ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

育児

赤ちゃんの便秘にはオリゴ糖が効く?おすすめのオリゴ糖の与え方とは

更新日:

パパママを悩ます赤ちゃんの状態の1つに、便秘があります。便秘が続くと、お腹が張って母乳やミルクの飲みが悪くなったり、排便時に痛みを感じて泣いてしまうことも。そんな辛い便秘を素早く治してくれるのが、「オリゴ糖」なのです。オリゴ糖を赤ちゃんに飲ませることで、自然な力で便秘を治すことができますよ。オリゴ糖の飲ませ方や注意点についてまとめてみました。

どうしてオリゴ糖が便秘に効くの?

腸に良いと言われるオリゴ糖ですが、どうして便秘に効果があるのでしょうか?

オリゴ糖とは

オリゴ糖とは、果糖やブドウ糖といった単糖が複数個結合した糖のことです。オリゴ糖には様々な種類があり、糖の結合によって二糖類や三糖類など分類されます。母乳の中にはこのオリゴ糖が多く含まれていますが、特に多いのが出産から数日間分泌される初乳です。日が経つにつれて、母乳に含まれるオリゴ糖の量は徐々に減っていきます。

赤ちゃんが便秘になる理由

産まれたばかりの赤ちゃんは、腸の中に沢山のビフィズス菌がいます。新生児のウンチの色や匂いが、大人と違って黄色く酸っぱい匂いがするのは、ビフィズス菌が赤ちゃんのお腹を守っているからです。しかし、成長と共にビフィズス菌は徐々に減ってしまいます。離乳食が始まり、少しづつ母乳やミルク以外のものを食べ始めるようになると、ビフィズス菌が減ってしまい、腸内環境が悪化してウンチが出にくくなってしまうのです。離乳食を始めた時期の赤ちゃんの便秘が多いのはこのためです。

オリゴ糖で便秘解消!

腸に届いたオリゴ糖は、腸内にいるビフィズス菌の栄養となります。ビフィズス菌は、腸の動きを活発にしたり、有機酸を作ることで悪玉菌の増殖を抑え、腸内環境を整える働きがあります。また、ビフィズス菌は、人が生きていく為に必要なビタミンを作り出して身体の調子を良くする効果もあります。オリゴ糖でビフィズス菌を増やすことができれば、腸の動きが良くなり、便がスムーズに排出されるようになります。

ヨーグルトとオリゴ糖は何が違うの?

お腹のビフィズス菌を増やすのであれば、ヨーグルトを食べさせれば良いと考えるお母さんもいるでしょう。ヨーグルトとオリゴ糖の違いは、ビフィズス菌を補充するのか栄養を与えて増やすのか、という点です。

ビフィズス菌の働きは

確かに、ビフィズス菌を含んでいるヨーグルトを食べさせることで、腸内のビフィズス菌の量を増やすことはできます。しかし、胃酸で消化される時にほとんどのビフィズス菌は死滅してしまいます。口から摂取したヨーグルトに含まれるビフィズス菌は、ごく一部しか腸まで届かないのです。

オリゴ糖の働きは

一方、オリゴ糖は胃酸で分解されることなく腸まで届きます。腸に届いたオリゴ糖は、元からいるビフィズス菌の栄養源となり、効率よく菌量を増やすことができるのです。

赤ちゃんに飲ませるオリゴ糖の量や期間は?

赤ちゃんにオリゴ糖を飲ませる時期や量、期間について確認しておきましょう。

いつから飲ませていいの?

オリゴ糖は、産まれたばかりの赤ちゃんにも飲ませることができます。具体的に何ヶ月から何ヶ月まで、という決まりはありません。便秘で苦しんでいるのであれば、月齢に関係なくオリゴ糖を使用することができます。

与えるオリゴ糖の量は?

生後半年を過ぎているのであれば、1日あたり約1gのオリゴ糖が目安になります。まずはこの量から始めてみて、赤ちゃんの状態に合わせて増やしたり減らしたりしてみましょう。生後半年未満の赤ちゃんなら、1日0.5gから始めてみましょう。

オリゴ糖を飲ませるのはいつまで?

