ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

美容

いつまでも若々しくありたい!そんな50代のためのおすすめ化粧品

更新日:

何歳になっても若々しく綺麗でありたい…女性なら誰でもこのように感じるのではないでしょうか。それでも、年齢を重ねると、シワやたるみが気になってくるという現実も確かなものかもしれません。

 

化粧品選びには、保湿成分が配合されているか、肌悩みに合った成分が配合されているか、肌に合っているかなどの重要な3つのポイントがあります。今日は、まだまだ現役の50歳の方々にピッタリの化粧品をご紹介していきたいと思います。

50代の化粧品の選び方

50代になると、自然と、シミやたるみ・乾燥など、様々な肌トラブルに見舞われるようになります。シワがくっきりしてきた、ハリがなくなってきた、肌が乾燥して、粉をふくようになった、シミが目立つようになった、顔全体がたるんできた…などのお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。このような肌トラブルに一番大切なケアが「保湿」です。肌を保湿しながら、ケアしていくために3つのポイントを大切にしていきましょう。

1高保湿なものを選ぶ

人間の肌は、30歳を過ぎると皮脂の分泌量が減ってしまうため、肌が乾燥しやすくなってしまいます。肌が乾燥していると、肌のターンオーバー、つまり新陳代謝が乱れ、肌を守る「バリア機能」が低下していきます。

 

このようなことが繰り返し起きていくことによって、老化や肌荒れ、くすみなどが起きるようになってしまいます。高保湿成分であるセラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸などが含まれている化粧品を選ぶことや、時には、毎日の生活習慣に気を付けることなどによって肌を保湿し、肌トラブルを出来るだけ最小限に抑えるようにしていきましょう。

2 肌悩みに有効な成分を選ぶ

保湿に加えて大切になってくるのが、自分自身が肌の悩みとして抱えている肌トラブルに必要な栄養素が入った商品を選ぶことです。例えば、しわ、たるみにお悩みの方であれば、ビタミンC誘導体、レチノール、ナイアシンなどの成分がおすすめです。

 

また、シミに悩みを抱えている方であれば、ビタミンC誘導体、アルブチン、トラネキサム酸、プラセンタエキスなどがおすすめです。中でも特におすすめする成分は、しわ・たるみにもシミにもいい「ビタミンC誘導体」です。

3自分の肌に合ったものを選ぶ

化粧品は人によって効果の程度に違いが,あるので、そのため、店舗で実際に試してみることや、トライアルセット、あるいは返品可能なものを選ぶこと、また、同じ年代・肌質の方のクチコミを参考にする…といった方法で、自分の肌に合うかどうかを試してみることが出来るかもしれません。

 

また​敏感肌の方の場合は、アルコール、香料、合成着色料が配合されていないものを選び、肌へのストレスを減らしていくようにすると良いかもしれません。

50代におすすめの化粧品

ここからは、50代の女性におすすめの化粧品をお悩み別にご紹介していきます。

 

1位は、メディプラスゲルです。この化粧品は無添加でありながら、化粧水、乳液、美容液、クリームという4役をこなす「メディプラスゲル」で、大人気です。3種類の高濃度セラミドとヒアルロン酸、2種類のコラーゲンなどの美容成分が含まれており、お肌に弾力を与えて、加齢にともなって固くなりやすいお肌を優しく、なめらかにしてくれます。エイジングケアは刺激が強くなりやすいという弱点がありますが、この化粧品は、肌に優しいジェルアイテムなのでお肌が敏感な方でも使いやすく、効果が表れやすいというメリットがあります。シミやそばかすなど、気になるところをしっかり対策してくれる化粧品となっています。

 

50代におすすめする化粧品ランキング第2位は、ビーグレンです。浸透技術を使ったサイエンスコスメ「ビーグレン エイジングケア」が、気になりやすい額や眉間の深いしわをカバーしてくれるエイジングケア化粧品です。

 

ハリやツヤを出す効果のあるレチノールや、美白や引き締めの効果のあるビタミンC誘導体の力で、独自の浸透技術「QuSome®」によって角層の奥まで美容成分を届ける効果があります。方法としては、朝夜ともに「洗顔→ローション→美容液2種→保湿クリーム」の5ステップを繰り返すことでしわが気になるお肌の乾燥を防ぎ、ハリのある肌へと導いてくれます。

 

