美容

足の臭いの原因と対策方法まとめ|今すぐできる効果絶大の対策方法

更新日:

足は脇と同じく体臭がキツい部位としてよく知られていますが、鼻に近い脇とは違ってかなり距離があるため、自分で自分の足の臭いに気がつかないということがよくあります。

 

自分で気がつけなくても親しい家族や友人が教えてくれれば良いのですが、そうでない場合は気がつくのが遅れ、後で「あの時も臭かったのでは…」とモヤモヤしてしまうことになりかねません。

 

そうなる前に自分の足のにおいが大丈夫なのかどうかを確認し、もし臭うならば対策を取りたいものです。

足の臭いをセルフチェック

いざ自分の足のにおいを嗅いでみようと思っても、鼻が自分の体臭に慣れてしまっていてよく分からないという可能性があります。

 

そんな時に自分の足のにおいがどのようなものなのかを確かめたい場合は家族や友人に頼んで嗅いでもらうのが最も確実で早いのですが、場所が場所なだけになかなか頼みづらい方も多いかと思います。

 

その場合、自分の体から一旦臭いを引き離すのが有効です。例えばその日一日履いていた靴や靴下、ストッキングなどを脱いでからお風呂に入り、お風呂から上がってから臭いを嗅いでみてください。鼻が一旦体臭を忘れますので、よりハッキリと臭いの質が判断できるようになります。

 

この時、「少し臭うかな?」程度だと思っても、決して楽観的にならないことが大切です。自分の鼻は自分の臭いには寛容ですので、少しでもおかしな臭いがすると思ったら即座に対応することが大切です。

足の臭いの原因は?

足の臭いが気になる、または足の臭いを予防したいと思った時、まず押さえておきたいのが「なぜ臭いが発生するのか?」という点です。本項では足の臭いが発生する原因についてご紹介します。

汗による雑菌の繁殖が原因

結論から申し上げますと、足の臭いは雑菌が原因です。人体の表面にはいくらかの菌(常在菌)が住んでいるものですが、足の場合は汗の量が多いために湿度が高くなりがちで、この常在菌が通常よりも繁殖しやすいのです。

 

通常の常在菌は皮膚の表面の酸性を保って外部から保護してくれる良いものです。しかしその菌が増えすぎると臭いのある物質(イソ吉草酸)を大量に作り出すようになりますので、足が臭くなってしまうのです。

足・靴・靴下のケア不足により雑菌が繁殖する

皮膚常在菌は誰にでもあるものですが、足の臭いがある人とない人がいるのは何故でしょうか。もちろん体質なども関係しますが、最大の原因はケア不足です。

 

ただでさえたくさんの汗をかく足ですが、一日のほとんどはその上から靴下や靴などを履きます。これによって足の温度が上がり、汗が蒸れて湿度も上がり、結果的に菌が繁殖しやすい環境が出来上がってしまいます。

 

さらに菌は皮脂や角質などをエサにして増えますので、足をきちんと洗わなかったり古い角質が溜まっていたりすると一気に増殖しますつまり、足の臭いが発生する人の多くは足のケア不足であると言えます。

汗を多くかくのはストレスが原因であることも

足に限った話ではないのですが、強いストレスを感じると汗をかくことがあります。これは「精神性発汗」と呼ばれるものであり、元々の体質には関係なく発生する可能性があります。

 

その為、これまでは特に体臭がなかったにも関わらずある時期から足の臭いがきつくなったというような場合は、環境の急激な変化などのストレスが原因であるということも考えられるのです。

臓器疾患(肝臓等)・糖尿病によって体臭がキツくなる

足の臭いだけでなく脇や首筋など体の全体の臭いが臭うようになったという場合、ケア不足やストレスではなく臓器疾患や糖尿病などによる病気が原因となっている場合もあります。

 

一般的に足の臭いの原因とされる「イソ吉草酸」は納豆のような臭いがするとされていますが、病気による臭いはそれとは異なります。例えば甘い臭いがするという場合は糖尿病、アンモニア臭がするという場合は肝臓の不調が考えられるのだとか。

 

その臭いがするからといって必ずしも病気であるという訳ではありませんが、どんなにケアをしてもどうしても体臭が改善しないという場合は一度病院へ行かれることをオススメします。

足の臭いの対策

足の臭いの原因が分かったら、それを取り除いていきましょう。と言っても、足の雑菌を全て殺菌してしまうというような乱暴なやり方を続けると肌荒れなどの様々なトラブルを招いてしまいやすいので、毎日の習慣として足のケアを取り入れていくことが大切です。

