人の顔ってとても繊細ですよね。ちょっとした体調不良が全て表れてしまうわけですから。しかも必ず人に見られてしまう場所、印象を決定づける部分でもあるのでとてもやっかいです。


中でも顔の真ん中で地味だけど顔の印象を決定するのに大きな役割を持っているのが鼻。小鼻を目指したり高い鼻を目指して整形したりマッサージしたりする人がたくさんいるように、顔の中でも重要なパーツ。


そんな鼻の頭の皮がむけてしまって悩んでいる人はいませんか?
鼻は思春期にはニキビや脂で悩まされたり、花粉症の時期には鼻水たらたらで赤くかぶれたり、常に悩みを抱えやすい部分でもありますよね。


今回はそんな鼻の皮がむけてしまうという悩みについて、どうしてそのようなことが起こるのか、どうしたらその悩みを解決できるのかということをまとめてみました。


鼻の皮がむけてしまって悩んでいる方は必見。ちょっとした気遣いで簡単に治せるかもしれませんよ!ぜひチェックしてみてくださいね。

鼻の皮がむけるのはなんで?


顔の中心である鼻。その鼻の皮がむけて荒れていたらなんとなく「だらしない人なのかな?」という印象で見られてしまうおそれもあります。それほど鼻は人のイメージを左右する大切な部分。


出来れば皮がむけているなんていう状態にはなってほしくないものですが、どうしても鼻の皮がむけるようなことがおこるのでしょうか?まずはその原因を探ってみましょう。



具体的に原因を見る前にまず確認しておきたいのは、鼻の皮がむけるのは基本的に鼻が乾燥しすぎて皮がめくれてしまっている場合か、鼻の肌が傷んでむけてしまっている場合かであるとがほとんどであるということです。


鼻の皮がむけているなと思ったら、乾燥しているのか、傷んでいるのか、それはどうしてなのかを考えることが大切になると言うわけです。

洗顔方法に問題がある

顔は身体の中でも特に念入りにお手入れをしてしまう部分。顔を洗う時もついつい気合を入れて丁寧に念入りに洗顔をしがち。でもこれが逆効果になることがあるってご存知でしたか?


洗顔はやり方を間違えると肌を傷つけたり乾燥を促したりして肌荒れに繋がってしまいます。もちろん洗顔しないのはもってのほかですが、正しい洗顔を心掛けることが大切。


鼻の皮がむけてしまうのも、洗顔のやり方が間違っているせいで肌が乾燥したり傷んだりしているせいかもしれません。

スキンケアをやりすぎている

鼻は角質の黒ずみやニキビ、脂の浮き出ているのが気になるなど、洗顔以外でもついついお手入れを頻繁にしてしまいがち。しかし鼻の脂汚れは必要以上に取り除くと乾燥を招いたり、逆に過剰分泌を促してしまい脂取り紙などを頻繁に使いすぎることで肌が傷んでしまったりしがち。


角質なども取り除くにはそれなりに皮膚に負担を強いることになり、これを繰り返しているうちに傷ついた鼻の肌がむけてくるということが起こってしまいます。


大切なのは適度な保湿。過度なスキンケアは乾燥を招いてしまいますので、スキンケアをした後はしっかりと保湿クリームを塗ったり、そもそものスキンケアのしすぎには気を付けるなどの配慮が大切です。

強い刺激を受け続けている

繊細な皮膚を持つ鼻。しかし意外と外的な刺激を受ける要素は多かったりしますよね。例えば日焼け。実は鼻の皮がむける要因として多いのがこの日やけなんです。


日やけはちょっとした火傷のような状態。はじめは赤く腫れたりしますが、しだいに皮膚がぼろぼろとはがれるようになって収束します。軽度のものだと赤くならずに皮だけ剥けることもしばしば。鼻の皮がむけやすい傾向にある人は夏場など日差しの強いところに出る際は日焼け止めクリームを念入りに塗ったり、なるべく直射日光を避けることが大切です。


