いつの間にか目立つようになった目元のシワやほうれい線。手遅れになる前になんとかしたい!と思ったことはありませんか?アンチエイジング成分が配合されている化粧品を使えば、お肌の老化にブレーキをかけてくれますよ。いつまでも若々しく美しい肌でいるためにも、アンチエイジング効果のある成分についてチェックしてみましょう。

肌が老ける原因はコレ!

肌が老けてしまう原因とは、一体何でしょうか?

乾燥

肌は、毛穴から分泌される皮脂や細胞間脂質であるセラミド、天然保湿因子によって水分が保持されています。ストレスやホルモンバランスの乱れ、加齢によって皮脂の分泌が少なくなったり、肌の代謝サイクルが遅くなることで、セラミドや天然保湿因子の生成が不十分になると肌の水分が失われて乾燥します乾燥した肌では、シワやたるみができやすくなる他、肌のバリア機能が失われることで外部の様々な刺激から肌を守れなくなってしまいます。

紫外線

毎日降り注ぐ太陽の光の中に含まれる紫外線には、肌の老化を促進させてしまう作用があります。紫外線は波長によってUVA、UVB、UVCの3種類に分類されますが、UVCはオゾン層で吸収されるため、地上には到達しません。一方、地上まで届くUVAとUVBは肌へ影響を与えてしまいます。

UVAの作用

UVAの肌への作用は比較的弱いものではありますが、肌の奥の真皮に作用して、老化を促進させてシワやたるみの原因となります。また、メラニン色素に作用して肌の色を黒くする作用もあります。

UVBの作用

UVBは日焼けによる肌の赤みを引き起こす原因であり、メラノサイトを活性化させてメラニン色素を作らせ、シミやそばかすを発生させる他、肌に炎症を起こして肌細胞を傷つけてしまいます。

活性酸素

活性酸素は通常の酸素よりも酸化力が強いという特徴があります。少量であれば、悪い菌から身体を守ったり、酵素の働きを高めるなどの作用がありますが、体内で増えすぎると身体が酸化して老化の原因となります。活性酸素により酸化した細胞は老化するスピードが早くなり、シワやたるみなどの肌トラブルを発生させてしまいます。紫外線やストレス、タバコ、不規則な生活などが、活性酸素を増やす原因となります。

加齢

加齢と共に肌細胞の新陳代謝が遅くなることも、老化の原因となります。肌の奥で新しい細胞が作られにくくなると、肌表面の角質が厚くなって毛穴が詰まったり、シミの原因となるメラニン色素がいつまでも肌の奥に残ってしまいます。また、肌の弾力を作り出すエラスチンやコラーゲン、ヒアルロン酸も加齢と共に減少するため、肌のハリが失われて若々しさが失われてしまうのです。

高い抗酸化力でアンチエイジング効果のある成分はコレ!

アンチエイジング化粧品に配合されている成分の中には、抗酸化力を持ち、活性酸素から肌を守ってくれる成分があります。

コエンザイムQ10

心臓の機能を高め、活動の源となるエネルギーを作り出す作用を持つコエンザイムQ10には、身体の疲れを取り除いて健康を維持する働きもあります。また、ストレスや喫煙、紫外線などで発生した活性酸素から身体を守ることで、老化を防いでくれます。更に、コエンザイムQ10はコラーゲンを作り出す細胞の働きを高め、肌の乾燥やシワができるのを防ぐ効果もあります。

アスタキサンチン

カロテノイドの一種であるアスタキサンチンは、鮭やカニなどの生物が持つ赤系の色素です。アスタキサンチンの高い抗酸化力は、有害な紫外線から生物の体を守る作用があります。肌への作用としては、紫外線で生じた活性酸素から肌のハリを作り出すエラスチンやコラーゲンを守り、若々しい肌の状態を保つ働きがあります。

レスベラトロール

レスベラトロールは、ブドウなどに含まれるポリフェノールの一種です。マウスを使った実験では、レスベラトロールを食べさせたマウスの老化を防止し、寿命を伸ばすことが確認されました。肌に対する作用としては、高い抗酸化力を持つ以外にもヒアルロン酸の分解を防いで肌の水分を保ったり、肌のハリを維持してシワを予防、更にメラニンの生成を押さえて肌を白くする美白効果もあります。また、血液の流れを促進させることで体の老化を防ぐ作用もあります。

ターンオーバーを正常化させてアンチエイジング!

