われています。この時間帯に睡眠が取れていないと、髪の毛は健やかに成長することが出来ないんですよ。

さらに食生活では、栄養が偏らない食事メニューを心がけましょう。脂肪や糖分を摂り過ぎていると、頭皮に余計な皮脂が増えてしまいます。髪の成長に欠かせないのは、ビタミン・ミネラル・タンパク質などの栄養素。手軽に栄養を補給したいという人には、育毛サプリメントの使用がオススメですね。

また生活習慣の見直しと併せて、頭皮ケアに取り組むことも大切です。より育毛効果を感じるためには、育毛剤の使用と頭皮マッサージを毎日続けてください。頭皮の血行がより促進されて、いっそう育毛効果が高まりますよ。

ただし生活習慣を改めれば、100%抜け毛が減るというワケではありません。育毛の兆しは人それぞれです。体質によって、個人個人で効果的な育毛方法は違うんです。それでも規則正しい生活は、身体にとって決してマイナスにはなりませんからね。試してみても損はないと思いますよ。

脱毛症の予防策

髪の元気が無くなってしまう前に、育毛環境を整えてみませんか?普段からちょっとした対策を取るだけで、脱毛症を予防することができるんですよ。

脱毛症の予防として大切なのは、まず頭皮の状態をキレイに保つことです。毎日の洗髪で、余分な皮脂を洗い流すようにしてください。皮脂が毛穴に詰まってしまうと、新しい髪の毛が生えづらいと言われています。

また、皮脂に潜んだ細菌が、毛穴の炎症を引き起こすこともあるんですよ。ただし皮脂を全て取り除いてしまうと、頭皮と髪の毛は乾燥してしまいます。

洗浄力の強いシャンプーは避けて、頭皮に優しいシャンプーを選びましょう。洗髪の際は、指の腹でマッサージするように頭皮を優しく洗います。そしてシャンプーの使用後は、頭をよくすすいでください。頭皮にシャンプーが残ってしまうと、毛穴が炎症を起こしてしまいますからね。「頭を洗うと、やたらと髪の毛が抜けてしまう」という理由で、毎日の洗髪を避ける人がいるかもしれません。

しかし不潔な頭皮は、育毛にとってマイナスです。通常は髪が抜けた分だけ、毎日新しい頭髪が生えてくるものです。髪の毛が1日に100本程度抜けるのは、ごく自然なことなので安心してください。

洗髪の次に大切なのは、規則正しい生活を送ることです。髪の成長にとって欠かせない栄養素は、ビタミン・ミネラル・タンパク質です。バランスの良い食事を取って、決まった時間に寝起きする習慣を身につけましょう。

さらにできるだけストレスを溜め込まない生活を心がてください。人間はストレスを抱えていると、体内の血液循環が悪くなってくるそうです。血液の循環が鈍くなった頭皮では、髪の毛が生えづらくなってしまいますよ。

また外出時には、帽子を被るのがベストです。紫外線の浴び過ぎは、髪のキューティクルを傷めるほか、頭皮の炎症などを引き起こします。すでに薄毛の兆候が見られる人は、紫外線に対して特に注意が必要ですね。髪の毛が無いぶん、頭皮に大ダメージを受ける恐れがあるためです。

長時間外出する場合は、時々帽子を取って、頭皮に風を送ります。頭皮が蒸れてしまったと感じたら、早めに頭を洗ってくださいね。頭皮を清潔に保つことが、育毛にとって一番の薬ですからね。

頭皮の血行促進

あなたの頭皮は、血行不良に陥っていませんか?頭皮の血行不良は、薄毛の原因のひとつなんです。地肌が硬くなっている人は、頭皮が血行不良になっている可能性が高いですね。

頭皮は「表皮」・「真皮」・「皮下組織」と呼ばれる3つの層が重なって出来ています。このうちの真皮層が硬くなってくると、毛細血管が圧迫されて、血の巡りが悪くなってしまうんです。

私たちの髪の毛は、血液と一緒に届けられる栄養を受け取って成長しています。そのため血の巡りが悪かったり、ドロドロの血液が流れていると、髪の毛は栄養の受け取りがスムーズに出来なくなってしまうんです。つまり、髪の毛に栄養をたっぷりと届けるためには、血行を促進する必要がある!ということですね。

ちょっとした心がけを持つだけで、頭皮の血行は随分と改善することができるんですよ。あなたも普段から、血行を意識した生活を送ってみませんか?

さて、まずは食生活を見直すところから始めてみましょう。食生活が乱れていると、身体は血行不良に陥ってしまいます。余分な脂肪の摂取を抑えるために、食べ過ぎには要注意!脂肪を摂りすぎると、血液がドロドロに汚れてしまいますからね。

毎日の食事では、栄養のバランスに気を付けることが大切です。血液をサラサラにしてくれる「ビタミンC」や、血行を促す「ビタミンE」などをしっかりと摂りましょう。

また、血管の収縮を防ぐために、身体を冷やさないこともポイント。身体が急激に冷えるような生活は、控えておいた方が無難です。例えば、夏の生活。あなたは毎日、冷たい飲み物ばかりを飲んでいませんか?

