ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

美肌

飲むだけで手軽に日焼けを防止!「飲む日焼け止め」ってどんなもの?

更新日:

飲むだけで日焼けを防ぐことが出来る「飲む日焼け止め」が最近話題になっているのを知っていますか?海などで健康的に日焼けをするのは良いものですが、毎日の外出の中でも紫外線は容赦なく降り注いできます。紫外線による日焼けは肌の老化やシミ、シワや肌のくすみなども生み出すため、美容の大敵でもあるのです。飲むだけで日焼けを防ぐことができれば手軽ですよね。飲む日焼け止めの効果や成分などを知って、安心して活用してみましょう。

日焼けする仕組みって?

まずはどのような仕組みで「日焼け」が起こるのかを知っておきましょう。

紫外線による刺激

日焼けとは、紫外線によって起こります。ただし紫外線にも種類があり、日焼けにも種類があるのです。

黒くなる日焼け(サンタン)

赤くなることなく、黒くなる日焼けがありますね。これを「サンタン」と呼んでいますが、この日焼けの正体は紫外線の中でも「UVA」と呼ばれる紫外線による刺激なのです。UVAによる刺激を肌が受けると、肌の奥にある「メラノサイト」と呼ばれる細胞が、黒い色素を作り出します。この色素が「メラニン色素」といい、日焼けの黒い色の元なのです。紫外線は黒い色に吸収されるという性質を持つため、メラニンによる黒い色(日焼け)が紫外線をカットしてくれるのです。

赤くなる日焼け(サンバーン)

一方で、日にあたって赤くなり、ヒリヒリと痛くなる日焼けもあります。これは太陽によるやけど「サンバーン」と言います。この日焼けの正体は「UVB」と呼ばれる紫外線です。UVBはエネルギーが強いため、肌の細胞を傷つけてしまいます。炎症をおこすこともあり、真っ赤にやけどした状態になってしまうのです。

日焼けによる影響は

日焼けは赤くなったり黒くなったりするだけではありません。ターンオーバーが乱れ、シミやシワ、くすみの原因となったり、ひどい場合には皮膚がんの原因となったりします。長い時間に渡って紫外線に当たり続けると肌の老化が起こります。

目からも日焼けするって本当?

実は目からも日焼けをするというのを知っていましたか?目が紫外線を受けると、その刺激によってメラニン色素を作るような司令が脳に送られるのです。ですから、日焼け止めを塗るだけでなくサングラスをかけるというのも日焼け対策としては有効なのです。

「飲む日焼け止め」が話題になっている

最近では、従来の塗る日焼け止めだけではなく、「飲む日焼け止め」がテレビで取り上げられたのをきっかけとして非常に和田になっています。

雑誌やネットでも話題沸騰

これまでは飲む日焼け止めは海外などで使用されていたようでしたが、日本に入ってきてからテレビで取り上げられると、爆発的に話題になりました。雑誌やネットなどでも特集されるようになってきたのです。今では、夏の時期のファッション雑誌などでよく見かけるようになりました。

芸能人やモデルも使っている

飲む日焼け止めは芸能人やファッションモデルなどが愛用していることでも支持を伸ばしています。TwitterやInstagramなどのSNSで芸能人の体験談が数多く見られ、参考にしているフォロアーが多いようです。

飲む日焼け止めの仕組みとは

塗る日焼け止めは紫外線を防ぐ仕組みがわかるけれど、飲むだけでどうやって日焼けを抑えるの?という疑問を持っている人も多いと思います。飲む日焼け止めの仕組みを見ていきましょう。

どうやって日焼けを防ぐのか?

飲む日焼け止めはどうやって日焼けを防いでいるのでしょうか?

