美容

今日から紅茶を飲もう!知らなかった紅茶のものすごい効能まとめ

更新日:

紅茶にはたくさんの種類があります。かなり多く、それぞれ香りや味わい、ストレートで飲んだほうがいいものもあれば、ミルクとの相性がばっちりでミルクティーにしたほうが美味しいものもあったり、紅茶は数えきれないほどのものがあります。

そんな紅茶ですが香りや飲み方だけでなく、効能にも注目して選んでみるとさらに紅茶の世界が広がります。効能には美容や健康に効果があるものが多いため、美味しい紅茶を飲みながらも体を内側から磨いていけるなんて素敵なことですよね。

今回はそんな紅茶の効能について注目。美容や健康に良いとっておきの効果と共に紅茶を紹介していきます。

紅茶のリラックス効果

紅茶を飲むと心が落ち着く、疲れが取れるような感じがするという人も多いかもしれません。実際に紅茶の効能にはリラックス効果が強くあり、精神的な疲れや不安などを取り除くことが出来るのです。

紅茶によって得られるリラックス効果の効能も変わってくるので、自分が今どんなリラックス効果を求めているのかということと照らしあわせて紅茶を選んでみるといいでしょう。

ストレス解消

紅茶の特徴と言えば、茶葉の良い香りですよね。どんな紅茶でも茶葉の香りはとても良いもので、思わず目をつむってしまいたくなるような香りばかりです。

そんな紅茶の香りにはストレス解消効果があります。つまりストレス解消は全ての紅茶に含まれている効能だということですね。

自分が好きな香りが鼻をかすめればそれだけで気持ちが安らぎますし、心地良い気分になれます。自分の好きな香りの紅茶を飲む場合には、ストレス解消効果があるということを思い出して、飲む前に、そして飲みながらもじっくりとその香りを堪能してみるといいでしょう。

アロマテラピー効果でリラックス

紅茶の中には色々な茶葉をブレンドしたものも多くあります。単品でも美味しい紅茶を飲むことが出来ますが、ブレンドすることによってより美味しく、味わい深い紅茶を楽しむ事ができるのです。

紅茶の香りにはストレス解消効果があるという効能の他にも、リラックス効果を強く得ることが出来るのです。それは紅茶の香りが脳波にリラックス効果をもたらし、脳が体全体にリラックスをするように働きかけてくれるのです。

紅茶をブレンドすることによって、このアロマテラピー効果をより強く出すことが出来ますし、さらにリラックスが上手く出来るようになれば免疫力もアップすると言われています。

shutterstock_225967027

安眠効果

なかなか寝付けない場合には、紅茶を飲んで見るのも効果的。紅茶といえばカフェインが含まれているので逆に寝付けなくなるのでは?と心配する人もいるでしょう。

しかしコーヒーなどと比べるとカフェインの量は少なく、中にはノンカフェインの紅茶などもあるので、なかなか寝付けない場合には飲んでみるのがオススメ。

紅茶の香りとホッとする味わいは体を内側から温めリラックスさせてくれるので、心地良い眠りをもたらしてくれます。またハーブティーなどは安眠効果などの効能も強いので、疲れた日や寝付けない日などは質の良い睡眠をとるためにも寝る前に飲んでみるといいでしょう。

紅茶の美容効果

紅茶は美容に良いというのは聞いたことがある人も多いかもしれません。しかし具体的に美容に関して何が良いのか、効能はどんなものがあるのかということを知っている人が少ないのも事実。

美容面を向上させたい、自分磨きをしたい人は美容に関しての紅茶の効能を知っておくとより素敵な自分になることが出来るでしょう。

ダイエット

紅茶の効能にはダイエット効果があるものもあります。紅茶自体に含まれるカフェインは脂肪燃焼効果がありますし、利尿効果なども期待できます。脂肪燃焼効果は体の脂肪を燃やしやすくしてくれるため、痩せ体質を手に入れるためには必要不可欠。

