ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

筋トレ

腹筋は鍛え方を間違えるとヤバい?女性のための腹筋トレーニングはコレだ!

更新日:

腹筋を鍛えることは女性らしいスタイルを実現するためにとても効果的なのですが、間違った方法で行ってしまうと、腰を痛めるなどケガを負ってしまうことがあります。

 

特に筋トレをあまりやったことが無いという方の場合は細心の注意を払っておかなければ、せっかく理想のスタイルを実現させようとトレーニングを始めたのに、私生活に影響が出るようなケガをしてしまったという事態になりかねません。

 

身体を痛めたり、ケガをしたりしないようにするにはどのような腹筋トレーニングを行えば良いのでしょうか。詳しくご紹介しましょう。

女性こそ腹筋トレーニングをするべき理由

ダイエットの取り組みのひとつとして筋トレを選択する女性はまだまだ少ない傾向にありますが、実は筋トレの効果が反映されやすいのは意外にも男性より女性だとされています。

 

というのも、男性はほとんどの方が元々そこそこの筋肉量があるので、がっつり筋トレをしてもそこまで基礎代謝が向上するということは無いのですが、女性の場合は体質的に筋肉がほとんどついていない方が多いために、筋トレをやればやるほど基礎代謝が向上するのです。

 

特に太ももお尻背中お腹などの筋肉は整ったスタイルを実現するためにも、基礎代謝を向上させるためにも有効なので、しっかり鍛えて頂きたいですね。

まずは体幹・腹筋から鍛えるのがオススメ

いきなり全身の筋肉を鍛え上げるというのも良いのですが、これまでほとんど運動をしてこなかったという方が全身の筋トレを行うと、翌日筋肉痛で身体がまったく動かないということになりかねません。

 

人によっては軽くやったつもりでも熱が出るほどの筋肉痛になることがありますから、いきなりがっつり筋トレを行うというのは避けた方が良いでしょう。

 

そうなると、まずは小さな筋肉や身体の軸となる体幹を鍛えるのがベストと言えます。特に腹筋などは美しいプロポーションを実現するに当たって絶対条件とも言えるくびれを作るのに最適ですから、まずは腹筋のトレーニングから始めてみるのがオススメです。

女性が腹筋トレーニングをするメリット

基礎代謝の向上

冒頭でもご紹介しましたが、腹筋のトレーニングをすることは基礎代謝を向上させ、一日の総消費カロリーを引き上げるためにとても役立ちます。

 

男性に比べて女性は脂肪がつきやすく、消費カロリーが低いという特徴がありますから、腹筋などの筋肉をつけておかなければ、相当少食な方でも無い限り少しずつ太っていっていってしまいます。

 

そんな筋肉が不足することによって起こる体重の増量を抑えるために腹筋トレーニングは有効です。

ダイエットの大敵「冷え性」の改善

日本人女性のほとんどは大なり小なり冷え性の傾向にあると言われています。冷え性は身体の熱が逃げ、太りやすい身体を作る原因になりかねませんからどうにかして対策しておきたいところですよね。

 

また、冷え性は万病のもとと言われるほど健康に害を及ぼすものでもあるため、健康で長生きをするためにも必ず治しておきたいです。

 

冷え性は一度進行するとなかなか治りにくいと言われていますが、実は筋肉を増やすことで簡単に症状を緩和することが可能です。例えば背中・胸・太ももなどの筋肉を始め、腹筋やお尻の筋肉を鍛えておくと、冷え性の症状を大幅に改善することが出来るでしょう。

くびれの形成

美しいスタイルの方というのは総じてくっきりとしたくびれを持っていると言っても過言ではありません。しかし、一般の方ではいくらダイエットをしてもモデルや女優のような綺麗なくびれを再現することは難しいですよね。

 

実はこの一般人とモデルとの差はダイエットのメニューに腹筋トレーニングを加えていたかどうかの差なのです。

 

お腹は特に脂肪が溜まりやすい部位ですから、筋トレをしなければなかなかたるみを取り除くことが出来ません。しかし、裏を返せばそれは腹筋のトレーニングをしっかりしておけばお腹のたるみを無くし、くっきりと際立ったくびれを作れるということになるのです。

