ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ダイエット

1日水だけダイエットの効果的な正しいやり方!リバウンドしないコツは?

更新日:

「1日水だけダイエット」とは、丸1日絶食して“水だけ”を飲むダイエット方法のことです。“水飲みダイエット”の中でも、いわゆる断食と同質の“究極のダイエット”だと言えます。究極のダイエットだけに、大きな効果が期待できる半面で、大きなリバウンドを伴うことも多く、またダイエット中に体調を崩してしまうこともあります。

 

しかし「1日水だけダイエット」は、正しい知識と正しいやり方に基づいて行えば、大きな健康・美容・ダイエット効果を得ることも可能です。「1日水だけダイエット」を成功させて期待する効果が得られるような、正しいやり方とリバウンドしないコツなどについてお伝えします。

 

1日水だけダイエットとは?

「1日水だけダイエット」とは、「水飲みダイエット」の中では最もハードな絶食を伴う極限のダイエット方法です。“1日水だけ”という意味は、「丸1日何も食べずに水だけを飲む」という意味です。

 

断食ダイエットと同質のダイエット法

「断食」とは、一定の期間を決めて全ての食物の摂取を絶つことで、絶食はするものの水だけは飲む場合が多いとされています。宗教的行為や医療的(ヘルスケア)行為、デトックス目的の行為やダイエット目的の行為などに大別できます。

 

「1日水だけダイエット」は、まさに絶食はするものの水だけは飲むことが多いとされる“断食そのもの”であり、ダイエット目的における断食行為だといえます。

 

断食の基本的な考え方として、『絶食すると体内に蓄積されていた栄養を消費してしまう期間があり、この一定期間を一般的に48時間(2日間)~72時間(3日間)』としています。また『この一定期間の範囲内であれば、最小限の栄養が保たれ、絶食しても生命を維持できる』とされています。

 

ファスティングダイエットとの違いは?

英語の「ファスティング(fasting)」を直訳すれば、断食のことですが、一般的に行なわれている「ファスティングダイエット」では、一定期間の絶食は行うものの“水や栄養ドリンク”は飲むことから、本質的な断食とは異なります。

 

「ファスティングダイエット」では、半日から3日ほどの期間の絶食によって、カロリーを大幅にカットし、内臓を一定期間休めながら体内に溜まった毒素や老廃物を排出させる目的においては、「1日水だけダイエット」と同じだといえます。

 

しかし、絶食しながら“水だけしか飲まない”「1日水だけダイエット」は、“栄養ドリンクも摂取する”「ファスティングダイエット」とは、根本的に異なるダイエット方法だと言えます。

 

“1日水だけ”の重要性と1日の必要補給量

人間が生きていくためには、栄養素を摂る前に“水”と“酸素”の摂取が必要不可欠です。私たち成人の体内水分量は約60%で、部位別での割合は血液で90%、脳で80%、筋肉で70%、脂肪で20%とされています。

 

1日の水分排出量=1日の必要水分補給量

「1日の水分排出量」は、普段の日常生活の範囲では、体重の5%程度とされており、体重が50kgの人であれば約2.5ℓ、体重が60kgであれば約3.0ℓとなります。さらにこの排出量に、激しい活動時や運動時での発汗量を加えなければいけません。

 

「1日の必要水分補給量」は、普段の日常生活の範囲では約2.5ℓ~3.0ℓ、激しい活動時や運動時ではさらに+アルファということになります。

 

1日水だけダイエットに期待される5つの効果

 

「1日水だけダイエット」での“絶食効果”として、人間は体内組織からエネルギーを取得する方法を探すような仕組みになっており、体内に蓄積された脂肪酸やグリコーゲンやブドウ糖を引き出してエネルギー源として消費します。

 

「1日水だけダイエット」での“水飲み効果”として、「血流改善」「尿排泄の増加」「発汗の増加「便通改善」といった作用を促進させ、体内の組織細胞を活発化させて、基礎代謝量をアップさせます。

 

1.基礎代謝量のアップ効果

「基礎代謝量」は、活動をしない安静時でも必要とされる最低限のエネルギー消費量のことで、総エネルギー消費量の約60%を占めています。内臓や筋肉の働きが活発化するほど、基礎代謝量は高くなります。

 

