ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

自己啓発

飽きっぽい性格を克服する4つの方法!短所じゃなく長所かも!

更新日:

“飽きっぽい性格”が自分の短所である、と考えている人は意外に多いのではないでしょうか。飽きっぽいというのは正直、あまり良いイメージが持てる特徴ではありませんよね。

 

では、そんな飽きっぽい性格というのは意識して治すことはできるのかどうか、詳しくご紹介していきたいと思います。

 

飽きるのは本来自然なこと

どんなに「飽きっぽくない」と胸を張って言えるような人でも、毎日毎食同じものを食べたり同じ映画を見続けたりするのは正直辛いものがありますよね。飽きる”ということは本来、人にとって生理的な反応とも言えるのです。

 

様々なエンターテイメントやファッションなどにはブームがあることからも分かるように、人は常に新しいものを求めるものです。無意識ながらも日常に新鮮味を取り入れて飽きない工夫をしている人も大勢います。

 

飽きっぽい性格に悩んでいる人は、この“飽きるまでの間隔”が普通の人よりも短いということですよね。「性格だから仕方がない」と諦めている人も多いかもしれませんが、少し考え方を変えるだけで飽きっぽさを治すことができる可能性もあります。

 

ただし、飽きっぽいというのは必ずしも悪いことではありません。飽きっぽいからこそ見える視点や体験できることがあるのも事実ですので、全てをマイナスに捉える必要もありませんよ。

 

“飽きっぽい”は短所でもあり長所でもある

世間では、飽きっぽいというのはどうしても悪いイメージがつきまとうことが多いと思います。趣味でも仕事でも人間関係でも、「飽きた」という理由だけで関わりを断ち切ってしまうのはあまり良い感じはしませんよね。飽きっぽい性格だと、周囲の人に「また?」と思われるようなことも多いのではないかと思います。

 

確かに、飽きたからといってすぐにやめてしまうのは気分屋や自分勝手な人に見えるかもしれませんが、飽きっぽいということはそれだけたくさんの物事に興味を示しているということ。そもそも何も始めていなければ、飽きたという思いも抱かないのです。

 

いわゆる“熱しやすく冷めやすい”というのが、飽きっぽい人に当てはまるでしょう。「私って飽きっぽいんだよね」と言えるほどであれば、人よりも好奇心が旺盛ということではないでしょうか。

 

何か新しいことを始める時というのは、やる気や集中力がみなぎっている状態であることがほとんどだと思います。逆に言えば、やる気がある時でないと新しいことを始めようとする勇気は出ないかもしれません。

 

このような特徴から、飽きっぽい性格は場合によっては長所となることもあります。例えば仕事においては、ずっと同じ作業を続けるよりも、その時々で作業内容が変わるような仕事をすれば持ち前のやる気と集中力を生かし、誰よりも活躍できるかもしれません。

 

飽きっぽい性格というのは、一見短所に感じますが実は長所にもなり得るのです。

 

飽きるのを防ぐ方法

飽きっぽい性格を克服するために効果的な方法をご紹介します。

 

新しいことを始める前によく考える

後のことを何も考えず「とりあえず興味があるから」というスタンスで始めると、すぐに当時の熱意はどこへやら、飽きて見向きもなってしまうということになる可能性が高いです。

 

やる気があるのは良いことですが、そのやる気を今後ずっと継続していく自信が本当にあるのかどうか、よく考えてみましょう。何か面倒な手間がかかったり、費用がかさんだりすると途中でやめてしまうかもしれません。

 

また、よくあるのが「買って満足してしまう」パターンです。分かりやすいのが“楽器”でしょうか。どの楽器でもすぐに上達するということはまずないのですが、具体的な目標が何もないまま購入するとろくに触りもしないままインテリアになってしまったり、壁にぶつかるとすぐに諦めて挫折してしまったりというのはよくあることです。

 

