ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

美肌

お肌のケアは皮膚の内側から!ぷるぷる美肌成分を含む食べ物を一挙公開!

投稿日:

お化粧は傷んだ肌を繕って隠しているだけで、美肌成分を含む化粧水でも皮膚の外側から経皮的にケアしているに過ぎません。いくらお化粧が上手でも落としてしまえば、シミ・シワ・タルミの老け顔は元のままです。

 

こんな悩みとは決別して、潤いと弾力性のある“ぷるぷる美肌を取り戻しませんか!?『潤いと弾力性のあるぷるぷる美肌を取り戻した!』と実感するには、美肌成分食べ物から摂取して、皮膚の内側から直接的にケアする必要があります。ぷるぷる美肌に必要な成分と食べ物を詳しく紹介します。

 

皮膚の仕組みとぷるぷる美肌のメカニズム

ぷるぷる美肌を保つために、正しいお肌のケアを行なうためには、肌(皮膚)の仕組みの正しい知識が必要です。厚さわずか2mmの皮膚の構造としくみを知ることで、お肌の保湿(潤い)や弾力に必要とされる美肌成分が分かってきます。

 

皮膚の構造と仕組み

私たちのわずか2mmの皮膚は、3層構造となっており、外側から「表皮」「真皮」「皮下組織」に分かれています。この3層構造の中で、お肌の潤いと弾力をもたらす仕組みが保たれているのです。

 

【表皮】:保湿・バリア・ターンオーバー

表皮は4層構造になっており、この中で重要な役割を果しているのが、一番外側の「角層」と一番下側の「基底層」です。

 

「角層」での重要な役割は、「保湿(潤い)」「バリア機能」です。角層を構成する細胞間脂質の50%を保湿成分の「セラミド」が占めており、水分の蒸発を抑制しながら「保湿(潤い)」の役割を果しています。またウイルスや細菌、紫外線や化学物質などの外部刺激から肌を守る「バリア機能」の役割も果たしています。

 

「基底層」での重要な役割は、「ターンオーバー(新陳代謝)」です。毎日新しい細胞が次々と作り出され、皮膚表面の角層まで押し上げられて移動して、古い細胞は垢となって剥がれ落ちます。この細胞の生まれ変わりを「ターンオーバー」と呼び、約30日間隔で繰り返されています。

 

【真皮】:保湿・弾力性

「真皮」での重要な役割は、「保湿(潤い)」「弾力性」です。真皮の70%は網目状のネットワークで形成された「コラーゲン線維」でできており、皮膚の保湿(潤い)と弾力性を保つ役割を果しています。

 

コラーゲン線維を結びつけるように支えているのが、弾力線維とも呼ばれる「エラスチン繊維」です。コラーゲン線維とエラスチン繊維が、重なり合った網目状のネットワークによって皮膚の弾力性が保たれています。

 

さらに、弾力性を保つコラーゲン線維やエラスチン繊維は、水分をたっぷりでしかもゼリー状になった「ヒアルロン酸」が、保湿性と弾力性を高める役割を果しています。また真皮内に存在する皮脂腺や汗腺などの器官も、皮膚の保湿という役割を果たしています。

 

【皮下組織】:栄養成分の受給・老廃物の回収

「皮下組織」での重要な役割は、「栄養成分の受給」「老廃物の回収」です。皮下組織には動脈と静脈が走っており、動脈が栄養成分を供給し、静脈が老廃物を回収しています。また皮下組織は、皮下脂肪が蓄積されている部分で、「保温」の役割も果たしています。

 

ぷるぷる美肌のメカニズム

私たちの肌は、皮膚の3層構造を構成する主力の4成分の働きによって、潤い(保湿)とハリ(弾力性)のある、ぷるぷる美肌に保たれています。主力4成分とは「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」「セラミド」です。

 

真皮の70%をネットワーク線維で占める「コラーゲン」と、弾力線維と呼ばれる「エラスチン」と、保湿成分の「ヒアルロン酸」は、3者間の相互連繋によって潤いと弾力性を兼ね備えた、ぷるぷる美肌を保っているのです。

 

さらに、皮膚の表面の角層の細胞間脂質の50%を構成する「セラミド」が、「保湿」と「バリア」の役割を発揮して、きめ細かく潤いのあるつるつるとした美肌を保っています。

 

美肌成分は線維芽細胞で生成

ぷるぷる美肌成分の「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」は、真皮にある「線維芽細胞」で、アミノ酸を原料にして合成・生成されています。これらの美肌成分を食べ物から摂取しても、直接お肌に行き届くものではありません。食べ物から摂取後は、体内で一度タンパク質のアミノ酸に変換された後で、線維芽細胞で再合成されるのです。

 

したがって線維芽細胞が衰えると、これらの美肌成分の生成能力が低下して、肌トラブルの原因となります。美肌成分を生成する線維芽細胞は加齢でも減少しますが、ストレスや活性酸素などによっても生成能力が衰えてしまいます。

 

