ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

美容

舌のケアはちゃんとしてる?正しい舌磨きの方法をマスターしよう!

更新日:

皆さんは口内ケアに普段どれくらい気を付けているでしょうか?口内ケアのための様々な商品も発売され、徹底したケアに取り組んでいる方も少なくないかもしれません。
[br num="1"]
では舌のケアまでしっかり行えているでしょうか?歯のケアは入念にやっていても舌のケアまでは行き届かないということもあるかもしれません。しかし最近は特に舌のケアが口内を清潔に保つ上で重要視されていることもあり、積極的な舌磨きなどが推奨されているようです。
[br num="1"]
かくいう筆者も舌の汚れが体質なのかつきやすく、口臭の原因や見た目にもあまり綺麗じゃない舌に悩んでいました。そんなこともあり積極的に舌の磨き方などを勉強していたことがありますので、今回はその時に学んだ知識なノウハウをお伝えして参ります。
[br num="1"]
自分で今まで、そして今でも実践していることや学んだことに加え、今回改めて調べて分かったことなども織り交ぜてご紹介して参りますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

舌磨きってする必要あるの?


そもそも舌磨きとは何なのでしょうか?日常的に意識してやっている人以外にとっては舌磨きってあるの?というレベルの認識の方もいるかもしれません。
[br num="1"]
しかし薬局などの歯磨きコーナーをみれば絶対に舌ブラシは売っていますし、近年では特にその重要性が取り上げられているように思います。舌のケアの正しい方法をこの機会に身に着けて、歯ブラシ同様少しずつ生活に取り入れて習慣化していってはいかがでしょうか?

舌磨きとは?

舌磨きとはその名の通り舌を綺麗にする行為です。歯ブラシが歯を綺麗にするのと同じく、舌を清掃します。舌を清掃するって?と思うかもしれませんが、歯同様に舌にも汚れはつきます。しかも舌の汚れは歯の汚れ以上に口臭や口内病気の原因になることもありえるんです。
[br num="1"]
しかし歯と違って舌は粘膜でおおわれているため非常にデリケートです。もちろん歯ブラシも正しいやり方で行わなければ歯茎を傷つけたり汚れを落としきれなかったりしますが、舌磨きはやり方を間違えると舌を傷つけたり、最悪の場合は味覚などにも影響を与えてしまうことがあります。
[br num="1"]
歯ブラシのついでにただ磨けばいいと言うだけでなく、専用の舌ブラシ、なければそれ相応のもので丁寧に掃除をする必要があるんです。

舌の汚れについて

舌の汚れと言っても意識していない人にはピンと来ないかもしれません。舌の汚れは歯に詰まった食べかすのようにわかりやすいものではないからです。
[br num="1"]
舌の汚れは基本的には舌苔と呼ばれています。舌を出したときに表面を白く覆っているものが舌苔です。これが主な舌の汚れとして下に溜まっています。しかし健康な人やケアの行き届いている人でも多少は舌苔がのっているもので、逆に全くない人にはそれはそれで問題があります。
[br num="1"]
要はつきすぎていない状態が健康とされています。逆に厚く層をなすようになると味覚が鈍くなったり口臭がきつくなったり、さらには何らかの病気が原因で舌苔が厚くなっている可能性も否定しきれません。舌苔はそのような点においては健康のバロメーターを示すものでもあります。
[br num="1"]
後ほどセルフチェックの方法もみていきますが、まずは自分の舌苔の付き具合を把握することが大切です。

舌磨きは必要?

ネットで舌磨きに調べると、舌磨きはするべきではないという記事なども散見されます。大抵は"やりすぎはよくないですよ"という趣旨の記事なのですが、これによって舌磨きはあまりよくないのでは?と思う方もいるかもしれません
[br num="1"]
個人的には舌磨きはやった方がいいと結論付けています。特に口臭がひどい人で歯磨きはしっかりしているのになーという方は一度舌磨きに挑戦してみてください。
[br num="1"]
舌苔のつきやすさは体質や生活習慣の問題もありますから、人によってはとってもすぐついてしまう人もいますが、それでも定期的にケアすることで口臭を全体的にやわらげられるはずです。特に唾液に粘性が強い人は舌苔もたまりやすいので効果が出やすいと思います。
[br num="1"]
人の口内には何億という菌がいると言われていますが、舌苔の除去はその菌の減菌にも効果があると考えれています。健康的な点からも舌磨きは意味のある行為であると考えられるわけです。
[br num="1"]
ただしやり過ぎは良くないというの事実です。舌はとても繊細な器官ですから必要以上の舌磨きで傷ついてしまう可能性もありますし、唾液の分泌が抑制されることで細菌の繁殖を逆に促進してしまうおそれもあります。

個人的には舌磨きを習慣化してから口臭は和らいだように思います。また口の中の気持ち悪い感覚も出にくくなりました。やらないよりは確実に効果があると言う実感ですね。

舌の汚れはなぜおこる?放っておくどうなる?


