バストアップ

豆腐のバストアップ効果が凄いと話題!食べ方・やり方・注意点まとめ

更新日:

今、豆腐を食べるだけでバストアップ効果があると話題となっています。

そこでこのページでは、豆腐バストアップのやり方や食べ方、注意点などを徹底リサーチしまとめています。

このページに書いてあること

  • どうして豆腐にバストアップ効果があるの?
  • 豆腐バストアップのやり方は?
  • 豆腐バストアップの食べ方は?
  • 豆腐バストアップをする際の注意点は?

など、豆腐のバストアップ効果や方法について詳しくご紹介しています。

 

豆腐にバストアップ効果がある理由


ヘルシーで美味しい豆腐にバストアップ効果がある理由、それは豆腐にたっぷりのイソフラボンが含まれているからです。

ここでは豆腐に含まれるイソフラボンがどうしてバストアップにつながるのかを調べてまとめました。

 

知っておくとバストアップにはとても効果的!ぜひ、チェックしてみてください。

 

バストアップにはバストアップブラの併用が効果的。この記事(バストアップブラおすすめランキング人気BEST5!効果の高いブラを調査しました!)で売れ筋のバストアップブラをチェックしよう!

 

イソフラボンの直接的作用


イソフラボンの効果をご存知の方も多いと思いますが、女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをする成分です。

構造自体もエストロゲンと類似しており、イソフラボンを摂取すると女性らしい体を作るサポートに。

 

バストに関しては乳腺を発達させて太くする作用があり、それを守ろうとする脂肪がついて結果的に胸が大きくなります。

ですから、豆腐を意識的に摂取すれば、バストアップにつながるということなんですね。

 

イソフラボンの間接的作用


イソフラボンには体内で生成される活性酸素の働きの抑制や、肌の新陳代謝を促進する効果があります。

バストアップはもちろん胸の中の脂肪のつき方に関係ありますが、肌の潤いやたるみなどを予防すればよりバストアップ効果が。

 

特にビタミンCを一緒に摂取するとよりコラーゲンの生成促進ができてハリが出るのでオススメです。

バストをハリのある美しい形にするためにもイソフラボンは一役買います。

 

こちらのページ(バストアップサプリおすすめランキング|口コミで効果の高いものを比較しました)で、気軽にイソフラボンを摂取できるサプリメントをご紹介しています。

 

豆腐バストアップのやり方や食べ方


豆腐でバストアップするには毎日コツコツと食べることがポイントです。

スーパーやコンビニですぐに手に入れられる便利な食材。

 

和食やサラダなど工夫次第で様々な料理に豆腐を入れられる絶好のシーンがたくさんあります。

ここでは豆腐でバストアップするための効果的なやり方や食べ方、豆腐の種類について調べてまとめました。

 

今日からでもすぐ試したい!という人に、ぜひ、ご参考にしていただければと思います。

 

豆腐バストアップのやり方


毎日の食事に豆腐や豆乳を取り入れるだけでOKです。

日本には美味しい豆腐のまた飽きてしまったときは味噌や納豆にしてみるのもオススメ。

 

ただし、豆腐だけをたくさん食べるのはNG。

健康や美容に気をつけてバストアップするには、豆腐以外も栄養バランスのとれた食事を意識しましょう。

 

健康的な食生活の中で豆腐を積極的に食べるというのが正しい豆腐バストアップのやり方です。

 

豆腐バストアップの食べ方


豆腐バストアップのためには1日70〜75mgが摂取目安。

豆腐の種類によって異なりますが、一丁だいたい60mg程度なので1丁と4分の1程度が目安。

 

バストは寝ている間に作られるのでできるだけ就寝に近い夕食がオススメのタイミングです。

下記は豆腐の種類と含まれるイソフラボンの量や料理の工夫についてまとめてみました。

 

豆腐の種類とイソフラボンの量

○木綿豆腐
イソフラボン量は18〜32mg/100g程度。
カロリー・タンパク質・カルシウムの割合が高め。
○絹ごし豆腐
イソフラボン量は15〜35mg/100g程度。
カロリーは低いが栄養面では木綿豆腐より劣る。
○充填豆腐
イソフラボン量は12〜29mg/100g程度。
ビタミンB群、ビタミンEが豊富。

