ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

高血圧

知っておきたい!糖尿病と高血圧の予防方法は?

更新日:

糖尿病と高血圧が誰にでもなりうる病気だということをご存知でしょうか?また、自分に限ってそんな病気にならないと思っていませんか?しかし、糖尿病と高血圧はとても身近な病気なのです。今回は糖尿病と高血圧のメカニズムと予防・治療方法をご紹介していきたいと思います。

 

高血圧と糖尿病の関係は?

そもそも高血圧ってなに?

「高血圧」や「低血圧」という言葉は、よく耳にすることが多いのではないでしょうか?なんとなく、体にいい影響を与えるものではない、というイメージが大きい言葉ですよね。しかし、そもそも血圧ってなんなのかご存知でしょうか?

 

血圧とは、血液を送り出すポンプの働きをする心臓が、血液を送り出す際に血管にかかる圧力のことを言います。血圧の正常値は、老若男女問わず(上)130/(下)85mmHg未満とされています。この血液が送り出された時の一番高い血圧の数値と、血液が心臓に戻ってきたときの一番低い血圧の数値のどちらか一方、又は両方が正常値を上回ると、異常な圧力が血管にかかってしまっていると言えます。心臓が異常に血液を送り出していて、かなり負担がかかっている状態が“高血圧”ということなのです。

 

しかし、高血圧というのは自覚症状がないことがほとんどないため、気づかないうちに進行し様々な病気を引き起こしている可能性がありますので、ライフスタイルの管理を心がける必要があります。

高血圧チェック

下記の内容に心当たりはありませんか?

最近太り気味

■たまに手がしびれる

■足がむくむ

■眠れない日が続いている

■めまいがする

■背中の痛みや肩こりを感じる

■ときどき耳鳴りがする

■動悸や息切れ

■疲れやすい

■たばこを吸う

■お酒が好き

■運動が苦手

■濃い目の味付けが好き

■肉を食べることが多い

 

上記の項目の中でいくつ当てはまりましたでしょうか?上記のいずれかの3つ以上に当てはまれば高血圧の可能性または、高血圧になりうる可能性があるので注意が必要です。

 

 

糖尿病ってどんな病気?

糖尿病は4種類に分けられています。

■【1型糖尿病】・・・・体内組織を守る免疫反応の混乱によるものです。体内組織を守る役割の免疫系統が、インスリンの分泌をしてくれるすい臓のβ細胞を誤って外敵と判断し攻撃してしまいます。これによって、インスリンの分泌が足りなくなり、血糖のバランスが崩れていってしまうのです。

 

■【2型糖尿病】・・・・遺伝的なものも要因にはありますが、生活習慣の乱れにより発症することが多いと言えます。不摂生な生活が続くことで、インスリンの働きが低下し、インスリンの分泌量不足やインスリンの効き目が弱くなってしまうのです。

 

■【その他の特定の要因や疾患によるもの】・・・・臓のβ細胞の遺伝子異常やインスリンの伝達リズムの遺伝子異常が原因だったり、他の病気によって糖尿病が引き起こされてしまっている状態です。

 

■【妊娠糖尿病】・・・・妊娠をきっかけに、インスリンのコントロールがうまく取れなくなり血糖値が上がってしまうこともあります。妊婦の体重や親兄弟の糖尿病の有無、流産早産歴、年齢などで、血糖が上昇しやすい体質なのかが分かれてきます。妊娠時に発症して出産後に治るケースがほとんどですが、将来糖尿病を発症しやすい体質だということが言えるので、注意が必要です。

 

 

といった上記の4つに分けられています。糖尿病とは、血管内で行われるインスリンの働きが正常に機能しなくなり、血糖を吸収できなくなりそのまま尿として排出されてしまう状態が“糖尿病”と言われています。それがどういうことなのか説明していきたいと思います。

 

インスリンって?血糖って?

糖尿病に深く関わるインスリンというのは、血液中にあるエネルギー源の血糖を体内組織へバランスよく取り込んでくれる、すい臓から分泌されるホルモンです。インスリンの分泌量が足りていない、インスリンの効果が弱いといった、このホルモンの働きに異常が起きると、血糖のバランスが崩れ糖尿病を発症させてしまうのです。

 

糖尿病と高血圧の関係

ここまでで、高血圧とは何か、糖尿病とは何かご理解頂けたかと思います。糖尿病と高血圧は共に血管内での異常が引き起こす病気と言えます。共に血管内であるがために気づき難く、これによって血液中に含まれている、生きていくために必要なエネルギー源を、体内組織へバランスよく取り込めない状態が続き様々な悪影響を及ぼしていってしまう、ということになるケースが多い病気です。

 

 危険!糖尿病と高血圧が引き起こす合併症

糖尿病・高血圧は先に挙げたように、血管のメカニズムによりお互いを引き起こしやすい状態にあります。そしてそれは合併症を起こしてしまうリスクを高めてしまうのです。

糖尿病腎症

血液をろ過してくれる働きをする腎臓に、多くの負担をかけてしまい、糖尿病腎症という病気を引き起こしてしまいます。これは、腎臓の機能が低下し、尿を作る働きができなくなってしまう病気です。人工透析を受けないと生命維持が困難な状態になってしまいます。

 