50代におすすめする化粧品ランキング第3位は、ポーラ・オルビスグループの乾燥肌、敏感肌用ブランド「DECENCIA(ディセンシア)」から出ているエイジングケアシリーズの「アヤナス」です。敏感肌ケアとエイジングケアの両方に特化したスキンケアシリーズで、低刺激でありながら高い保湿力を発揮してくれる優れものです。通常のセラミドよりも浸透力が高い「ヒト型ナノセラミド」を化粧水、美容液、クリームの全てに配合しているため、お肌の角層までうるおいを与えてくれます。

低刺激なエイジングケア化粧品

まずおすすめしたいのは、無添加主義で低刺激な化粧品ブランド「HABA」の美容液、リフトアップセラムです。サメの肝油から抽出されるスクワランオイルやビタミンC誘導体配合が年齢と共に固くなったお肌を柔らげ、ハリを与えてくれる優れものです。すっと肌に馴染みやすいテクスチャーで、使いやすさも抜群です。また、お肌に優しいだけでなく、しっかりエイジングケアできるのも嬉しいところです。

 

次におすすめしたいのは、無印良品のエイジングケア化粧品シリーズの乳液です。この乳液には、岩手県釜石の天然水を使用しており、ざくろ、木苺、ローズなど10種の天然美肌成分が配合されています。加えて、ヒアルロン酸、コラーゲンなど5種の機能成分を配合しているため、無香料、無着色、無鉱物油、弱酸性、アルコールフリーで肌に優しく保湿とエイジングケアが行うことの出来る嬉しい商品です。この商品は全国の無印良品店舗で扱っているので、手軽に購入することが出来ます。

しわ・たるみにおすすめの化粧品

まずおすすめしたいのは、アンプルールのリフティングクリームVです。ドクターズコスメブランド・アンプルールのエイジングケアライン「ラグジュアリー・デ・エイジ」のリフティングクリームです。アミノ酸やミネラルなどが豊富に含まれる「プラセンタエキス」に加えて、浸透型コラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分が配合されており、シワやたるみの解消につながります。

 

また、ハリケア成分、保湿成分、整肌成分を凝縮した濃厚なクリームは、お肌に浸透しやすく、ハリと潤いを与えてくれます。低刺激な成分でつくられているので、敏感肌の方も安心してお使いいただけます。

 

次におすすめしたいのは、ドクターシーラボの アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEXです。この商品は、これひとつで化粧水、乳液、美容液、アイクリーム、クリーム、マッサージクリーム、パック、化粧下地と、なんと8つの役割を果たす、保湿オールインワンゲルです。35種の美肌成分と5種のセラミドを配合しているので、毎日使い続けることで、ハリと潤いのある肌を目指すことが出来ます。

シミ・くすみにおすすめの化粧品

まずおすすめしたいのは、資生堂のエリクシールホワイトリセットブライトニスト です。薬用美白ジェルクリームで、ベタつかず肌にしっかりとなじみ、紫外線による肌色の印象の変化を防いでくれます。独自成分ブライトインパクトを配合しており、メラニンの生成を防いでシミ、そばかすを防ぐことができます。おすすめは、夜のお手入れの最後に使用することです。たっぷり入っていてさらに詰め替え用も用意されているので、使い続けたい人にはもってこいの商品です。

 

次におすすめしたいのは、DUVOTAのCローションです。この化粧水は、ビタミンC誘導体の中でも、最も高浸透で低刺激なアプレシエを配合しており、さらに、保湿力のある馬プラセンタ、肌にツヤをだすアミノ酸8種、美白効果があるアルブチンなども豊富に配合しています。ビタミンC誘導体は肌が乾燥しやすい成分ですが、こちらは保湿成分も高配合なので、肌を潤わせつつ美白ケアとエイジングケアが可能な一石二鳥の商品です。アプレシエは35度以上で3か月経つと成分が破壊されてしまうので、夏場は冷蔵保存しておくようにしましょう。

まとめ

50代の悩みに合わせって選ばれた化粧品はいかがでしたでしょうか?現在では、お悩みに合わせた成分をたっぷり配合した化粧品も数多く準備されています。年齢と共にどうしても衰えてしまうお肌も、自分にあった化粧品を見つけることで、いつまでも若々しく美しい肌を保つことが出来るでしょう。

 

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-美容
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.