ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

メンタルケア

動物とのふれあいで心と体を健康に! アニマルセラピーの効果とは?

更新日:

家でペットを飼っている人にとって、彼らは家族の一員。離れているととても気になるという人も多いのではないでしょうか。ペットは心を癒してくれ、ストレスを忘れさせてくれる存在です。

そんな、動物がもつ癒しの力を利用して、心と体のケアをするのがアニマルセラピーです。

心と体のケアを必要としている人が、ますます増える傾向にある日本。アニマルセラピーの期待度も急上昇中です。そんなアニマルセラピーの効果や方法を、詳しく見ていくことにしましょう。

 

アニマルセラピーってなに?

アニマルセラピーは、日本語に訳すと「動物療法」です。

アニマルセラピーには、医師や看護師、ソーシャルワーカーが中心となって行う治療行為「動物介在療法(Animal Assisted Therapy : AAT)」と、とくに資格を必要とせず動物とのふれあいで生活の質の向上を図る「動物介在活動(Animal Assisted Activity : AAA)」があります。厳密な意味でのアニマルセラピーは前者のみを指しますが、日本では両方を含めてこう呼ぶ場合が多いようです。

動物との触れ合いによって、心や体が抱える不調を改善するのがアニマルセラピーです。

 

アニマルセラピーにはどんな効果がある?

古代エジプトの王宮ではネコが愛玩用のペットとして飼われていました。縄文時代の日本では好んでイヌが飼われ、家族の一員とみなされていました。このように人類は古代から動物とともに過ごすことを喜びとしてきました。

動物とふれあうこと、ともに過ごすことで、心が穏やかになり癒しの効果を得られることは、ペットを飼っている人なら誰でも日々実感していることでしょう。ストレスの解消は、体の調子を整えたり病気を予防・治癒したりすることにも効果があります。

たとえば心臓病による死亡率は、ペットを飼っている人の場合、飼っていない人の半分以下であるとのレポートがあります。また、病院へ行く回数は、ペットを飼っている人の場合、飼っていない人より20%前後少ないというデータがあります。

より具体的には、アニマルセラピーには以下のような効果があります。

 

心理的効果

動物と触れ合うことはほとんどの人にとって楽しいことです。「楽しい」という気持ちがストレスを軽減し、「また会いたい」という希望が心に張りを与えます。塞いだ心が解放され、暮らしに意欲をもつことができます。

高齢者などでは、生きていることに新たな希望をもつことができるようになります。

 

社会的効果

動物の世話をすることで、自分の役割・責任を発見し、他者の役に立っているという自信を得ることができるようになります。

また、動物とふれあいながら言葉を多く発するようになり、これによって周囲の人とのコミュニケーションが増えます。

躁うつ病の人や不登校の子どもなどは、周囲とのコミュニケーションを回復することで孤立感を解消し、精神的な問題を取り除ける可能性があります。

 

生理的効果

心理的効果や社会的効果が得られると、副交感神経が活性化します。副交感神経は生理的なリラックスをもたらす自律神経です。これにより、血圧の低下、ホルモン分泌の変化、脳内の神経伝達物質の分泌の変化など、具体的な体の変化が引き起こされます。

これによって、心臓病や脳梗塞など、生活習慣病の予防・改善がもたらされる場合があります。

また、リハビリ中の人は、動物とのふれあいによって体を動かすということだけではなく、生理的効果からもリハビリの効果を高め、治癒を早めることができるケースがあります。

 

アニマルセラピーに向いている動物とは?

アニマルセラピーに用いる動物には、以下のような条件が求められます。

 

1. おとなしく、人とふれあうことを嫌がらない

人と動物の穏やかなふれあいが行われなければ、アニマルセラピーは成り立ちません。気性の荒い野生動物や野良イヌ・野良ネコは使えません。触れることはできても、明らかに嫌がっていることがわかる動物も適しません。

この点、イヌやウマは最も適しており、これに次いでネコ、ウサギ、ハムスターやモルモットなどが向いているといえます。

 

2. 人が語りかけたり体を触ったりしたときに、声や表情、動作で反応し、意思疎通ができる

人と動物の意思疎通は、アニマルセラピーの重要な要素です。撫でてあげると気持ちよさそうな表情・態度をしたり、命令・指示に従ったりしてくれる動物が最適です。

この点でもイヌやウマは非常に適しているといえます。イルカも知能が高く、高度なコミュニケーションが可能なので適しています。

 