塗る日焼け止めは紫外線をカットする

塗る日焼け止めは皮膚表面に塗ることで、皮膚に届く紫外線をカットするのが目的です。皮膚に紫外線が届きにくいようにすることで、メラニン色素が作られないようにするのです。ただし汗などで流れてしまったりするため、数時間ごとに塗り直しが必要になります。逆にウォータープルーフタイプでは肌に塗った時に重く感じたりする人もいるようです。

飲む日焼け止めは「ダメージの軽減」が目的

飲む日焼け止めは、塗る日焼け止めと違って「紫外線が肌に届きにくいようにする」ということは出来ません。飲むだけで肌にバリアのような膜が出来るということは出来ないのです。そうではなく、紫外線を受けたあとのダメージを軽減するのが飲む日焼け止めの目的なのです。

飲む日焼け止めの主成分は

飲む日焼け止めには国産品と海外産品があり、それぞれ主成分が異なります。国産品の多くが「ニュートロックスサン」という成分を、海外産品は「フェーンブロック」という成分を含んでいることが多いようです。

主成分の正体は?

ニュートロックスサンもフェーンブロックも共通しているのは「抗酸化作用を持つ」ということです。体が紫外線を浴びると、体内に活性酸素が発生します。活性酸素が増えていくと体が「錆びつく」状態になります。皮膚で言うならば、シワが出来たり、シミができたりという状態です。これが「老化」の元になるのです。飲む日焼け止めに含まれる抗酸化作用が、紫外線を受けて発生する活性酸素を除去してくれます。そのため、肌へのダメージを軽減してくれるわけです。

飲む日焼け止めの効果とは

飲む日焼け止めの効果は基本的には以下の3点です。

  • 紫外線による肌の炎症を軽減する
  • 紫外線の影響によるメラニンの生成を防ぎ、シワやシミを軽減する
  • 肌の酸化による肌へのダメージを軽減する

飲む日焼け止めがおすすめな人はどんな人?

飲む日焼け止めはどのような人に向いているのでしょうか?

敏感肌や肌が弱い人

敏感肌の人や肌が弱い人は、塗る日焼け止めが肌に合わずに荒れてしまうということがあります。そのような人は、飲むだけで紫外線のダメージを軽減できる「飲む日焼け止め」の方が合っているでしょう。また、日焼け止めを塗った時に肌に重さを感じるから苦手だという人も飲む日焼け止めの方が良いかもしれません。

塗り直しをするのが面倒な人

日焼け止めは数時間ごとに塗り直しが必要になります。塗り直しをするのが面倒だと感じる人は、飲むだけで良いというのは非常に便利ですね。

飲む日焼け止めの飲み方は

飲む日焼け止めを飲む場合のポイントもまとめておきましょう

  • 外出の1時間から2時間前に飲んでおく
  • 規定の用量を超えないように飲む
  • 紫外線の強い時期は毎日飲むようにすると効果的

飲む日焼け止めと併用したい日焼け対策

飲む日焼け止めだけでなく、日焼け対策はいくつかを並行して行うとさらに効果が高まります。

塗る日焼け止めも使う

紫外線を受けたあとのダメージを軽減する「飲む日焼け止め」だけでなく、紫外線そのものをカットする「塗る日焼け止め」も一緒に使うと、さらに効果が期待できます。どうしても肌を焼きたくない人や、いつまでもみずみずしい肌を保ちたいという人は飲む・塗るの両方で日焼けをカットするようにしましょう。

日傘や長袖を使う

日傘を使って陽射しをカットしたり、長袖の上着を羽織って直射日光が肌に当たらないようにすれば鬼に金棒です。

サングラスを使う

紫外線は目からも入ってきます。UVカットのサングラスを使うことで目から入ってくる紫外線を防ぐことができます。サングラスを選ぶ際には「UVカット」のレンズを使用しているかどうかをしっかり確認しておくと良いでしょう。

飲むだけでお手軽に紫外線ダメージをカットできる「飲む日焼け止め」を使って素敵なお肌をキープしよう!

飲むだけで紫外線によって受けたダメージをカット出来るというのは非常に大きなメリットです。抗酸化作用はアンチエイジング効果もあるため、いつまでも若々しく素敵なお肌をキープすることが出来ます。飲む日焼け止めをうまく活用して、陽射しの強い時期でもみずみずしいお肌でいたいものですね。

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。

-美肌
-, , , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.