高血圧

即効!【図解・動画解説】高血圧を下げるツボまとめ※頭、首、手、足裏

更新日:

このページでは、高血圧の人向けに、血圧を下げる効果のあるツボについてまとめています。

 

自分でも押せる血圧を下げるツボは?

部位別の血圧を下げるツボの場所・押し方まとめ

血圧を下げる効果を上げる方法

などを調べて詳しくまとめています。

 

 

血圧を下げるツボは正確に押すことで高血圧を下げることができます。

高血圧にお悩みの人の参考になればうれしいです。

自分でも押せる血圧を下げるツボ一覧

自分で押せる血圧を下げるツボをおすすめ順にご紹介します。

画像をクリックすると詳細な説明と、ツボの押し方・動画開設などが確認できます。

高血圧を下げるツボ 足裏 湧泉

高血圧を下げるツボ 手 合谷

高血圧を下げるツボ 八風

高血圧を下げるツボ 十宣

高血圧を下げるツボ 百会

高血圧を下げるツボ 人迎

高血圧を下げるツボ 耳 降圧帯

 

自分で押せる高血圧を下げるツボまとめ

高血圧を下げるツボ
高血圧を下げるツボの中で、まずオススメしたいツボは「湧泉」と「合谷」です。

足の裏にある「湧泉」と手の甲にある「合谷」。

 

この2つのツボは自分でも押しやすく効果が高いのでおすすめです。

テレビを見ながらでも気軽にできてしまうツボ押しなので毎日押してください。

 

足裏にある高血圧を下げるツボ「湧泉」

高血圧を下げるツボ 足裏 湧泉
「湧泉」は体のエネルギーが泉のように湧き出す効果があり、血圧に悩む人の改善にオススメのツボです。

ツボの位置は、足の裏の土踏まず中央の上辺り、指をグーにして最も凹んでいるところになります。

 

押すと刺激があるので見つけやすいツボです。

腎を活性化するツボで、刺激すると血行をよくして血圧を下げる効果があります。

その他、冷えの改善、不眠の改善など間接的に血圧に良い影響があるツボです。

 

湧泉の押し方や注意点

両手の親指で強く押す、もしくは椅子に座って床にボールを置き、ツボを当ててやや体重をかけて動かす。

3秒強く押した後に、3秒緩める。

これを繰り返し、湧泉が暖かくなるまで繰り返します。

 

押した時に激しい痛みがある場合はむやみに続けずに医師に相談すること。

また、できるだけ毎日時間を決めて行い、体調のすぐれない時は中止しましょう。

 

優れた降圧作用で高血圧を下げる手のツボ「合谷」

高血圧を下げるツボ 手 合谷
「合谷」は体の様々な箇所に効果があり万能で、さらに位置的に気軽に押しやすいツボです。

さらに、刺激の直後に血圧を下げるという即効性があるのでかなりオススメ。

 

ツボの位置は、手の甲の親指と人差し指の骨の凹んだ箇所にあり、最も刺激を感じるところです。

姿勢的にも無理のない位置で見つけやすく、押しやすいツボです。

 

刺激をすると体が温まり、特に上半身の血行が促進される効果があります。

それによって、肩こりやストレスが改善され、間接的に血圧に良い影響があるツボです。

合谷の押し方や注意点

「合谷」に親指を当て、挟むようにして人差し指を手のひらに。

親指で強く押して、最も効果的なのはしばらく押しっぱなしにする方法です。

継続して押すのが難しい場合は、強くしたり緩めたりの押し方でもOK。

 

左右それぞれ5分程度の時間で、1日朝昼晩3回行うのが理想的です。

「合谷」は即効的に血圧を下げますが、一時的なことなので、医師から処方された薬はきちんを服用すること。

また血圧が高くない人は、下がり過ぎてしまうことがあるので押しすぎないように注意しましょう。

 

 

足の指の付け根の高血圧を下げるツボ「八風」

高血圧を下げるツボ 八風
「八風」は血圧に効果がある十宣のツボで効果がない場合に指圧すると血圧が下がると言われるツボです。

位置は、足の指5本全ての付け根の間にあり、左右合わせて8箇所。

見やすくて押しやすく、刺激するととても気持ちが良いツボです。

 

足の末端冷え性の改善など体全体の血行を促進して、即効的に血圧を下げる効果があります。

また、リラックス効果でストレスを改善するなど、間接的に血圧に良い影響があるツボです。

 