納豆は1パックで35mg、味噌汁は1杯3mgと意外と1日の目安量を摂取するのは難しいのでやはり豆腐がオススメです。

 

飽きてしまった場合の豆腐の食べ方

豆腐はさっとそのままでも食べられるのが便利で手軽な食材です。

暑い夏の食欲のない時に冷奴を食べるのは最高に美味しいですよね。

 

そんな冷奴も毎日だと飽きてしまうけど、しらすやとろろ昆布など、また洋風にアンチョビやアボカドと一緒に食べると新鮮です。

豆腐にピータンやピーナッツ、ごま油、お醤油などをかけて食べる中華料理のピータン豆腐も美味しくてオススメです。

豆腐は主張しすぎない味なので、お料理のパターンは工夫すれば無限にあります。

 

最近はネットで簡単にレシピを調べられるので、いろいろ検索して試してみるのも料理のレパートリーが広がって良いかも!

そのままで食べたり、茹でたり、炒めたりなどいろいろな豆腐料理を試して楽しくバストアップしましょう。

 

時間がない時や飽きたときは豆乳でもOK


豆腐を食べるのに飽きてしまったり、調理するのが面倒という人は豆乳もオススメ。

豆乳に含まれるイソフラボン量は200ml中およそ50mg。

 

豆腐一丁分のイソフラボンが含まれているので同じようにバストアップ効果があります。

最近は豆乳の種類も増えてきて、定番の味からアーモンド味やプリン味など変わった味のものまでバリエーションが豊富。

 

さっと飲めるので手間いらずで美味しくイソフラボンを摂取することができます。

ただし、中にはカロリーや糖質が高めのものもあるのでダイエットしている人は気をつけましょう。

 

時には飛び切りの豆腐を楽しむ


豆腐はスーパーやコンビニなど身近なところで買えますが、最近は通販ショップで高級な豆腐のお取り寄せも可能です。

人気商品やあまり手に入らないような高級品はやはり普通の豆腐よりも断然美味しい!

 

改めて豆腐の美味しさを知ることができて、豆腐バストアップをまた頑張れるでしょう。

 

豆腐バストアップの注意点


豆腐バストアップは身近な食材の豆腐を食べるだけで良い気軽に始められる方法です。

しかし、ヘルシーなこの豆腐バストアップも実は注意する点がいくつかあります。

 

イソフラボンの過剰摂取はNG

イソフラボンの摂取でバストアップできるとはいえ、イソフラボンをたくさん摂取すればいいというわけではありません。

イソフラボンには1日の摂取して良い目安量が70〜75mgなので越えないようにするのが大切です。

 

過剰に摂取すると、体がエストロゲンを多く分泌していると思い、ホルモンのバランスを崩してしまう場合も。

女性ホルモンのバランスが崩れると生理不順や、バストの活性化で乳がんや子宮ガンのリスクもあるので注意が必要です。

 

特に生理前症候群の人は、生理の直前に過剰摂取するとホルモンバランスが乱れ、症状が悪くなるので気をつけましょう。

またサプリでイソフラボンを摂取している場合は、食事での摂取よりも吸収力が高いため食事での摂取に注意しましょう。

 

偏った摂取は効果的ではない

イソフラボンでのバストアップ効果を得るためには毎日コツコツと食べることが大切。

今日はたくさん食べたから明日は食べなくても良いという考え方ではなく、目安量を毎日コンスタントに食べましょう。

 

少量だったとしても、毎日満遍なく食べた方が効果的です。

また、イソフラボンを毎日摂取していてもその他の食事が偏っていては意味がありません。

 

バストを作っているのは脂肪であり、支えるのは筋肉なので、それらをしっかりサポートする栄養もきちんと摂取しましょう。

 

まとめ


豆腐を食べてバストアップする理由や注意点などを調べてご紹介しました。

日本人には馴染みの食材であり、手軽に食べられる豆腐でこんな効果が得られるのは嬉しいですね。

 

豆腐のイソフラボンはバストアップだけでなく、肌の代謝促進や自律神経の安定など多くの作用があります。

健康的にそして美バストを作りたい人は、ぜひ、豆腐バストアップをお試しください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-バストアップ
-, ,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2019 All Rights Reserved.