ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

にきび

ニキビにも種類があった!赤ニキビと白ニキビの違いは?

更新日:

思春期の頃でも、大人になってからも、できてしまうと気になってしまうニキビにも、「白ニキビ」「赤ニキビ」という種類があるのを知っていますか?間違ったニキビへの対処をすると、ニキビ跡が残ってしまうこともあるのです。それぞれのニキビの特徴と対処の仕方を知って、的確なニキビケアをしていきましょう。

ニキビの原因と種類は?

ニキビはどの年代や性別においても、共通の悩みとも言える肌のトラブルです。ニキビはなぜできるのか?そしてニキビの種類とは?それぞれをポイントごとに見ていきましょう。

ニキビはなぜできる?

ニキビの原因は毛穴の詰まりです。毛穴は全身に無数にあり、それぞれに「皮脂腺」があり、皮脂を分泌しています。顔がべたつくから嫌だ、と感じる人もいると思いますが、皮脂は皮膚の表面を覆い、乾燥を防いだり皮膚のバリア機能を担っていたりするのです。通常であれば皮脂は毛穴から排出されていきますが、汚れや皮膚の過剰分泌などによって毛穴から皮脂がうまく排出されないということが起こります。

毛穴内部でアクネ菌が繁殖

毛穴で皮脂が詰まってしまうと、毛穴にたまった皮脂内部で「アクネ菌」という常在菌が繁殖することで炎症が起こったり、化膿したりします。これがニキビの正体です。

白ニキビとは

白ニキビは文字通り、白く詰まった皮脂が皮膚表面に見えている状態です。毛穴の内部でアクネ菌が繁殖する前の段階で、炎症や化膿も起きていません。痛みや熱、腫れなどもない状態のニキビです。できればこの状態のうちに対処しておきたいところです。

赤ニキビとは

赤ニキビはニキビが炎症を起こし、赤くなっている状態です。赤ニキビではアクネ菌やその他の雑菌が繁殖している状態です。痛みがあったり熱を持っていたりすることもあり、腫れることもあります。赤ニキビが悪化すると皮膚内部の真皮層まで膿みや炎症が達してしまい、治りにくい上に凸凹のクレーター状に痕が残ってしまったりします。

白ニキビ・赤ニキビへの対処法は?

ニキビへの対処法は状態によって異なります。ただし、手で潰してしまうという方法は雑菌が入りやすい上、痕が残りやすいので避けた方が良いでしょう。より適切な対処法を取ることで、ニキビ跡も残りやすい上、早く治りやすいという利点があります。

白ニキビへの対処法

白ニキビはまだ皮脂が溜まっているだけで、雑菌やアクネ菌は繁殖しておらず、化膿も炎症も起きていませんそのため、この状態で治しておけば、ニキビ痕が残ってしまったりはしません。最適な対処法は皮膚科での治療です。皮膚科でニキビに針で穴を開けて皮脂を抜く「面皰圧出」という治療法がよいでしょう。くれぐれも自宅で手でつぶしたりすることの内容にしてください。傷口から雑菌が入り、化膿や炎症が起きることがあります。

ニキビができるのは男性ホルモン優位が原因のことも

皮膚の柔軟性を失い毛穴が詰まりやすくなる原因の一つに男性ホルモンが優位な状態があります。男性ホルモンが優位な状態だと皮脂の分泌が増加するため、余計にニキビができやすくなります。ホルモンバランスを整えることが大切です。

赤いニキビへの対処法

赤いニキビの場合は炎症や化膿が起きてしまっているため、抗生物質による治療が効果的です。クリームなどの外用薬だけでなく、内服薬が処方されることもあります。炎症の程度によってはステロイド剤を使用することもあります。ただし、抗生物質により肌の常在菌が死滅してしまったり、ステロイドによって肌のバリア機能が失われてしまったりするため、注意が必要です。

根本的な治療は女性ホルモン優位な状況を作ること

男性ホルモン優位な状況が解消されなければ、ニキビができやすい状況は解消されません。そのため、ホルモンバランスを整え、女性ホルモン優位な状況を作ることが大切です。また、洗顔や保湿と言った基本的な対応を続けていく必要があります。

ニキビにとって良くないこととは?

