ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

美容

かかとの靴擦れをスッキリ解決!その原因と対策とは?

投稿日:

靴擦れをした時の痛みは辛いですよね。しかも歩けば歩くほどひどくなり、我慢できないほど痛くなって、ついには歩けないほどになってしまいます。こんな辛い思いは誰でも経験あることです。

 

こんな辛い思いをしなくても、靴擦れになる原因をちゃんと把握し、正しい対策ができれば簡単に予防できます。予防対策が万全であれば、ハレの日やデートの時に、新しい靴を履いて行っても何の心配も不安もありませんよね。かかとの靴擦れについて、その原因と対策について詳しくお伝えします。

 

かかとの靴擦れがおこる原因

 

かかとの靴擦れが特に発生しやすいのは、買ったばかりの新しい靴を初めて履く時。歩く時の反復運動で、かかとが摩擦されて傷められることで起こります。この靴擦れは、履く靴の種類が多い女性の方が、男性よりも頻繁に起こっているようです。まさに靴擦れは、女性たちの難敵だとも言えそうです。

 

かかとの靴擦れが起こる原因は大別すると3つです。

・靴自体に問題があるもの

・足の形状に問題があるもの

・履き方や歩き方に問題があるもの

この3つの原因を正しく理解することが、正しい予防対策につながります。

 

1.靴自体に問題があるもの

かかとの靴擦れは、靴の「サイズ」や「形状」や「材質」などが足の形状と合わないミスマッチによって起こります。靴は、足のサイズや形状にピッタリとアジャストしたフィット感が大切です。しかし実際には、少しゆる過ぎたり、足の形状とズレがあったりすると、歩く時に摩擦が起こります。この摩擦による傷などの痕跡が靴擦れです。

 

靴のサイズの不一致

 まず靴のサイズの問題です。大き過ぎても小さ過ぎても靴擦れの原因となります。靴のサイズと言えば縦の長さだけが表示されていますが、フィットさせる為には横の幅も大切です。足の大きさは左右で異なっている場合もあります。

 

サイズが大き過ぎてゆとりがあり過ぎると、特にかかと部分が歩くたびに脱げそうになって摩擦が生じて靴擦れになってしまいます。いっぽうサイズが小さすぎると、かかと部分と指先の両箇所で、圧迫による摩擦が生じて靴擦れの原因となります。

 

靴の形状の不一致

次に、靴のかかと部分の形状(デザイン)の不一致という問題があります。足の形状は、人それぞれに異なっているように、かかと部分の形状も同様です。自分の足のかかとやくるぶしや足首までのカーブラインと、靴のかかと部分のカーブラインがピッタリとフィットしないと摩擦が生じて靴擦れを起こすのです。

 

靴の材質の硬さ

 靴の材質の硬さが原因で靴擦れを起こすケースが非常に多く発生します。特に買ったばかりの新品の靴は、特に硬くてまだ足に馴染んでいませんよね。履きこなしていけば徐々に柔らくなり足にフィットしていくのですが、馴染む前に靴擦れが起きてしまうので厄介なのです。

 

靴の材質が硬い場合には、かかと部分と同時にくるぶし部分にも靴擦れが多く見られます。新品の靴を初めて履く時といえば、ハレの祝い事やデートなどの大事な時が多いので、特に細心の靴擦れ予防対策が重要になります。

 

2.足の形状に問題があるもの

 前述したように、足の形状は百人百様です。かかとの靴擦れは、足のかかとから足首のくびれにかけてのカーブラインと、靴のかかと部分を包み込む部分のカーブラインの不一致で起こります。特に靴の履き口のトップラインの高さが、自分の足首のくびれよりも高いと頻繁に摩擦が生じ靴擦れとなります。

 

また、左右不対称の足、外反母趾や巻き爪、魚の目、タコなどの足の変形が原因となって摩擦を生じることもあります。さらに足のむくみでいつもよりも膨張した状態で歩くと靴擦れを起こしやすくなります。そしてかかとの足裏の肉が柔らかい人は、特に摩擦に弱く靴擦れで傷めやすいので注意が必要です。

 

