スキンケア

肌がザラザラする原因|今日からはじめる対策・予防方法まとめ

更新日:

このページでは、『肌のザラザラ』をテーマにお話したいと思います。

首元やデコルテ、背中をさわったときに『なんか肌がザラザラする』って思ったこともあるかと思います。

この肌のザラザラって、気になるとものすごくきになって仕方ないんですよね。

 

そこで、このページで、その肌のザラザラの原因や対策方法についてまとめてみましたので、肌のザラザラが気になってる人の参考にできるようにわかりやすくご紹介したいと思います。

さっと読める目次

肌がザラザラになる原因

肌がザラザラになる原因は大きく分けると2つ

肌の乾燥によるもの

毛穴のつまりからくるニキビによるもの

になります。

 

この2つの肌がザラザラする原因にはどんなときに起こるのか、まとめてみました。

ターンオーバーの乱れで乾燥肌・敏感肌になることがザラザラの原因

ザラザラ肌は、肌のターンオーバーの乱れが大きく関係しています。

 

肌は通常28日程度で生まれ変わり、肌の基底にあった細胞が徐々に肌表面に押し出され、やがて肌から剥がれ落ちていきます。

これをターンオーバーと言いますが、このサイクルが乱れて角質が剥がれ落ちないまま蓄積すると、角質が硬く厚くなってザラザラ肌やゴワゴワ肌になります

 

また、その状態で、角質が溜まらないようにしようと必要以上にスキンケアすると無理に肌を剥がすことになり、肌は未熟な細胞によって形成され敏感肌(刺激に勝てないデリケートな状態)になります。

 

ターンオーバーの乱れは、乾燥や敏感肌の原因になり、ひいては肌のザラザラを引き起こす原因となります。

過度なクレンジングやクレンジング不足が肌のザラザラにつながる

肌をきれいにするためのスキンケアですが、やり方を間違ってしまうとザラザラ肌の原因になります。

 

角質を落とそうと強い洗浄力のクレンジングを使うと、必要な皮脂も奪われ、バリア機能を失い、水分をキープできなくなります。

そうすると、乾燥肌から肌細胞の乱れにつながり、肌がザラザラになります。

 

反対にきちんと汚れを落とせていない場合、毛穴は詰まった状態になり、ニキビや吹き出物でザラザラの肌の原因となります。

 

適切なクレンジングでないと肌のザラザラにつながると言うわけです。

 

生活習慣の乱れが肌のザラザラにつながります

睡眠不足・不規則、不衛生、喫煙などの生活習慣の乱れは、ザラザラ肌を引き起こします。

 

睡眠不足が続くことで、ホルモンの分泌がおかしくなり、ホルモンバランスに乱れが生じます。

このホルモンバランスに乱れにより、角質が蓄積してしまい肌がザラザラの状態になります。

 

他にも、メイクや汚れを落とさないなど不衛生な生活習慣は毛穴が詰まる原因となり、ニキビなどブツブツを引き起こします。

この時、毛穴の詰まりを解消しようと、詰まった角栓を手や道具を使って押し出そうとする方も多いです。

しかし無理に押し出そうとすることで、毛穴が傷つき開いてしまったり、表皮も取り除いて凸凹した肌になってしまいます。

 

さらに喫煙の習慣もNGです。

喫煙をすることで血行不良や肌のバリア機能低下を引き起こし、乾燥したザラザラの肌を作ってしまいます。

 

このように様々な生活習慣の乱れは、ザラザラ肌の原因となります。

 

ストレスが多いとホルモンバランスの崩れから肌がザラザラになります

ストレスを常に抱えた状態でいると、ホルモンバランスが崩れてザラザラ肌になります。

 

ストレスが増えると自律神経に乱れが生じます。すると、自律神経に乱れによりホルモンバランスが崩れ、過剰な皮脂分泌を引き起こします。

それが原因で、ニキビを発症しやすくブツブツしたザラザラ肌になります。

 

また、自律神経の乱れは内臓にも悪影響があります。

いわゆる「ストレスで胃の調子がおかしい」という状態。

胃腸の働きが低下すると食事の消化が悪くなり、不要な毒素が体内に蓄積します。

そして蓄積した毒素は、皮脂から体外へと排出されます。

これがザラザラな肌荒れの原因になります。

 

