ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

育児

赤ちゃんに日焼け止めはマストアイテム!しみやそばかすの原因になるかも…

更新日:

赤ちゃんの紫外線対策って難しいですよね。ママ友に聞いてみても各家庭で行っている対策がばらばらでどうするのがベストなのか分からないと悩んでいる方は少なくないのではないでしょうか。

 

結論から言うと、赤ちゃんの紫外線対策は肌を露出しない服や屋根付きのベビーカーなどはもちろん日焼け止めまで必要になります。

 

まだまだデリケートな肌の赤ちゃんを紫外線から守るためにはどうすればいいのか、しっかりご紹介しますので是非参考にしてみて下さいね。

どうして赤ちゃんにも日焼け止めが必要なの?

赤ちゃんに日焼け止めを、と聞いて驚かれたという方もいらっしゃるかもしれませんね。確かに潤いたっぷりでもちもち肌の赤ちゃんは日焼けとは無縁な存在に見えるかもしれません。

 

しかし、赤ちゃんの肌の表面はまだ弱く、皮膚の厚さは大人と比べると1/2ほどしかないと言われています。そんな皮膚が薄い赤ちゃんが紫外線を浴びてしまうと、しみそばかすなどの原因となってしまうのです。

特に海やプールなど、夏のアウトドアに出かける際などは日焼け対策を万全にしておかなければなりません。もし、対策を忘れてしまうとひどい肌荒れの原因になってしまうこともあるようなので注意してくださいね。

 

もちろん、赤ちゃんをまったく外に出さないというのも考え物ですが、赤ちゃんの綺麗な肌にしみやそばかすを作ってしまわないためにも、外出の際は紫外線対策をしておくべきです。

 

例えば厚着になり過ぎない程度に重ね着をさせる、ベビーカーは日除けが大きいものを選ぶなどは有効的ですね。最近はUVカット機能が付いた服も販売しているため、利用してみても良いかもしれません。

これらの対策に加えてしておきたいのが日焼け止めです。服やベビーカーを工夫することでもかなり紫外線対策を行うことが出来ますが、万全を期すのであれば使っておいた方がいいでしょう。

 

また、夏場など長袖や重ね着をさせにくい時期などにも日焼け止めは役に立ちます。

赤ちゃんの紫外線対策に効果のある日焼け止めの選び方

赤ちゃんの日焼け止めが大事と聞いて、自分のものと同じ日焼け止めを使っているという話は稀に耳にしますが、絶対に止めて下さい

 

前述の通り、赤ちゃんの皮膚はまだ大人と比べてデリケートで皮膚も薄いため、大人ならなんともないような成分が赤ちゃんにとってかぶれ肌荒れの原因になりかねないのです。

 

それでは赤ちゃんのための日焼け止めを選ぶときはどのような点に注意しておけばいいのでしょうか。詳しくご説明します。

まずは何と言っても配合している成分に注意しなければなりません。例えばアルコールなどの刺激物や防腐剤などの合成添加物が含まれているものは控えた方が無難です。また、石油系の日焼け止めも肌荒れの症状が出てしまいかねないので選んではいけません。

 

紫外線吸収剤という表示のある製品は大抵これらの避けるべき成分が含まれているものが多いので、それ以外の「紫外線散乱剤」というものを使うようにしてください。

 

また、更に拘るであればSRFの値を見てみると良いでしょう。SRFとは紫外線の影響による日焼けから肌をどれだけ守ってくれるかという指数のことで、製品に表示されている数値が高ければ高いものほど日焼け止めとしての効果が高いことになります。

 

まとめると、赤ちゃんに適した日焼け止めは『肌に刺激が強い成分が入っておらず、SRFの値が高いもの』となります。

赤ちゃんの日焼け止めの塗り方

赤ちゃんに日焼け止めを塗る前にまずはパッチテストを行ってみましょう。パッチテストは薬品が身体に適合しているかどうか示すテストのことで、この場合は赤ちゃんと日焼け止めとの相性が問題ないか調べることを指します。

 

方法としては日焼け止めを使用する前に腕や足など、赤ちゃんが舐めてしまわないような場所にうすく日焼け止めを塗ってみるというもの。しばらくして日焼け止めを塗ったところを見てみて異常が無ければ問題なく使用することが出来ます。

