ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

美容

巷の噂を検証!親知らずを抜くとホントに小顔になれるのか?

更新日:

生まれたばかりのころ、どんな人でも生えていなかった歯。時間とともに少しずつ顔を出し、いつのまにか生えそろったと思ったら一度抜けてまた生える。

今思うと歯の仕組みってなかなか不思議ですよね。子供の頃は誰しも歯が抜けるときのグラグラする感じや、抜けた後、新しい歯がしっかり生えるまでの隙間が気持ち悪かったりで、憂鬱になったりしたのではないでしょうか?

せっかくすべての歯が生え代わり、これで安心とも思いきや大人になると再び浮上する歯の問題。そう、親知らずです。
今回は親知らずを抜くと小顔になれる、という巷の噂を検証しながら、親知らずにまつわる情報を整理していきたいと思います。まだ親知らずに悩まされたことが無い方、今抜こうかどうか悩んでいる方はぜ参考にしてみてください。

なお、ここで記載される情報はあくまで一般的にそういわれているというものをまとめたものになります。実際に治療にかかりたい方や不安な方はしっかりと歯医者さんと相談したうえでお願い致します。

親知らずとは?


そもそも親知らずとはなんなのでしょうか?だいたいは皆さんもご存知かと思いますが。この歯は10代後半から20代にかけて大人になってから生えてくる歯で、上下左右で4本、それぞれ歯のならびの最も奥に生えてくる歯に当たります。

大人になって生えてくるため、親が子供にこの歯が生えてきたかどうかを確認することができないことから親知らずと呼ばれています。

全ての人に絶対生えてくるわけでなく、人によっては4本の内数本、ないしは全く生えてこない人もいます。この歯は生えてくる場所の問題からまっすぐ生えてこなかったり、一部だけが露出したりして生えてくることがあり、歯ブラシの届きにくい場所であるため虫歯や炎症をおこしやすかったり、噛み合わせが正常にいかずに口内を傷つけたりするやっかいな歯として認識されています。

正常に生えていればただの歯として機能しますが、問題が起こると抜歯を必要とするケースも多く、多くの人にとっては非常に嫌な歯であると言えるでしょう。

昔の人は親知らずもごく普通の歯だった?

実は昔の人達にとっては親知らずはごく普通の歯として使用されていたと言われています。これは昔になればなるほど焼いたり煮たりという調理が行われず、硬い食物をそのまま噛んで食べていたため、顎が現代人よりも大きく発達し親知らずがまっすぐ正常にはえるのにツ様なスペースが十分確保されていたからだとされています。

ネアンデルタール人の時代には親知らずはほぼ正常に生えていたとされていますが、現代ではその確率は3~4人に1人程度であるとされています。時代の進歩によって人間の顎は縮小していったため、親知らずがはえるスペースがなくなってしまったというのはなんとも皮肉な話ですね。

親知らずに悩まされる人は少なくないと思いますが、実は親知らずを抜くことで小顔になれるという噂があります。いったいこの噂は本当なのか、次の項で確認してみましょう。

親知らずを抜くと小顔になれるのか?


親知らずを抜く理由はいろいろあると思います。多くの方は痛みが発生してきてどうしようもなくて抜くと言うことが多いと思いますが、実は親知らずを抜くことで小顔になれるという説があるのです。

親知らずを抜くと本当に小顔になるのか?

結論から言ってしまうと親知らずを抜くことによって小顔になることは可能性としてはありえます。しかし、これはある条件下にある人のみにあてはまることで、その確率は一般的にはあまり高くない、期待できるほどではないと考えられているようです。

親知らずを抜くことで小顔になれる可能性のある人とは親知らずが原因でエラがはっている人や顎の筋肉がついているような人に限定されます。これはどういうことなのでしょうか?

エラが小さくなる?