八風の押し方や注意点

足の指の間、左右合わせて計8箇所を、人差し指や中指のやりやすい指で1回4秒を10回押します。

強めに押してもOKで、弱過ぎず痛気持ちいいくらいの強さが好ましいです。

 

爪を当てないように気をつけて、傷がある場合はその箇所を避けて押すようにしましょう。

指の先にある高血圧を下げるツボ「十宣」

高血圧を下げるツボ 十宣
「十宣」は血圧を即効的に下げる効果のあるツボとして注目されているオススメのツボです。

位置は、手の五本の指の最先端で膨らんでいる部分10箇所。

 

いつでもどこでも気軽にできるツボで、自律神経の乱れを正して、血圧を下げる効果があるます。

ツボ治療で有名な中国でも人気のある家庭マッサージとして動画サイトに多くの動画がアップされているほど。

 

他のツボ押しと異なるのは、左右の指を押し合って刺激するところです。

 

十宣の押し方や注意点

胸の前で両手の指と指を押し合わせ、その衝突でツボを刺激します。

ゆっくり3秒くらいかけて押し合わせ、最大のところで5秒キープ、また3秒程度力を抜き…を繰り返します。

 

押し合う時間はトータルで5分程度が好ましいです。

見ながら力を入れると呼吸を止めがちになりますが、呼吸をしながら行いましょう。

高血圧を下げる以外にも様々な効果のあるツボ「百会」

高血圧を下げるツボ 百会
「百会」はツボの王様と言われ血圧だけでなく、様々な改善に役立ち、ぜひトライしてほしいツボです。

位置は、両手を両耳の上部から頭頂部へ向かって指を移動させ、指がぶつかる丁度真ん中になります。

 

まさに頭のてっぺんで、指で押すと頭部にとても気持ち良い刺激があります。

血行促進で血圧を下げる効果はもちろん、頭痛や肩こりにも効果があり、さらに眩暈なども改善できます。

 

百会の押し方や注意点

親指の腹もしくは両手の中指を重ねて使い、1セット2〜3分程度を1日3回行います。

息を吐きながら押して、力は強過ぎず、自分が気持ち良いと感じられる程度でOKです。

 

あまり強く押しすぎると気分が悪くなることがあるので注意しましょう。

自律神経に働きかけるのど仏付近の高血圧を下げるツボ「人迎」

高血圧を下げるツボ 人迎
「人迎」は、押すのにやや難しい場所にありますが、血圧やその他の不調に効果のあるオススメのツボです。

位置は、喉仏から左右それぞれ1.5cm程度離れたところにある動脈のところになります。

 

血行促進で高血圧や眩暈などに効果があり、甲状腺機能や喉の痛みの改善もできます。

また、自律神経を整える効果があり、間接的に血圧のコントロールに良い影響があります。

 

人迎の押し方や注意点

「人迎」は、片方ずつをゆっくりほぐすような感じで刺激をします。

ただし、指圧にはとても難しいツボなので、家庭用の温灸を活用することをオススメします。

 

左右のツボに15分程度温灸を当てるだけです。

火を使う温灸の場合は肌に火がつかないように十分気をつけましょう。

 

また火を使わない場合でも熱いと感じたら、低温火傷の恐れがあるので取り外してください。

耳にある高血圧を下げるツボ「降圧帯」

高血圧を下げるツボ 耳 降圧帯
「降圧帯」は名前からも血圧を下げるイメージですが、実際血圧を正常にする効果があるオススメのツボです。

位置は、耳の上部でくるりとした内側にあります。

刺激をすると血行が促進され血圧が下がる効果があります。

押しやすい位置にあり、刺激中は体を休めてリラックスしやすいツボです。

降圧帯の押し方や注意点

降圧帯のある耳の上部を内側に親指、外側に人差し指を当てて挟み、優しく擦るような感じで刺激します。

右耳、左耳同時に行い、1セット20〜30回程度を1日3回しましょう。

注意することは、耳の形によっては爪が当たりやすく、傷つける可能性があります。

押す時は優しく指の腹を使い、引っ掻かないように優しくゆっくり刺激するように注意しましょう。

曲池

曲げた肘の内側にあるツボ。

親指で5~10秒間ほど押すと血圧を正常値にする効果があります。

風池

風池は、高血圧・めまいに効くツボで、めまいの時に押すと少し痛みが場合があります。

場所はあたまの後ろ。耳の下と頭の後ろのへこんでいるところを結んだところにあります。

 