さらにストレスはホルモンバランスに乱れの原因である睡眠障害も引き起こしますので悪循環に。

強い紫外線は肌のザラザラを引き起こします

紫外線は美肌の天敵といわれています。

紫外線は、肌を乾燥させ、毛穴の開きや皮質の過剰分泌など、いろんなザラザラ肌の原因になります。

 

ちょっとずつ進行していくものなので対策を怠りがちですが紫外線が、肌のザラザラの原因ということをわすれないようにしてください。

 

 

【症状別】肌がザラザラになる原因をもっと詳しく

ここまでは、肌がザラザラになる原因をご紹介してきましたが、症状別にもう少し詳しくご説明したいと思います。

乾燥肌の人は要注意!肌の保湿不足はザラザラ肌の原因

肌が乾燥していると、肌表面がカサカサしザラザラ肌になるのはご存知かと思います。

 

この肌がザラザラな状態は、肌の表面の細胞間脂質が壊れている状態です。

細胞間脂質とは、セラミドや脂肪酸、コレステロールなどの成分で構成されており、細胞と細胞をしっかりと正常な状態に維持するための、いわゆるセメント的な役割を持っています。

また肌の保湿をする働きを持ち、細胞間脂質が正常ですと肌への水分量やバリア機能も正常を維持します。

 

この細胞間脂質が間違ったスキンケアや生活習慣の乱れが原因で壊れると、乾燥肌になり肌がザラザラになるというわけです

 

ニキビ(コメド)ができるとザラザラ肌になります

赤くなったり、ブツブツしたニキビが肌がザラザラになる原因のこともあります。

 

ニキビ(コメド)というのは、ホルモンバランスや生活習慣の乱れが主な原因で、肌自らが皮脂を分泌させ、過剰な皮脂が毛穴に詰まり引き起こした状態です。

また、洗顔のし過ぎや強い洗浄力の洗顔料の使用など、間違ったスキンケアも皮脂を余分に分泌させニキビができやすくなります。

 

ニキビができるとその部分が赤や白のブツブツで盛り上がってきます。

さらに炎症やニキビ跡もできやすくなります。

 

アトピーで肌が乾燥!さらに掻き壊しのカサブタでもザラザラ肌になります

アトピーになると、肌がカサカサになり、バリア機能が弱まります。

(アトピーとは、食べ物やダニ、ハウスダストなどが原因で起こるアレルギー症状のことをいいます。)

 

すると、肌に十分な保湿が行われなくなり、乾燥肌になります。

(前述していますが、乾燥肌は、ザラザラ肌の原因です)

 

しかしアトピーの場合は、乾燥だけではなく強い痒みも伴うため、爪で掻き壊してしまいカサブタでザラつくこともあります。

 

マラセチア毛包炎で毛穴に炎症が発生しザラザラ肌を招きます

マラセチア菌はカビの一種で、毛穴に増殖することでニキビと似たような症状が現れ、これをマラセチア毛包炎といい、ザラザラ肌の原因になります。

 

特にオイリー肌の皮脂が多い人は間違ったスキンケアや生活習慣、食生活などでマラセチア菌を増殖させ、毛穴に炎症を引き起こします。

炎症が起きるとニキビのような赤色の盛り上がったブツブツができ、肌は凸凹状態になります。

 

さらにアトピーのように痒みを伴うことから、掻き壊しによるカサブタによってひどいザラザラ肌を招きます。

 

毛孔性苔癬の発症で大小様々な赤いブツブツができザラザラ肌になります

二の腕の後ろ側にできるニキビのような症状を毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)といいます。

毛孔角化症とも呼ばれる皮膚の疾患で、毛穴に角質が溜まった状態を放置したり、遺伝などにより発症します。

特に肥満体型の人、思春期の子供に生じやすい皮膚疾患です。

 

毛孔性苔癬になると、大小様々な赤いブツブツが高めの密度で発生し、ザラザラ肌になります。

 

毛孔性苔癬と似たような症状で一時的なものは「日光過敏症」「ダニ刺され」の可能性もあります。

 

サメ肌(魚鱗癬)は肌のターンオーバーが乱れている状態

サメ肌とは見た目にもサメの体の表面のようなゴワゴワとしたザラつきのある肌のことをいいます。

 