便秘が解消されれば、オリゴ糖を飲ませなくても大丈夫です。スムーズな排便が続き、腸内環境が整えられて便秘に悩まなくなったら、オリゴ糖を中止しましょう。便秘は癖になりやすい症状ですので、しばらく飲み続けていても構いません。純度が高く、安全なオリゴ糖であれば、長期間飲んでいても問題はありません。

便秘になりやすい時期

便秘になりやすいのは、離乳食が始まった頃です。母乳やミルク以外の食材を食べることで、腸内細菌の状態が変化し、ビフィズス菌などの善玉菌が減って便秘になりやすくなります。離乳食を開始してから便秘が気になるようになったら、オリゴ糖を飲ませて便の変化を見てみましょう。

オリゴ糖を赤ちゃんに飲ませる方法は?

オリゴ糖は、色々な方法で赤ちゃんに飲ませることができます。赤ちゃんの成長度合いに合わせながら、飲ませ方を工夫してみましょう。

おっぱいに付けて

赤ちゃんに母乳をあげる前に、乳頭にオリゴ糖を付けてから赤ちゃんにくわえさせるという方法があります。オリゴ糖はそのまま付けるのではなく、少量の水でペースト状に練ってからおっぱいに付けましょう。哺乳瓶を嫌がる子や、まだ離乳食を始めていない子は、このように母乳を飲ませる時に一緒にオリゴ糖を飲ませましょう。

離乳食に混ぜて

生後半年を過ぎると、離乳食を食べるようになる赤ちゃんが増えてきます。自然な甘さのオリゴ糖は、離乳食に混ぜても味を邪魔しません。赤ちゃんが好きなお粥や、ヨーグルトなどに混ぜて食べさせてみましょう。

白湯に溶かして

湯冷ましにオリゴ糖を溶かして飲ませる方法です。オリゴ糖1gを湯冷まし250mlに溶かし、数回に分けて赤ちゃんに飲ませましょう。お風呂上がりに哺乳瓶で飲ませても良いですし、ミルクや離乳食に混ぜて飲ませることもできます。

赤ちゃんにオリゴ糖を飲ませる時の注意点

赤ちゃんにオリゴ糖を飲ませる時に、気をつけるべきポイントについて理解しておきましょう。

お腹の状態を確認しながら飲ませよう

オリゴ糖の量は、赤ちゃんのお腹の様子を見ながら調整します。効果があまり感じられないのであれば、少しづつ飲ませる量を増やしてみましょう。オリゴ糖の適量は、赤ちゃん一人ひとりによって変わってきます。オリゴ糖を飲ませながら状態を良く観察し、必要に応じて飲ませる量を調整してください。何度か繰り返し飲ませることで、その子に合った適量を見つける事ができます。

安全性の高いオリゴ糖を飲ませよう

オリゴ糖を選ぶ時は、成分表示がしっかりと記載されているかどうか確認しましょう。商品によっては、保存料や人工甘味料などの添加物を多く配合しているものもあります。赤ちゃんに飲ませるものですから、添加物の配合の無い、純度の高い安全なオリゴ糖を選ぶようにしましょう。

成分に注目しよう

オリゴ糖以外に食物繊維が配合されているものや、腸まできちんと届くように難消化性のオリゴ糖を配合しているものもあります。種類の違う複数のオリゴ糖を配合しているものもあるので、選ぶ時にはオリゴ糖以外の成分や、オリゴ糖の種類についても確認するようにしましょう。

便秘マッサージも併用しよう

1日も早く赤ちゃんの便秘を解消するために、オリゴ糖だけではなくお腹のマッサージも一緒に行いましょう。赤ちゃんのおへそを中心点とし、手のひらを使ってひらがなの「の」を描くようにお腹を優しくマッサージします。こうすることで、腸に刺激を与えて便を出しやすくすることができます。マッサージをするときは、ベビーオイルなどを使用して滑りを良くしながら行いましょう。

オリゴ糖で赤ちゃんの便秘を優しく治してあげよう

オリゴ糖は腸内にいるビフィズス菌を効率よく増やすことができます。ビフィズス菌が増えると腸内環境が良くなるだけではなく、腸の働きが活発になって便秘を治すことができますよ。自然な甘さのオリゴ糖は、薬とは異なり、小さな赤ちゃんでも安心して飲むことができます。水や離乳食に混ぜるなど工夫しながら、便秘知らずのお腹にしてあげましょう。

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

続きを見る

-育児
-, , , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.