実を言うと、血行不良を引き起こすのは、冬よりも夏の季節が多いんですよ。身体が急に冷えてしまうと、血管が収縮して、血流が弱ってしまうんです。

夏であっても、なるべく常温か、温かい飲み物を飲むクセを身に付けておいた方が良さそうですね。さらに、夏の冷房による身体の冷え過ぎにも気を付けておきましょう。そして最も手軽に行えるのが、入浴時の血行促進です。

夜は必ず入浴の時間を確保して、ぬるめのお湯にゆっくりと浸かりましょう。時間がある時は、昼間に半身浴をするのも良いですね。

湯船に浸かった状態で、頭皮マッサージをするのがオススメです。地肌を揉みほぐすように優しくマッサージしてやると、いっそう頭皮の血行を促すことができますよ。

髪の成長とビタミンの働き

AdobeStock_52143451

人間の身体にとって、ビタミンは欠かすことができない栄養素です。普段の食事からビタミンの摂取が十分にできないと、わたしたちの身体には様々な不調が生じます。

そして身体の不調は、頭皮や髪の毛にも現れることがあります。つまりビタミンの不足によって、薄毛や抜け毛が起こりうる!ということです。

以下には髪の成長に不可欠なビタミンをまとめてみました。

ビタミンH

別名「ビオチン」と呼ばれるビタミン。ビタミンB群に属します。白髪を減らし、黒々とした髪の毛を作ります。
ビタミンHを摂取すると、「髪の寿命が長くなる」と言われています。髪の成長にとって、最も重要な働きをするビタミンです。

ビタミンB2

髪の毛をグングン成長させるビタミン。ビタミンB2が不足すると、髪の毛が傷んでしまいます。

ビタミンB6

髪の毛を構成するケラチンの生成に欠かせない栄養素です。ビタミンB6の不足は、髪の元気を奪います。

ビタミンE

血行促進作用を持つビタミン。頭皮の血の巡りを促します。抗酸化作用があることから、アンチエイジングに効果的だと言われています。ビタミンCと併用することで、さらに抗酸化作用が高まります。ただしビタミンEの過剰摂取は、皮膚のかゆみや頭痛などを招きます。

ビタミンA

地肌を健やかに保つビタミンです。ビタミンAの過剰摂取は、脱毛を引き起こす恐れがあります。ビタミンHを始めとするビタミンB群・ビタミンEの摂取は、髪の健康に欠かせないものです。普段の食事で摂取できるビタミンには限りがありますから、サプリメントを利用した薄毛対策も良いかもしれませんね。
ただしサプリメントでビタミンを補給する場合は、くれぐれも摂取量に注意すること。特に過剰症の心配があるビタミンA・ビタミンEを含んだサプリメントの摂取には十分気を付けてください。サプリメントの服用前には、必ず用法と用量を確認しておきましょう。

ヘアサイクルと薄毛の関係

毎日のヘアセットや洗髪で、抜け毛の多さに驚くことってありませんか?こんなに抜けてしまうと、そのうちハゲるのでは?と不安に駆られてしまいますよね。しかし、ご安心ください。1日100本程度の抜け毛であれば、まず薄毛を心配する必要はありません。毎日抜け落ちる髪の毛があるのは、これから新しい髪の毛が生えてくる!ということ。

抜け落ちてしまった髪の毛は、単に寿命を迎えたにすぎません。人間の体毛は、成長して一定の期間が過ぎると、自然と抜け落ちてしまうものなんです。そして私たちの髪の毛も、一定のサイクルで生え変わりを繰り返します。

この生え変わりの周期は、「ヘアサイクル(毛周期)」と呼ばれています。ヘアサイクルは、3段階。「成長期」・「退行期」・「休止期」と呼ばれる3つの期間に分かれています。髪の毛の生え変わりは、この3つの期間の繰り返しなんです。

まず「成長期」というのは、髪の毛が伸びる期間のこと。髪の毛が伸びるのは、「毛母細胞」が活発に細胞分裂を繰り返しているためです。この細胞分裂は、毛乳頭から届く栄養が絶えない限り、数年単位で繰り返されます。「成長期」は、ヘアサイクルの大部分を占める期間です。

通常、新しく生えてきた髪の毛が、数ヶ月程度で抜け落ちることはありません。男性の場合は少なくとも2年。女性なら4年間は、髪の毛の成長が続くのです。

「成長期」を終えると、次に迎えるのは「退行期」です。「退行期」では、毛母細胞の分裂が停滞していきます。これは毛乳頭が衰え、細胞分裂に必要とされる栄養が届かなくなった結果です。「退行期」の期間は、2~3週間ほど。ヘアサイクルのうち、最も短い期間ですね。

そうして最後に訪れるのが「休止期」。この間、毛母細胞の活動は完全に停止。毛穴からは、寿命を全うした髪の毛が抜け落ちます。「休止期」の期間は2~3ヶ月ほど。期間が過ぎた後は、また次の「成長期」がやってきます。

さて、以上がヘアサイクルの流れです。

ヘアサイクルを正常に保つことは、育毛にとって、とても大切なことなんですよ。なぜならヘアサイクルの乱れが、薄毛の症状を進行させてしまうから!

例えば「成長期」が短くなってしまうと、新しく生えてきた髪の毛はすぐに抜けてしまいます。さらに「休止期」が長ければ、新しい髪の毛が生えこない!という由々しき事態が起こります。薄毛の進行を止めるには、まずヘアサイクルの正常化を目指しましょう。ヘアサイクル正常化の第一歩は、自分のライフスタイルと向き合うことです。

貴方は普段、髪に悪影響を及ぼす生活を送ってはいませんか?

髪の毛が健やかに成長するためには、十分な栄養が必要です。しかし身体が栄養不足に陥っていたり、頭皮の血行が悪いと、毛母細胞に栄養を届けることができません。

不規則な生活習慣や行き過ぎたダイエットがたたって、栄養不足に陥っている人はごまんといます。また過度のストレスによって、知らず知らずのうちに頭皮が血行不良となっている人もいるでしょう。

薄毛に悩んでいる人は、ライフスタイルを徹底的に見直してください。目指すのは、髪の毛に栄養を送り届けることができる身体作りです。育毛専門のクリニックを受診して、頭皮の状態をきちんと調べてもらことも大切ですよ。

 

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

続きを見る

-育毛
-, , , , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.