神門

神門は、リラックスのツボで、動悸や息切れに効果が高いのが特徴です。

リラックス効果で血圧が下がります。

自分でも押しやすい場所にあります。

場所は、手の薬指の延長上の手首の曲がる部分にあります。

 

足三里

足三里は、その名の通り足にあるツボで病気にも体力向上、つかれ、むくみなどにも効く万能のツボで自分でも押しやすい場所にあります

場所は、ひざの皿の下側にあります。

わかりにくい場所なので、詳しくは動画で。

 

血圧を下げるツボはいつ押すのがいい?

朝に行うのが一番おすすめです

高血圧を下げるツボ タイミング

朝は人間の血圧が最も高くなるタイミングと言われています。

血圧が元々危険値の方の場合、起きてしばらくした後血管が破裂する、なんてことになりかねませんから朝は欠かさずツボ押しをするようにして下さい。

起きてすぐは血圧が低いのですが、起床から30分程度時間が経つと徐々に血圧が上がっていくとされています。

そのため、朝に押すツボは降圧帯や十宣など即効性の高いツボを優先的に押すようにしましょう。

また、通勤途中に合谷など押しやすいツボを押して血圧の上昇を食い止めるのもオススメです。

お風呂上りは血圧を下げる効果が高い!

高血圧を下げるツボ お風呂上がり

お風呂上りは朝と同様血圧が大きく上昇するタイミングなので、ツボ押しを行って血圧の上昇をしっかり食い止めておきたいです。

朝と違い夜は比較的時間があると思いますので、リラックスできるタイミングを探してご紹介したツボすべてを押しましょう。

ツボを押し終える頃にはお風呂で上がった血圧も元通りになっているはずです。

慣れるまでは的確にツボを押せているかチェックしながらツボ押しをする必要がありますが、ある程度ツボ押しに慣れてからはテレビを見ながらなど片手間でやっても構いません。