糖尿病性網膜症

目の網膜障害である網膜症に発展してしまうこともあります。血管内のバランスが崩れることで、目の毛細血管が詰まり栄養が行き届かなく血管がもろくなり、出血してしまいます。最悪は失明となってしまうこともあるのです。

 

糖尿病性神経障害

体中の神経に様々な障害が表れてしまいます。血管のバランスの崩れが、様々な組織に届くはずの栄養を十分に届けられなくなり、知覚神経や運動神経、自律神経に障害があらわれ、手足の痺れや痛みといった症状が出てくるなど、体の様々な機能が鈍く低下していってしまいます。

 

この上記の糖尿病三大合併症に高血圧も発症することで、更に体への負担が大きくなり、動脈硬化が進んでしまうのです。

 

この動脈硬化によって

■腎不全になり命を脅かされる大変危険な状態に発展

■血液を送るポンプ役の心臓にも多大な影響を及ぼし、心不全・狭心症・心筋梗塞といった命に関わる病気へと発展

■あらゆる神経をコントロールする脳への影響も激しく、脳梗塞・くも膜下出血といった大病へと発展

 といったように、糖尿病と高血圧は命の危険を伴う状態に発展させてしまう病気と言えます。

 

 

糖尿病と高血圧は自宅で治せる!!

糖尿病・高血圧を引き起こしやすくしてしまう背景には、生活習慣が大きく関わってきます。

ストレス、喫煙、運動不足、過度の飲酒、肥満といった、不摂生な生活が背景にあるのです。それを改善することで、血管内のバランスが正常に戻り、治療・予防をすることができます。

 

 とっても簡単!日常生活を見直しで治療・予防しよう

規則正しい生活を心がける・・・早寝早起きは体内組織のバランスを保つための基本になります。十分な睡眠がとれる環境づくりがとても大事です。

 

過度な飲酒を控える・・・お酒の飲みすぎは血圧上昇の原因以外に寝不足によるストレスも引き起こすので、飲酒はお付き合い程度に控えていきましょう。

 

禁煙する・・・たばこは血管の収縮させてしまいます。たばこを少しずつ控えるというより、きっぱり禁煙することをおすすめします。

 

適度な運動を心がける・・・運動不足は血行の流れを悪くしてしまうので、適度な運動を心がけて血行をよくしていきましょう。

 

ストレス解消する・・・ストレスは血行の流れを乱れさせる要因を生み出します。心のリフレッシュは物事を行う活力になるので、趣味やアロマ、音楽といった自分の時間をしっかりもって、ストレスを減らしていきましょう。

 

急激な温度差のない環境作りをする・・・過度な温度差は急激な血管収縮をさせてしまいます。屋内外の温度差はもちろん、冬場のお風呂上りの温度差にも十分に配慮が必要です。

 

食生活の見直す・・・一日三食取るようにしましょう。そして白米を主食とし、薄味でも美味しく食べれるように習慣づけることがとても大切です。加工品等を減らし、生の食品を調理することで余計な塩分を避けることができます。また、だしをしっかりとることで、薄味でも美味しく頂けたり、香りや風味を生かした調理を心がけることで、余分な味付けを避けることができます。

 

以上のことを目安に、生活習慣を改善して、血管内の働きを改善していきましょう。

 

まとめ

糖尿病と高血圧はお互いに悪い影響を与え合ってしまっていることで、お互いがお互いを引き起こしてしまう原因となってしまっているのです。命を脅かすことになりかねない状態にまで発展してしまわないように、早期発見と日頃の心掛けが必要な病気です。しかしこの糖尿病と高血圧は、生活習慣の改善と管理によって治療・予防が可能です。そのため定期的に血圧を測るなど、健康診断を怠らず早期発見を心がけましょう。

 

また私たちが生きていくために必要不可欠な食事を見直すことが、とても大切です。塩分を控え、三食しっかりと食事をしましょう。食べ過ぎたり、少なかったりの食事バランスの乱れは体に負担を与えています。バランスを保つことで、血管内の働きを安定させ、糖尿病と高血圧の予防と改善に繋がるのです。

 

今までの蓄積によって、あなたの血管に負担を与えていませんか?自信を持って不摂生な生活をしていないと言えますか?いまいちど、今までの自身の食生活を振り返ってみて下さい。糖尿病や高血圧は誰にでもなりうる病気なのです。

 

気づき難いものだからこそ、日頃の注意が必要です。発症してから薬に頼るより、根本的に体内の働きを改善していくことが、体への負担は少なく、長く付き合っていく体が健康でいられる道だと言えるのです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【ガッツリ効く!】高血圧を下げるサプリメント口コミランキングBEST7

高血圧は、近年の生活習慣の多用化とともに増加している健康問題です。高血圧の原因は、栄養バランスの乱れ、慢性的な運動不足、ストレスを過剰に受けたまま解消できない、喫煙習慣、アルコール過多などが考えられています。

それらの問題により高血圧に罹る人が増加しており、肥満、糖尿病、脂質異常症のとともに「死の四重奏」という別名称があるほど放置しているとキケンな病です。

The following two tabs change content below.
編集部:SAYAKA

編集部:SAYAKA

美容と健康が大好きな32歳のライターです。いつまでも若々しくいるために日々いろんな美容方法を頑張ってます♪体験談を踏まえた様々な記事を投稿しているので参考にしてみてください。

-高血圧
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.