ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

美容

髪サラサラにするには?【簡単】どこの家にでもあるものを使った美髪ケア

投稿日:

髪サラサラは誰もが憧れるものだと思います。髪は簡単に傷ついてしまうものであり、枝毛や切れ毛、ゴワゴワとしてしまうなど髪の悩みは後を経ちません。
 
 
それだけ髪をケアすることは難しいもので、ケアをしてこそさらに努力を重ねた上に手に入れることが出来るのが髪サラサラという誰もが羨む美髪の絶対条件のため、自分には髪サラサラは無理なのだろうと諦めてしまっている人もいるでしょう。
 
 
しかし実は髪サラサラは簡単にすることが出来るということはご存知でしたか?しかも身近にある意外なものや意外な方法を試すだけで、髪サラサラを実現することが出来るのです。
 
 
今回は髪サラサラになる方法について注目。身近なアイテムを使った美髪を作るコツについて紹介をしていきます。

髪サラサラを遠ざける習慣

shutterstock_346642229髪サラサラを目指す前に、そもそも髪は大変傷つきやすいものであるということを知っておかなくてはいけません。髪を傷つけてしまう原因や習慣を日常的にやってしまっていれば、髪サラサラをするために努力をしたところで全て水の泡になってしまうこともあるでしょう。髪サラサラを目指すためには、まず髪を傷つけないことから始める必要があります。
 
 
 

コテやドライヤーは注意が必要

コテやドライヤーの存在は、かなり髪を傷めてしまう原因に繋がっています。髪が人よりも傷んでいるという人は、コテやドライヤーの頻度ややり方を振り返ってみましょう。
 
 
特にコテは毎日使うのは控えたほうがいいもの。ぐいぐい、と引っ張るように使っていると尚の事髪を傷めてしまう原因になっています。またドライヤーも同じ場所に数秒間熱風を当てているだけでも髪にとっては大きなダメージになります。髪を乾かす際などは、まんべんなく、出来るだけ同じ場所に留まらないように注意をしましょう。

シャンプーは落とし穴が多い

髪を傷めてしまい、髪サラサラを遠ざけてしまっている最も多い原因と言っても過言ではないのがシャンプーです。髪の為に良いと思われがちなシャンプーですが、シャンプー自体髪を傷めてしまう行為であるために、細心の注意が必要なのです。
 
 
ゴシゴシと洗ってしまうのもNG、シャンプーを使い過ぎてしまうのもNG、熱いお湯で髪をすすぐのもNG。このように何かと無意識にやっている行為が髪サラサラを遠ざけてしまっているのです。
 
 
シャンプーをする前に髪をブラッシングする、シャンプーを付ける前に熱すぎないお湯で髪を洗う、終わった後は洗い残しのないように念入りと髪を洗い流す。これだけでも気をつければ、格段と髪は艶やかなものに仕上がり、髪サラサラを手に入れることが出来るでしょう。

何気ない生活習慣

髪は外部からのダメージだけでなく、内部からのダメージによっても傷んでしまいます。そのため内部からのダメージを防がなくては髪サラサラにするのは難しくなります。
 
 
代表的な生活習慣を挙げるならば、ストレスや喫煙、飲酒のし過ぎであったり、無理なダイエットなども当てはまります。特に女性はダイエットを常にしている人も多くいますが、栄養不足によって髪はパサつき、艶をなくしてしまうため、抜毛の原因にもなるので注意が必要です。

身近なアイテムで髪サラサラを手に入れる方法

shutterstock_238534786髪サラサラをするためには、高いヘアケア商品が必要なのでは?と思いがちだと思います。しかし実際に髪サラサラをしてくれるアイテムは、身近なところにたくさんあるのです。もちろん高いヘアケア商品の効果も抜群ではあるものの、まずは身近なアイテムを使って髪サラサラを手に入れる方法を試してみるといいかもしれません。

炭酸水

美容院でも炭酸水を使った洗髪を行っているところもあるので、炭酸水が髪サラサラにしてくれるということを知っている人も多いかもしれませんね。
 
 
何故炭酸水が髪サラサラの効果を持っているかというと、炭酸水で髪を洗うことによって同時に頭皮の落ちにくい汚れや皮脂を洗い流してくれます。毛穴も綺麗になるため、健康的な髪が育つようにもなるのです。
 
