ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

病気

日本でも増えてきている?加齢黄斑変性について

更新日:

加齢黄斑変性とは

AdobeStock_99166906

加齢黄斑変性という疾患を聞いたことがある人はどのくらいいるでしょうか。私たちは年齢を重ねるにつれて身体のあちらこちらに変化が起こることは避けられません。年齢を重ねるにつれてかかりやすくなる疾患も存在します。加齢黄斑変性もその1つとされ、網膜の中心にある黄斑という組織に障害が起こることで視界に影響が出てくる疾患です。あまり耳慣れない加齢黄斑変性という疾患ですが、欧米では成人期以降で失明に至る疾患の第1位となっています。日本でも高齢化の影響や生活の欧米化により増えてきているとされています。

 

そんな加齢黄斑変性とはどのような疾患なのでしょうか。黄斑の概要や加齢黄斑変性の病態、そして検査や治療を紹介していきます。

 

まずは黄斑とはどのような組織なのかをみていきましょう。

 黄斑って何?

眼の構造はよくカメラに例えられますが、外から入ってきた光が瞳孔や水晶体、硝子体を通って網膜に当たり光を感じます。瞳孔や水晶体は光の量を調節するしぼりやピントを合わせるはたらきをします。網膜はカメラのフィルムに例えられ、網膜で光が視神経を介して情報として脳に伝わることで見えているということです。

 

 黄斑はこの網膜の中心にあり、直径2mm程度とされています。黄斑の中心は中心窩と言われており、見ているところからの光はここに集められます。キサントフィルという色素が豊富にあり、この色素が黄色のため黄斑と呼ばれているようです。

 

この黄斑に光が集まって視えているわけですが、黄斑から離れたところに届いた光はしっかりと認識することができません。つまり黄斑に集まった光を認識している場合には視力も良いですが、離れれば離れるほど視力が下がり認識できないということです。

 

この小さな部分である黄斑が障害されることで、他に網膜に異常がなくても視力が低下してしまうということです。網膜の下には網膜色素上皮という細胞が層のようになっており、さらにその下には脈絡膜という血管が豊富な組織があります。網膜が正常に機能するためにはこの2つの組織が重要とされています。

 

では次はこの黄斑に障害が起こった場合についてみていきましょう。

 加齢黄斑変性の分類や症状

AdobeStock_49428720

加齢黄斑変性は、大きく2つのタイプに分けられるようです。上記の色素上皮が萎縮していく萎縮型と、色素上皮と脈絡膜の間に異常な血管ができて障害が起こる滲出型とされています。

 

 萎縮型では、色素上皮が徐々に萎縮していくことによって網膜が障害されることで視力も低下していきます。

 

滲出型では、異常な血管が破れて血液成分が漏れ出すことで網膜が正常に機能しなくなり視力が低下してしまうということです。網膜が腫れる網膜浮腫や網膜の下に液体が溜まる網膜下液が起こるとされ、漏れでる程度では済まず血管が破れて出血することも網膜の障害につながるようです。

 

このようにして起こる加齢黄斑変性の症状では、まずは変視症状が挙げられます。網膜浮腫や網膜下液によった歪んだ網膜により、視界の中心が歪んでしまうということです。中心部分の歪みがあるだけで、周辺部は正常に見えるとされています。これは黄斑の部分のみが障害を受けているということのようです。

 

加齢黄斑変性の症状としては、視力の低下や中心暗転も起こるとされています。上記の変視症状が進行すると中心部分が暗くなるように見えなくなるようです。これを中心暗転と言います。これに並行して、徐々に視力が低下していくようです。視力の低下については、治療をしない場合には多くの場合で0.1を下回ってしまうようです。滲出型で大きな出血が起こった場合には急激に、しかも著しい視力の低下が起こるとされています。滲出型の方が萎縮型に比べて進行が早く、視力の低下も重くなりやすいようです。

 

加齢黄斑変性では上記の症状に加えて、色がわかりづらくなっていくなど色覚異常も起こるとされています。

 

では次は、加齢黄斑変性の検査と治療についてみていきましょう。

 加齢黄斑変性の検査と治療

加齢黄斑変性の診断にあたっては、視力検査などに加えて眼底検査や造影検査など複数の検査によって判断されるということです。

 

まずは現在の視力を把握するために視力検査を行います。一般的ですが、とても重要な検査です。症状の程度や治療効果の判定など事あるごとに指標として用いられます。また、アムスラー検査といって碁盤の目のような図を見ることで線の歪みなどが感じられるかどうかをみる検査も行われるようです。変視の症状を早期から見つけることができるとされています。

 

これらの検査に加えて眼底検査といってドクターが網膜の状態を詳しく観察します。出血や新生血管の存在など確認し、写真をとって保存することもあるようです。

 

新生血管が確認された場合などには造影検査を行うようです。静脈から造影剤を注入し、状態を詳しく観察します。写真を撮ったり動画として保存するようです。造影検査にも種類があり、フルオレセイン造影検査やインドシアニングリーン造影検査などが挙げられています。

 

その他には光干渉断層計を用いた検査として、網膜の断面を撮影し立体的に把握することができる検査もあるようです。短時間で検査することができる点が利点とされ、造影剤も使わないので身体に負担が少ないとされています。

 

これらの検査を経て加齢黄斑変性と診断された場合には治療にうつっていきます。

 

加齢黄斑変性の治療はタイプによって変わり、萎縮型では残念ながら治療方法が見つかっていないようです。

 

 滲出型の加齢黄斑変性では、薬物療法や光線力学的療法、レーザー凝固や手術が行われるとされています。

 

治療の目的としては新生血管の拡大を抑えることで視力を維持したり改善することとされています。

 

薬物療法では硝子体の中に直接薬剤を注入することで新生血管の発生を抑えるとのことです。脈絡膜に新生血管が発生する原因としては血管内皮増殖因子という因子が関係しているとされ、この因子を薬剤によって阻害するというしくみとされています。薬剤にはマクジェン、ルセンティス、アイリーアといった種類があるようです。これらの薬剤を4~6週間ごとに2~3回行うようです。

 

光線力学的療法とは、新生血管に集まる薬剤を用いてレーザーを照射することで退縮させる治療方法とされています。ビスダインという光感受性物質を点滴し、低出力のレーザーを照射するということです。造影検査で確認された新生血管などの病変の大きさに合わせてレーザーが照射されるようです。治療後48時間は強い光を避けなければならず、光線過敏症のリスクがあるとされています。

 

レーザー凝固は病変が黄斑の中心から離れたところにある場合に用いられるということです。強い出力のレーザーを当てることにより病変を凝固して破壊するとされています。

 

手術としては、新生血管を抜去したり黄斑を移動させるということが行われていたようです。近年では光線力学的療法や薬物療法が選択されることが多く、手術が行われることはほとんどないとされています。

 

 見にくさなどを感じたら一度受診を

AdobeStock_23365785

黄斑の概要や加齢黄斑変性の病態、そして検査や治療を紹介してきましたがいかがでしたか?視界の中心が歪んで見えたり、視力が落ちてきたことを感じた場合には一度眼科を受診しましょう。加齢によって誰にでも起こることではありますが、早期に発見して対処していきたいものですね。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

-病気
-

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.