ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

貧血

貧血かな?めまい・立ちくらみ、疲れやすいなど辛い症状の原因、改善方法

更新日:

貧血とは

貧血に悩む女性は少なくないでしょう。日本では女性の5人に1人は貧血とも言われているほどです。そんな中で、貧血の症状の辛さをわかってもらえないという人は多いのではないでしょうか。貧血とは、血液が薄くなった状態で、血液中のヘモグロビンが基準よりも低い状態を指します。このヘモグロビンが低いとなぜ良くないのでしょうか。貧血の病態とはどのようなものなのでしょう。貧血について、その病態や治療方法などを紹介していきます。

 

貧血の種類

一言に貧血と言っても原因によって分けられています。貧血の中でも最も多いと言われているのが鉄欠乏性貧血です。食生活のアンバランスや妊娠などで鉄分が不足すると起こりやすくなります。また月経周期によって定期的に出血をするので女性は鉄分が欠乏しやすいと言えます。

 

まぶたの内側が白くなったり、スプーン爪といって爪が反り返ったりもろくなります。再生不良性貧血は、血液をつくる組織である骨髄が脂肪に置き換わってしまう疾患で血液がつくられなくなり、赤血球・白血球・血小板などが減少してしまいます。

 

止血作用がはたらきにくくなることであざができやすくなったり、歯磨きで歯茎から出血しやすくなったり、注射後に血がなかなかとまらないなどといったことが起こります。血便や血尿が起こることもあるとされています。

 

再生不良性貧血が悪化すると風邪に似た症状がでるようになり、発熱が起こった場合は入院して骨髄移植や輸血などの治療が必要となるようです。溶血性貧血とは何らかの原因で赤血球が壊れやすくなってしまう疾患です。

 

赤血球にはヘモグロビンという酸素を運搬するたんぱく質が含まれていますが、ヘモグロビンが破壊されるとビリルビンという色素が出てくることにより、破壊が進むと黄疸が出ます。また尿の色が濃くなったり脾臓が腫れるようです。

 

悪性貧血ビタミンB12が欠乏することこで起こる疾患で、中高年に多く舌が荒れたり白髪が増えたり、手足のしびれや精神の障害などが起こります。ピロリ菌や胃癌と関連があるとされています。

 

これらの貧血の他に、原因となる他の疾患から二次性に起こる貧血もあります。二次性貧血の原因としては、感染症やがん、腎臓や肝臓の疾患が挙げられます。

 

では次は貧血の症状についてみていきましょう。

貧血の症状と辛さの原因

貧血の種類をみてきましたが、ほとんどの貧血に共通して起こるのはめまいやたちくらみ、動悸や息切れ、耳鳴りとされています。他に疲れやすかったり、寒さを感じやすい、食欲が落ちやすい、顔の血色がよくないなどです。貧血の状態では身体中に血液を送ろうとして心臓や肺に負担がかかるためこれらの症状が出ると言われています。

 

身体中に血液が届いていることで代謝などが正常に行われますが、貧血の場合は血液が届きにくくなってしまいます。この場合に症状が引き起こされる一番の原因は酸欠です。酸素は赤血球のヘモグロビンによって運ばれるので、赤血球不足ということは酸素を運搬する能力が下がることになり酸欠になりやすいということです。

 

酸欠というと頭がぼーっとするなど脳への影響を思い浮かべると思いますが、心臓や筋肉などでも起こります。脳の酸欠では立ちくらみやめまい、失神などです。心臓の酸欠では動悸や息切れ、胸の痛みなどを感じます。そして筋肉の酸欠では疲れやすさやだるさが出たり、凝りにつながります。これらの一般的な症状に加えて、種類のところでみてきたような特異的な症状が出ます。

 

このような症状はやはり女性に多いようです。貧血に男女差が出る理由としてはホルモンが挙げられます。男性ホルモンには血液を新しくつくるよう促進するはたらきがあります。これに加えて女性は月経があるので血を失いやすいということです。ちなみに男性で貧血の症状を起こすのは2%程度とされており、男性の場合は消化管出血や悪性腫瘍などが疑われるので早期の受診が必要とされています。

 

では次は、貧血の治療についてみていきましょう。

貧血の治療

AdobeStock_86131211

貧血の治療としては、まずは血液検査などで原因を明らかにすることからです。上述のヘモグロビンや赤血球の状態で貧血の種類が判断されます。鉄欠乏性貧血であれば鉄剤が処方されます。また注射による場合もあるようです。その他の貧血について、再生不良性貧血では輸血や骨髄移植が、溶血性貧血では赤血球が破壊されてしまう原因が多々ありますがそれに対する治療が、悪性貧血であればビタミンB12の内服が選択されるようです。二次性の貧血は原疾患の治療をしっかりすることが大切です。

 

治療と並行して予防も行っていくと良いでしょう。食事で鉄分を積極的に摂取することがまずは挙げられます。レバーやマグロ、カツオ、あさりなどが有名でしょうか。小松菜やほうれん草、納豆、プルーン、ナッツ類にも多く含まれています。これらの食材と一緒にビタミンCを多く含む食材を摂ることで鉄分の吸収を良くしてくれることがわかっています。逆に控えた方が良いものとしては、お茶と相性が悪いと聞いたことがある方もいると思いますが、コーヒーや紅茶、緑茶、ウーロン茶です。これらに含まれるタンニンが鉄分の吸収を阻害してしまいます。

 

また、鉄製の急須やフライパンが有効とされています。鉄が少しずつ染み出すことで自然に鉄分が摂取できるということです。南部鉄器などが有名ですね。鉄製のものは重たいですが、一度試してみると良いかもしれません。

 

次は貧血の応急処置についてみていきましょう。

貧血の応急処置

貧血の症状でめまいや失神などが起こってしまったときにはどうすればよいのかを紹介します。この応急処置は貧血に限ったことではないので、覚えておくと良いかと思います。

 

まずは安静の確保です。横になれるスペースがあれば横になってもらったり、座らせるなどしましょう。本人の楽な姿勢であれば必ずしも横になる必要はないので、意識のある場合は本人に聞いてみましょう。そして二次災害を防ぐことが重要なので、駅などの場合はホームや階段から離したり、道路の場合は車道から離れるようにしましょう。そしてベルトやネクタイ、下着など締め付けのあるものを緩めるようにしましょう。

 

締め付けがあって血流が悪くなっていると体勢を変えたときに症状が強く出る恐れがあります。また横になっていて体温を奪われると症状が悪化する恐れがあるので上に何かかけてあげることで保温しましょう。

 

意識のない場合や20分以上症状が落ち着かない場合は救急車を呼ぶべきとされています。また貧血ではない場合は脳の疾患なども考えられるのでろれつが回らない、痺れや麻痺があるなどの場合も救急車を呼んだ方が良いでしょう。

まずは貧血の種類をはっきりさせること

AdobeStock_88359187

貧血についてその種類や症状、そして治療や応急処置を紹介してきましたがいかがでしたか?貧血の多くは鉄分の不足による鉄欠乏性貧血で治療により改善しますが、種類のところでみてきたように違う貧血もあります。軽いものだからといって放置せずに、自分の貧血が何から起こっているのかをはっきりさせましょう。

 

そしてその上で自分でできることに取り組んでいきましょう。辛さの原因は酸素不足だと述べてきましたが、食生活や睡眠などの生活習慣を整えることで症状も出にくくすることができます。一度見直してみて、改善できるところから始めていきましょう。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

-貧血
-

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.