利尿効果によって体内の毒素が排出されますし、便秘解消効果も望んでいけるので腸内環境を改善して、結果的にダイエット効果を得ることが出来るのです。

砂糖を入れてしまってはNGなので、ストレート向けの紅茶がオススメです。

美肌効果

紅茶の効能には美肌効果もあります。これは紅茶に含まれている紅茶フラボノイドと色素成分に含まれている抗酸化作用が働くことによって得られます。

この成分によって紫外線によって出来てしまうシワなどを予防することが出来ますし、肌の酸化を防ぐことが出来るのです。

また美白化粧品などに含まれているハイドロキノンが紅茶にも含まれているというのはご存知でしたか?ハイドロキノンは美白効果をもたらしてくれるので、紅茶を飲むことによって透明感のある白く綺麗な肌を手に入れることが出来るのです。

新陳代謝アップ

美容や健康に欠かせないのが新陳代謝の存在。紅茶の効能には新陳代謝アップもあるので、美容面と健康面をしっかりと整えていきたい人にとってはとても重要なポイント。

カフェインには新陳代謝アップの効果があるので、脂肪燃焼効果を得ることが出来ます。また代謝がいいとダイエットだけでなく、血液の巡りが良くなることによって栄養が体中に行き渡り、美肌、美髪効果を得ることが出来るのです。体も健康的な状態になるので、美容の天敵であるストレスを事前に防ぎやすくなるのです。

紅茶の健康効果

shutterstock_203186710

紅茶と健康というのはあまり結びつきがないように思えるものの、実は健康にかなり強い効果を持っているのです。紅茶を上手く飲んで、体を内側から強くしていき病気にも負けない強い体を作っていきましょう。

栄養満点

実は紅茶には栄養が豊富に含まれているのはご存知でしたか?紅茶の効能の中でも特に健康面に関しては大きな効果があり、体を支えているのです。

紅茶にはビタミンやミネラルが豊富に含まれており、これらは意外と日々の生活の中で不足しがちな栄養素。これらが欠けてしまうと体は倦怠感を覚えてしまったり、美容面に関しても大打撃なのです。

紅茶は不足しがちな栄養素を補給してくれる心強いサポート役なのです。

酸化防止

紅茶には抗酸化作用があるのは有名です。そのため紅茶の効能には、抗酸化作用によって病気を事前に防ぐというものがあります。

体が酸化していくことによって、糖尿病や脳卒中、心臓病などのリスクが高くなるだけでなく、老化スピードもどんどん高くなっていきます。紅茶を飲むことによって抗酸化作用が働き、病気を事前に防いでくれるため、病気予防に良い最強健康ドリンクという呼び名もあるくらいに、紅茶の健康に関する効能は大きいのです。

インフルエンザ予防

紅茶にはインフルエンザを予防する効能があるというのは意外ですよね。乾燥した時期になるとインフルエンザが流行り、最悪命を落としてしまうケースもあるために細心の注意を払いたいもの。

紅茶にはそんなインフルエンザのウイルスの増殖や活動を抑える力があるため、インフルエンザの予防には最適だと言われているのです。またすでにインフルエンザにかかってしまっている場合にも症状を軽減させることが出来るので、冬場には毎日飲んでおきたい飲み物ですね。

 

実は知らない人が多い紅茶の話。紅茶とは?


そもそも紅茶とはどんなお茶なのか詳しく把握している人は意外と少ないのではないでしょうか?紅茶と言うからには赤っぽい色合いが特徴なのですが、この色はもともとのものではありません。

紅茶も日本茶も基本的にはお茶の樹の葉からエキスを抽出した飲み物。一番の大きな違いはこの葉をどのように飲料用に加工するかという点です。紅茶は茶葉がもつ酵素を用いてしっかりと発酵させる過程を通ります。こうすることで茶葉が参加して赤黒くなるわけです。つまりこの色はいってみればりんごをむいて放っておくと黒くなるのと同じ原理で色づいているわけです。