基本的に日焼け止めの塗り方は大人と大差ありませんが、少し薄めに塗ることを心掛けておきましょう。塗り終わった後、べたつきが無くサラサラになっているのであれば大丈夫です。

 

コツとしては一度に大量に塗るのではなく、少しずつ足らない分を足していくようにすると上手く塗ることが出来るでしょう。

 

また、肌荒れやアトピーなどの症状が無いのであれば、顔にも日焼け止めを塗っておいた方が良いです。手や足と違い顔は常に日光に晒されてしまうため、紫外線の影響を受けてしまいがちです。

 

身体と同じように塗り過ぎはいけませんが、顔にもしっかりと塗っておくようにして下さいね。

デリケートな赤ちゃんにオススメの日焼け止めはコレだ!

デリケートな赤ちゃんを紫外線から優しく守ってくれる日焼け止め。しかし、注意しなければならない項目が多いため、なかなか選ぶのが難しいですよね。

そんな悩みにお答えして赤ちゃんに最適な日焼け止めを厳選してみました。

アロベビー UV&アウトドアミスト

名前の通りミストタイプが特徴のアロベビー UV&アウトドアミストは天然素材を多く使って作られているため、敏感な赤ちゃんの肌を優しく保護してくれます。

 

虫よけスプレーとしての効果もあるため、赤ちゃんと一緒にアウトドアへ出かける際には手放せません。

ロート ベビーセバメド UVミルク

赤ちゃん専用の日焼け止めとして開発されたロート ベビーセバメド UVミルク。赤ちゃん専用と銘打っているだけあって、使っている成分も赤ちゃんの肌に悪いものは一切使っておらず、安心して使うことが出来ます。

 

日焼け止めに加えて保湿成分も含まれているため、赤ちゃんの乾燥対策にも役に立ちますね。

ママバター UVケアクリーム

ママバター UVケアクリームはアフリカ原産のシアの木から採れた天然の保湿成分『シアバター』を配合しているため、ロート ベビーセバメド UVミルクと同じく日焼け止めとしての効果だけでなく、赤ちゃんの肌をしっかり保湿してくれる効果があります。

 

より天然素材にこだわった日焼け止めを使いたいという方にお勧めです。

ノエビア レイセラミルキーベビーUV

赤ちゃん用の日焼け止めとしては珍しい乳液タイプのノエビア レイセラミルキーベビーUVはSPFも高く、紫外線吸収剤等の赤ちゃんの肌に悪影響を与える成分を徹底的に除去して作られています。

 

ただ、3000円と今回ご紹介した中では高額であるため、そこが少しネックとなってしまうかもしれません。

日焼け止めを塗った後はしっかりお風呂で洗って上げよう!

大人の使う日焼け止めの中にはクレンジングを使わなければ落とせないものもありますが、今回ご紹介したような赤ちゃん用の日焼け止めであれば、石鹸で簡単に洗い流すことが出来ます。

 

クレンジングは肌の潤いを奪ってしまう原因になりかねないため、赤ちゃんに日焼け止めを塗った後はクレンジングを使うのではなく、石鹸で優しく洗って上げるようにしてくださいね。

洗う際も、あまり強く肌を擦り過ぎないように赤ちゃん用のスポンジなどを使いながら優しく日焼け止めを洗い流すようにしましょう。

 

綺麗に日焼け止めを洗い落とせたら、保湿クリームベビーオイルを塗ってあげることも忘れないようにしてください。赤ちゃんの肌は潤いたっぷりで一見保湿クリームは必要ないように見えますが、お風呂上りなどは乾燥してしまいがちなので忘れないようにして下さいね。

まとめ

赤ちゃんの肌は非常に弱く、ほんの数十分日の光を浴びただけで肌が赤くなってしまうこともある程です。

 

そんな赤ちゃんをしっかり守ってあげるために、ご紹介したUVカット仕様の服や日焼け止めを活用して、デリケートな赤ちゃんの肌を守ってあげて下さい。

 

また、日焼け止めを塗った後はかならずお風呂に入れてあげて、日焼け止めが赤ちゃんの肌に残ったままにならないよう気を付けてくださいね。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-育児
-, , , , , , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.