晩酌の前は必須です

高血圧を下げるツボ 晩酌

基本的にツボはリンパの流れや血流に作用して健康効果を得るものであるため、アルコールによって血行が促進され、血管が開いた状態で行うのは推奨されません。

というのも、普段と違う状態でツボを押してしまうと必要以上に血流が促進されたり、血管が拡張されたりするので、効果が出過ぎてしまい危険な状態となりかねないのです。

そのため、晩酌をする習慣がある方は晩酌のタイミングを血圧が上がりやすいお風呂上りにずらし、ツボ押しを行ってしばらく経ってから晩食を始めるようにしましょう。

高血圧を下げるツボの効果をさらに高める方法

高血圧を下げるツボ 効果 高める方法
高血圧の改善にはツボの刺激をすることが効果的であるとわかりました。

しかし、ツボを押しているだけでは効果がわかりづらい、物足りないと感じる人もいるでしょう。

そんな人のために、ツボの刺激の効果をより高める方法をご紹介します。

ツボ刺激習慣で血圧を正常化して、より健康になりたい方は、ぜひ、ご参考にしてください。

巡りを改善する適度な運動やストレッチ

高血圧を下げるツボ 運動 ストレッチ
高血圧を改善するためには、適度な運動やストレッチも効果的。

高血圧を改善するためには大元となっている生活習慣を改善することが重要だからです。

毎日続けると筋肉不足で固くなっていた血管を柔らかくして血行をよくする効果があります。

高血圧の人や既に血圧が高めの人にオススメなのはウォーキング、水泳、ヨガ、ストレッチなど有酸素運動。

特にウォーキングやストレッチは道具いらずで運動が苦手な人でもすぐに始められるので良いでしょう。

ここで大切なことは、毎日同じことを続けることです。

今日はたくさんやったから明日はやらなくて良いのではなく、少しずつでも毎日安定した運動が効果的。

ストレス解消にもなるので、ぜひ、生活に取り入れましょう。

きちんと栄養補給!食生活の改善

高血圧を下げるツボ 高める方法 食生活
高血圧を効率的に改善させるためには、やはり毎日の食生活がとても大切。

ツボをいくら刺激しても栄養が不足していたり、偏っていたりと不規則な食生活では意味がありません。

高血圧の効率的な改善には、4つの栄養ポイントがあります。

①血液サラサラにして血流を良くするDHA・EPA。
→マグロ、イワシ、秋刀魚など

②体に不要な塩分や水分を溜め込まないカリウム
→バナナ、ほうれん草、かぼちゃ、アボカドなど

③血中のコレステロールや老廃物排出を促進する食物繊維。
→オクラ、ひじき、納豆、なめこなど

④コレステロールの吸収を抑制する貝類などに含まれるタウリン。
→牡蠣、タコ、イカなど

これらを不足しないように意識して摂取しましょう。

食事で摂取出来ない栄養は高血圧を下げるサプリを活用

高血圧を下げるサプリ
食生活が大事とわかっていても、毎日のこととなると中々思うようにコントロールできないのが現実。

忙しくて外食が多くなったりすれば、あっという間に栄養バランスは崩れてしまいます。

そんな時に活用できるのがサプリです。

もちろん、食生活や運動など毎日の生活を正すことを前提として、サプリを活用すれば、メリットがあります。

高血圧の人に必要な栄養素といえば、DHA・EPA、カリウム、食物繊維、タウリン。

これらの中で、自分にとって不足しがちな栄養をチョイスしてサプリを活用すると良いでしょう。

高血圧を下げるサプリランキングヘッダー画像
【ガッツリ効く!】高血圧を下げるサプリメント口コミランキングBEST7

このページでは、『高血圧サプリメント』を検討してる方に向けたページです。高血圧を下げる効果のあるサプリメントはどんなものがあるか?また、どんな成分が高血圧を下げる効果があるのか?サプリメント以外で高血圧を下げるにはどうしたらいいか?など、高血圧の予防・対策をしたい方へわかりやすくまとめたページです。

高血圧を下げるツボにお灸で温熱刺激を与えて血行促進

高血圧を下げるツボ お灸
全身にたくさんあるツボの中には高血圧を下げるツボがたくさんあることがわかりました。

これまではツボの刺激の指圧方法を紹介しましたが、指圧以外にお灸で温めることも効果的です。

 

そんなお灸について、高血圧に対する効果やお灸が好ましいツボの場所などを調べてまとめました。

お灸を活用させたい方やツボ押しが上手にできない方にご参考にしていただければと思います。

 

お灸に高血圧を下げる効果のある理由

高血圧を下げるツボ お灸 効果
お灸は、日本でも古くから親しまれた方法でつけた箇所に温熱刺激を与え、様々な体の不調を改善します。

お灸には有痕灸と無痕灸がありますが、高血圧には無痕灸が効果的です。

無痕灸とは皮膚に痕をつけないお灸で、皮膚の表面を温める作用があるのが特徴です。

 

皮膚を強く温めて、血管を拡張して血流を促進、結果血圧を下げる効果があります。

また、血管にある老廃物の排出を促進したり、筋肉の緊張をほぐすなど、間接的に血圧に良い影響があります。

 

お灸が効く高血圧を下げるツボはどこ?

高血圧を下げるツボ お灸

足三里

膝のお皿の下に、床に垂直になるように手の指4本を当て、だいたい小指の位置くらいになります。

触るとわかりますが、一番くぼんでいる箇所です。

 

内閣

手のひらを上にして、手首を少し曲げた時にできるシワから指三本分肘側に上がったところになります。

 

中かん

おへそとみぞおちを結んだ線のちょうど真ん中あたりの位置になります。

自律神経の乱れに効果的なツボですが、押すと不快に感じる人もいるのでお灸が効果的です。

 

人迎

喉仏から、左右指一本程度外側の位置のどくどくした動脈のところにあります。

指で押すのが難しいため、お灸で温熱刺激をするのが効果的です。

 

 

 

 

まとめ

高血圧を下げるツボ まとめ
体にある様々なツボの中には刺激することで高血圧に効果的なツボがあることがわかりました。

ツボの位置と押し方のポイントがわかれば、今すぐにでも始められるのが良いところです。

 

仕事や家事の合間に、就寝前のちょっとした時間にツボを刺激して、少しでも高血圧の改善に役立てましょう。

合わせて食事や運動に気をつけ、自分でできる健康習慣を身につければ、体全体の調子を整えられます。

ぜひ、今日からでもお役立ていただければと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-高血圧
-, , , , , , ,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2018 All Rights Reserved.