3. 外見的に親しめ、温かみを感じさせる

ヘビや昆虫は、なかには好きな人もいるものの、万人向きではありません。誰もがかわいいと感じ、自ら進んでふれあいたいと望む動物がベストです。

その意味でも、イヌは愛玩動物としての実績があり、ネコもイヌに負けない人気があります。熱帯魚や金魚にも根強いファンがいます。

 

4. 実施場所への対象者または動物の移動のしやすさ

アロマセラピーは、多くの場合、施術者や動物が老人ホームや障害者施設、刑務所などに出向いて行ったり、対象者が飼育施設を訪れて行なったりします。対象者の移動が困難な場合、動物の方で対象者を訪れる方がはるかに便利です。

イヌ、ネコ、ウサギやハムスターなどの小動物は施設の訪問に適しています。

躁うつ病患者など移動に困難がなければ、ウマやイルカがいる施設を対象者が訪れる方法が可能です。

 

以上4つの条件からロマセラピーに適した動物を星の数で評価すると、以下のようになります。

☆☆☆☆☆ イヌ

☆☆☆☆  ウマ、イルカ

☆☆☆   ネコ、ウサギ、ハムスター、モルモット

☆☆    ヒツジ、ヤギ、ブタ

☆     熱帯魚、金魚、鳥類

 

イヌ現在アニマルセラピーに最も広く用いられている動物です。訓練を受けたイヌはアニマルセラピーに必要な行動を心得ていて、上手に対象者とのコミュニケーションを行います。温和な性質で人に対して従順なため、コンパニオンアニマルにとても向いています。

 

ウマを用いたセラピーは、古代ギリシャ・ローマ時代からの長い歴史をもちます。乗馬用のウマと乗り手はコミュニケーションで結ばれ、ウマは乗り手の指示通りに行動します。またウマには日々の手入れが必要で、キンシップを通じて気持ちを通わせることができます。

乗馬は体の鍛錬にもなるため、心身両面での効果を期待できます。

 

イルカは知能が高く、訓練によって指示通りの行動をとるように教育することができます。対象者がイルカの調教スタッフとともにプールへ入り、イルカに触れたり遊んだりします。

 

ネコウサギハムスターなどは、ふれあいによってぬくもりや生命感を感じることができます。ただ、表情の変化や指示への従順さに欠けるため、イヌと比べると適否の評価が下がってしまいます。

 

アニマルセラピーを受ける方法は?

長期的にアニマルセラピーの効果を求めるのなら、自宅や暮らしている施設で動物を飼育する方法が最も適しています。ただしこの場合、医学的な治療としての「動物介在療法(Animal Assisted Therapy : AAT)」ではなく、「動物介在活動(Animal Assisted Activity : AAA)」に当てはまることになります。

医学的な根拠に基づいた「動物介在療法(Animal Assisted Therapy : AAT)」を求めるのであれば、別の方法が必要です。

日本国内には、アニマルセラピーを行うNPO法人が数多くあります。これらの団体に依頼すると、自宅や施設に施術者と動物が出向いてアニマルセラピーを行ってくれます。

これらの団体のほとんどは、アニマルセラピストやドッグトレーナーの養成・資格認定、セラピードッグの育成も行っています。

 

アニマルセラピーの効果まとめ

高齢者、身体障害者、認知症や躁うつ病などの精神症患者、不登校の子どもなど、ストレスを抱える人、他者とのコミュニケーションの機会が少ない人は、アニマルセラピーによって暮らしを変え、心身の問題を改善できる可能性があります。

リハビリ中の人も、リハビリのスピード・効果を上げることができる場合があります。

現在、アニマルセラピーはさらに多様なケースへの応用が試みられ、利用も拡大しています。

興味がある人は、アニマルセラピー活動を行うNPO法人に相談してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
編集部:チカりん

編集部:チカりん

5年ほど前から自分のブログで美容関連記事を配信していました。脱毛やサプリメントに関する記事が得意です。美容以外も書いているので是非読んでみてください。

-メンタルケア
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.