ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

にきび

効果的!原因別ニキビ改善方法はコレ!まずは色、種類をチェック

更新日:

黒にきびの原因と改善方法

AdobeStock_84973403

にきびと一言で言ってもにきびには様々な種類があり、その中にはにきびと呼ばれるものがあります。その名の通り、見た目が黒く目立つため、何とかして治したいと思っている人は多いようです。

黒にきびはシミになる可能性があるので早めにケアしたいものですが、ケアの方法を間違えると事態は悪化してしまうようです。

では、黒にきびができてしまったらどのようにケアしていけばよいのでしょうか?まず、にきびが黒にきびになってしまう原因を考えてみましょう。

黒にきびの原因は「酸化」だと考えられています。例えば、リンゴを切って置いておくとだんだん色が茶色になっていくというのは多くの人が知っていることでしょう。リンゴが茶色になってしまうのは、空気に触れて酸化していくからです。

それと同じで、詰まった皮脂によって毛穴が拡げられていくと最終的には皮脂の塊が空気に触れ酸化していってしまい黒くなってしまうということなのです。しかし、実は酸化していく原因は空気だけではないのです。

紫外線排気ガスなどの外的要因、喫煙ストレスなど生活にかかわる問題、栄養不足など、酸化してしまう要因は数多くあるのです。

黒にきびができてしまったら、まず、自分の生活を見直してどこに原因があるかを探り、改善するように努めましょう。もちろん、黒にきびを改善するためにできることはほかにもあります。

きちんと洗顔をして余分な皮脂をしっかりと落すという最低限のケアを怠らないことや、ビタミンBやCをしっかりと摂って体の内側からケアすることもできるでしょう。

黄にきびの特徴と対策

「にきび」には様々な種類がありますが、その中でも「黄にきび」と呼ばれるものがあります。

見た目が黄色っぽい色をしているので「黄にきび」と呼ばれるのですが、この黄にきびは痛みを伴うという特徴があります。

そもそも、黄にきびとはどのようなにきびなのでしょうか。

簡単に言うと、黄にきびは皮膚の下に膿がたまってしまった状態のことで、一度黄にきびができてしまうと、なかなか治癒することが難しくなります。

大抵のにきびが洗顔をすることによって皮膚を清潔に保ちさえすれば改善していくのに対して、黄にきびは肌を清潔に保つだけではなく、まずは肌の状態を回復させることから始めなければなりません。

簡単に思うかもしれませんが、この肌の状態を回復させるというのは普通の人にはなかなか難しいようです。

黄にきびを改善するためには、肌の状態を回復させると同時に、正しい方法で治療を進めていく必要もあります。ですから、本当に黄にきびを改善しようと思うのであれば、プロの力を借りるのが一番ですので、早めに皮膚科などを受診するようにしてください。

また、黄にきびの問題点は、痛みを伴うということだけではありません。上手に対処しないと色素沈着を起こしたり、傷痕になったりしてしまうという特徴も持っているのです。ですから、それらを考えても、皮膚科などできちんと処置してもらうことが大切です。

もちろん、きちんと洗顔をし、規則正しい生活を送ることを心がければ、黄にきびを防ぐこともできますので、黄にきびを作らないためにも自分にできることからしっかりと始めましょう。

白にきびの原因と対処法

にきびができる原因の大きなものは毛穴が詰まってしまうことだと言われています。
にきびにもさまざまな段階があり、まず白にきびというものができます。

では、この白にきびとはどのようなものなのでしょうか。
白にきびの原因は汚れによって毛穴の出口が詰まってしまうことだと考えられています。こうなると肌の表面は膨れてしまい、その部分が白く見えるため白にきびと呼ばれています。

白にきびの特徴としては、きちんとケアすることによって比較的簡単に改善することができるというものがあります。では、白にきびができてしまった時のケア方法を押さえておきましょう。白にきびの改善方法として挙げられるのは主に生活習慣の改善でしょう。

まず、食事ですが、出来る限りビタミンを意識して摂り入れるように心がけましょう。
次は、睡眠時間です。
忙しいかもしれませんが、10時までに就寝することを心がけ、6~8時間寝るようにしてください。

