ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

わきが

臭いを防げ!気になるワキガの対策5つを紹介!

更新日:

ワキガが気になってしまい、普段の生活を送る上でも苦労している、人と密室にいることが苦痛に感じる…ワキガは特有の強い刺激臭を発してしまうため、気にされる方が非常に多いです。

 

ワキガ体質だと人と遊ぶのも億劫になってしまったり、何かをするにも集中できなかったりと、様々な弊害があります。今回はそんな悩めるワキガ体質の人のために、おすすめのワキガ対策を紹介していきます。

ワキガの原因は?

まず最初に、ワキガが発生するメカニズムについて解説をしたいと思います。発生するメカニズムを知っておけば、おのずと自分がすべき対策もわかってくるかと思います。

汗っかき=ワキガ?

ワキガの原因は汗だと考えている人が多いでしょう。それは半分正解で、半分間違いでもあります。ワキの下にはエクリン汗腺アポクリン汗腺と呼ばれる2つの汗腺があります。このどちらからも汗は分泌されますが、エクリン汗からかく汗からはほぼ臭いはでません

 

汗っかきの人でも、汗の臭いはするけれどワキガ臭はしないなという人はいますよね。このタイプの人はエクリン汗腺から汗が出るタイプになります。問題のワキガ臭は、アポクリン汗腺から出る汗が原因となります。なので汗っかきじゃそうじゃないかというよりは、アポクリン汗腺から汗の分泌が多い人はワキガ臭がしてしまうと考えてください。

なぜアポクリン汗腺から出る汗は臭う?

アポクリン汗腺から出る汗がワキガの原因になるという説明しましたが、なぜ同じ汗でも違いがあるのでしょうか。エクリン汗腺から出る汗は99%が水からできています。水分以外の成分は塩分、一部カリウムなどが含まれます。

 

これに対してアポクリン汗腺から出る汗は、脂肪やタンパク質、ミネラル、尿素やアンモニアなどが含まれます。見てわかる通り、エクリン汗腺から出る汗は非常に老廃物が少なく、大してアポクリン汗腺から出る汗は老廃物を多く含んでいます。

 

この多くの老廃物は、ワキにいる常在菌の大好物。常在菌がこの老廃物を分解することで、いわゆるワキガ臭と呼ばれるものが発生してしまうのです。

ワキガは遺伝が多い

ワキガは9割もの人が遺伝によるものだと言われています。ワキガは優性遺伝するため、片方の親がワキガの場合その子どもも50%の確率でワキガが遺伝してしまいます。

 

遺伝によるワキガは防ぎようがないため、そこからどうやって対策を立てていくかが大切になります。またワキガは第二次成長期の頃に遺伝しているかがわかることが多いです。

ワキガ対策その①デオドラント

 

ここからは実際に、どのような対策でワキガを抑えていくかということを紹介していきたいと思います。まずはワキガ対策の定番ともいえるデオドラント

 

ワキガの臭いを防いだり、取り除いたりするために薬剤を使用するデオドラント。定番のスプレータイプからロールオンタイプ、最近ではクリームタイプまで様々な商品が発売されています。それぞれの商品にメリット、デメリットがありますが、ワキガ対策には欠かせないアイテムだと言えるでしょう。

デオドラントは保湿ができるタイプの物を

ワキガ対策のデオドラント商品は数多くありますが、特におすすめできるのはしっかりと保湿も行ってくれるタイプの商品です。ワキガ対策ではわきの下に汗をかかないようにこまめに拭いたりするため、肌を乾燥させておいた方がいいと思う人が多いです。

 

しかし実はこの認識は間違い。肌は乾燥すると余分な皮脂や油分を分泌してしまうため、程よい潤いは大切になるんです。フェイスケアでも、オイリー肌の人は意外と潤いが足りていない人が多いという話をよく聞きますよね。ワキもそれと一緒です。なのでスプレータイプのデオドラントよりも、クリームやジェルタイプのものの方が効果が高いと言われています。

