妊娠

妊娠中の貧血は危険?胎児への影響はある?

更新日:

多くの女性が悩まされている貧血

立ちくらみや眩暈などただでさえ辛い貧血の症状ですが、特に注意が必要なのは妊娠中の貧血です。

今回は、妊娠中の貧血についてのあれこれについてご紹介したいと思います。

 

妊婦が貧血になりやすい理由

adobestock_68203345

貧血とは、血液中のヘモグロビンが基準よりも不足している状態のことを指します。

貧血になると、クラクラしたり頭痛などが起き、とても辛いですよね…。

 

普段から貧血と戦っている人はもちろん、特に貧血に悩まされていない人でも、妊娠すると貧血になりやすくなると言われています。

これはなぜかというと、妊娠をすると自分だけでなく、赤ちゃんに栄養を与える必要も生じるためです。

しかも、血液を作り出すための鉄分は、自分よりも赤ちゃんに優先的に送られると言われています。

自分一人ではギリギリ賄えていた栄養をさらに赤ちゃんにも使わなければいけないとなると、不足してしまうのは想像がつきますよね。

 

これにより起きやすいと言われているのが、「鉄欠乏性貧血」です。

妊娠中の鉄欠乏性貧血の発症はあらかじめ予想できるものでもあるので、あらかじめ対策をしておくようにするのが良いかもしれません。

 

妊娠中の貧血が胎児に引き起こす影響は?

adobestock_57065088

妊娠中にひどい貧血が続くような場合、胎児には必ずとはいえませんが悪い影響を及ぼしてしまう可能性があります。

 

妊娠中に貧血が続いていたということは、赤ちゃんに十分な酸素や栄養を与えきれていなかったということ。

その結果、健康に育った胎児に比べ成長が遅かったり、未熟児で産まれたり、その後も虚弱体質になってしまう場合もあります。

 

また、直接的な影響ではなく、貧血で立ちくらみを起こした際にお腹をぶつけたり転んだりしてしまうことにも注意が必要です。

 

なお、胎児だけでなく、産後の母体への影響もあります。

鉄分が少ないと、母乳の出が悪くなったり、出産でダメージを受けた子宮の回復が遅れることもあるのです。

 

妊娠中の貧血は胎児にも母体にも決して良いものではないので、出来る限りの対策をして常に健康体でいれるよう努めるようにしましょう。

 

妊娠中の貧血を防ぐためには

adobestock_107809115

妊娠中の貧血には少なからず危険性があることをお伝えしましたが、実際に貧血を防ぐためにはどのようにしたらよいのでしょうか?

その具体的な方法についていくつかご紹介します。

 

食事に気を付ける

一番意識しやすいのは、やはり普段の食事です。

妊娠したらもう一人の体ではないので、特に意識して食べていくことが大切です。

貧血に効果的なのは鉄分を多く含んだ食材です。貧血を防ぐためには、鉄分を多く含む食材を意識して摂取するようにしてみましょう。

 

なお、鉄分にはヘム鉄非ヘム鉄というものに分けられます。簡単に分けると、ヘム鉄は動物性、非ヘム鉄は植物性です。

貧血を改善するためには、ヘム鉄と非ヘム鉄をバランスよく摂るのが効果的と言われています。

また、タンパク質ビタミンCと一緒に摂取すると体内に吸収されやすくなるので、食べ合わせに気を付けたり、調理方法を工夫してみると良いかもしれませんね。

 

鉄分を多く含む食材を、いくつか例としてご紹介します。

 

レバー

鉄分を含む食材の代表格といっても過言ではないのではないでしょうか。

豚、牛、鶏それぞれありますが、レバーは独特のクセがあるため、味が苦手だったり悪阻がひどいという人にはレバーペーストがおすすめです。ただし食べ過ぎはNG。

 

納豆

納豆は朝食の定番ですね。1パックあたりに1.7gもの鉄分が含まれているので、1日1パック食べるだけでも効果が期待できる食材です。

 

ほうれん草

ほうれん草には、鉄分だけでなくビタミンCも豊富に含まれています。

鉄分を摂取するときには、吸収を高めるためにビタミンCを一緒に摂取するのが有効とされているので、もってこいの食材ですね。

 