白ニキビのうちに治しておきたいところですが、ついついニキビにとって良くないことをしてしまう人は多いはず。やってはいけないことをいくつか知っておきましょう。

手で触ったりつぶしたりする

前述していますが、手でさわったりつぶしたりと言ったことは避けましょう。手は雑菌が多いため、ニキビが悪化してしまいます。また、無理やりつぶすことでニキビ跡が残ってしまうということもあります。

何度も洗顔したりピーリングしたりする

にきびを早く治したいからといって、一日に何度も洗顔をするのは逆効果です。過度な洗顔で顔の皮膚表面の皮脂が奪われてしまうと、肌のバリア機能が低下してしまい、外部からの刺激に弱くなってしまうのです。適度な皮脂は皮膚を覆うように膜を作って外部からの刺激から肌を守ってくれるのです。洗顔は1日1回にとどめておきましょう。また、ニキビができている肌でピーリングをするのも刺激が強すぎるためやめておきましょう。ニキビが悪化する恐れがあります。

コンシーラーなどを厚く塗る

ニキビを隠したいと思ってコンシーラーを厚く塗ったり、ファンデーションで隠そうとしたりということをすると、逆にニキビが悪化することがあります。また、ファンデーションやコンシーラーを落としきれずに残ってしまうと、また新たなニキビができる原因にもつながります。

ニキビを予防するには

そもそもニキビができないようにあらかじめ予防しておくことが何よりも大切です。ニキビ予防の基本は洗顔と保湿です。正しいやり方で毎日しっかりと行いましょう。

洗顔はこすりすぎないように

毎日の洗顔はニキビ予防の第1歩です。石鹸や洗顔料などはしっかりと泡立ててから使いましょう。泡を顔の肌の上で転がすように洗顔しましょう。「洗顔料を泡立てずに使う」ということや「ごしごしとこするように洗う」ということをすると、肌へ大きな負担をかけることになる上に、必要な皮脂まで全て洗い流してしまうため、逆効果になります。

皮脂を落としすぎると乾燥と皮脂の過剰分泌につながる

皮脂は皮膚表面を覆って水分を保持してくれるという効果があります。そのため、皮膚を落としすぎると肌が乾燥してしまったり、乾燥を防ぐために皮脂が過剰に分泌されたりといったことが起こります。そのため、また新たなニキビの元になってしまうのです。

洗ったあとは優しく拭き取る

顔を洗ったあとにタオルでゴシゴシこするのもよくありません。顔をタオルでおさえるようにして、水分を吸い取ると良いでしょう。

しっかりと保湿する

毛穴の詰まりは皮膚の柔軟性が失われたり、ターンオーバーがうまく行かずに毛穴が詰まったりということも原因になります。洗顔後は化粧水をたっぷり使い、しっかりと保湿しましょう。化粧水を使ったあとはセラミドなどの保湿成分が含まれている美容液を塗り、さらに乳液などの油分でフタをすると良いでしょう。

思春期ニキビと大人ニキビは原因が違う

思春期にできる「思春期ニキビ」と、20代以降にできる「大人ニキビ」は原因やニキビができる場所が異なります。それぞれの原因を知って対処するとよいですね。

思春期ニキビ

思春期ニキビはほとんどが皮脂の過剰分泌によって起こります。ですから、日々の洗顔と保湿をしっかり行うことが基本的なケアになります。皮脂が多いTゾーンなどにできるのも特徴です。

大人ニキビの原因は

大人ニキビの原因は非常に多岐にわたります。脂性肌によるもの、肌の乾燥による皮脂の過剰分泌によるもの以外にも、油っぽいものや甘いものの多い食生活や、不規則な生活、疲労や睡眠不足、ストレス、喫煙など、非常にさまざまな原因があるのです。自分のニキビの原因がどこにあるのか、まずは心当たりをしっかりと探ることが大切です。もちろん、洗顔と保湿はニキビ予防の基本となりますので、欠かさずに行いましょう。

ニキビをつくらないことが第一!ですが赤ニキビになっても慌てずに

ニキビはできてしまうと早く治したくていじってしまったり、過度な洗顔をしてしまったりと、誤った対処法をする人が多いのが現状です。正しい洗顔と保湿をしっかり行い、悪化したら皮膚科を受診するというのが一番早く安全に治すポイントです。日々のケアでニキビを作らないようにするのが理想ですが、ニキビができても慌てること無くしっかり対処しましょう。

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-にきび
-, , , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.