 
さらに毛穴を刺激することによって、血行が良くなります。血行が良くなれば栄養が行き渡るようになり、その分髪は栄養を受けることが出来るため、髪サラサラに繋がるのです。
 
 
方法としてはシャンプーの前などに髪を炭酸水で洗うだけなので是非やってみましょう。

乳液

乳液は本来顔の保湿ケアのために疲れるものです。しかし髪にも保湿は必要であり、乾燥をしてしまうことによって髪は傷みやすくなってしまうのです。
 
 
ヘアケア商品には、洗い流さないトリートメントというものがありますが、その要領で乳液も髪サラサラ方法として使うことが出来ます。タオルドライした髪に乳液を浸透させることによって、髪の毛を保湿、コーティングしてくれて、髪サラサラにすることが出来るのです。
 
 
さらに乳液は浸透しやすくなっていて、ベタつきもないため、あっさりと試すことが出来る髪サラサラ方法だと言えます。

ベビーオイル

今や100円ショップでも買うことが出来るベビーオイルも、実は髪サラサラにする方法に使うと効果を発揮するものでもあります。
 
 
タオルドライをした後や、少し髪を乾かした後に少量のベビーオイルを手に出した後に、髪全体に馴染むように揉み込んでいきましょう。その後に髪を乾かすことによって、ふんわりサラサラとした髪に仕上げることが出来るのです。
 
 
他に髪サラサラの方法の中でも特にコストパフォーマンの面では抜群に良く、毎日試すことの出来る髪サラサラ方法なので、毎日の習慣として行っていくといいかもしれません。

美髪を維持するために必要なこと

shutterstock_158268755髪サラサラの方法は意外と簡単な方法や身近なアイテムですることが出来るとわかりました。しかしだからといって髪は傷つきやすいものであり、さらに髪は傷ついてしまえば元に戻ることはありません。そのため、髪サラサラの美髪を手に入れたのであれば美髪を維持する努力も必要なのです。

枝毛・切れ毛は見つけたらすぐにカット

髪を伸ばそうとしていると、どうしても髪を切ることに戸惑いを感じてしまうこともあるでしょう。しかし髪は一度傷んでしまえば治ることはなく、枝毛の場合には健康な髪の範囲まで傷ませてしまうことに繋がるため、見つけたら傷んでいる部分から1cmほどのところでカットするようにしましょう。
 
 
髪は切ると健康的な髪が伸びやすくなるとも言われていますし、傷んでいる髪は思った以上に悪目立ちをするため、髪サラサラを目指すためならば見た目的な意味でも早々にカットをしたほうがいいでしょう。

キツく結ぶ・同じ結び方はNG

実は髪をキツく結ぶことや、同じ結び方を続けていくのはNG。髪サラサラを維持するためには、髪を出来るだけキツく結ばないことや、出来るだけヘアゴムも柔らかい素材で髪に負担がかからないものを選ぶと◎。
 
 
他にも同じ結び方をしてしまうと頭皮に常にダメージがかかってしまうだけでなく、分け目なども決まってしまうことが多いため、薄毛の原因や、抜毛に繋がることもあります。
 
 
髪サラサラのためには、出来るだけ毎日違い髪型をすることや、傷んでしまった場所は重点的にケアをするといいでしょう。

濡れた髪をブラッシングしない

濡れた髪をブラッシングしてからドライヤーで髪を乾かす人も多いかもしれません。しかし濡れた髪はかなり傷みやすい状態であり、その状態でブラッシングをしてしまうことは髪を積極的に傷めつけていることに何ら変わりはありません。
 
 
そのため、出来るだけブラッシングは髪を乾かした後にすると◎。せっかく髪に気を使いながらシャンプーをしたり、髪サラサラになる方法を試したとしても、濡れた髪をブラッシングしてしまうことによって一気に台無しになってしまいます。

まとめ

髪サラサラになる方法は、かなり簡単なものばかりだと言えるでしょう。しかし重要なのは髪サラサラになる方法よりも、いかに髪を傷つけないか、サラサラの髪を維持していくかがポイントだと言えます。
 
 
髪サラサラになるために、そしてなった後も気を抜けませんし、何気ない行動が髪を傷つけている原因になっているので、今回紹介したことを参考にして、原因、維持を含めて髪サラサラの方法を試していきましょう。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-美容
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.