舌の汚れはなぜ起きてしまうのでしょうか?その原因をまずは知っておきましょう。
[br num="1"]
舌の表面は平らのように見て、実はものすごく細かいひだのようなものが密集しています。これを「舌乳頭」といいますが、舌の汚れは基本的にはこのひだの隙間や表面に皮のカスや食べかすなどがからまったり溜まったりして形成されます。
[br num="1"]
また、カス以外にも細菌の繁殖が舌の汚れを悪化させる要因になります。口内にある無数の細菌がなんらかの原因で繁殖するとこれもまたひだの間にたまって舌の汚れとして蓄積されていくのです。
[br num="1"]
細菌は適度にある分には逆に舌の汚れをクリーニングする役割も兼ねています。一方でバランスが崩れてしまうと舌の汚れとして溜まるのです。そのため、口内ケアが不十分であることはもちろん、乾燥していて細菌が増えやすい環境であったり、胃腸の調子が悪く最近が繁殖しやすい体内環境であったり、細菌をコントロールする役割を持つ唾液の分泌量がなんらかの理由で少ないなど、複合的な要因から舌の汚れは増加することになります。
[br num="1"]
口内環境は生活習慣、たとえば普段口呼吸がおおかったり、アルコールを日常的に摂取していたり、ストレスを抱えやすい環境にいたり、口内ケアが不十分であったり、不規則な生活を送っていると言った要因から悪くなっていくほか、ある程度は体質的な要因、たとえば舌のひだそのものが人よりも長いと汚れがたまりやすくなったりということもあります。
[br num="1"]
とはいえ舌の汚れはまずはここで挙げたような原因を取り除くことで正常な環境に戻すことを試みていく必要があると言えます。

放っておくと・・・

舌苔は適度にあるぶんにはよいのですが、増えすぎるといいことはありません。それもそのはずで、さきほどみたように舌苔はいわば最近の死骸や食べ物のカスで構成されているので、長い時間蓄積すれば腐臭のような臭いを放ったり、生きている細菌たちの温床になってしまうからです。
[br num="1"]
そのため適量を越えた舌苔は放置すると口臭の原因になるだけならばいざしらず、歯周病や虫歯などの口内病の要因となったりもするというわけです。
[br num="1"]
舌苔の溜まっている人はしっかりとしたケアに加え、生活習慣の見直しなども必要になってくると言うことです。

舌苔はにおいの原因ではない?

舌苔が口臭の原因になるということは比較的認知されてきたことですが、こちらの記事によれば舌苔=口臭の原因という見方には少し間違いがあるようです。
[br num="1"]
あくまでもにおいの原因は舌苔によって停滞する唾液層なのだいいます。そのため舌苔そのものを無理にはがすと言うよりは、舌苔にからみついている唾液を取り除くイメージでいた方がいいとのこと。これを誤って舌苔を熱心に取り外そうとすると、カスが唾液中にまざり、乳頭がけずれて唾液の循環が悪くなることでより悪化する可能性すらあるようです。
[br num="1"]
いずれにせよ舌ケアをするさいは繊細な器官の掃除だと思って慎重に優しく行う必要がありそうですね。

自分の舌が汚れているかチェックしてみよう


一口に舌苔といってもそのパターンはいくつかあります。まずは自分の舌苔がどのようなタイプなのかをケアをする前に把握してみましょう。
[br num="1"]
鏡越しに舌を出して確認してみてください。全く舌苔がついていないという人はいないと思いますが、ここでうっすらとピンク色の舌が見えているような状態ならその舌苔は適量だと言えます。ちなみに全く舌苔のない人がいたら、それは必ずしもほめられた状況ではないと言われています。
[br num="1"]
栄養失調や代謝の異常、喘息の方などは舌苔が全くなかったりするようですが、特に高齢者に多いと言われているように身体的な衰えがある状態で舌苔はなくなりやすいそうです。やはり適度な舌苔がたまっている状態が理想だと言えそうですね。
[br num="1"]
ではそれ以外に舌苔にはどのような種類があるのでしょうか。基本的な違いは色にあらわれます。参考にしてみてください。

