ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

病気

あなたは大丈夫?自律神経失調症とそのセルフチェック

更新日:

自律神経失調症とは

AdobeStock_43622034

最近なんだか身体がだるかったりイライラしやすいという人や、頭痛やめまい、動悸や腹痛に悩まされているという人は少なくないのではないでしょうか。これらの症状は、身体のどこかの病気で起こる場合もあれば、はっきりした身体の病気がないのに起こる場合もあります。精神的な影響で血圧の上下が起こったり、発汗や不眠などが起こる場合もあるでしょう。

これらの症状は自律神経症状と呼ばれ、はっきりとした身体の病気がない場合には自律神経失調症が疑われます。疲労やストレスが続いたりすることで自律神経症状が出てくるということです。自律神経症状にはすでに挙げたものの他に肩こりや吐き気、食欲不振、ふるえといったさまざまな症状があり、挙げればキリがありません。

この自律神経失調症とはどのような病気なのでしょうか。自律神経失調症について原因やタイプ、セルフチェックを紹介していきます。

 

自律神経失調症の原因

自律神経失調症とは上述のように、はっきりとした身体の病気がなく自律神経症状が出ているものを言います。

自律神経とは循環や呼吸など身体のはたらきをコントロールしている神経で、交感神経と副交感神経からなります。交感神経は興奮を副交感神経はリラックスをもたらすということはよく知られていると思います。この両者はバランスがとれていることが重要です。バランスが崩れてどちらかが過剰になることにより自律神経症状が出ます。

そのバランスを崩す原因となるのがストレスや疲労ということです。ストレスなどに加えて、普段から神経質な人や緊張しやすい人は自律神経のバランスが崩れやすいとされています。

また生活習慣の乱れも自律神経のバランスを崩すことにつながります。寝不足や栄養不良ではしっかりと身体のはたらきを保つことはできません。これに加えて、女性では生涯にわたってホルモンバランスが身体に影響を及ぼしやすいので自律神経のバランスが重要とされています。

 

近年では内科などではっきりとした病気が見つからず、心療内科などを紹介されるケースも増えてきているということです。しかし、自律神経失調症と決めつけてしまうのは良くありません。他の病気が隠れている場合もありますので、しっかりと診断をしてもらうことも重要です。

 

自律神経失調症ははっきりとした身体の病気がないと述べましたが、身体に何らかの病気があり、その病気の原因や症状が精神的なものの影響を大きく受けている場合には心身症とされるようです。胃潰瘍や喘息、過敏性腸症候群などが挙げられています。

自立神経失調症や心身症は病態を表す言葉であり、病名ではないとされています。

では次は、自律神経失調症の4つのタイプをみていきましょう。

 

自律神経失調症のタイプ

AdobeStock_105584621

自律神経失調症には、4つのタイプがあるとされています。

本態性自律神経失調症・神経症型自律神経失調症・心身症型自律神経失調症・抑うつ型自律神経失調症の4つです。

それぞれ特徴を挙げていきます。

 

本態性自律神経失調症とは、その人の体質そのものに原因があるとされています。先に述べたもともと緊張しやすかったり、神経質な面がみられる人に多いということです。体力がない人や虚弱体質の人にもみられるようです。体質的な問題で、自律神経の機能が乱れやすいということですね。

このケースではもちろん病院にいっても異常などはみられません。そして日常でストレスが加わってもあまり関係がないようです。体質そのものを改善する必要があるとされており、睡眠や運動、栄養面での生活習慣の改善が必要と言われています。

 

神経症型自律神経失調症とは、本態性自律神経失調症と違って原因には心理的な要素が多いとされています。このタイプの人は自分の体調の変化やストレスに敏感とされ、少しの体調の変化や精神的なストレスに過敏に反応する結果として体調が崩れるということです。また精神状態にも左右されやすいとされており、感情の起伏によって身体に症状が出るようです。

 

心身症型自律神経失調症とは、上記のように身体に何らかの疾患があってその症状が精神状態によって大きく出てしまう心身症のような状態とされています。自律神経失調症の中では最も多いタイプとされ、日々のストレスが原因の一番のようです。几帳面であったり、真面目な性格の人がなりやすいとされています。身体的な症状が強く出るという点で心身症型とされているようですが、胃潰瘍などの疾患名はつかないようです。上述したように心身症も自律神経失調症も病名ではないので混同されやすい点でもあると言われています。

 

抑うつ型自律神経失調症とは、心身症型自律神経失調症がさらに進んだものとされうつ状態がみられるとされています。やる気が起きなかったり気分が沈んで上がってこないなどが起こるとされていますが、頭痛や微熱など身体の症状の影に隠れてしまうことが多いとされています。身体の症状に対する対症療法がメインになってしまうと長い期間治療を受けてもなかなか改善しないといった事態になってしまうようです。完璧主義の人がなりやすいとされています。

では次は、自律神経失調症のセルフチェックを紹介していきます。

 

自律神経失調症のセルフチェック

自律神経失調症のセルフチェックとして、自律神経のはたらきをチェックする項目を挙げていきます。是非参考にしてください。

 

・めまいや耳鳴りをよく感じる

・立ちくらみがよく起こる

・胸が締め付けられるような感じがする

・胸がザワザワする感覚になる

・脈が急に早くなったり、脈がとぶときがある

・息苦しさを感じるときがある

・夏場でも手足か冷える

・胃の調子が悪くなりやすい

・下痢や便秘になりやすい

・肩こりや腰痛に悩まされている

・手足がだるくなる

・顔や手足だけ汗をかくことが多い

・起床時に疲れを感じる

・気温など季節の変動についていけない

・日光などがやけにまぶしく感じる時がある

・どれだけ寝ても眠気を感じる

・怖い夢をよく見たり金縛りにあうことが多い

・風邪でない時でも咳がよく出る

・喉に違和感があり飲み込みづらいもしくは呂律が回りにくい

 

上記のうち、1つくらいであれば自律神経に乱れはないということです。2つもしくは3つ当てはまる場合には自律神経に負担が掛かっている可能性があるようです。4~6個当てはまる場合には自律神経失調症になりかけているかもしれないとされています。7個以上の場合はすぐに休養を取って、できるだけ早く病院を受診した方が良いとのことです。

 

みなさんはいかがでしたか?

自律神経失調症の治療としては、心身両面のコントロールが図れるよう自律訓練法やカウンセリングなどに加えて、薬物療法が行われることが多いようです。薬物療法としては自律神経の中枢にはたらきかけて安定を保つようにする薬や自律神経の緊張を緩和させる薬、ビタミン剤や漢方などが処方されるようです。女性の場合でホルモンが関与している場合にはホルモン剤が処方されることもあるとされています。

これらの薬で症状を抑えながら、自身で心身のコントロールができるようにしていくということのようです。

 

まずは受診して診断を受けよう

AdobeStock_53868758

自律神経失調症について原因やタイプ、セルフチェックを紹介してきましたがいかがでしたか?自律神経失調症が疑われた場合でも、まずはきちんと他の疾患がないかを診断してもらいましょう。そして自律神経失調症に限らず、他の疾患であったとしても自立神経のはたらきは重要なので、それを整えるように対処していくと良いでしょう。まずは生活習慣を見直して、健康を取り戻せるようにしていきましょう。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

-病気
-,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.