女性はもちろん男性でも楽しめるアクセサリーの1つピアス。ピアスがあるだけで、いつもよりも少し華やかな印象になりますよね。しかし、ピアスをすることでその周辺の皮膚トラブルが起こりやすいのも事実。中でも心配なのが、ピアスによる金属アレルギーですよね。金属アレルギーを予防するには一体何をすれば良いのでしょうか。もし金属アレルギーになってしまったら、どういった対処をすれば良いのでしょうか。今回は、金属アレルギーとピアスについて詳しくご紹介します。

ピアスをつけると金属アレルギーになりやすい?


ピアスを付け始めてから金属アレルギーの症状が出たという話、よく耳にしませんか。そのためピアスを開けたいけど、自分が金属アレルギーの体質だったらどうしよう…と悩んでいる方も多いでしょう。

 

そもそも、金属アレルギーの発症原因は、主に金属と汗にあると言われています。汗で溶けた金属はイオン化されて体内でタンパク質と結合。そうすると、アレルギーの原因とされる「アレルゲン」と呼ばれるものになり、その「アレルゲン」から体を守ろうと体は抗体を作り出します。抗体は、「アレルゲン」を見つけると過剰反応。これが、金属アレルギーです。よって、ピアスをつければ、誰もが金属アレルギーになる可能性を持っているということになります。

金属アレルギーの症状


ピアスによる金属アレルギーの主な症状は以下の通りです。
・ピアス穴周辺、ピアスをつけているところが赤っぽくなっている
・かぶれていたり、痒みがある
・肌荒れのようになっている
・うみがでている
・熱をおびている etc…

金属アレルギーの症状についての補足

金属アレルギーは読んで字のごとく「アレルギー」です。その他のアレルギーのように、症状が早く出たり数年後に発症したり、または全く症状が出ないというケースもあります。「私はピアスで金属アレルギーになったことがないから」という方でも、いつアレルギーになってもおかしくない、という意識を持っておくようにしましょう。

 

また、ピアスを開けたばかりだと似たような症状が出ることがあるそうです。もしまだ開けたばかりなら、数日間様子を見て、症状がまったく改善されない・悪化してきた場合に、金属アレルギーを疑ったほうが良いでしょう。

 

さらに、細菌が感染した場合にも金属アレルギーと同じように、赤くなったりかゆみが出ることがあります。その他にもピアスが原因で起こるトラブルがあるので、少し変だなと思ったらそのまま放っておかずに、すぐ対処するようにしましょう。

ピアスによる金属アレルギーの対処法


症状が出たらすぐにピアスの使用をやめ、出来る限り早めに皮膚科へ行くようにしましょう。もし、すぐに病院へ行けない事情があれば、同じようにピアスはつけず、炎症が起こっている部分は手で触れたり、かゆくてもかかないように注意します。髪の毛がピアスホールに触れてしまう場合は、髪の毛を結んだりピンで止める等、なるべく触れないようにしておくと良いでしょう。

 

手当ての方法としては、市販の消毒液では刺激が強すぎてしまうこともあるため、病院で正しい処置の仕方を教わり薬をもらうことが1番良い方法です。すぐに病院へ行けない状況であれば、石鹸を泡立ててやさしく洗った後、ドライヤーで乾かしたり綿棒でやさしくふき取ってください。あくまでこれは応急処置なので、症状が良くならないのであれば、早めに病院へ行ってくださいね。

金属アレルギーかも?と思ったら金属アレルギー検査を


金属アレルギーかもしれない、と思ったら症状が悪化する前に、どの金属だと反応してしまうのか金属アレルギーの検査を受けましょう。検査方法は、金や銀、ニッケルなどの金属がついているシールを数日間つけてその経過を見ていく、という内容です。1日で完結するわけではないので通院する手間や入浴制限がある可能性もあり少し大変ですが、安心してオシャレを楽しめるなら、それに越したことはありませんよね。

ピアスホールを開ける前にも検査すると尚良し!

ピアスを開ける予定があれば、あらかじめパッチテストを受けておくとです。ピアスをする前に、どの金属が駄目なのかわかれば、自分の体も守れる上に、どのピアスを買えば良いのかわかり、無駄な出費を抑えられます。せっかく購入したのに、アレルギーが出てしまう金属で製造されたピアスだったら…ショックですよね。

 

ただし、先ほども言ったようにアレルギー症状の発症するタイミングは人それぞれ。金属の種類によっても違うかもしれません。パッチテストを受けた時は反応が出なくても、ピアスをつけ始めるようになってから症状がでる可能性もあるので、結果が問題なしでも完全に安心していいというわけではないので、注意しましょう。

ピアスによる金属アレルギーを予防するには?


