ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

高血圧

糖尿病と血圧の関係は?高血圧も低血圧も要注意なワケと予防・改善方法

更新日:

このページでは糖尿病や高血圧に悩む方に向けて、糖尿病と血圧の関係やそれぞれの対策方法、合併して起こった際に出る症状などをご紹介しています。

 

血圧の変化と糖尿病は互いに悪影響を及ぼし合う関係にあり、片方だけしか発症していないとしても放置することでもう片方を呼び寄せてしまうことがあるのです。

 

それを食い止めるためにはどうすれば良いのでしょうか。このページではその答えを詳しくお伝えしています。糖尿病や高血圧に悩んでいる方は是非読んで見て下さい。

スキンケアが劇的に楽になる!オールインワンゲル

管理人厳選のオールインワンゲル
32597 view

キレイな背中に惚れる!ニキビジェルで徹底対策

背中ニキビジェルランキング
12356 view

ジェルでほっそり足!簡単むくみ対策

むくみの定番アイテム
9552 view

PMS改善に効果!ルナテアはこちら

口コミまとめと実際のレビュー
90156 view

糖尿病と血圧の関係

糖尿病と高血圧は生活習慣病の括りでまとめられます。そのため、その2つを同時に引き起こしている人も少なくありません。むしろ、お互いがお互いを呼び合っていると言っても良いでしょう。

 

というのも、糖尿病になると血中のブドウ糖濃度が上昇し、それに比例して血液量が増えるので、増えた血液を送り出すために心臓が強い圧力を掛けるようになり、やがて高血圧になるのです。

 

また、高血圧の人は統計的に糖尿病になりやすいです。これに関してはまだ詳しい関係性まで明らかになっていませんが、少なくとも統計上の繋がりがあるということは何らかの関係性があると見て間違いないでしょう。

低血圧も油断できない

糖尿病でない場合は高血圧に比べて低血圧はそこまで問題視されません。しかし、糖尿病を発症しているのなら話は別です。

 

基本的に糖尿病患者は高血圧になりやすい、または高血圧に加えて糖尿病を発症したケースが多いのですが、糖尿病の合併症である『糖尿尿病神経障害』を起こした場合は神経の働きが鈍り血圧が低下します。

 

つまり、糖尿病患者の血圧の下がり過ぎは喜ばしいものではなく、むしろ症状を更に悪化させてしまったと判断できる危険な事態なのです。

血圧を正常値に抑えることが大切

糖尿病は不治の病なので一度発症するともう治りません。ですが、高血圧は別ですし合併症による低血圧も糖尿病の進行を食い止めることで予防出来ます。

 

逆に高血圧や低血圧を放置するとそれに比例して糖尿病は進行してしまい、付随して血圧の状態も危険な域に達してしまうでしょう。

 

この糖尿病と高血圧、低血圧の負のスパイラルから脱却するためには糖尿病の進行抑止と血圧の正常値で安定化させることが何よりも欠かせません。

 

危険!糖尿病と高血圧が引き起こす合併症

糖尿病・高血圧は先に挙げたように、血管のメカニズムによりお互いを引き起こしやすい状態にあります。そしてそれは合併症を起こしてしまうリスクを高めてしまうのです。

糖尿病腎症

血液をろ過してくれる働きをする腎臓に、多くの負担をかけてしまい、糖尿病腎症という病気を引き起こしてしまいます。これは、腎臓の機能が低下し、尿を作る働きができなくなってしまう病気です。人工透析を受けないと生命維持が困難な状態になってしまいます。

 

糖尿病性網膜症

目の網膜障害である網膜症に発展してしまうこともあります。血管内のバランスが崩れることで、目の毛細血管が詰まり栄養が行き届かなく血管がもろくなり、出血してしまいます。最悪は失明となってしまうこともあるのです。

 

糖尿病性神経障害

体中の神経に様々な障害が表れてしまいます。血管のバランスの崩れが、様々な組織に届くはずの栄養を十分に届けられなくなり、知覚神経や運動神経、自律神経に障害があらわれ、手足の痺れや痛みといった症状が出てくるなど、体の様々な機能が鈍く低下していってしまいます。

 

この上記の糖尿病三大合併症に高血圧も発症することで、更に体への負担が大きくなり、動脈硬化が進んでしまうのです。

 

この動脈硬化によって

■腎不全になり命を脅かされる大変危険な状態に発展

■血液を送るポンプ役の心臓にも多大な影響を及ぼし、心不全・狭心症・心筋梗塞といった命に関わる病気へと発展

■あらゆる神経をコントロールする脳への影響も激しく、脳梗塞・くも膜下出血といった大病へと発展

 といったように、糖尿病と高血圧は命の危険を伴う状態に発展させてしまう病気と言えます。

やばい!教えたくない神ファンデ

手放せないおすすめファンデーション
22597 view

プチプラでも効果抜群のファンデ特集

プチプラファンデーションランキング
121056 view

最新アイコス互換の電子タバコEFOS!