他にも花粉症や風邪、蓄膿症などで鼻をよく噛むような人は鼻に強いストレスをかけています。そんな人は多少高価でもやわらかいティッシュを使うようにしたり、鼻水が出ないような対策をすることが鼻のケアに繋がる可能性も。


また気になるからと言って鼻をいじりすぎるのもよくありません。ついついつまんで角質などを取り除こうしたりする人がいますが、肌に強い刺激を与えているので鼻にとってはとてもよくありません。クセづいてしまっている人は気を付けるようにしましょう。



鼻の皮がむけがちという方は自分がどの原因から皮がむけているのか分かりましたでしょうか?もちろんどれか一つが大きな理由になっていることもあれば、複合的な要因もあるかもしれません。いずれにせよ要因を取り除いていくことで皮はむけにくくなるはず。


具体的にはどのようなことを意識して原因を解決していけば良いのでしょうか?

鼻の皮がむけるのを阻止するには?

洗顔のやり方を改善

まずは洗顔のやり方を見直しましょう。ちゃんと出来ているつもりでいて実はちゃんと出来ていないことも多い洗顔。どうするのが正しいのでしょうか?。


まずは手をしっかり洗います。辺り前のことですが手が汚れていたら洗顔の効果も半減します。その後、体温に近いぬるま湯でいったん顔を軽くゆすいでから洗顔フォームを手にのせます。この時なるべく刺激の少ない洗顔フォームを選ぶことも大切。自分に合った洗顔フォームが見つかるまではいろいろと試してるのも良いでしょう。


洗顔フォームは手でしっかりと泡立ててから使います。特に現役のまま鼻から直接洗おうとすると鼻の皮膚が傷んでしまいます。泡だったら指のお腹でやさしくやさしくなでるようにして洗顔します。


ぬるま湯でやさしく汚れを落とし、清潔なタオルで包み込むようにして水分を落としましょう。

スキンケアは適度にして保湿を心掛ける

脂取り紙やクレンジングなども良いのですが、お肌を長く美しく保つコツはなによりも保湿です。過度な脂取りやクレンジングは結果的に乾燥につながってしまったり、皮膚そのものを痛めしてしまうので逆効果。本当に気になるときにだけ使うようにし、普段はしっかりと保湿クリームで乾燥しないように気を付けるだけでも違います。


必要以上のスキンケアは大敵。気を付けましょう。

なかなか治まらない時疑うべき病気とは?


最後にちゃんと対策をしているのにずっと鼻の皮がむけてしまったり、ただれているような人がかかっているかもしれない病気についても見ておきましょう。
鼻の皮に症状が出るような病気としては以下のものが考えられます。

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎は分泌される皮脂が正常ではなくなり、たくさん出てしまうことで皮膚が赤くなったり、皮がむけてしまう病気です。鼻だけでなく頭皮などにもおこる病気です。


人間の体に常在するマラセチアというカビが皮脂をエサに繁殖するとおこると言われており、一度発症すると自然治癒しづらいと言われています。なかなか鼻の皮膚が正常にならないようなら一度皮膚科を受診してみましょう。

亜鉛不足

バランスの悪い食事を続け栄養失調になり、中でも亜鉛が足りなくなると鼻の皮にも影響が出ます。というのも亜鉛は皮膚の新陳代謝やコラーゲンの生成に必要な成分で、肌を正常に保つ上でとても大切な栄養なんです。


したがって栄養不足になることで鼻の皮が影響を受けることは十分に考えられます。栄養失調も立派な病気のひとつ。鼻の皮だけでなく体の様々なところに異常をきたしかねません。気を付けましょう。

鼻の皮がむけてしまうあなたへ・・・

常に人にも見られてしまう鼻というパーツ。皮がむけてしまってみっともなく見えないためにも、普段の生活で気を付けられる点に関しては気を付けるようにしましょう。


鼻の皮も人によって敏感な人もいれば少し刺激を与えたくらいではなにもならない人もいますが、いずれにせよ繊細な場所には変わりありません。丁寧にケアすることで常にきれいに保ちたいものですね。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。