これ以上、あのツライ金属アレルギーを繰り返さないためにも、完治したら「予防」をしましょう。しっかりとした予防対策をすれば、この先もピアスでお洒落を楽しむことができるはず。面倒くさくても、自分の体のため、お洒落を楽しむためだと思ってしっかりと予防していきましょう。

1、アレルギー反応があった金属は絶対使用しない

パッチテストで出た結果を元に、自分の肌に合わない金属が含まれたピアスは使用しないようにしましょう。残念なことに、金属アレルギーは1度発症すると完治することは難しいと言われています。これ以上、症状を悪化させないためにも、ピアスを購入する前は、成分表を見るクセをつけておくと良いでしょう。また、ピアスだけでなく、ネックレスや指輪、腕時計にも同じことが言えます。

 

ここで、アレルギー反応が出やすい金属を少し紹介します。
・ニッケル
・コバルト
・スズ
・パラジウム
・クロム
・亜鉛
・銅 etc…

 

この金属類は、イオン化しやすい=体内に侵入しやすいのでアレルギー反応が起こりやすいとのこと。これらの金属にアレルギーを持っているという方も多いのではないでしょうか。まだ症状が出ていなくても、なるべく避けるようにして予防しておくと良いでしょう。

2、汗をかきやすい時、海やプールに入る時ははずす

汗は、金属アレルギーの原因の1つです。夏場やスポーツをする時、お風呂やシャワー、海水浴等々…。これから汗をかくな、と思ったらすぐにピアスを外す習慣をつけておくと、金属アレルギーを回避しやすいでしょう。また、ピアスをはずす際は、手をキレイにしてからのほうが安心です。

3、ピアスとピアスホールは清潔に

ピアスを開けたなら、基本的にやらなければいけないことです。消毒液で消毒している方も多いと思いますが、最近では刺激の少ない薬用せっけんで洗うことが主流になりつつあるようです。

 

また、清潔に保っておくのはピアスホールだけではありません。愛用しているピアスも同じように清潔に手入れしておきましょう。

3、金属性のピアスを極力つけない

例えば、ピアスを付ける日と付けない日を決めたり、樹脂ポスト等の金属ではないピアスを付けてみる、といった予防方法もあります。また、日常的に金属に触れないということは難しいですが、アクセサリーを付けなければ余計に金属に触れる機会を減らすことができます。

金属アレルギーでも安心のお洒落ピアス


金属アレルギーだからといって、ピアスを諦めたくないですよね。実は、金属アレルギーになりにくい金属もあります。その一部を、メリットとデメリットを加えてご紹介。ピアスを購入する際にご活用ください!

金、銀、18k、プラチナ

メリット
金属アレルギーは、汗で金属がとけてしまうことで、どんどん進行していってしまうものですよね。しかし、これらの金属は、汗で溶けにくい金属として有名です。

 

デメリット
なんといっても、価格が割高。予算に合ったお気に入りのピアスを探すのが大変かもしれません。お洒落なアクセサリーというよりも、ジュエリーです。

 

また、純度の低いものは、その分違う素材を使用しているということになります。その他の素材がアレルギーを起こす金属類だったら危ないですよね。何が使用されているのかしっかりとチェックしておきましょう。

チタン

メリット
チタンは、1番アレルギーを起こしにくいと言われている金属です。汗、海水に強い素材で溶けだしにくいため、アレルギーが起こりにくいそうです。また、重量も軽く、ピアスホールにかかる負担も軽減できるのもメリット。さらに、光に当てることで抗菌作用もあるので、清潔に保ちやすいという点も嬉しいポイントです。

 

デメリット
金、銀などと同じく、価格が高くなりがちです。いろんな種類のピアスが欲しいとなると、その分出費がかさんでしまいます。また、抗菌作用があるからといって、取り外さなかったり、洗浄をしていなければ細菌感染をしてしまう場合もあります。

樹脂、医療用樹脂

メリット
さきほども紹介しましたが、樹脂ポストは金属ではなく樹脂(プラスチック)製なので、金属アレルギーの方でも安心して付けられます。また、最近では飾りの種類も豊富で、お気に入りのピアスが見つけやすいという点もメリットと言えます。

 

デメリット
樹脂タイプは柔らかいので、傷つきやすく不衛生になりやすいです。不衛生なままつけてしまえば、細菌感染で炎症がおこってしまう可能性あり。金属アレルギーを予防できても、違う炎症が起こってしまたら元も子もありませんよね。ずっとつけっぱなしにせず、しっかり洗浄したり、少し面倒ですが手芸店などで樹脂ポストを購入して付け替えて使用すると安心です。

セラミック

メリット
セラミックタイプのピアスを金属アレルギーの方でも安心して使える理由、それはセラミックが金属ではないからです。特徴は樹脂よりも丈夫で、色は透明ではなく白色をしています。しっかりとケアしていれば、衛生面もそこまで悪くなることはないのだとか。

 

デメリット
まだ樹脂ほど流通しているものではないので、入手困難・デザインの種類が少ないという点がデメリットです。そして樹脂よりも価格が上がってしまうことが多いです。

コーティング剤で対策する方法も!

欲しいピアスが見つかったのに、金属アレルギーの症状が出やすい素材だった…ということはありませんか?そんな時に便利なアイテムが「コーティング剤」!金属の上をコーティングすることによって、体内への侵入を防いでいくというものです。定期的にコーティングする必要がありますが、付けられるピアスの種類が増えるのは嬉しいですよね。

 

ですが、コーティングの下は金属アレルギーになりやすい素材なのは変わりありません。利用方法や注意事項をしっかりと読み、正しい使い方をしなければトラブルを起こす可能性があるので、要注意です。

金属アレルギーの対処、予防方法をしっかり理解してピアスを楽しむ!


ピアスによる金属アレルギーは、誰でも起こりうる可能性があるアレルギー症状です。正しい使用方法で、清潔に管理することや、汗をかきやすいときはなるべく使用しないことが望ましいということがわかりました。少し面倒でも、これからもピアスでお洒落を楽しむために、金属アレルギーについてよく理解しておくことが大切です。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。