親知らずが手前の歯を押すようにして横たわってはえていると、噛みあわせが悪くなり物を咀嚼する時に通常より余計に力を使います。こうなると顎が通常以上に使われて発達し、エラが張ったような状態になることがあります。

この状態はもともとの骨格というよりはかみ合わせで発達したことになるので、親知らずを抜いてかみ合わせを正し、余計な力を入れないようにすることで時間をかけて顎が衰退して骨格本来のサイズになるため小顔になったように感じられます。

また、そもそも親知らずそのものが生えていることにより、それを支える骨格もしっかりしている傾向にあります。これが親知らずがなくなることで役割をなくすとしだいに小さくなる可能性も考えられます。親知らずを支える骨はちょうどエラあたりのものと重なっていますので、これが小さくなると輪郭がシャープになる可能性もあるわけです。

筋肉がおちる

親知らずは生えていると咀嚼する行為に役立つことになります。ほとんど意味がないような場合でも、生えている限りは必ず咀嚼に一役買うわけです。これはどういうことかというと、噛むたびに親知らず近辺の顎の筋肉も使っていると言うことです。筋肉を使うと言うことは筋肉を発達させることでもあります。

親知らずがなくなるとこの辺りの筋肉は役目が無くなり衰退していきます。これによって輪郭がスッキリと見える可能性もあります。

このように親知らずがなくなることで、親知らずを機能させるために働いていた骨格や筋肉が衰退することで、結果的に小顔になる可能性はゼロではありません。しかし、もちろんもともとの骨格でエラがはり気味の人の骨格が変わるわけではありません。あくまでも親知らずのために発達したものがなくなるわけです。

つまり、少なくとも親知らずが生える前、高校生くらいまでの顔つきが変わるということは考え辛いということが分かります。いずれにせよ親知らずを抜くことによって小顔になる効果をあまり過度に期待するのは良くないように感じますね。

では親知らずを抜くと言う行為には他にどんなメリット、またはデメリットが存在するのでしょうか?
小顔のためだけに正常な親知らずを抜くのは、小顔になれなかった時のショックが大きい気もしますが、もし他にメリットがあれば抜歯を検討することもあるかもしれませんね。

さっそく確認してみましょう。

親知らずはまっすぐ生えていても抜くべき?

親知らずには優先的に治療した方が良いパターンがある

現代人にとっての親知らずはなにとか問題を抱えやすい歯です。特に以下のような状態の場合は優先的に抜歯する事を考慮した方がよいと言われています。

虫歯になっている

親知らずはとても虫歯になりやすい歯です。奥歯はただでさえ虫歯になりやすいのにまっすぐ生えていない歯を完璧にクリーニングするのは至難のワザです。

加えて他の歯の様に容易に治療することも難しく、横向きに生えていたりすると治療自体が困難という場合もあります。虫歯が出来てしまう前に抜いてしまうのが得策です。

横向きに生えている

まっすぐと親知らずが生えてきていない場合も抜歯を検討するに値します。横向きになるとさきほども述べたように虫歯が生じやすく、治療しにくいというリスクがありますが、加えて手前の歯にまで影響を与えやすいというリスクもあります。これによっては手前の歯まで虫歯になったり、歯そのものが傷んでしまうということも考えられます。

生えている方角によっては口内の粘膜を傷つけて口内炎を誘発しやすくもなり、デメリットばかりが挙げられるような状態になります。

妊娠・出産を考えている女性

妊娠中は女性ホルモンの関係で虫歯が出来やすくなります。この状態で親知らずが生えていると虫歯にかかりやすく、痛みを生じやすくなってしまうのですが、抗生物質などを摂取できないため抜歯が難しくなってしまうので辛い思いをすることが多いと言われています。

妊娠を考えている方で親知らずになんらかの不安がある方は早めに対策をとっておくにこしたことはないでしょう。

親知らずを放置することによるその他のデメリットとは?

親知らずを放置すると虫歯や口内炎以外にも以下のような症状に悩まされる可能性があります。

歯周病になりやすい

正常に生えていない親不知は歯周病の原因になりやすいです。親知らずが歯周ポケットの溝を自覚なくえぐりこみ、気づくと大きな溝が出来てそこから炎症を起こし痛みや腫れ、最悪の場合は手前の歯の歯周ポケットまで影響を及ぼし、グラグラしたりしはじめることもあります。

歯ならび悪くなる

正常にはえていない親知らずは歯の成長時に圧力を与えて歯並びを悪くしてしまう危険性があります。特に矯正治療をしたことがある人はその影響を受けてもとの悪い状態の歯並びに戻ってしまうこともあるようです。

