ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

妊娠

バ二シングツインとは?原因や予防法について知っておこう!

更新日:

「バ二シングツイン」という言葉を初めて聞く人は多いかもしれません。妊娠して、お腹に赤ちゃんがいることが分かり、とても嬉しい気持ちでいっぱいのまま、病院を受診し、エコー検査をしてみると、実は双子を妊娠していたということがあります。

 

双子というだけで喜びだけではなく不安も倍以上になるとことと思いますが、その不安のひとつに挙げられるのが「バニシングツイン」と呼ばれるものです。日本語では「消える双子」という意味で、双子を妊娠した場合にのみ起きる現象です。今日は知っておきたいバ二シングツインについて、その原因と予防法についてお伝えしていきたいと思います。

バ二シングツインとは?

双子の妊娠とは、「双胎妊娠」と呼ばれ、子宮内に2人の胎児が同時に存在する状態のことを指しています。妊娠初期の妊婦健診で受けるエコー検査で、1つの胎嚢に2つの胎芽(妊娠初期の胎児)がある、もしくは、胎嚢(胎児が入っている袋)が2つある場合に、双胎妊娠と判断されます。

 

双子を妊娠した場合、妊娠がなんの問題もなく継続されれば、双子のまま出産することが出来ますが、妊娠初期にどちらか一方の赤ちゃんが消えてなくなってしまうことがあります。この現象を「バニシングツイン」といいます。

 

簡単に言いかえると、二人の赤ちゃんのうちの一人を流産してしまっている状態です。医学的には「双胎一児死亡」と言われています。バニシングという単語には消失という意味があり、急に消えてなくなってしまうというイメージを持ちやすいとされていますが、バニシングツインとは、実際には、一方の胎児が子宮内で成長することが出来ず、徐々に吸収されることによって、消えてしまう現象です。

 

赤ちゃん1人を妊娠した場合に自然妊娠する確率が15%程度だと言われていますので、バニシングツインの確率もこれと同じ程度と考えられています。それでもバニシングツインの明確な数字は分かっていません。

 

様々な調査の情報でも10%~20%とひらきがあるので、はっきりした数字が分かっていないのが、現状です。バニシングツインは一卵性双生児でも二卵性双生児でもどちらにも起こることのある現象ですが、一卵性双生児の方がバニシングツインになる確率は高いと言われています。

バ二シングツインの原因

現時点では、バニシングツインのはっきりとした原因は特定されていません。妊娠初期段階で流産してしまうのと同じように、一種染色体の異常などが原因で一方の胎児が流産し、もう一方の胎児の妊娠を維持するために、亡くなった胎児を子宮内に吸収するという考えが有力とされています。

 

また、一卵性双生児がバニシングツインになると、その原因が染色体異常などの場合にはもうひとりの赤ちゃんも同じ遺伝子を持っているために、流産してしまう確率が高くなっているのが、現状です。

バ二シングツインが起こる時期

バニシングツインは妊娠初期に当たる妊娠15週目が終わるまで、つまり妊娠初期の間に起こった双胎一児死亡で起こります。特に胎児の心拍がきちんと確認できるようになる少し前の妊娠9週目頃までによく見られると言われています。単胎妊娠における流産も心拍の確認ができるまでに起こりやすいので、これと同じ程度だと言うことが出来るでしょう。

 

しかし、妊娠中期に入ってから片方の胎児が死亡してしまった場合には、稀にバニシングツインが起こらず、そのまま子宮内に残ってしまうケースがあります。この場合は元気なほうの胎児の成長に合わせて経過を観察しつつ、出産時に死亡した胎児も一緒に取り出す方法がとられることもあります。

残った胎児への影響

バニシングツインが起こることはとても悲しいことですが、一番真っ先に考えるのは、残った赤ちゃんが無事なのかどうかということかもしれません。残った方の赤ちゃんはどうなるのでしょうか?

 

まず、妊娠初期の段階でバニシングツインが起こった場合は、残された赤ちゃんや母体に影響を与えることはほとんどないと言われています。また先ほど述べたように、流産した赤ちゃんは子宮に吸収されるので特別な処置も必要ないといわれています。

 

しかし、妊娠中期を過ぎてからバニシングツインが起こった場合は、先ほども述べたように、胎児が子宮内に残されてしまうことがあるので、一卵性双生児か二卵性双生児かで影響が異なってくる場合があります。まず、二卵性双生児であれば異なる2つの胎盤を持っているのでバニシングツインが悪影響を与えることはほとんどないと考えて良いでしょう。

 

一方、一卵性双生児では同じ胎盤を共有しているために、残されたほうの赤ちゃんも死亡したり脳障害を起こしたりする可能性があります。しかし、残った赤ちゃんのためにできる対応はなく、経過観察するかないのが現状です。

 

また、バニシングツインとダウン症の関連を指摘する研究者もいますが、これについても現時点では分かっていないのが現状です。またこれについても、関連が指摘されているのは一卵性双生児の場合で、二卵性双生児の場合はそうした指摘はありません。

バニシングツインへの不安

双子か、またはそれ以上の赤ちゃんを妊娠したことが分かると、バニシングツインにならないかどうかとても不安に感じる方も多いと思います。また、妊娠に気づくのが少し遅ければ、多胎妊娠やバニシングツインと分からないまま、単胎妊娠だと思い過ごしてしまう場合も多いようです。

 

多胎妊娠に気付いてからバニシングツインが起こってしまった場合には、お母さんの立場としてはわが子をひとり失ってしまったということで、本当に悲しい気持ちに襲われてしまうかもしれません。双子ならではの特有の問題だったとしても、気持ちとしては割り切れず悲しい気分を引きずってしまうかもしれません。

 

ただ、先ほど取り上げたように、このバニシングツインはごくごく初期に起こりやすいというもので、心拍が確認されるとその可能性は一気に下がります。単胎妊娠でも同じく心拍が確認されると流産の可能性はぐっと下がりますので、これと同じように考えて、過度にバニシングツインに捕らわれず、この頃はしっかりと体を休めておくことに専念することが出来るでしょう。

パ二シングツインの予防法

前述でお伝えした通り、バニシングツインは、はっきりとした原因が分かっていないため、予防法が分かっていないのが、現状です。妊娠初期の流産はと同じ捉え方で考えてみても、こればかりは赤ちゃん自身の染色体異常であることが大多数であるため、予防する方法がないのです。

 

また、母親側の黄体ホルモン分泌不足や、子宮内膜の機能不全、子宮筋腫や子宮内膜症などが流産の原因となることがありますが、バニシングツインのように片方だけ流産することはあり得ないのです。それでも、母親としては、出来ることが一つでもあれば、予防したいと思うかもしれません。やはり、妊娠中は誰であっても言えることかもしれませんが、きちんと栄養を摂って、母体に過度のストレスを与えることがないように気を付けましょう。

 

また、激しい運動を避け、赤ちゃんを大切にしてあげましょう。赤ちゃんへの愛情はきちんと、伝わっているはずです。

まとめ

双子以上の赤ちゃんを妊娠した場合に起こる可能性のあるバニシングツインについて考えることが出来ましたが、お分かりいただけたでしょうか。バニシングツインについて知ると、双子を妊娠したお母さんは不安でたまらないかもしれません。またバニシングツインを経験したお母さんの場合、もう一人の子供が無事なのか心配になるかもしれません。

 

それでも、バニシングツインが起きた場合に、順調にもう一人の子供が産まれてくる可能性は85%と言われています。過度の不安やストレスは赤ちゃんにも伝わってしまいますので、ゆっくりとした気持ちで過ごすようにしていきましょう。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-妊娠
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.