つまり、何かに強い興味を抱いた時はまず「続ける自信があるか」を考え、「具体的な目標」を思い描くようにするのが良いでしょう。勢いに任せるのではなく一呼吸置くようなイメージです。

 

完璧主義をやめる

飽きっぽい性格の人には、完璧主義である人が多いと言われています。完璧主義だと、ちょっとしたことが気になったり思い通りにならなかったりするとその時点で嫌になってしまう、ということが多々あります。

 

もともとの性格なので変えるのはなかなか難しいかもしれませんが、「気を抜く」ことを覚えるのも一つの手段ですよ。重要な仕事ならまだしも、そうでもないのであれば何も完璧を目指す必要はありません。全てを完璧にしようとしていたら、楽しいものも楽しいと感じなくなってしまいます。

 

せっかくやる気が出たことなら、そのやる気を継続させるためにもほどよく気を抜いてみることをおすすめします。

 

日記をつける

日記は、三日坊主の代表格と言っても過言ではないかもしれません。しかし、飽きっぽい性格に悩んでいる人は、改めて日記をつけてみましょう。

 

日記をつけるという作業は、単調であり、すぐに飽きてしまう人も多いと思います。でも、ほんの一言でも構いません。その日の天気だけでも構いません。とにかく毎日日記をつけることで、「飽きることに慣れる」ことができるのです。

 

飽きるのに慣れた頃にはおそらく、「これまでできなかった物事の継続」を目の当たりにし、実感することができるでしょう。それを自信とすることで、他の事に対しても「飽きずに続ける自信」を持つことができます。

 

本当に好きなものを探す

人は、本当に好きなものに対してはいつまでも飽きることなく続けられるものです。したがって、熱しやすく冷めやすいという状態は、本当に好きなものを見つけられていない状態であるとも言えます。

 

好きなものを見つける前に興味のあるものが続々と出てくるものの、本当は好きではないため次々と切り捨ててしまう、といったイメージです。そのため、本当に好きなものが見つかればそれだけに熱中することができるため、「飽きっぽい」という状態からは脱却することができますよ。

 

焦る前に、まずは自分が好きになれそうなものをじっくりと探してみてはいかがでしょうか?

 

飽きっぽい性格は治さなくても良い?

自分は飽きっぽい性格だということを自覚している人には、それが短所だと思っている人は多いと思います。でも、果たして本当に短所なのでしょうか?

 

飽きっぽい性格が故に普通の日常生活もままならない、という程であれば例外ですが、そうではなく、ただ熱しやすく冷めやすいというだけであれば、無理に治す必要もないのではないか、と思います。

 

例えばふと思い立って始めた趣味をすぐに飽きてしまったとしても、それはたまたま自分に合っていなかったのだと思えると思います。その物事に対する「興味」や「好きな気持ち」が足りなかったというだけです。なのに、すでに冷めてしまったにも関わらず無理矢理続けなければいけない必要はどこにもありませんよね。

 

ようは、飽きるのも続けるのも自分次第なので、自分の気持ちにしたがっていれば何の問題もないのではないか? ということです。飽きやすいということはその分、たくさんの物事に関われるチャンスが多いともとれますよね。

 

自分の飽きっぽい性格は本当に治す必要があるものなのかどうか、じっくりと吟味してみてください。

 

最後に

飽きっぽいというのは必ずしも悪いことではありませんが、世間では良いイメージが少ないというのも事実ですよね。

 

飽きっぽい性格を治したいという場合には、いくつかの点に気を付ければ克服できる可能性は十分にあります。中でも原因として多いのは、完璧主義であるということ。考えにゆとりを持つことで、すぐに飽きてしまうということも少なくなると思います。

The following two tabs change content below.
編集部:犬ドック

編集部:犬ドック

ふざけたペンネームですが、記事内容はいたって真面目です(笑)誰にでもわかりやすく、また参考になるような内容を心掛けて日々記事を投稿しています。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

続きを見る

-自己啓発
-

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.