皮膚(肌)内で「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」の美肌成分を増やすためには、「線維芽細胞」を活性化できる栄養素を、食べ物から摂取することが効果的なのです。活性酸素やストレスと対抗できる抗酸化作用を持ったビタミン類が効果的です。

 

肌をぷるぷるに保つ7つの美肌成分

ぷるぷる美肌に大切な【保湿性×弾力性】を保つために、必要不可欠な美肌成分が7つあります。皮膚の構成成分である「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」「セラミド」の4つの成分と、これらの構成成分の代謝や生成を促進するために必要不可欠な、「ビタミンC」「ビタミンB2」「ビタミンB6」の3つの成分です。

 

コラーゲン

「コラーゲン」は、皮膚組織の真皮の70%以上を占める線維状のタンパク質です。肌に「ハリ・コシ・弾力性」「みずみずしさ・潤い・保湿」を与える役割を担っています。またコラーゲンは、血管と細胞を繋ぎ、酸素や栄養の補給と老廃物を除去する経路を作っています。

 

コラーゲンは、加齢やストレスなどによる新陳代謝の低下やバリア機能の低下とともに衰えていきます。コラーゲンの衰えは、保水力や弾力性の低下となって肌の老化を促進させます。シワ、たるみ、くすみ、乾燥肌などの肌トラブルの原因となります。

 

エラスチン

「エラスチン」は、コラーゲンとともに真皮に存在する繊維状のタンパク質です。ゴムのように伸縮するエラスチンは、弾力線維としてコラーゲンのネットワークを支え、肌にハリとコシ、弾力性と柔軟性を与えています。

 

エラスチンは年齢とともに、30代から減少していきます。特に40代ではコラーゲンと同様に急激に減少し、肌の老化を促進させてしまいます。肌は伸縮性を失って、ハリや弾力性が衰え、シワ、たるみ、ほうれい線などの原因となります。

 

ヒアルロン酸

「ヒアルロン酸」は、真皮や表皮に多く含まれる保水力の高いムコ多糖類で、体内でタンパク質と結合する性質を持っています。「1g当たり6ℓもの保水力」で、肌の「保湿性や弾力性の維持」「シワやたるみの予防」を担う役割を果しています。

 

ヒアルロン酸は、乳児期をピークにして30代から急激に減少し始め、40代では乳児期の50%、60代では同25%まで減少するとされています。ヒアルロン酸の減少は、肌の保湿力を低下させ、乾燥肌、シワ、たるみ、ほうれい線などの原因となります。

 

セラミド

「セラミド」は、皮膚の表皮の角質層の細胞間脂質の50%を占める主要成分です。スポンジのように水分と油分を抱え込んで、肌に潤いとみずみずしさを与え保湿の役割を担っています、またバリア機能を有し、乾燥肌を防止してくれます。

 

セラミドは、加齢やバリア機能の低下とともに減少していきます。セラミドが減少すると、みずみずしさが失われ、カサカサの乾燥肌や肌荒れの原因となってしまいます。

 

ビタミンC

「ビタミンC」は、その強力な抗酸化作用によって、活性酸素による過酸化脂質の生成を防止し、肌細胞の酸化による老化を予防します。また紫外線などによるメラニン色素を美白化する効果もあります。

 

さらにビタミンCは、真皮の線維芽細胞でのコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の生成作用を促進する働きをします。ビタミンCの欠乏は、活性酸素による肌の老化の進行を早めるとともに、コラーゲンなどの美肌成分の生成活動を衰えさせてしまいます。

 

ビタミンB2

「ビタミンB2」は、「エネルギー代謝のビタミン」「ターンオーバー(新陳代謝)のビタミン」「美容のビタミン」などとも呼ばれています。3大エネルギーの糖質・脂質・タンパク質をエネルギーに分解・代謝する時の補酵素として働き、代謝活動を促進させます。

 

ビタミンB2は、皮膚細胞のターンオーバー(新陳代謝)を促進させ、常に新しい肌細胞への生まれ変わりを活発化させます。また老化促進物質である過酸化脂質を分解する作用もあり、肌荒れや吹き出物などを予防してくれます。ビタミンB2が不足すると、肌の老化が進行していきます。

 

ビタミンB6

「ビタミンB6」は、エネルギー代謝の補酵素の役割を果しますが、特にタンパク質(アミノ酸)の代謝に深く関与しています。皮膚の新しい細胞の生成を促進させ新陳代謝を活発化させます。また神経伝達物質の生成や赤血球のヘモグロビンの合成にも関与しています。

 

ビタミンB6が不足すると、皮膚の新陳代謝が活発に行なわれず、肌の老化が促進されます。また自律神経系の乱れや免疫力の低下に繋がり、ニキビや吹き出物などの肌荒れや湿疹や皮膚炎などのアレルギー症状が出やすくなります。

 

肌をぷるぷるに保つ食べ物・ベスト5

 

美肌成分の「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」などを、食べ物からいくら多く摂取しても、これらの美肌成分がそのまま肌に吸収されることはありませんこれらの成分は、食事後の体内でアミノ酸(タンパク質)となって全身へ送り届けられます。肌の真皮にある線維芽細胞に届いたアミノ酸だけが、美肌成分に合成されて産出されます。