日本茶はこれに対して発酵過程を経ることはありません。ちなみに中国茶はものによりますが半発酵と呼ばれる工程で作られます。

紅茶と日本茶では美味しいの基準も異なると言われていますが、それは発酵過程を経ているかどうかにも由来します。発酵過程を経ることでもとは同じものでも味の性質はかなり異なるものとなっているため、もとめられる基準が変わってくると言うワケです。

例えば日本茶はアミノ酸を多く含んでいると良いと言われますが、紅茶はその逆にアミノ酸が少なくミネラルが多いものが重宝されます。

紅茶の歴史

紅茶と言えばイギリスなどヨーロッパを思い浮かべがちですが、今紅茶として販売されている茶葉の原産国は中国の山岳部などアジアにあります。

これがイギリスにわたって17世紀前後に流行したのが紅茶が世界的な地位を高めた要因でしたが当時の紅茶はまだ緑の不発酵茶だったといいます。これが中国茶寄りの味わいに近づけるために発酵を行っているうちにいつのまにか紅く色づくまで発酵させる方法が定着し、紅茶が生まれたとされています。

日本では明治時代に伝えられ、以後おしゃれでどこか高貴な味わいや香りが日本茶とは異なる視点で好まれ、普及してきました。

紅茶の産地

紅茶は様々な国で作られていますが、そのまま楽しまれるほどの質のものは限られています。
ここでは紅茶好きとしておさえなければはじまらない有名産地を軽く並べておきましょう。

ダージンリン

そらく日本で最も知名度の高い茶葉でしょう。産地は北インドのヒマラヤ。繊細で高貴な香りが紅茶のシャンパンとも呼ばれる非常に高品質の茶葉が生まれます。

時間をかけて抽出しておとされた極上の紅茶はお酒とともに楽しまれることもあると言います。

ニルギリ

南インドで作られる茶葉。しっかりとした味とすっきりした香りがフレーバーティーとも相性がいい茶葉です。

アッサム

北インドアッサム地方でとれる茶葉です。タンニンが強く色も濃いのが特徴。そのためミルクティーとして飲まれることの多い紅茶です。

ウバ

スリランカで作られる紅茶です。スリランカの紅茶はセイロンとも呼ばれ、どれもバランスの良い味わいです。高度によってランク分けされています。

ウバは中でも香りが刺激的でしっかりとしています。

ディンプラ

ディンプラもセイロンティーの一種で、華やかな香りが特徴です。

紅茶の産地やバリエーションは他にもたくさんあります。中には単品で飲むためよりもブレンドされるための茶葉もありますね。この辺りはコーヒー豆などと似ている部分もあるかもしれません。

今度紅茶を買う時はまずは産地や茶葉の種類を気にするところからはじめてみてはいかがでしょうか?

紅茶の等級について

紅茶には等級といものが存在しますが、これは品質と言うよりも見た目の大きさでの区分です。これによって抽出の時間や味わいの出方にも差異が出るので、本当にこだわる人はこのサイズから考えて購入します。

しかしはじめのうちはそこまで気にする必要はありません。どちらかといえば色々な産地の紅茶を試して味の違いを比較した方が、投球にこだわるよりもわかりやすいですし楽しいと思います。

もし等級を自分で決めねばならない場合は最も一般的名なブロークン・オレンジ・ペコー(BOP)というサイズだけ把握しておけばよいでしょう。味や香りが強く出る等級で汎用性も高く生産量も多いです。

さて、紅茶について産地や等級、そもそも紅茶とはどんなものなのかという基本的なところを確認して参りました。次はいよいよ紅茶の基本的な嗜み方を学んでいきましょう。

紅茶を嗜もう


お茶と言うと本格的に淹れようと思うと道具から淹れ方までさまざまな作法があるもの。もちろん家で飲む分にはそんなことは気にしなくてもよいのですが、せっかく楽しむのなら本格的な淹れ方もマスターしておきたいもの。急な来客のときなどにさっと本格的なお茶の淹れ方ができたら素敵じゃないですか?