白苔

舌苔が白い場合です。もっとも多いのがこのタイプで、これがうっすら積もっているくらいが理想です。しかし白苔も多く積もるとよくありません。
[br num="1"]
原因としては疲労や代謝不全、ストレスなど広範な要因によっておこりますが、逆を言えば対処のしやすい舌苔であるともいえます。少し習慣が変わればすぐに治る可能性もあるでしょう。

黄苔

舌苔が黄色が買っている人はタバコの吸い過ぎや胃腸の疾患が考えられます。タバコの場合はヤニがたまっているだけですが、胃腸の疾患の場合は胃下垂や消化不良、便秘といった慢性的な胃腸の不調がおこっているケースが多いようです。
[br num="1"]
筆者も胃腸が弱く、胃下垂や胃炎気味なところがありますが、舌苔は少し黄色がかっています。黄色がかっている人は胃腸のケアも同時に考える必要があるのかもしれませんね。

地図舌苔

地図舌苔はまだらに舌苔のある部分とない部分があるような舌の状態です。
[br num="1"]
このような状態の人も胃腸が弱っている傾向にあるようです。またビタミン不足などの栄養不足が原因でおこることもあるようで、こちらも生活習慣を正して規則正しくしっかりとした食事をとることである程度改善する見込みがありそうですね。

黒苔

見た目のインパクトが最も大きい黒苔。黒い舌苔は通常生活しているとほとんどみることはありませんが、抗生物質などが原因で生じることがあるようです。これは抗生物質によって口内の最近のバランスが崩れて、特定の細菌が繁殖する事でおきると考えられているようです。
[br num="1"]
こちらは病気の治療過程でおこる副作用のようなものとして考えるしかないですが、まれに抗生物質をとっていなくても細菌バランスの変化で黒苔が出ることもあるようなので、そのような場合は念のためお医者さんに診てもらった方が良いかもしれません。
[br num="1"]
ちなみにコーヒーを飲んだ後の舌の黒さは色素によるものですので問題ありません。
[br num="1"][br num="1"]
舌の状態はちょっとしたことでも変動しやすい非常に繊細なものですが、逆を言えば自分の舌苔をチェックすることで今の体調を把握するきっかけにもなるかもしれませんね。
[br num="1"]
では、今の自分の下の状態も把握したところでいよいよ舌磨きに挑戦してみましょう。適度な舌磨きを行うことで口内環境をより正常に保てるようにしたいところですね。

舌磨きの方法をマスターしよう


ではいよいよ実際に舌を磨く方法を学んでいきましょう。筆者も舌磨きをはじめたころは強くやりすぎて軽く感覚が無くなったりしたこともありました。そして意外にごっそりととれる舌の汚れに驚いたものです。
[br num="1"]
舌を傷つけず効率よく汚れを落とすことで口内環境をよりよくしてみましょう。

専用のブラシを用意しよう

たまに舌磨きを歯ブラシで行う人がいますが、これはやめてください。歯ブラシは舌には刺激が強すぎて逆効果になりかねません。汚れの落ち具合も効率が悪く方法としてはあまりほめられたものではありません。
[br num="1"]
一番良いのは専用の舌ブラシを使うこと。薬局などの歯ブラシ売り場などに大体ならんでいます。これは舌の汚れを取るために作られているので、舌への負担も少なくしっかりと汚れを落とすことが出来ます。まずはこちらを用意しましょう。
[br num="1"]
どうしても舌ブラシが手に入らない場合やたまにしかやらないという方は綿棒でも代用できます。いずれにせよ強くやりすぎないように心かげることが大切です。

舌磨き朝がオススメ

舌磨きはたくさんやればいいというものではありません。舌への刺激を考えても一日一回におさえるのがよいでしょう。では一日の内いつやればいいかという問題ですが、これは朝がオススメです。
[br num="1"]
口内環境はどうしても寝ている間に悪化します。舌苔が出来るのも寝ている間が多いです。ある程度綺麗な状態で寝ることも大切ですが、それ以上に朝たまってしまった汚れを落とすことでその日一日を気持ちよく過ごせます。口臭が気になる方も日中は食事なども多く唾液の分泌も多いのでそこまで舌苔がたくさん繁殖することもありません。
[br num="1"]
したがって朝にしっかりと汚れを落としておくのが一番効率がいいといえるのです。

