ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

クラウド会計

青色申告が簡単に?個人事業主におすすめしたい無料ソフト

更新日:

個人事業主の方は毎年の確定申告日が近づいてくるたびに、憂鬱な気持ちになっている方も多いのではないでしょうか?特に初めての確定申告や、慣れないうちの確定申告は非常に複雑で、何の知識も持たない人にとっては苦痛でしかない作業になるかもしれません。

 

会社務めから個人事業主になった方は、「サラリーマンは本当に楽だったな」と感じていることでしょう。しかし、個人事業主となったからには確定申告も自分で行なわなければなりません。

 

さらに、確定申告には白色申告と青色申告の2つの種類があり、本格的に事業を行なっていくのであれば青色申告を選ぶ必要があるでしょう。

 

青色申告は複式簿記を用いるなどやり方が複雑ですが、それをするだけの大きなメリットがあることも間違いはありません。今回は、そんな青色申告のメリットや青色申告を簡単に済ませる方法をお伝えしていきます。

なぜ青色申告なのか?

 

確定申告には白色申告と青色申告の2つのやり方があり、一般的に簡易に確定申告を済ませたいのであれば、白色申告を選ぶ方が多いです。では、白色申告は簡単なのになぜ青色申告を選ぶ必要があるのでしょうか?

 

白色申告と青色申告の違い

白色申告と青色申告の大きな違いは、特別控除を受ける事ができるかできないかが大きな違いとなります。確定申告における特別控除とは、所得額から差し引かれる金額のことで、特別控除を受け所得額を低くすることによって、税金を安くさせることができるというものです。

 

白色申告では、この特別控除は適用されておらず、青色申告にはこの特別控除受ける権利があり、最大65万円の控除を受ける事ができます。こういったことから、所得額が高い方は白色申告より、青色申告を選ぶことが多いです。

 

青色申告のメリット・デメリット

メリット

青色申告の最大にメリットとして考えられるのは、最大でも65万円の特別控除が受けられる点にあります。その分、税金を安くできるので高い節税効果が期待できます。

 

他にも、赤字を3年間繰り越せる、家族への給与も経費として計算できる、30万円未満の固定資産も経費として計算できる、など数多くのメリットがあります。

デメリット

青色申告のデメリットは、なんといっても複式簿記を使っての帳簿作成を行わなくてはならないということでしょう。白色申告では単式簿記で済みますが、青色申告では複式簿記を使わなくてはいけません。

 

複式簿記は、資格やその専門の知識を持っている人からすれば他愛のないことかもしれませんが、簿記などの知識が全くない人にからすれば、複雑で非常にわかりずらいものとなります。

 

青色申告の流れ

実際に青色申告で確定申告をしようとした場合、どのような流れになるのでしょうか?日々どのような準備をして、何が必要になってくるのかを紹介していきます。

 

開業届と青色申告承認申請書の提出

青色申告をする場合、事前に税務署に提出しなくてはいけない書類があります。それは「開業届」と「青色申告承認申請書」書類事体書き方が難しいものではなく、簡単に済ませる事ができるでしょう。

 

青色申告をするのに、これからしっかりと帳簿付けをしていきますということを税務署に報告する書類となります。提出の条件として、開業日から2か月以内の提出、遅れたらその年の青色申告はできない、白色申告から青色申告に変更するのであればその年の3月15日が提出期限、という条件があります。

 

こまめに帳簿作成

青色申告をするには、必要書類に必要事項を記入していかなくてはいけないのですが、そこには1年間どのようなお金の流れがあったのかを明確に書いていく必要があります。

 

確定申告とは、1年間の事業所得を計算しその所得金額から来年度に払う税金を決定する事です。なので、きちんとした事業所得を計算しなければ、適正な税金額を出す事はできないでしょう。

 

そのために、1年間の事業における取引履歴を帳簿としてこまめに作成していかなくてはいけません。いわゆる青色帳簿といわれるもので、事業として行われた取引を全て正確に記帳していきます。

 

必要書類を作成いざ提出

青色申告の最大の目的とは、必要書類の作成です。青色申告における必要書類とは「青色申告決算書」と「所得税確定申告書B」です。青色申告決算書は4枚、所得税確定申告書Bは2枚がそれぞれセットになっています。

 

1年間しっかりと記帳し作成した帳簿を元に、この必要書類を作成し期限までに税務署に提出、または郵送するというのが青色申告の大まかな流れとなっています。

複雑な青色申告が簡単になるソフト

簡単に青色申告の手順を紹介しましたが、これだけで青色申告を行なうのは無理なことです。実際には青色申告のメリットや、しっかりと帳簿を付けていかなくてはいけないということは理解できたはずです。

 

しかし、いざ帳簿を自分で記帳していく、また必要書類を完成させていくとなると、わからないことが多すぎるはずです。しかし、このような複雑な青色申告を驚くほど簡単にしてしまう方法があります。

 

それは、クラウド会計ソフトを使うという方法です。現在クラウド会計ソフトは様々な種類がありますが、1番おすすめしたいソフトというのは「クラウド会計ソフトfreee(フリー)」というソフトになります。freeeがどれだけ青色申告に役立つのかを紹介します。

日々の取引を簡単記帳

帳簿を作成し完成させていくのには、日々の取引履歴などをこまめに記帳していかなくてはいけません。領収書の管理やクレジットカードの利用明細の管理、銀行口座からの取引はどれくらいあったのか?取引が増えてくれれば増えるほど、その管理は大変になってきます。

 

freeeを使う事によって、こういった大きな手間となる負担を大幅に減らせることができます。領収書の管理は細かくて手間が掛かりますし、小さい紙なので紛失してしまうこともあるでしょう。freeeはこういった領収書はスマホのカメラで撮影しておくだけで自動でデータとして取り込んでくれます。

 

さらに、クレジットカードの利用明細書や口座で行なわれた取引履歴なども、そのカード会社や銀行と提携していれば全て自動でデータとして取り込んでくれるので、わざわざ自分でデータを手入力する必要がなくなります。こういったことにより、手間が大幅に軽減できるのはもちろん、小さなミスや記帳忘れなども防ぐことができます。

青色申告書の作成は質問に答えるだけ

帳簿も完璧にできた申告書も手に入れた、残りは必要事項を記入し提出するだけ、こうなった時にどうしても手の止まってしまう人は多いはずです。なぜなら、どうやって書いていけばわからなくなってしまうからです。

 

freeeを利用する事によって、このような「どうやって書いたらいいんだろう?」という疑問が全てなくなります。freeeで青色申告書を作成するのには、手順に従い質問に答えていくだけで気が付けば申告書が出来上がっています。

 

書類の準備や郵送の準備も、freeeだけで済みます。また、自分で提出しに行く場合どの税務署に提出すれば良いのかのナビゲーションもfreeeはしてくれます。

 

不明な点はサポートへ

サポート体制も非常に充実しており、不明な点はメールやチャットで聞くことができます。プランによって問い合わせに優先順位は変わってしまいますが、プレミアムプランに申し込めば電話サポートもついてきます。電話サポートであれば、不明な点があればタイムラグなくすぐに解決する事ができるので、非常に心強いといえますね。

まとめ

個人事業主の方は毎年苦戦されている確定申告、特に青色申告は初めての方や慣れない方にとっては、事業を始めてからの1番の鬼門となる場合もあるようです。しかし、今回紹介したクラウド会計freeeを利用する事により、青色申告初心者の方でも簡単に青色申告ができることを理解していただけたと思います。

 

こういった便利なソフトを使う事によって、青色申告への苦手意識を改善していきましょう。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-クラウド会計
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.