サメ肌の原因はいろいろありますが、基本的には肌のターンオーバーの乱れが原因です。

ターンオーバーの乱れによって古い角質が肌に蓄積され、肌がザラザラになる原因になります。

 

サメ肌は、手や足、肩、お尻などに現れやすいのが特徴です。

ニキビのような赤いブツブツが出るのではなく、不揃いな細胞によって凸凹な肌になります。

 

肌のザラザラ対策まとめ

冒頭でご説明しましたが、肌がザラザラになる原因は

肌の乾燥によるもの

毛穴のつまりからくるニキビによるもの

この2つです。

この2つを対策すれば予防ができるというわけです。

 

また、すでにザラザラになってしまった肌をもとに戻す対策についても詳しくご説明いたします。

 

保湿(ゲルやクリーム、化粧水、パック)で肌のバリア機能を高めてザラザラ肌対策

ザラザラした肌は硬化しやすく、肌のバリア機能が低下したデリケートな状態です。

洗顔やタオルでの拭き取りのちょっとした刺激でも角質が剥がれやすくなっています。

 

まずは、肌のバリア機能を高めるために、まずは肌にしっかりと保湿をしてあげることが重要です。

保湿することで、バリア機能が回復し角質が正常にもどることでザラザラ肌の改善・予防になります。

 

保湿効果に特化したゲルやクリーム、化粧水がおすすめです。パックはさらに効果的です。

保水力が低下しているザラザラ肌には、しっかりと潤いを与えてあげましょう。

ザラザラ肌対策専用ゲルがおすすめ

肌のザラザラ対策には専用ゲルがおすすめです。

 

中でも、皮膚科医の監修したオールインワンゲルの「わらびはだ」がコスパもよくて肌のザラザラ対策に最適です。

 

くわしくはこちらの記事(わらびはだはイボに効果ある?口コミを徹底調査!実際に使った感想まとめ)でご紹介しています。

 

専用ゲルも試してみたいと言う人は、わらびはだをお試ししてみてください!

スキンケアにもGOOD!

 

わらびはだは、目元や首元のザラザラ肌に効果の高いハトムギ種子エキスが入っています。

ほかにも、肌の再生に効くEGF、肌を若返らせるプラセンタ、保湿効果の高いヒアルロン酸などもはいっていてスキンケア効果も高いのが特徴です。

 

紫外線対策は一年中しっかりと行いましょう!日焼け止めサプリも効果的

原因のところでもご説明しましたが紫外線は美肌の天敵です。

 

夏だけでなく冬も、そしてどんな天気であっても一年通して紫外線対策は必須です。

晴れていないのに日に焼けてしまうのはよくあること。

紫外線数は天気だけでは判断しにくいため、毎日徹底ガードをしましょう。

 

ガード方法として最も一般的なのが日焼け止めを塗ること。

保湿をしてからたっぷり丁寧に肌に塗るとより効果的です。

 

より紫外線を予防するには、日傘、帽子、サングラス、上着などのアイテムを活用しましょう。

 

また、最近では体の中から紫外線を予防する日焼け止めサプリも注目を集めています。

日焼け止めサプリを飲むことで紫外線を受けてもそのダメージに抵抗する力を高めることができます。

「飲む日焼け止め」として、体の中から毎日紫外線対策をしておくことで日焼け止めを塗るのを忘れてしまっても安心です。

インナーパラソル16200は効果なし!?【紫外線・日焼け止め対策】

人気女優エマ・ワトソンさんが美白対策として愛用している紫外線・日焼け止めサプリメント「インナーパラソル16200」 飲む ...

