ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

健康

脂質異常症の原因は生活習慣?知っておきたい治療方法とは!

更新日:

脂質異常症(高脂血症)は、私たちの身近にある生活習慣病です。コレステロールの値や中性脂肪の数値を気にしている人も多いことでしょう。

 

脂質異常症が実際にはどのような病気なのか、知らないこともあるかもしれませんね。ここでは脂質異常症の原因や治療方法について、すこし詳しく紹介します。

1.脂質異常症ってどんな病気。

脂質異常症は高脂血症とも言われ、血液の中に含まれる脂質が多すぎたり、少なすぎたりする病気のことを言います。少なすぎても問題なの?と思うかもしれませんね。

 

実はこの脂質には悪玉コレストロールと言われるLDLと, 善玉コレストロールと言われるHDL,そして中性脂肪(トリグリセライド)という3つの種類があるのです。

 

悪玉コレストロールや中性脂肪の値が高い場合、また善玉コレストロールの値が低い場合を、脂質異常症といいます。

 

 脂質異常症判断基準

高LDLコレストロー血症 LDLの値 140mg/dl以上
境界域高LDLコレストロール血症 LDLの値 120~139mg/dl
高トリグリセライド血症 中性脂肪の値 150mg/dl以上
低HDLコレストロール血症 HDLの値 40 mg/dl未満

 

 

血液検査をすれば、LDL,HDL、中性脂肪の数値を調べることができますから、いちど検査をしてみてください。脂質異常症を放置していると、動脈硬化をおこしやすくなってしまいます。

 

動脈硬化が進行すると脳梗塞心筋梗塞などの病気がおきる危険性が高くなります。ですから速やかに生活習慣の見直しや、病院を受診するなどの対策をたてる必要があるのですね。

 

2.脂質異常症の原因の80%は生活習慣が原因

脂質異常症は生活習慣病ともいわれ、その原因の80%は生活習慣病が原因であると考えられています。ですからまずは生活習慣を見直すことで、脂質異常症による動脈硬化などを改善していくことができます。

 

生活習慣の中で問題となるのは、動物性脂肪の過剰摂取・肥満・運動不足・喫煙・過度の飲酒・偏食などが考えられます。中でも特に食事の内容を見直すことが大切です。

 

控えたい食品

なるべく食べないほうが良い食品や、少し控えめにしたほうがよい食べ物があります。控えたほうが良い食品にはどのようなものがあるのでしょうか。

飽和脂肪酸が含まれる食品

飽和脂肪酸は融点が高く、常温では固まる性質があります。ですから飽和脂肪酸を摂取すると体内でも固まりやすくて、いわゆるドロドロ血になりやすいので動脈硬化を促進してしまうでしょう。それに悪玉コレストロールも増やしてしまいます。

 

飽和脂肪酸が含まれる食品には、バター生クリームチーズなどがあります。乳製品はなるべく食べないようにしたいところです。

 

コレステロールが多い食品

コレストロールは、取り過ぎると血液や、体内にため込んでしまいます。それが悪玉コレストロールの値をあげてしまうのです。コレステロールが多く含まれる食品は卵、魚卵、鳥皮、レバーなどがあります。

 

コレステロールの多い食品を食べる時は、量を控えめにするか利用頻度を少なくするようにすると良いでしょう。

 

糖分の多い食事

糖分には,しょ糖果糖などがありますが、いずれも中性脂肪を増やす原因になります。糖分の多い食品には、ケーキなどの甘いお菓子や、果物甘いジュースなどがあります。

 

甘いものの食べ過ぎは、中性脂肪を増やして、肥満の原因になります。全く食べないというのもストレスの原因になるでしょうから、食べるなら少しだけにしておきましょう。

 

積極的に摂取したい食品

積極的にとることで、高脂血症の改善に役立つ食べ物があります。どのような食品を食べるといいのでしょう。

 

水溶性食物繊維が含まれる食品

水溶性食物繊維には、コレストロールの値を低くする作用がありますから、どんどん食べたい食品です。水溶性食物繊維が含まれているのは、海藻海苔こんにゃくなどカロリーが低いものばかりです。

 

不溶性食物繊維が多い食品

不溶性食物繊維は摂取してもコレステロール値が下がるわけではないのですが、食べると満腹感を得やすくなるので、肥満を防いでくれます。

 

不溶性食物繊維が多く含まれるのは、野菜、きのこ、イモ類などです。特に野菜やきのこはカロリーも低いので、たっぷりと食べて下さい。さきに野菜を食べておくと、食べ過ぎを防いでくれます。

 

不飽和脂肪酸が含まれる食品

不飽和脂肪酸には中性脂肪を減らす効果があります。不飽和脂肪酸が含まれているのは、青魚、ナッツ類、レバーなどです。アーモンドクルミなどを常備しておいて、おやつ代わりに食べるといいですね。

 

オレイン酸が含まれる食品

オレイン酸は悪玉のコレストロールを減らして善玉コレストロールを増やすことができます。オレイン酸が含まれているのは、オリーブオイル、菜種油、ベニバナ油などのオイルです。積極的に摂取したいものです。

 

大豆たんぱくが多い食品

大豆からとれるたんぱく質を摂取すると、悪玉コレストロールの値を減らすことができます。豆腐、納豆、枝豆など、手軽に食べることができるものばかりですね。

 

3.脂質異常症は遺伝が原因の場合も!