抗酸化以外にも大切なのが、肌の代謝(ターンオーバー)の正常化です。代謝を促進させ、肌の状態を健康に保つことは、アンチエイジングに繋がります。

ビタミンC

ビタミンCは抗酸化作用で老化を防ぐ以外にも、メラニン色素の沈着を防いで肌を白くする作用があり、美肌作りには欠かせない成分です。コラーゲンの合成を促進させて肌のハリを維持したり、免疫力を高める効果もあります。肌の健康状態を維持するために必要な成分であり、ターンオーバーにも深く関わっています。

トレチノイン(ビタミンA誘導体)

トレチノインはビタミンAの誘導体で、ビタミンAの約50~100倍もの生理活性があります。ターンオーバーを促進させてシミやシワを改善させる以外にも、真皮に作用してコラーゲンの生成を促したり、血管を沢山作らせることで肌を若返らせる効果もあります。

プラセンタ

プラセンタに含まれているアミノ酸は、ターンオーバーを正常化させる働きがあります。天然保湿因子やセラミドを増やし、肌の乾燥を防いで水々しいお肌を保つ効果もありますよ。プラセンタには、アミノ酸以外にも様々なビタミンやミネラル、酵素が含まれていますが、細胞を増殖させる成長因子も含まれています。細胞の働きを活性化させることでターンオーバーを促進させ、老化知らずの美肌へと導いてくれるのです。

化粧品にプラス!アンチエイジング効果を高める方法とは?

アンチエイジング効果のある化粧品を使うことも大切ですが、普段の生活を少し改善するだけで、よりアンチエイジング効果を実感することができますよ。

サプリメントを活用しよう

化粧品のように、皮膚の外側からアンチエイジング成分を浸透させることも効果的ですが、サプリメント摂取で身体の内側から働きかけることで、よりアンチエイジング効果を高めることができます。アンチエイジング成分であるビタミンCやビタミンE、ポリフェノールなどをサプリメントで摂取すれば、身体の内側と外側両方から身体を若々しく保つことができますよ。

良質な睡眠をとろう

健康な身体を維持するためには、良質な睡眠が欠かせません。睡眠中、私達の身体では様々なホルモンが昼間よりも多く分泌されています。分泌されているホルモンの1つである「成長ホルモン」は、炭水化物や脂質の代謝を促進させたり、骨や筋肉の成長を促す働きがある他にも、アンチエイジング効果があるとも言われています。成長ホルモンは肌の新陳代謝(ターンオーバー)にも深く関係しているため、睡眠不足で成長ホルモンの分泌が悪くなると、お肌の状態も悪化してしまいます。しっかりと睡眠をとって成長ホルモンを多く分泌させれば、身体の調子も良くなりますし、美肌をキープすることができますよ。

適度に身体を動かそう

身体を動かすことで、血液の流れが良くなり、身体の隅々まで血液が行き渡ります。血行がよくなると、肌の細胞に栄養が沢山届くようになり、顔のくすみや血色の悪さが改善しますよ。更に、筋肉を刺激し汗をかくことで浮腫みを改善させ、肌の新陳代謝の正常化も促してくれます。また、適度な運動は成長ホルモンの分泌を促進させる効果があります。強度の高い運動をすると、血中の成長ホルモン濃度は約200倍も増えると言われていますが、身体に負担をかけすぎないようにすることも大切です。

有酸素運動が効果的

適度な運動を習慣にする為にも、軽い負荷で長時間身体を動かす有酸素運動を行うと良いでしょう。有酸素運動は、ウオーキングやジョギング、水中ウォーキングやヨガなどが当てはまります。身体を動かして気持ち良いと感じる程度の運動を、定期的に行うようにしましょう。

アンチエイジング成分で老化を防ごう!

私達の身の回りには、肌の老化を引き起こす原因が沢山あります。アンチエイジング化粧品を使用して、お肌に直接アンチエイジング成分を浸透させることで、様々な原因からお肌の老化を防ぐことができますよ。アンチエイジング化粧品を日々のお手入れに取り入れて、いつまでも若々しく美しいお肌で過ごしましょう!

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。