ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

コレステロール

悪玉コレステロールを下げる!動脈硬化、高脂血症を防ぐ対策とは?

更新日:

悪玉コレステロールとは何か?

悪玉コレステロールは、本来人間の身体にとって不可欠なものです。細胞膜を構成する重要な物質であり、また性ホルモンの材料になったりしています。

悪玉コレステロールは身体に悪いというイメージだけが先行しているようですが、では一体どんな状態のときに身体にとって不都合なのでしょうか。

医療機関などで検査をすると、悪玉コレステロールの値を医師に指摘されたり、自分で気にしたりしますが、じっさいにはあまり自覚症状がないものです。

脂肪との関連性も多少はありますが、体型にもあまり関係がないようで、痩せていても高脂血症と診断される人はいます。体内で悪玉コレステロールが必要以上に増えてしまうと、血管の壁にたまってきます。

血管壁に悪玉コレステロールが付着すると、血管の内側が狭くなってきて、もろくなったり詰まって血液が流れなくなったりします。

このような状態を動脈硬化と呼ぶのです。動脈硬化の状態が進行すると、いろいろな疾患にかかる可能性が高くなります。それも、脳梗塞や心筋梗塞など命の危機に関わる病気の原因となってきます。

これらの大きな疾患から命を守るためには、悪玉コレステロールの値を適切にコントロールすることが大切になってきます。

悪玉コレステロールの1日あたりの必要量は、1.5~2.0グラムで、このうちの70~80%は体内で作られます。身体の中で製造される悪玉コレステロールのほとんどは、肝臓で作られます。

残りの20~30%を食事で摂るのですが、高悪玉コレステロールのケースの大半が、食事で必要以上の悪玉コレステロールを摂取しているのです。

食べ過ぎや偏った食事内容、さらに運動不足などで悪玉コレステロールは増加してしまいます。このような生活習慣を続けていれば、高脂血症になるのは仕方がありませんね。

サプリメントで悪玉コレステロールを下げよう

悪玉コレステロールを下げるためには、運動をしたり食生活の改善が必要なのは充分過ぎるほど分かっていても、継続して続けるのはとても大変です。

外食をする機会が多かったり、なかなか運動が続かなかったり、いろいろ忙しい私たちにとって、手軽に摂れるサプリメントは救世主のようなもの。

血液をサラサラにする成分として有名なものに、DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)があります。一度くらいは耳にしたことがあるのではないでしょうか。

血液が悪玉コレステロールでドロドロになると、血栓ができやすくなり、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすリスクが高くなります。

DHAとEPAのサプリメントは、血栓ができるのを予防してくれます一般的な食事では、イワシなどの青魚やマグロにたくさん含まれている成分です。

でも、DHAやEPAは、毎日継続して摂取する必要があります。たとえば、イワシならば毎日2~3匹も食べ続けなければ効果がなく、普通の食事で充分なDHAとEPAを摂ることは難しいのです。

そこで利用したいのがDHAとEPAを配合した悪玉コレステロールに効くサプリメントです。1日の必要量を、わずか150円程度でまかなうことができます。

たくさんのメーカーがDHAとEPAのサプリメントを販売していますが、価格や製造元の信頼性をよく比較して選ぶと良いでしょう。

健康になろうと思って摂ったサプリメントで、逆に健康被害を引き起こさないように、メーカー選びは充分検討してください。値段だけで購入することなく、安全性を重視しましょう。

高コレステロールで引き起こされる病気とは?

AdobeStock_21376710

検査で高悪玉コレステロールと診断されたのに、そのまま放置して今までと同じ食事内容や生活習慣を継続すると、一体どうなるのでしょうか?悪玉コレステロールの値が高いと引き起こされる病気には、何があるのでしょうか?

本来、悪玉コレステロールは人間の体に必要な成分で、全然なくなるのは体にとって深刻な状態です。

悪玉コレステロールが増える原因のほとんどが食生活です。
脂の多い食事を好んで食べたり、アルコールの摂りすぎやバランスの悪い不規則な食事が原因です。食糧難だった時代には考えられないほど、現代は飽食の時代になったので、食事の内容には気を配らなければいけなくなりました。

血液中の悪玉コレステロールが高いまま放っておくと、最初に皮下脂肪や内臓脂肪の元凶となります。その後、糖尿病、心筋梗塞、脂肪肝などの命を落とす危険性の高い疾患が懸念されるようになってきます。

悪玉コレステロールは血管壁に悪さをして、動脈硬化を引き起こします。血管の壁が肥厚して硬くなり、血液の流れるすき間が小さくなってしまいます。

血管が狭くなってしまうと、当然血液の流れはスムーズでなくなり、ところどころ詰まりやすくなります。
このように、脳で血管が詰まれば脳梗塞、心臓で詰まれば心筋梗塞となり、命の危険にさらされることになるのです。

ほかにも、悪玉コレステロールはいろいろな疾患の原因になってきます。

一例を挙げると、脂肪肝となって肝臓に脂肪が蓄積されると、肝硬変を引き起こすようになりますし、胆石の原因にもなるのです。

悪玉コレステロールは、人間の身体の中をクモの巣のように張り巡らされた血管に悪さをします。血管は私たちの生命線です。悪玉コレステロールが原因で血管が悪くなると、さまざまな体の不調を招くことがお分かりでしょう。