薬を利用したり肌の手入れをしたりするということと比べると単純なことのように思え、効果が無いように感じるかもしれませんが、これにより白にきびを改善することができるのです。ぜひ試してみてください。

毛穴の汚れによって白にきびはできてしまいますから、洗顔によって肌のケアをすることも大切です。
肌のケアをきちんとしていたにもかかわらず白にきびができてしまったという場合には、極力白にきびに触れないようにしてください。触ったり潰したりしてしまうと悪化させてしまう場合があります。

白にきびはきちんとケアすれば治すことが可能なわけですから、自分で今の状況をさらに悪くしてしまわないように注意しましょう。

赤にきびはなぜできる?

「にきび」と一言で言っても、実は様々な種類があるということはご存知でしたか?

にきびの原因としてよく言われるのが正しい洗顔ができていないために皮膚が不衛生な状態になってしまいにきびになってしまうというものです。

しかし、にきびになるのにはそれ以外の理由も考えられるのです。
例えば、「赤にきび」というものは細菌やウイルス感染による炎症が原因となっている場合もあります。
やけどやアレルギー反応として赤にきびになることもあります。

そもそも、赤にきびとはどのような状態のにきびのことを言うのでしょうか?
簡単な見分け方としては赤く腫れた皮膚の表面の中心に白い芯があるものが赤にきびです。

赤にきびは目立ちやすいにきびなので、女性であればメイクなどで隠そうと思うかもしれません。見た目は完ぺきと思うかもしれません。しかし、赤にきびの対策としては逆効果になってしまうのです。

メイクをすることで毛穴は塞がってしまいます。そうなると、皮脂が溜まってしまい、アクネ菌と呼ばれる菌が繁殖してしまいます。アクネ菌は多くの人が知っている通りにきびの原因となる菌です。
つまり、赤にきびを隠そうとすることでにきびを治すどころか悪化させてしまうことになるというわけです。

では、赤にきびができてしまった時の対策を考えましょう。まず最初にできることは、正しい方法で洗顔をし、肌を清潔にするようにしましょう。

赤にきびができると気になって触りたくなるかもしれませんが、触ると跡が残ってしまいます。ですから触らずに我慢しましょう。
もちろん、赤にきびを作らないために、普段からしっかりと洗顔することを心がけることが最も大切なことです。

紫にきびの対処法とは?

AdobeStock_82484471

にきびにもさまざまなものがありますが、その中でも「紫にきび」と言われるにきびに悩んでいる人は多いかもしれません。
「結節性にきび」というのがにきびの正式名なのですが、このにきびが大きな悩みとなる原因は、赤黒く膨れるためにとても目立ってしまうというところにあるでしょう。

では、なぜ、紫にきびは出来るのでしょうか?
紫にきびの根本原因は、体内に毒素が溜まってしまうことだと言われています。体内に毒素が溜まる原因としては、便秘やストレスなどが挙げられます。

紫にきびの改善方法として効果があるのは、薬物療法です。
具体的には、血流を良くする薬と身体に溜まっている毒素を排出する助けをしてくれる薬を服用することで改善していくというものです。

服用する薬は体質などによって変わってきますから、まずは皮膚科などを受診してみてください。あなたに適した薬を処方してもらえることでしょう。

自分でできることもあります。毎日、少しの時間を自分のために取り分けて、リラックスするように心がけてみてください。ストレスは、様々な問題の原因となりますが、肌にとってもよくありません。

自分なりのストレス解消法を見つけることで肌の状態を改善することもできるでしょう。便秘は体内に毒素を溜めこむ要因の一つとなってしまいます。リラックスすることは便秘解消にもつながります。

どうしても朝はバタバタしてしまいがちですが、そんな朝だからこそ、ゆっくりできる時間を作るようにしましょう。

紫にきびができてしまうと、そのことばかりに目が留まってしまうかもしれませんが、自分にできることを行いながらゆっくり治療していくようにしてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-にきび
-, , , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.