 

ぷるぷる美肌に保つためには、肌の毛細血管の血流を改善する栄養素、活性酸素を抑制する抗酸化作用のある栄養素、ターンオーバー(新陳代謝)を活性化する栄養素、線維芽細胞を活発化する栄養素などを摂取することが重要です。

 

納豆・大豆製品

「大豆」は、昔から「畑の肉」や「畑のタンパク質」などと呼ばれ、肉に匹敵するほどのバランス良い「アミノ酸(タンパク質)」「ビタミンB2」が含まれています。コレステロールを全く含まない良質のアミノ酸が皮膚の線維芽細胞に行き届けば、美肌成分の「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」の生成を活発化させることができます。

 

「大豆イソフラボン」には、「抗酸化作用」「エストロゲン様作用」の2つの効果が期待されます。強い抗酸化作用で、活性酸素による線維芽細胞のダメージを予防して美肌成分の生成を促進させるとともに、肌のターンオーバー(新陳代謝)も活発化させます。また女性ホルモン・エストロゲン同様の働きは、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進させます。

 

「納豆菌(ナットウキナーゼ)」には、血管壁にできる血栓を溶かす作用や血液をサラサラにして血流を良くする作用、さらに腸内の善玉菌を増やして便秘を予防する整腸作用などの効果が期待できます。肌のターンオーバーや線維芽細胞の活性化に貢献します。

 

青魚(DPE・EPA)

サバ・サンマ・イワシ・マグロ・サケなどの冷水を好む青魚には、豊富な「アミノ酸(タンパク質)」はもちろん、優れた有効成分である「DPE・EPA」が含まれています。また「ビタミンB6」も含まれています。

 

「DPE・EPA」はオメガ3系脂肪酸に属し、体内では合成することができないので食事からの摂取が必要な必須脂肪酸です。これまでの実験・研究で、体内の「DPE・EPA」が欠乏すると、肌荒れや皮膚炎などのアレルギー症状が出ることが分かっています。

 

「DPE・EPA」には、「血液サラサラ効果」「赤血球の細胞膜の柔軟化効果」などがあります。肌の毛細血管の血流を改善して酸素や栄養素を送り届け、肌のターンオーバー(新陳代謝)の活性化や線維芽細胞での美肌成分の生成を活発化させます。

 

緑黄色野菜(ブロッコリー、カボチャ、人参、ホウレン草)

ブロッコリー、カボチャ、人参、ホウレン草などの緑黄色野菜の共通点は、豊富に含まれる「β-カロテン(ビタミンA)」です。また「ビタミンC・E」、さらに「ビタミンB2・B6」なども同時に含まれています。

 

緑黄色野菜は「ビタミンの宝庫」です。「ビタミンA・C・E(エース)」には、特に強い抗酸化作用があり、肌のバリア機能を向上やターンオーバー(新陳代謝)活動を活発化させます。また「ビタミンB2・B6」は、アミノ酸からグリコーゲンなどの美肌成分への合成を活発化させます。

 

緑黄色野菜は「食物繊維の宝庫」でもあります。豊富な食物繊維が腸内の有毒物や老廃物を排出するとともに腸内活動を活発化させて、腸内環境を整えてくれます。腸内環境の改善は、吹き出物や肌荒れなどの肌トラブルを予防してくれます。

 

果実野菜(トマト、イチゴ、パプリカ)

トマト、イチゴ、パプリカなどの果実野菜には、ビタミンCと抗酸化成分が豊富に含まれています。トマトには「リコピン」イチゴには「アントシアニン」、パプリカ(赤)には「カプサイシン」という抗酸化成分が含まれています。

 

果実野菜に豊富に含まれる、ビタミンCや抗酸化成分は、お肌のバリア機能をアップさせグリコーゲンやエラスチンやヒアルロン酸の生成量を増やして、ぷるぷる美肌をもたらしてくれます。

 

柑橘類(みかん、レモン、グレープフルーツ)

みかん、レモン、グレープフルーツなどの柑橘類にも、「ビタミンC」をはじめとして「ビタミンA」「ビタミンB群」、そして「抗酸化成分」などが豊富に含まれています。これらの豊富なビタミン群と抗酸化成分が、お肌を潤いのあるぷるぷる美肌に保ってくれます。

 

柑橘類は、そのままでももちろん、ミキサーでジュースにしても簡単に食べられます。手軽さと簡便さが最大のメリットです。果実野菜と柑橘類は、毎日コンスタントに食べることをオススメします。

 

まとめ

女性にとってお化粧は大切です。しかしお化粧だけでは、いったん崩れた肌に潤いと弾力性を与えて、ぷるぷるの美肌に戻すことは困難です。化粧による皮膚の外側からのケアと食べ物に含まれる美肌成分による皮膚の内側からの両方のケアが必要です。肌を守る皮膚組織の活性化に効果のある栄養成分をしっかりと届けることが大切です。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

続きを見る

-美肌
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.