脂質異常症は、肥満や運動不足などの生活習慣が原因だと考えている人が多いようで、それほど深刻な病気だと思わないようです。
しかし実は脂質異常症の中には、遺伝が原因の場合もあるのです。多くは家族性コレストロール血症なのですが、この遺伝が原因の脂質異常症は、医師の管理と治療が必要な病気だと考えて下さい。

家族性高コレステロール血症

体内の余分なコレストロールを捕まえて、肝臓に運ぶ役割を担っているのがLDL受容体です。
このLDL受容体が生まれつき少ない、または無い場合を家族性高コレステロール血症といいます。
この病気は遺伝によって引き継がれ、「ヘテロ」といわれる片親からの遺伝は500人に1人と、けっこう高確率で存在します。
ホモ」といわれる両方の親から遺伝を引き継ぐケースは、100万人に1人とかなり少ないですが、難病となります。

家族性高コレストロール血症の発見法

家族性高コレストロール血症の患者さんは、生まれつきLDLの値が高いことが多いのです。

 

通常の脂質異常症の場合のLDLの値は、250mg/dl以上になると危険だと考えられています。しかし家族性高コレストロール血症の方の場合は、300mg/dlを超えて400~1000mg/dlになることもあるのです。

 

血液検査さえすればわかるのですが、子供の頃には血液検査をすることが少ないでしょう。

 

黄色腫い浮腫(コレストロールの固まり)がまぶたや皮膚に出来る場合や、アキレス腱が固く太くなることもあります。もしもこのような症状があれば、血液検査を受けてみてください。

 

4.脂質異常症の治療方法4選

脂質異常症の改善方法ならば、食事や運動などで自己管理することもできますが、家族性高コレストロール血症や脂質異常症の症状が悪化した場合には、医師の治療が必要になります。

薬物治療

脂質異常症の薬は、大きく2つに分けることができます。コレストロールの値を下げるための薬と、中性脂肪を下げる薬です。
コレストロールが作られるのを防ぐ役割の薬が「スタチン」で、シンバスタチン、アトルバスタチンなどがあります。
薬の名前にスタチンとついていたら、コレストロールを低下させるための薬です。
中性脂肪を分解してしまおうと考えて作られた薬が「フィブラート」で、ベザフィブラート、フエノフィブラート、などがあります。
フィブラートという名前がついている薬は、中性脂肪を減らすための薬です。
脂質異常症の治療は、時間がかかりますから、不安なことや副作用などがおきたときには、すぐに医師に相談してください。医師の定期的な指導を受けながら、じっくりと治療していきましょう。

 

LDLアフェレーシス

生まれつきLDL受容体がないときや、薬物治療が効果をあげない場合には、LDLアフェレーシスという治療法があります。

 

人工透析と同じように、一度体外に血液を取り出して、コレストロールを取り除いてから、体内に戻します。

 

腎臓の透析ほど身体への負担はありません。しかし保険治療が認められてはいますが、範囲が限定的というデメリットがあります。

 

肝臓移植

肝臓移植は重症の子供のホモ患者にたいして、親であるヘテロ患者の肝臓を生体移植した例があります。

 

ホモ患者からヘテロ患者になるので、症状が緩和されました。重症の子供のホモ患者を救う方法としては、いまのところ一番良い方法です

 

アポ蛋白Bに対するアンチセンスRNA療法

今まで使われてきた薬は、遺伝で苦しんできたホモ患者とって、根治薬にはなりませんでした。

 

現在米国のISIS社はLDL社で、アポ蛋白というコレステロールの主要成分を合成アンチセスRNAでブロックする薬を開発中です。

 

ホモ患者にも有効だったようなので、今はまだ研究段階ですが、いずれ日本でも臨床現場で使用されるようになるでしょう。

 

まとめ

脂質異常症は症状がはっきりとでることがないので、健康診断などで指摘されてもなかなか生活習慣を変えることができません。

 

しかし脂質異常症は大きな病気の引き金になるのですから、改善に取り組んだほうが良いでしょう。

 

また遺伝が原因の脂質異常症の可能性もあるので、脂質異常症の診断を受けた時には、一度は医師の診療を受けておきたいものです。500人にひとりの高確率で、遺伝が原因の場合があるからです。

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

おすすめランキング

-健康
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2018 All Rights Reserved.