ワキガ対策その②ストレスの軽減

ワキガの臭いは、ストレスが原因でも発生するということをご存じだったでしょうか。人はストレスがたまると自律神経が作用し、大量の汗をかいてしまいます。ストレスがたまったときにかく汗はいわゆる脂汗と呼ばれるもので、ワキガ臭の原因であるアポクリン腺から分泌されます。

 

そのためストレスを感じると、ワキガ臭も強くなってしまいます。ワキガ臭がするとそれが新たなストレスとなり、いっそう汗をかいてしまう…という悪循環に陥る人も多いです。また緊張などによってもワキガ臭が出る汗は分泌されるので、できるだけストレスや緊張を感じないように心がけることが大切です。

ワキガ対策その③身体を清潔にする

ワキガ対策には、身体を清潔に保つことが大切です。デオドラント用品を使用することはもちろんですが、こまめに汗を拭いたりムダ毛の処理をしたりして、ワキを清潔にするよう心がけましょう。

 

特に夏場、緊張するような場面は汗をかきやすく、ワキガ臭が発生しやすいです。それを放置してしまうと臭いが強く出てしまうので、夏場は意識して身体を清潔に保つようにしましょう。ワキガ対策用のボディソープなどを使うのも良いかと思います。

ワキガ対策その④食事を見直す

食事もワキガに関係してくるということを、ご存じだったでしょうか。デオドラントのような外的なケアのように、すぐに劇的な効果がでるわけではないですが、ワキガ臭に有効な食事を摂取することで内側からニオイを改善していくことはできます。

体内を弱アルカリ性に整え活性酸素を抑えていく食べ物

活性酸素という言葉は、最近よく美容関連の話題できかれるようになりました。体が酸化すると老化が進むということは有名ですが、実はワキガ臭も強くなりやすいです。

 

身体が酸化し血液が酸性になると、短鎖脂肪酸の発生が促されてワキガが強くなる傾向にあります。体の内側からワキガ臭を改善するためには体内を弱アルカリ性に整えること、そして活性酸素の働きを抑えることが大切となります。

ワキガ対策には和食がおすすめ

ワキガ対策には抗酸化作用がある食材や、体内でアルカリ性になる栄養素を摂取する必要があります。抗酸化作用のあるビタミンA、C、Eやβカロテン、ポリフェノールが豊富なものには野菜をはじめ、大豆や梅干しなど和食に使われる食材が多いです。

 

逆に油、肉、にんにく、などは体臭を強める成分や、アポクリン汗腺を刺激する食品が多く含まれているため、気を付けた方がいいでしょう。ファーストフードなどは特に要注意です。

ワキガ対策その⑤手術

ワキガの症状でお悩みの方は、場合によっては手術という手もあります。ワキガ対策のデオドラントなどは比較的手軽に対策ができる分、購入し続けていると費用が嵩んでくるなどのデメリットもあります。最近はワキガ対策の手術も随分値段が下がってきている上、一度手術をすると半永久的に効果が期待できるため、思い切ってやってしまうという人も多いようです。

もちろんデメリットも

ワキガの手術は、肌にメスを入れる手術が未だ主流となっています。そのためどうしても肌に傷跡が残るというデメリットがあるほか、ダウンタイムが数週間に及ぶため日常生活に支障をきたしてしまう場合も多いです。

 

最近では切らないワキガ手術の方法も出てきていますが、扱っているクリニックが少ない他、実績が少ないため効果が不安というデメリットもあります。保険が適用されるか、されないかなどもクリニックによって異なるため、手術を選択する際はよく考え、一度お医者さんと相談してみると良いかと思います。

まとめ

ワキガ対策の方法について、デオドラントなどの外的な対策から、食事による体の内側からの対策まで、様々な方法を紹介してきました。

 

もちろん上記で紹介した対策は、組み合わせでより効果がアップする場合もあります。色々なワキガ対策を試してみて、自分に合ったもの、続けていけそうなものを探してみましょう。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-わきが
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.