紅茶の淹れ方を具体的に学ぶ前にまずは準備。紅茶用のポットは様々ありますが、基本的にはどんなものでもOK。なんなら緑茶用の急須でもいいでしょう。ただし鉄製のものは避けるべきだとされています。タンニンが鉄分と化合して色が変質してしまうおそれがあるからです。

また紅茶を入れる水は軟水がベストとされています。日本野図は基本的に軟水なので水道水でかまいません。水道水は空気もたくさん含んでいるためお茶に向いています。

まずはこの二点だけおさえましょう。では具体的な淹れ方に移っていきます。

リーフティーの淹れ方

リーフティーとは一般的に普及しているティーバックなどと違い、しっかりと茶葉を軽量してポットにいれて抽出する方法です。一見難易度の高そうな淹れ方ですが、ゴールデンルールという基本ルールを守れば間違いなく美味しい紅茶を楽しむことが可能です。

まずはポットとカップをあらかじめお湯で温めておきます。そしてよくお湯をきってから一人分2.5g程度を目安に人数分の茶葉を投入します。それと同時にくみたての水を沸騰させておきます。

お湯は冷たくても熱すぎてもよくありません。目安としては沸騰して5円玉くらいのサイズの泡がボコボコで始めるくらい。一杯当たり150ml程度の湯で淹れるのがよいでしょう。

そのあとはお湯をポットにいれて蒸らします。1~2人分でおよそ3分程度。じっくり待ちましょう。あとは茶こしなどで茶葉を除きながら温めたカップに注ぐだけです。このとき最も美味しいと言われる最後の一滴まで残さず注ぐようにしましょう

アイスティーの淹れ方

アイスティーを作る最も簡単な方法は専用の水出し紅茶ポットを使うことです。茶葉を入れる場所に茶葉をセットして水を入れ冷蔵庫で寝かせるだけで簡単に水出し紅茶を入れることが出来ます。

水出しではなくちゃんとお湯で出したものをアイスティーにする場合は、先ほどのリーフティーと同じ工程でお茶を蒸らした後、いったん別の容器に越しながら注いだお茶を氷いりのグラスに注いで冷やしましょう。

ミルクティーの淹れ方

ミルクティーは普通に淹れたリーフティーにミルクを適量注ぐと言う方法もありますが、もっとミルクの割合を増やしてリッチな口当たりにしたい場合は鍋で作ります

鍋に一杯の半量くらいの水を沸かして一人分より少し多めの茶葉を加えて蒸らします。そのあとに残り半量の牛乳を加えて軽く温めます。必要に応じてここでハチミツや砂糖を加えて甘みをだしましょう。

あとはカップに濾しながら注ぎいれるだけです。

さて、基本的な紅茶の淹れ方はマスターしました。では続いて紅茶を飲むことによって得られるメリットについてみていきましょう。
美味しいだけじゃなく、身体にもいい紅茶の力をあますところなく体感しましょう。

飲む以外にも紅茶には使い道がたくさん!


紅茶は飲む以外にも使い道があるってご存知でしたか?
出がらしの茶葉も意外なことに利用可能なので捨ててしまってはもったいないかもしれません。

美味しく楽しんだ後の茶葉まで有効利用して紅茶をあますところなく使いましょう。

消臭剤として

茶葉には消臭効果があります。たとえば冷蔵庫の中やトイレなどの臭いの気になるところに容器に入れて置いておくだけで効果を発揮します。ちょっとした臭いであればわざわざ市販の消臭剤を使わなくても十分に臭いをとることが出来ます。

市販の消臭剤のわざとらしい香りが苦手という方には特にオススメできそうですね。

油汚れに

紅茶はアルカリ性です。したがって油汚れに対して効果を発揮します。消臭効果もあるので臭いの気になるシンク周りやグリルなどを使い終わったティーバックなどで拭いてあげるとキレイになりますね。

うがい薬として

紅茶には殺菌作用があります。一番茶、二番茶はもったいないかしれませんが、もう飲まないと言う紅茶を湯につけてしっかりと抽出しうがいに用いれば風邪予防にもなるでしょう。

最後はゴミ箱に豪快に

使い終わった茶葉はそのままゴミ箱に豪快に捨ててしまいましょう。茶葉が消臭剤代わりになってゴミ箱の嫌な臭いもおさえてくれます。最後の最後まで活躍させるためにも、袋などで別途に分けずそのままゴミ箱に捨てるようにするとよいでしょう。

茶葉はどこで買うのがオススメ?