ピーリングで毛穴に詰まった角栓をなくしてザラザラ肌対策

ピーリングは、古い皮膚を除去し新しい皮膚の生成を促す美容方法のことで、自分で行う「セルフピーリング」と美容クリニックで行う「メディカルピーリング」があります。

セルフピーリング

自宅で好きな時にリーズナブルにできるピーリングです。

セルフピーリングは手軽にできる反面、頻度を判断するのが難しく、逆に角質を取りすぎて肌のバリア機能を低下させてしまう可能性があります。

 

セルフピーリングが原因で、肌が荒れてザラザラ肌になる場合もありますので、知識のない状態ではおすすめしません。

周りに知っている人がいるとかであれば、リーズナブルなセルフピーリングはおすすめです。

 

メディカルピーリング

メディカルピーリングは、美容クリニックで行ってもらうピーリングで、ザラザラ肌を安全・確実・スピーディに改善することができます。

また、施術前にしっかりとカウンセリングも行われますし、個人個人の肌の状態をしっかりチェックして最適な施術を行います。

費用的に問題なければメディカルピーリングがおすすめです。

 

食生活で肌のザラザラをしっかり対策する

肌のザラザラを改善してキレイな肌にするには、食生活を正すことも非常に重要です。

特に美肌のためにはビタミン摂取が必要不可欠。

 

中でもビタミンB群は、新陳代謝を促進する作用があり、乱れていた肌のターンオーバーを整えることからザラザラ肌対策に効果的です。

ビタミンB群を食事で摂取するには、うなぎ、レバー、卵、青魚、納豆などがおすすめ。

 

他にもビタミンA、ビタミンC、ビタミンEの優れた抗酸化作用もザラザラ肌対策に重要です。

活性酸素の働きを阻害して肌のバリア機能を高める効果があります。

ビタミンA:うなぎ、レバー、あなごなど
ビタミンC:ほうれん草、レモン、キャベツなど
ビタミンE:モロヘイヤ、アーモンド、うなぎなど

 

毛穴を引き締めて肌のザラザラを改善する化粧水

毛穴を引き締める化粧水は、毛穴を引き締めることで、肌のザラザラを改善する効果があります。

特にオイリー肌の人におすすめです。

 

保湿メインの化粧水と毛穴を引き締める化粧水の違いは、そのまま毛穴を引き締めるのがメインなこと。

保湿効果のある化粧水を肌に浸透させた後に使用すると、毛穴を引き締めて浸透した水分をしっかりと肌に閉じ込めてくれます。

 

また、毛穴を引き締めて皮脂の分泌がコントロールされるため、毛穴の詰まりや雑菌・カビの繁殖を防ぎます。

 

毛穴を引き締める化粧水は、雑菌・カビの繁殖を防ぐぎますので、ザラザラ肌の原因の1つのマラセチア毛包炎などの予防にも繋がります。

 

重層化粧水でニキビや毛孔性苔癬などのザラザラ肌対策

重曹と精製水を混ぜて作った重曹化粧水は、皮脂を抑制することで肌のザラザラ対策ができます。

 

重曹化粧水は、スキンケアにプラスしたり、メイクの上からシュッと吹きかけることで、皮脂を抑えて毛穴の不要な汚れを除去できます。

肌が清潔な状態になりますので、ニキビや毛孔性苔癬などのザラザラ肌対策に効果的です。

 

また下記2つの重曹スキンケアを組み合わせることで、より一層高い効果を得られます。

 

重曹洗顔

洗浄力の高い重曹を使った洗顔は、毛穴に詰まった皮脂や汚れをしっかり落とし、黒ずみやザラザラを改善します。

ただ、洗浄力が強いのであまり頻繁に使うのはおすすめできません。

 

重曹パック

重曹パックは、重曹をペースト状にして気になる肌の部分に乗せます。

そうすることで、洗顔だけで落とせなかった角質(肌のザラザラ)もしっかりと落とすことができます

 

脂性肌の人はホホバオイルのザラザラ肌対策がおすすめ

ホホバオイルは、唯一脂性肌の人にもおすすめのオイルです。

脂性肌で大人ニキビや炎症ニキビに悩んでいる人、ニキビ跡に悩んでいる人、乾燥肌の人にも効果があります。

 

ホホバオイルは、分子が小さいので肌に浸透しやすく、毛穴に詰まった皮脂や汚れを浮かせて溶かし除去します。

肌を刺激することなく優しく肌のザラザラを改善できるため、柔らかなく滑らかな肌にする効果もあります。

 

また、ビタミンやミネラルを豊富に含んでいるため、肌の新陳代謝を促進し、肌のザラザラの原因であるニキビやニキビ跡の改善にも繋がります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-スキンケア
-, , , , , , ,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2018 All Rights Reserved.