動脈硬化とは

動脈硬化とは、その名の通り動脈の血管が硬くなることです。血管の壁が肥厚したり、硬化することによって、血液循環が阻害されることを総称して動脈硬化と呼んでいます。

動脈硬化と悪玉コレステロールには深い関係があります。動脈硬化そのものは、疾患ではありませんが、血液循環が悪くなり血栓ができてしまうと、この血栓ができた場所によって命に関わる症状を引き起こす恐れがあります。

そして、生活習慣や食事のバランスが乱れることにより、善玉悪玉コレステロールが減少します。善玉悪玉コレステロールは、血液中にある余分な悪玉コレステロールを回収してくれるはたらきがあります。

ですから、善玉悪玉コレステロールの減少により、回収できなかった悪玉コレステロールが血管壁に残ってしまい、脂肪へと変化して動脈の壁にくっついてしまうのです。

これらの脂肪が、血液をドロドロとさせて血栓になり、血液の流れを止めてしまうのです。血液循環が滞った体の箇所により、さまざまな症状がでてきます。

たとえば、脳で動脈硬化が起こったら脳梗塞や脳出血を引き起こし、心臓で起こったら心筋梗塞や狭心症となります。足に動脈硬化が起これば歩けなくなりますし、重症化すると組織が死んで壊死を起こしてしまうのです。

以上のように命に関わる大変危険な動脈硬化ですが、原因がよく分かっているので、その分予防ができるのです。

動脈硬化を悪化させないようにするためには、悪玉コレステロール値を低下させ、中性脂肪を摂りすぎないようにして、高脂血症にならないようにすれば良いのです。

緊急性が高いと判断されたケースでは、お薬で悪玉コレステロール値を一時的に低下させることもありますが、根本治療にはなりません。

食事の内容を見直し、地道に生活習慣を改善していくことが、遠回りのように見えて、じつは一番の近道なのです。

高コレステロールになる原因とは?

高悪玉コレステロールになる原因には、大きく分けて2つあります。

1つめは、食事で摂る悪玉コレステロールが多いことに起因するもの。

2つめは、遺伝的なものや糖尿病などが原因となって、肝機能のはたらきが悪くなり、体内で悪玉コレステロールがたくさん作られることに起因するものです。

食事で摂る悪玉コレステロールが多いのならば、食事の内容を見直せば改善できます。同時に、生活習慣を改めることも大切です。

お肉や脂肪分の多い食事、菓子や甘いものを好むなど、高カロリーの食事内容になりがちな人は、血液中の総悪玉コレステロールが高くなってしまう傾向にあります。

できるだけカロリーを控えた食事を心掛け、野菜や魚などを上手に食事に取り入れましょう。それから、食事でカロリーを控えるだけでなく、摂取したカロリーを体内で消費することも大切です。

摂取したカロリーを燃焼できずにため込んでしまうと、結果的に総悪玉コレステロールの値が高くなってしまいます。

身体の燃焼力を高めるためには、運動不足にならないように気を付け、激しい運動をたまにするのではなくて、ウォーキング・ジョギング・水泳などの有酸素運動を毎日継続することが重要になってきます。

それ以外にも、階段を使ったり通勤方法を変えるなど、生活の中に自然に運動を取り入れるように工夫しましょう。
また、不規則な生活をしていると、悪玉コレステロールが高くなることが多いようです。

食事の時間がバラバラで、夜遅い時間に食事を摂ることが多いと、消費カロリーが減少して高悪玉コレステロールになります。

さらに、ストレスの多い生活や睡眠不足などで、自律神経のバランスが崩れると、過食症の原因になったり、身体が異常に甘いものを欲しがったりするようになります。喫煙や飲酒の習慣も見直した方が良いでしょう。

悪玉コレステロールとアルコールの関係

AdobeStock_92851637

「適量」のアルコール摂取は、悪玉コレステロールに良い影響を与えます。

お酒は飲み過ぎなければ、血液中の善玉悪玉コレステロールを増加させて、悪玉コレステロールを減少させるはたらきを持っているのです。

善玉悪玉コレステロールを増加させるお酒の量としては、ビールなら大瓶1本、日本酒なら1合、ウイスキーではダブル1杯です。お酒を飲み過ぎてしまうと、肝臓に負担を掛け、糖尿病や肥満の原因になる中性脂肪が増えてしまいます。

血液中の中性脂肪が増えた状態では、適量のアルコール摂取でも、善玉悪玉コレステロールは増加しなくなり、血中悪玉コレステロールの値が高くなってしまうのです。

どちらかというと飲み過ぎの方が心配ですから、お酒たしなむ程度と心得ておいた方が無難です。それから、お酒の量以外に、おつまみの塩分やカロリーも心配です。

おつまみの代表のナッツなど、塩辛くて高カロリーのものが好まれます。さらに、飲酒することで満腹中枢がうまく機能しなくなり、食べ過ぎになりやすい傾向があります。

お酒を飲んで、最後にラーメンが無性に食べたくなることも良くあることでしょう。お酒を飲むとストレス解消になりますが、アルコールは適量にして、おつまみのカロリーにも気を配れば、身体に害を及ぼすことはあまりないでしょう。

お酒を飲むときには、食事のカロリーとお酒のカロリーを別に考えるようにすると良いでしょう。
自分が飲むお酒のカロリーを知った上で、これ以上は飲まないというラインを決めておいたり、飲み過ぎた翌日は飲まないなど、自分でルールを決めて飲酒量をコントロールしてみてください。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-コレステロール
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.