油揚げ

意外かもしれませんが、油揚げにも豊富な鉄分が含まれています。

味噌汁など活用の機会が多い食材なので、ぜひ積極的に料理に使ってみましょう。

油揚げの味噌汁と納豆ごはんなど、朝食にありがちなメニューが貧血にはとても心強いですね。

 

ひじき

ひじきには、他の食品と比べても多くの鉄分が含まれています。

サラダや煮物にするなど組み合わせやすい食品ですし、より効果的に鉄分を摂取しやすい食品ですよ。

 

休養を十分にとる

妊娠中もバリバリ仕事をこなしたり、体を動かしていたいという人もいるかもしれませんが、赤ちゃんのためにも休養は十分にとる必要があります。

体を休めるのはもちろんのこと、ストレスをためないようにすることも大切です。

休養をとるのは、怠けではありません。元気な赤ちゃんを産むのに必要なことですよ。

 

ゆっくり噛んで食事する

胃液には、鉄分をはじめ様々な栄養を吸収しやすくする効果があるので、ゆっくりよく噛んで食事することにより胃液の分泌が促進され、食べ物で摂取した鉄分を確実に体内に吸収させることができます。

十分に噛まずに食事をしてしまうと、唾液も胃液もうまく分泌されず内臓の負担になり、消化不良を起こしてしまう可能性もあります。

せっかく食べるのであれば、鉄分その他もろもろの栄養素をしっかり噛みしめる気持ちで食べるよう心がけましょう。

 

病院に行く

妊娠前から貧血の疑いがあったり、貧血の初期症状を感じた場合には、病院に行って診察してもらうのも手段の一つです。

自己判断での処置が一番危険なので、不安に感じたらすぐ病院に行くのが良いかもしれませんね。

生活習慣のアドバイスをしてくれたり、点滴をしてくれたり、必要であれば鉄剤を処方してくれることもあります。

 

サプリメントを服用する

食事で鉄分を補給するのが難しい場合には、サプリメントを併用するのもおすすめです。

体内に吸収されやすいように作られているものがほとんどなので、気軽に摂取することができると思います。

また、妊娠中に積極的に摂取することが推奨されている葉酸が含まれているものもあるので、一石二鳥ですね。

ただし飲みすぎると副作用が出る場合があるので、注意が必要です。

用法用量をしっかりと守って摂取するようにしましょう。

 

治療薬になるべく頼らないのが好ましい

adobestock_62586321

病院で処方されることが多い鉄剤や市販の鉄剤は、貧血の治療薬として広く知られていますが、副作用も報告されています。

症状としては、嘔吐、吐き気、下痢、便秘、頭痛など。

 

病院で処方される薬なだけあり、正しい使用法で服用すれば胎児への影響もほぼないとされていますが、妊娠中のただでさえ辛い体にこれらの副作用が降りかかってくるのは辛いですよね…。

 

そのため、やはり貧血予防としておすすめしたいのは食事の改善です。

意識的に鉄分や葉酸を摂取するようにするだけで、貧血に悩まされることは少なくなるはずです。

鉄分が不足している状態の鉄欠乏症貧血が起きやすいのは妊娠中期から後期にかけてと言われているので、その時期は特に注意して摂取するようにしましょう。

 

食事の改善だけで貧血が改善できれば、胎児に何かしらの悪影響が及ぶ心配もありませんよね。

 

まとめ

adobestock_41961721

いかがでしたでしょうか?

普段から貧血で悩んでいる女性は、妊娠したら「いつものことだから大丈夫」と甘く見ていてはいけません!

逆にこれまで貧血とは無縁だった女性も、妊娠をきっかけに貧血になってしまうことも少なくないため油断は禁物です。

妊娠中の貧血は、赤ちゃんを虚弱体質にしてしまったりする可能性があるだけでなく、母体である自分自身にも産後のトラブルを招きかねません。

 

日頃の生活習慣、特に食事内容の改善によって貧血は防ぐことができるので、意識して心掛けてみましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-妊娠
-,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2018 All Rights Reserved.