ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

美容

【徹底対策】肘の黒ずみの原因と自宅で簡単解消法

更新日:

意外と自分の目に付きにくい場所、それが肘です。ぞれでいて、ついついケアを怠ってしまいがち。肘の黒ずみは自分でも気が付かないうちになっていることがほとんど。一度、自分の肘を確認してみてください。薄着をする時に黒ずんでいたいり、ひび割れを起こしていたら少し恥ずかしいですよね。

 

どうして、肘の黒ずみが起きてしまうのか。あなたを見た周りの人に「清潔感がない」や「だらしのない」なんて言わせないためにも、その原因を突き止めて、しっかりとしたケアを行っていきましょう。今回は自宅でも簡単にできてしまう黒ずみ解消法をご紹介します。

1、肘が黒ずんでしまう原因とは?

口に出しては言えませんが、肘の黒ずみで悩んでいる女性は意外と多くいます。そのため、この問題は他人事ではないのです。その原因は何なのか?案外、身近なところに日損でいるかもしれません。まずは、私たちが普段行っている何気ない行動から見ていきましょう。

摩擦

私たちが毎日来ている洋服、また、机や床との摩擦によって、肘とそれらの間に摩擦が生じていることが黒ずみの原因となってしまうことがあります。これが加わることによって皮膚が自分自身を守ろうとして角質が分厚くなります。

 

これを繰り返し、角質が徐々に蓄積していきます。これによって黒ずみが起きてしまうのですが、色素沈着が起きてしまうと、さらに落ちにくくなってしまいます。擦れて摩擦を起こしやすい化学繊維を極力避けましょう。また、洋服を着る前にボディクリームを塗るなどして肘を保護してあげると摩擦が生じにくくなります。

圧力

食事の際に肘をつく癖のある人。マナーとしても美しくありませんよね。それ以外の行動でも、肘に何らかの圧力をかけてしまっている人は黒ずみに要注意です。特に肘は身体の中でも圧力がかかりやすく、皮膚の構造も他のパーツとは違って角層が分厚くなっている特徴を持っています。

 

角層が分厚いというだけではピンとこないかもしれませんが、乾燥を起こしやすく、くすみも目立ってしまいます。肘に対して少しの負担を掛けているだけでも、それが積み重なることによって、問題も悪化していってしまうという悪循環を生んでしまうというわけです。

乾燥

肘は私たちの目の届きにくい場所になるがために、ケアを怠ってしまっている人も少なくないでしょう。しかし、他のパーツに比べて皮脂腺や汗腺が少なく、乾燥を起こしやすい部分でもあります。特に皮脂というのは皮膚表面を保護する役割を担っています。

 

ただ、肘自体にその分泌が少ないことから、外からのダメージを受けやすくなってしまっています。保湿ケアを怠ってしまうことによって、こうした悪循環から抜け出すことができなくなってしまい、黒ずみを解消するために多くの時間を必要としてしまうことになります。

2、肘の黒ずみ簡単解消法

私たちが行っている何気ない行動のひとつひとつが肘の黒ずみの原因となってしまっていたことに驚きを隠せない人もいるのではないでしょうか。もちろん、それらを改善していくことも大切ですが、それ以外でも自宅で簡単にできてしまう解消方法を伝授しちゃいます。

重曹マッサージ

キッチンなどの水周りでも大活躍の重曹。大掃除の時などに重宝している人も多いのではないでしょうか。そんな重曹を使って黒ずみケアをしていきましょう。まずは重曹と水を1対1の割合でペースト状になるまで混ぜていきます。それを肘に塗り、円を描くようにしてマッサージ。

 

最後にぬるま湯で流してあげて、タオルでしっかりとふき取ってあげれば完了です。因みに重曹は弱アルカリ性のため、肌に強い刺激を与えませんが、長時間放置することは避けましょう。また、水の代わりにオリーブオイルを使ってあげると、保湿効果も期待できますよ。

スクラブで角質除去

肘が黒ずんてしまっている時は、皮膚表面に古い角質が蓄積し硬くなっているために、どれだけ保湿を行っても高い効果を期待することはできません。まずは皮膚表面にある古い角質を取り除くことから始めて、極端に皮脂や水分が少ない場所だからこそ、同時に保湿も行っていきましょう。

 

そのために、入浴時にはスクラブ入りの洗浄料がおすすめです。角質を取るために、ゴシゴシと一生懸命身体を擦る行為はNGです。他の重要な成分までも洗い流してしまうことになってしまいます。円を描くように優しくマッサージをするような感覚で洗っていきましょう。また、お風呂上りにボディローションやクリームで保湿することを忘れずに行ってくださいね。

3、黒ずみを改善する美容成分

肘の黒ずみには保湿ケアを行うだけでなく、同時に美白ケアも行ってあげましょう。ドラックストアなどで、黒ずみ専用クリームが多く販売されています。これらを購入する際に、欠かすことのできない美容成分をご紹介します。

ハイドロキノン

黒ずみの根本的な要因はメラニンにあると言われています。私たちの皮膚は表皮・真皮・皮下組織の3つに分類されるのですが、表皮にあるメラノサイトでメラニンが外部刺激を受けた際に生成される仕組みとなっています。

 

普段は表皮に押し上げられ、紫外線を吸収するなど皮膚にとっては欠かすことのできない存在のメラニン。しかし、メラニン生成とともに、チロシアーゼと呼ばれる酵素が活性化することによって、黒ずみの原因となってしまうのです。ハイドロキノンは、チロシアーゼの活性化を抑える役割を担っています。

トレチノイン

肘の黒ずみはターンオーバーが乱れてしまうことによっても、起きてしまうことがあります。そのため、肌代謝を促進してあげる必要があり、ビタミンA誘導体のひとつとしても知られているトレチノインは肌代謝を促進し、メラニンを皮膚表面へと押し出そうとする役割を担うことができます。

 

しかしながら、これは決してメラニンの生成を抑える役割を果たしているのではなく、飽くまでも肌代謝の助けとしか果たしません。そのため、先にご紹介したハイドロキノンと上手に組み合わせて黒ずみを起こしにくくすることが重要です。因みにビタミンを多く食事に取り入れるだけでも黒ずみ対策として成り立ちますよ。

尿素

最後におすすめしたい成分である尿素は、ハンドクリームなど多くの化粧品に使われています。肌細胞を構成する成分のひとつとしても知られ、角質を溶かすためのピーリング作用もあります。保湿・角質除去・角質柔軟・細胞の活性化などさまざまな効果を期待することができるため、黒ずみ対策として重宝されています。

 

もし、市販で売られている黒ずみ専用のクリームに尿素が配合されていない場合でも、安心してください。ハンドクリームでも十分に代用することが可能です。尿素はターンオーバーを早める作用もありますが、濃度が高すぎることによって、刺激を強めてしまうことにもなりかねません。10%前後配合されているものがおすすめです。

4、まとめ

ついついケアを怠ってしまいがちで、気が付いたら肌トラブルが起きてしまっていることが多い、肘の黒ずみに関して、その原因と解消方法をご紹介してきましたが、お分かりいただけたでしょうか。肘は他のパーツと違って皮脂や汗腺が少なく、乾燥を起こしやすい部分でもあります。

 

そのために、毎日にケアを怠らずに行っていくことが大切です。日常生活のありとあらゆるところで黒ずみになってしまう原因を作ってしまってしますが、それらを意識的に改善していくことで美しい肌を手に入れることができるかもしれません。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-美容
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.