「1日水だけダイエット」での“絶食効果”“水飲み効果”による作用は、すべてこの「基礎代謝量のアップ効果」に繋がります。

 

2.血流改善による代謝活動の活発化

「水分が90%を占める血液」は、身体全体の細胞まで「“酸素や栄養素”を運搬する役割」と、細胞内の「“老廃物”を回収する役割」を担いながら血液の状態を左右しています。

 

「1日水だけダイエット」“水を飲む”ことで、“血液サラサラ”の状態に血流改善されて、酸素や栄養素の運搬と老廃物の回収がスムーズになり、細胞内のエネルギー代謝や新陳代謝が活発化されます。

 

3.細胞活性化によるデトックス効果

「1日水だけダイエット」“水を飲む”ことは、血流改善や利尿作用を活性化させて、細胞内の老廃物の回収や排出を促進する「デトックス効果」をもたらします。

 

「デトックス効果」によって、内臓や筋肉細胞が活性化されることで、内臓や筋肉でのエネルギー消費量が大部分を占める「基礎代謝量のアップ効果」に繋げることができます。

 

4.体温上昇時のエネルギー発生効果

「1日水だけダイエット」“水を飲む”と、一時的に体温が下がります。すると元の体温まで上げて戻そうとする「ホメオスタシス作用」が働いて、エネルギー熱が発生します。

 

“水を飲む”ことは、「一時的に下げた体温を元の体温まで引き上げるためのエネルギー熱を発生させる効果的な方法」なのです。

 

1℃の体温上昇に対して、12%~15%もの基礎代謝量のアップが期待されるといわれています。空腹で水を飲むたびにエネルギーが発生し、体内脂肪を燃焼させていきます。

 

5.便通改善による痩せやすい体質づくり

便秘や便通の悪さは、腸内腐敗の原因となり悪玉菌が増えることで、有毒ガスや老廃物を大量に発生させてしまいます。この有毒ガスや老廃物が血流に乗って全身へ運ばれると、細胞の代謝活動が低下してしまいます。

 

「1日水だけダイエット」での“絶食”による「デトックス効果」は、さらに“水を飲む”ことでの「便通改善効果」を促進させ、腸内環境を整えて善玉菌優位の整腸効果をもたらします。善玉菌優位の腸内環境は、全身の細胞の代謝活動を活発化させて、“痩せやすい体質”に改善してくれます。

 

1日水だけダイエットの正しいやり方と注意点

「1日水だけダイエット」とは、1日中何も食べずに絶食して“水だけ”しか摂らない極限のダイエット方法です。短期間で大きな効果を得られる反面で、短期間で大きなリバウンドを伴い、せっかくの努力が徒労に終わってしまうリスクもあります。

 

また経験のない初めての人が、いきなり2日~3日間のハードな「1日水だけダイエット」を行なえば、体調を崩してしまう原因などにもなります。正しいやり方に沿って慎重に行なうことが大切です。

 

「1日水だけダイエット」正しく効果的に行なうためには、「ムリのない期間設定」「ゆるやかな導入のやり方」「ゆるやかな退出のやり方」が非常に重要です。

 

ムリのない期間設定

“水だけ”を摂取する宗教的な断食行為であっても、【48時間(2日間)~72時間(3日間)】という一定期間の範囲内で行なわれるのが一般的です。4日間以上の期間設定は危険を伴うとされています。

 

「1日水だけダイエット」の経験者で慣れている人であっても最大期間は、【3日間(72時間)】以内を守りましょう。慣れていない未経験者は、【1日間(24時間)】から始めてみることをオススメします。

 

ゆるやかな導入のやり方

「1日水だけダイエット」を敢行する4~5日前から、徐々に絶食する量を増やして体を慣らしていきます。たとえば、「夜だけ絶食」→「夜と昼を絶食」→「3食とも絶食:酵素ドリンクを飲む」→「本番:水だけにする」といった、ゆるやかな導入のやり方が重要です。

 

ゆるやかに導入を図ることで、体調変化などを察知することも出来ます。もしも体調不良などの異常を感じたら直ぐに中止する勇気が必要です。これは決して“怠け”や”挫折”ではありません。

 

ゆるやかな退出のやり方

「1日水だけダイエット」を止めて退出する時は、導入時とは反対のやり方で行ないます。絶食を止めた直後から、いきなり3食の食事に戻せば、必ずと言っていいほど高い確率でリバウンドします。