女性のための腹筋トレーニング方法

女性が腹筋をすることで得られるメリットが分かったところで、どのような腹筋トレーニングが良いのかご紹介しましょう。

 

ご紹介したように無理な腹筋トレーニングはケガをしたり、翌日の仕事や家事に支障をきたしたりするため、必ず優しいトレーニングから始めるようにして下さいね。

まずは軽めの腹筋トレーニング

  1. 寝転がって両手を背中の少し下辺りに置く
  2. 膝を立てて足をぴったりと閉じる
  3. 両手と腹筋に力を入れ、出来るだけまっすぐ胸を上げる

 

この腹筋トレーニングは腹筋を初めて鍛えるという方に最適で、筋肉痛になることはあってもケガをする危険性はほとんどないため、安心して腹筋トレーニングを行うことが出来ます

 

回数についてはご自身で無理のないように設定すると良いのですが、目安としては1日5回3セット程度やっておくと充分な効果が期待できるでしょう。

 

また、腹筋トレーニングによって翌日筋肉痛が出た場合は筋肉痛が治まるまで筋トレを控えて下さい。というのも、筋肉痛の症状がある時にトレーニングをしてしまうと、ケガの原因になる他想定外の箇所の筋肉が発達してしまう場合があるのです。

女性的なくびれを作る腹筋トレーニング

  1. 膝を90度に曲げて両足を地面から離す
  2. 両手を首の少し上辺りに置き、少し地面から離しておく
  3. 1・2の状態を維持したまま上体を起こす

 

こちらは軽めの腹筋トレーニングとは違い、男性でもキツイと感じる腹筋トレーニングです。かなりの負荷が腹筋に掛かりますが、そのぶん効果は抜群なのでやってみる価値は十分にあるでしょう。

 

このトレーニングを行う際に最も重要なのは絶対に無理をし過ぎない回数で行うということです。ケガをしてしまっては元も子もありませんから、注意するようにして下さいね。

腹斜筋を鍛えるトレーニング

  1. 両膝を立て、両手を胸の前でクロスする
  2. 片足を上げ、逆側の肘が膝につくまで上体を起こす
  3. 交互に何度か行う

 

上記2つの腹筋トレーニングは腹筋の中でも真ん中の部位である「腹直筋」を鍛えるトレーニングだったですが、こちらは腹筋の側面部の筋肉である「腹斜筋」を鍛えるトレーニングとなっています。

 

腹筋を割りたい時は腹斜筋では無く腹直筋を鍛えるのですが、くびれを作るためにはどちらも満遍なく鍛える必要がありますから、筋トレに慣れてきたら腹斜筋のトレーニングも行うようにしましょう。

器具を使った腹筋トレーニングもオススメ

基本的に腹筋を鍛えるトレーニングではウェイトなどを使うのではなく、自分の体重のみを使って行うことが多いのですが、一部例外として器具を使ったトレーニングも存在します。

腹筋ローラーを使った方法

体幹と腹筋を鍛えることが出来る腹筋ローラーは女性的な美しいプロポーションを実現するためにかなり役立ちます

 

しかし、全身の筋肉を使わなければまともにローラーを動かすことすら出来ないため、最初は膝をついて行うなど段階的に負荷を上げていく必要があります。

 

また、腹筋ローラーによるトレーニングを行う際はそこそこ場所を取るため、ある程度広い空間がなければ効果的に腹筋ローラーを使うことは出来ません。

電気トレーニング器具を使った方法

CMなどでも見かける腹筋トレーニングのための電気器具はテレビを見ながらでも行うことが出来るため、腹筋を鍛えたいけど辛い思いはしたくないという方にオススメです。

 

ただ、電気器具は高額であるためコストを抑えて腹筋トレーニングをしたいのであれば、やはり自重トレーニングを行った方が良いでしょう。

まとめ

腹筋のトレーニングをすることは痩せやすい身体を作るだけでなく、美しいスタイルを手に入れるためにも有効です。

 

はじめのうちはしんどい思いをするかもしれませんが、筋トレはやったらやった分だけ効果を実感できますから、少しずつでも続けるようにしてみて下さい。

 

トレーニングを続けていけば、必ず理想のスタイルを実現できるはずです。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

続きを見る

-筋トレ
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.