親知らずを残しておくメリット

基本的には正常に生えていない親知らずは抜歯するにこしたことはありませんが、問題のない親知らずは残しておくことでメリットもあります。

抜かなくてもいいとされる親知らずの基準はまずなによりも正常に親知らずが生えている人。まっすぐ生え、歯茎がかかることもなく姿を見せており、上下の親知らず同士でしっかりかみ合わさっている人です。

また、親知らずが顎の奥深くにあったり、骨と一体化しているような場合は処置も大掛かりになることやあまり悪影響が出ないなどの理由から抜くことをすすめられないこともあるようです。

そして、親知らずを残しておくことにはいくつかのメリットも存在します。

矯正治療や移植に利用する

親知らずの手前の歯が神経が無かったり、状態が悪いような場合は親知らずを移植させることで正常な状態へすることが可能です。また移植まではいかなくとも、手前の歯を抜いて親知らずをこの位置まで移動させるような矯正治療も存在します。

親知らずを土台に使う

ブリッジや入れ歯の土台に親知らずを利用することも出来ます。ただし正常に生えている親知らずに限定されます。

正常に生えている健康な親知らずは抜歯するメリットも特にありませんし、後々利用できる可能性もあるのでとっておくと良いかもしれません。

親知らずは早めに抜歯する

親知らずに心配がある場合はなるべく早い、若いうちに抜歯する事が理想とされています。年を重ねれば重ねるほど親知らずの抜歯にはリスクが伴います。

若いうちは傷の治りも早く術後の回復も早いです。加えて親知らずが周辺の組織と癒着していないため抜くのが比較的容易であることもメリットのひとつに挙げられます。

高齢になればなるほど治療は大掛かりになるわけですが、これに反して薬の服用や体力的な問題で制限は強くなっていきます。若いうちに抜歯する分にはスムーズにいくことが多いので、抜くのであれば早いのに越したことは無いと言えそうです。

気になる抜歯後の臭い、その対策とは?


親知らずを抜いた後痛みに悩まされるのはよくある話です。この痛みは上の歯よりも下の歯を抜いた後におこりやすく、まっすぐ生えている親知らずよりもななめに生えている親知らずを抜いた時にひどくなると言われています。

しかし痛みよりも気になることがある方もいるかもしれません。それは臭いです。親知らずを抜くと悪臭が出ることがあるのですが、これが気になる方も少なくないかもしれません。最後に親知らずを抜いた後の臭いについてみてみましょう。

抜歯後の臭いのもとは?

抜歯後の臭いのもとはなんなのでしょうか?まとめてみました。

食べかす

抜歯後にできた空洞ははじめは血がカサブタになって蓋をしてくれます。これが徐々に治癒して傷はなくなっていくのですが、このさいにわずかにできる隙間に食べかすが詰まって腐敗することで臭いがでることがあります。

無理に取り出そうとしたりすると傷口が広がって悪化する可能性もあるので自然になくなっていくのを待ちましょう。

舌苔

抜歯後は口内の細菌が一時的に増えるので舌苔と呼ばれる舌の上の白い汚れが増えがちになります。これは口臭のもとにもなるので、親知らずの抜歯後に臭いがきつくなったように感じることがあります。

傷がキレイに治らなかった場合

傷が治っている最中に食べかすなどが詰まったまま傷が癒え始めると、カスが中に詰まったまま表面だけ歯茎の膜が出来て中は空洞のまま食べかすが腐敗することがあります。この状態かせ臭いを出すこともあるようです。

どの症状であっても基本はしばらく様子をみることでなくなっていくことが多いです。もしどうしても気になるようなら定期健診などで歯医者さんに相談してみましょう。

自分でできるケアとしてはちゃんといつも通りに(必要以上にする逆効果です)歯磨きをして、匂いが気になるならマスクをしたり、マウスウォッシュで細菌コントロールをするようにしましょう。ただしマウスウォッシュは抜歯直後は刺激になるのであまりオススメの方法とは言えません。臭いが長引くときにだけ使うようにした方がよいでしょう。

親知らずへの理解を深めよう

いかがでしたでしょうか?

親知らずは抜くことで小顔になれる可能性があるほか、早めに抜いてしまうことで色々なリスクを避けられる可能性があるようです。一方で正常に機能していればとっておくことで後々役に立つこともあるので、親知らずが気になる方は歯医者さんと相談してメリット・デメリットを考えて扱いを考えてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-美容
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.