 

たとえば「本番:水だけ」→「3食とも絶食:酵素ドリンクを飲む」→「朝食だけ(昼・夜抜き)」→「朝・昼食(夜抜き)」→「3食付」といった、ゆるやかな退出のやり方が重要です。

 

1日の水を飲む量とタイミング

「1日の水を飲む量」は、「約2.5ℓ~3.0ℓ」を守りましょう。3度の食事を伴う日常生活では、食べ物から0.5ℓ以上の水分を吸収しています。「1日水だけダイエット」では、食事からの水分の吸収が無いので、2ℓでは少なすぎます。

 

1日に必要な「2.5ℓ~3.0ℓ」は、コップ10~12杯分に相当します。1回に飲む量は最低でコップ1杯(0.25ℓ)で最高で2杯(0.5ℓ)としましょう。数回のタイミングに分けて、「起床後」「お昼頃」「夕方頃」「就寝前」、また「入浴後」や「運動前」などが効果的です。

 

特に、就寝中には新陳代謝が活発に行なわれることから、多くの水分が消費されるとともに、発汗(寝汗)でも消費されます。「就寝前」「起床後」水を飲むことで、「血液をサラサラ状態」にすることができます。

 

1日水だけダイエットでリバウンドしないコツとは?

「1日水だけダイエット」は、最も即効性の高いダイエット方法でありながら、最もリバウンドしやすいダイエット方法でもあります。ダイエット後でもリバウンドしないためには「リバウンドしやすい理由」を理解して、「リバウンドしないコツ」を習得することです。

 

リバウンドしやすい理由

「1日水だけダイエット」絶食すると、体内ですぐに使えるエネルギー源が不足し、脳は“飢餓状態”を認識します。すると飢餓に備えて蓄積されていた肝臓や筋肉や脂肪細胞の中のエネルギー源を引き出して消費してしまいます。

 

この飢餓状態で、いきなり食事からエネルギー源を摂取すると、インスリンが過剰分泌されてエネルギー源を脂肪細胞などにセッセと溜め込もうと働くのです。その結果として急激なリバウンドが発生します。

 

リバウンドしないコツ

1.ゆるやかに退出・復帰する

「1日水だけダイエット」後は、いきなり3食に戻さずに1食ごとに戻していき、徐々にカロリー摂取量を増やしていくことが大切です。

 

2.炭水化物(糖質)と脂っこい脂肪を控える

炭水化物(糖質)や脂っこい脂肪を優先的に摂取すると、元の体重以上にリバウンドし、いわゆる“ヨーヨーダイエット”の危険性もあります。特に、絶食後の糖質の摂取は、急激な血糖値の上昇を招き、脂肪蓄積の原因となります。タンパク質やビタミンやミネラル、食物酵素などを主体とした食事が理想です。

 

3.適度な有酸素運動を行う

適度な食事が摂れれば体力も回復し、適度な有酸素運動がエネルギーの代謝を活発にしてくれます。「1日水だけダイエット」の直後は、デトックス効果もあって、非常にエネルギー代謝がしやすい状態に体質改善されています。ここで脂肪燃焼させなければ辛抱して行った「1日水だけダイエット」も無意味で、ただリバウンドが待ち受けているだけとなります。

 

まとめ

「健康・体力づくり事業財団」の健康ネットによると、ダイエットにチャレンジした人の内90%の人が5年以内に元の体重にリバウンドしてしまうということです。リバウンドの原因として、「短期間のイベントとして捉える」「無理な高い目標設定」「代謝メカニズムなどの人体機能の軽視」などが考えられます。

 

ダイエットの本来の意味は、ただ痩せるという目的だけではなく、「日常の生活習慣の中で健康な体作りを維持・継続していく」ことなのです。「1日水だけダイエット」という短期間のハードなダイエットだからといって、原理・原則を怠らないことが成功の秘訣です。

 

こちらもおすすめおすすめ

葛の花サプリランキング《売れ筋10選》脂肪減少効果が高いのはこれ

このページは、『葛の花サプリメント』について詳しく書かれたページです。内臓脂肪が減少するおすすめのサプリメントの紹介や脂 ...

続きを見る

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

続きを見る

-ダイエット
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.