3.履き方や歩き方に問題があるもの

 履き方や歩き方の癖によっても靴擦れの原因になります。特に素足でサンダルやパンプスを履く場合には、摩擦がじかに皮膚を痛み付けますので注意する必要があります。

 

歩き方では、前かがみや猫背の姿勢での歩行や足の指先からの着地するステップは、摩擦が生じやすくなります。背筋をピンと伸ばし、ステップでの着地はかかとの足裏分から着地するように歩きましょう。

 

かかとの靴擦れを予防する対策

 

靴擦れをしたままで履き続けると、痛いばかりでなく、かかとやくるぶしや指に血豆や水ぶくれを作ってしまいます。こうなるともう歩いてはいられないほど痛くて辛いですよね。

 

靴擦れを繰り返していると、炎症でおきた水ぶくれや血豆が魚の目やタコとなり足の変形の原因になります。このような足の変形は、靴を取り換えてもまた靴擦れを引き起こす原因となってしまいます。

 

靴擦れの一番の対策は、「なる前に予防する」ことです。靴擦れを起こす原因である摩擦が生じても、かかとなどに炎症が起きないように小道具を使って防御しておくことが最善の予防対策となります。その代表的な小道具としておすすめなのが、靴ずれ防止専用の「絆創膏」と「パッド」です。

 

かかとの靴擦れを絆創膏で予防する方法

 

靴擦れに困っている方で、その対策として薬局などで市販されている一般の救急用の絆創膏を利用されている場合が多く見受けられます。しかし幅が細くて剥がれやすく、靴擦れが起こってしまった後の傷口の治療としては良いかもしれませんが、靴擦れの予防対策としては、おすすめできません。

 

一般の救急用絆創膏とは違い、靴擦れが起きる前にかかとに貼っておく「靴擦れ専用絆創膏」があります。一般の絆創膏よりも幅広でかかとにぴったりフィットして、しかも剥がれにくいという特長があります。しっかりと足と靴との摩擦を防御してくれます。

靴擦れ専用絆創膏は、ネットショッピング等で数多く通販されています。インターネットで簡単に検索できますので、自分にぴったりの絆創膏をゲットしてみませんか。靴擦れの不安があるときは、必ずバッグに入れて常時携帯しておくと必ず役立ちます。

 

かかとの靴擦れをパッドで予防する方法

靴を履いた時に、かかとが脱げないように防止してくれる小道具として「靴擦れ専用パッド」があります。靴擦れの原因は、足の形状と合っていない靴と足との間の圧迫と摩擦です。靴擦れ専用パッドは、この圧迫と摩擦のクッション役として足を保護してくれます。足のかかと部に貼っても、靴のかかと内側に貼っても、どちらでも効果があります。

 

靴擦れを起こしている靴を履く時も、新しく買った新品の靴を履く時でも、この専用のパッドがあれば、不安や心配もなく安心して外出できます。この靴擦れ専用パッドも専用絆創膏と同じく、ネットショッピング等で数多く求めることができます。

 

その他の靴擦れ予防方法

靴擦れは、「靴擦れ専用絆創膏」と「靴擦れ専用パッド」があれば、そのほとんどを解消してくれます。この2つ以外で参考になる予防方法も紹介しておきます。

 

・靴選びは、サイズや形状を入念にチェックする

・硬い材質の靴は、皮革柔軟剤やアルコールで柔らかくする

・ワセリンや石鹸水をかかと部に塗って、摩擦を和らげる

・靴下とストッキングとの重ね履きで滑り止めする

・靴擦れを起こしにくい正しい姿勢での歩き方を身に付ける

このような方法の中から、自分なりに工夫して試してみましょう。

 

まとめ                   

 靴擦れは、起きてしまった後であれこれ悩むよりも、先手必勝で起きてしまう前にしっかりと予防対策を心がけることが大切です。靴擦れになる原因を正しく理解して、万全の事前の予防対策ができれば、靴擦れの悩みはスッキリと解決できます。

 

靴擦れの痛みや悩みから解放してくれるおすすめの小道具は、「靴擦れ専用絆創膏」と「靴擦れ専用パッド」。この2つを常時携帯していれば、どんな靴を履いても安心でき、外出が楽しくなります。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-美容
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.