舌磨きのあとに歯磨きを

舌磨きと歯磨きはセットで行うのが基本ですが、先に舌磨きを済ませてから歯磨きをしましょう。舌磨きは舌の汚れを取り除くものですが、どうしても口内に細かい汚れが唾液などに絡まって残ってしまいます。
[br num="1"]
これを歯磨きでさらにしっかり洗い流す方が効率が良いと言えます。逆にしてしまうと口臭をより増長させる危険性もありますから順番は意識して行いましょう。

舌ブラシを使ってみよう

では舌ブラシの使い方です。まずは鏡の前で舌をべーっとだして汚れを確認します。この時点で汚れが気ならなければ無理して行う必要もありません。
[br num="1"]
ある程度舌苔がたまっていたらその部分に舌ブラシをあて、奥(喉側)から手前へこするようにブラシを動かします。この時くれぐれも優しい力でブラシを動かしてください。少し優しすぎるくらいでも構いません。その力でとれる汚れだけを絡め取る程度でも十分に効果がありますし、余分に舌苔のある人はそれだけで驚くほどの汚れがからめ捕れるはずです。
[br num="1"]
何度かこすってブラシをみて汚れがあれば水で洗い流してまたこすります。あまりつかなくなったら口をすいでから歯磨きをしてください。舌ブラシはタイプもいくつかあるので使いやすいものを探してみてくださいね。
[br num="1"]
ちなみに筆者はこのタイプのものを使用しています。参考程度にどうぞ。

麺棒でとる場合

麺棒で舌磨きをする場合は、麺棒の先端を軽く濡らして舌の上でやさしく転がすようにします。こうして汚れを拭くイメージで汚れを落としてください。舌ブラシよりもさらに負担も少なく、使い捨てで使うため衛生面もバッチリです。
[br num="1"]
舌ブラシを繰り返し使うのは抵抗があるひともいるかもしれませんので、その場合は綿棒を試してみてください。舌ブラシと違って嘔吐反応が出にくいのもメリットのひとつかと思います。
[br num="1"][br num="1"]
正しい舌の磨き方を覚えたら後は舌の汚れが出来にくくする体質作りです。舌磨きはあくまで対処療法。舌の汚れは生活習慣によるところも大きいので、習慣を改善することで舌に汚れが出来にくくする工夫も大切です。具体的にどんなポイントかあるのか、みてみましょう。

舌の汚れが出来ないように対策しよう

唾液や水分で潤わせる

舌苔の出来る原因は体質や習慣など複合的な物であると考えられていますが、ひとつの要因として唾液不足というのが挙げられます。唾液は口内の細菌をコントロールする役目もあるため、口内が乾燥したりなんらかの原因で唾液が少なくなると舌苔も出来やすいと言うわけです。
[br num="1"]
そのため唾液分泌を促すために唾液腺のマッサージや水分のこまめな摂取、乾燥させないようにマスクをして寝たりなどが効果的に働くことがあります。

アルコールを避ける

アルコールは舌を乾燥させる原因になるほか、胃腸への負担も大きく舌に汚れを慢性的に発生させる原因のひとつです。心当たりのある人はアルコールを控えることもひとつの手段と言えそうです。

ジェットウォッシュを使う

舌磨き対策というわけではありませんが、筆者が最近個人的に効果を感じているのがジェットウォッシュです。水圧で歯磨きをするというアイテムですが、洗浄力が非常に高いことで今注目を集めています。
[br num="1"]
直接舌をケアすることはないのですが、おそらく歯磨きをより精度を高く行えるため結果的に口内細菌が減って舌の汚れも出来にくくなると言う原理ではないかと考えています。
[br num="1"]
口の中がサッパリするのは間違いないので試してみる価値はありますよ!

舌ケアもしっかりと行ってみよう

舌のケア、みなさんは行き届いていますか?歯磨きだけでなく舌磨きもしっかりしないと、実は口臭がひどかった・・・ということにもなりかねません。
[br num="1"]
ちょっとした手間で舌を清潔に保つことで臭いだけでなく、総合的な健康面でもプラスになることもありえます。くれぐれも磨き過ぎには気を付けながら、舌のケアにも注力してみましょう。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-美容
-, , , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.