足のケア

まずは足そのものをケアすることによって、効果的に足の臭いを改善することができます。足裏の汗は本来ほとんど無臭であるため、毎日お風呂に入っていれば臭うことはありません。

 

ただし、お風呂で足をおざなりに洗っていたりする場合、足の裏や指の間などに汚れが残っている場合があります。また、古い角質が溜まって足の裏がガサガサ…という方の場合、その角質も雑菌繁殖の原因となります。

 

お風呂に入った時は足の裏や指の間も毎日きちんと石鹸で洗いましょう。また、角質部分は角質除去用のやすりでこするなどのケアを行いましょう(頻繁に行うと肌を痛めるので、月に数回程度にとどめてください)。

 

さらに気をつけていただきたいのが足の爪。爪が伸びているとその裏側などに汚れがたまり、雑菌と悪臭の温床となります。足の爪はきちんと切るようにし、お風呂でも石鹸で洗って雑菌の繁殖を抑えましょう。

靴下のケア

靴下は足に直接触れる衣類ですので、どうしても汗や皮脂などの汚れが染み込みやすくなっています。それを放置すれば、いくら足を綺麗に洗えていたとしても臭いは解消できません。

 

靴下を毎日取り替えて洗濯するといった基本的なことも重要ですが、洗濯を行っても靴下の臭いが取れない、という場合もあります。

 

そんな時は靴下に皮脂等の汚れががこびりついてしまっている可能性がありますので、温水(40℃~50℃)に洗剤を溶かした洗浄液で手洗いしてから洗濯機にかけてみててください。温水によって汚れが落ちますので、臭いが消えてくれます。また、洗剤の代わりに重曹を使用するのもオススメです。

 

足とともに靴下を清潔に保つことで、臭いの発生はかなり抑えることができるようになります。

靴のケア

毎日履き続ける靴は足から出る大量の汗を常に受け止め続けていますが、そのケアを行っているという方は意外と少ないものです。そのまま汚れた靴を履き続けていると、足や靴下のケアをしていても足の臭いを改善することは難しくなります。

 

そこで、一度履いた靴は最低2日は休ませ(洗える靴は洗う・陰干しで乾燥させる・消臭剤とともに置く)ましょう。

 

毎日履かなくてはならない靴であっても、一晩しっかりと乾燥させることで雑菌の繁殖をかなり抑えることができます。履かない間は重曹などの消臭効果のあるものを靴の中に入れておく(古い靴下等に詰めてシューズキーパー代わりにするなど)ことも有効ですので、ぜひ試してみてください。

足の臭いが治るまでは応急処置で対策

上記に挙げた対処法はどれもいくらかの時間をかけて臭いを改善する方法ですが、外出先であったり来客の予定があるなどの理由から、それでは間に合わない!という場合もあるかと思います。

 

そこで、時間がないときにもすぐに臭いを改善することが出来る方法をご紹介します。

消臭スプレー&ウェットティッシュを活用

外出先で突然靴を脱がなくてはならないシーンに遭遇してしまった…という場合は、少しの間中座してコンビニへ駆け込み、「消臭スプレー・ウェットティッシュ・靴下」を購入しましょう。

 

購入できたらトイレなどで靴下を脱ぎ、ウェットティッシュで足を拭きます。その後消臭スプレーで足と靴に発生した臭いを消してから、新しい靴下を履いてください。そうすることによって臭いの応急処置をすることができます。

 

ただしこの方法はあくまでも応急処置ですので、普段のケアを怠らず、根本からの解決を図るようにしてください。

自宅ならば重曹足湯を

自宅にいても、急な来客などでお風呂に入る時間はない…という場合は、足湯で足を清潔にし、臭いを取り除きましょう。

 

通常通りの足湯では消臭が不十分な場合もありますので、洗面器やタライなどに張ったお湯にスプーン一杯程度の重曹を加えるのがオススメです。重曹には消臭効果がありますので、重曹足湯をすることによって足の臭いを消すことができるのです。

まとめ

今回は誰もが気になる足の臭いの原因や対処方法についてご紹介しました。

 

顔や手などに比べて視界に入りづらい足はどうしてもケアを怠りがちになってしまいますが、そのケア不足によって臭いが発生し、大きな悩みのためとなってしまうことがあります。

 

しかしどんな臭いにでも原因はあり、その原因もよほどのことでない限り取り除くことが可能です。足の臭いが強いことに気がついても悩みすぎず、前向きに対処していってください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-美容
-, , , ,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2018 All Rights Reserved.