紅茶の専門店はコーヒーのお店と比べればまだまだ少ないですが、それでも確実に浸透してきています。
今回は数ある紅茶専門店からオススメのお店をいくつかご紹介します。

ルピシア

ルピシアは紅茶ブランドとして知っている方も多いブランドです。世界中の良質な茶葉をバイヤーが厳しい目で買付を行い販売しています。紅茶をより身近なものにするために様々な活動をしており、茶葉だけでなく紅茶用のアイテムの販売も手広く行っています。

これから紅茶をはじめたいという方はまずはルピシアで一式そろえてみるのも悪くないかもしれませんね。紅茶以外にも日本茶や中国茶などお茶を手広く扱っていて、お茶文化そのものの発展に貢献しています。

国内に多くの視点を持つほか、公式通販も充実していますのでぜひご利用ください。

マリアージュフレール

マリアージュフレールは世界中で愛されているフランスの紅茶ブランドです。17世紀から続く老舗中の老舗で、さまざまな種類の茶葉とおしゃれな店舗の展開で日本でも非常に人気の高い紅茶専門店ですね。

味だけでなくパッケージにもこだわっていて、自分用はもちろんお土産にもとっても適しています。可愛らしいパッケージは置いておくだけでサマになりそうですね。

喫茶スペースのある店舗もたくさん展開しており、筆者が行ったことのある新宿店では従業員さんがとても丁寧に紅茶の説明をしてくれました。まるで執事の様にピシッとした佇まいがとてもスマートで素敵な印象でした。

通信販売も行っていますが、ぜ一度その足で店舗に出向いて、その世界感も愉しんでてほしいお店です。

TEAPOND

TEAPONDは今カフェなどが密集して勢いのある清澄白河にある紅茶専門店です。とても小さなお店で、毎日のティータイムをより楽しいものにすることをコンセプトに良質な茶葉の販売を行っています。

店内は喫茶スペースはなく茶葉の販売のみ。公式サイトでも茶葉を購入することが可能です。サイト内では茶葉の販売のほか、茶葉の扱い方や紅茶の美味しい淹れ方のレクチャーもあるのでぜ参考にしてみてくださいね。

せっかく飲むならティーカップにもこだわろう


どうせ紅茶を楽しむなら道具にも拘りたいもの。特にティーカップは紅茶の味にも影響するとても大切なファクター。
紅茶を愉しむさいのティーカップの基本は内側が白色であること。紅茶は味と香り意外にもその色を愉しむものでもありますから、色をしっかりと映し出せるカップを選びましょう。

カップの材質ですが、磁器・陶器などがあるなかでボーンチャイナという骨灰を混ぜた器が香りや味わいを引き立てるとされています
拘り派の方はこの辺りの材質にも注目してみると良いかもしれませんね。

それ以外のデザインはさまざま。シンプルなものから柄物まで、お好みにあわせて選びたいところですね。
色々なティーカップが販売されていますから、ぜひともお気に入りの一脚を見つけてみてください。

まとめ

実は意外と知られていない事実もあったりして、驚いた人も多いのではないでしょうか。

紅茶の効能と言えばリラックス効果が代表的なものですが、美容効果が高かったり、紅茶を飲み続けることによって病気を予防し、進行を止めることが出来るというのは知らなきゃ損と言えるくらいに重要なものですよね。

紅茶は毎日飲み続けると良いと言われており、茶葉によって効能は変わってくるものの基本的な効能は変わらないので、自分の好きな紅茶を飲んだり新たな茶葉に挑んでみたりして、紅茶を楽しみつつ紅茶の効能で体をサポートしていきましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-美容
-, , , ,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2019 All Rights Reserved.