売り切れ必死!品切れ前に購入!
95237 view

人気急上昇の格安医療脱毛レジーナクリニック

美容業界注目の格安医療脱毛クリニック
9452 view

血圧を正常値に抑える糖尿病の対策方法

栄養バランスのコントロールを徹底する

 

糖尿病の進行を食い止める上で何よりも重要なのは栄養バランスをコントロールすることです。極論、これに優る予防・改善方法は無いと言っても良いでしょう。

 

例えば糖分の摂り過ぎは厳禁です。血中の糖分濃度が上昇すると前述の糖尿病神経障害を引き起こすリスクを高めてしまい低血圧を引き起こします。そこまで行かずとも血中糖分濃度の上昇は高血圧を誘発します。

つまり、栄養コントロールによって糖分を始めとする栄養バランスが整えられていないと、糖尿病神経障害を起こすまでは高血圧糖尿病神経障害を起こしてからは低血圧になってしまうのです。

 

そうならないために、糖尿病になってからは栄養過多による血圧の上下が起きないよう栄養バランスのコントロールに努めましょう。

習慣的に運動をする

血圧をコントロールするために運動をするのはとても合理的な方法と言えるでしょう。特に有酸素運動は血行を促進させる効果があるため、糖分濃度の上昇によって停滞しがちな血流を正常化し血圧をコントロール出来ます。

 

ただし、糖尿病患者の過度な運動は低血糖状態を引き起こす原因となるため、あまり推奨されていません。どの程度の運動であれば許容範囲なのかは個人の病状に左右されるため、様子を見ながら運動をするようにしましょう。

 

おすすめなのは一日30分程度のウォーキングです。このくらいであれば重度の糖尿病で無い限り身体に負担を掛けることはありませんし、血圧をコントロールするためには充分な運動量となります。

ストレスを溜め込まない

糖尿病だけに限らず過度のストレスは身体の調子を狂わせる原因となります。これは化学的にも証明されており、高血圧の原因として紹介されることもあるほどです。

 

よくあるパターンとしては激務の職場に長年勤めている人がストレスから来る暴飲暴食や不規則な生活習慣によって糖尿病を発症し、それに応じて血圧もどんどん上がってしまうなどが挙げられます。

 

 

このケースでは糖尿病が最初に来ていますが、体質や環境によってはストレスによる血圧の上昇から糖尿病の誘発に繋がる場合も珍しくありません。

 

このようにストレスを溜めすぎると私たちの身体は病気に冒されやすくなってしまいます。そのため、血圧を正常値にコントロールしつつ糖尿病の進行を食い止めたいのであればストレスを溜めすぎないようにしましょう。

高血圧と糖尿病対策まとめ

規則正しい生活を心がける・・・早寝早起きは体内組織のバランスを保つための基本になります。十分な睡眠がとれる環境づくりがとても大事です。

 

過度な飲酒を控える・・・お酒の飲みすぎは血圧上昇の原因以外に寝不足によるストレスも引き起こすので、飲酒はお付き合い程度に控えていきましょう。

 

禁煙する・・・たばこは血管の収縮させてしまいます。たばこを少しずつ控えるというより、きっぱり禁煙することをおすすめします。

 

適度な運動を心がける・・・運動不足は血行の流れを悪くしてしまうので、適度な運動を心がけて血行をよくしていきましょう。

 

ストレス解消する・・・ストレスは血行の流れを乱れさせる要因を生み出します。心のリフレッシュは物事を行う活力になるので、趣味やアロマ、音楽といった自分の時間をしっかりもって、ストレスを減らしていきましょう。

 

急激な温度差のない環境作りをする・・・過度な温度差は急激な血管収縮をさせてしまいます。屋内外の温度差はもちろん、冬場のお風呂上りの温度差にも十分に配慮が必要です。

 

食生活の見直す・・・一日三食取るようにしましょう。そして白米を主食とし、薄味でも美味しく食べれるように習慣づけることがとても大切です。加工品等を減らし、生の食品を調理することで余計な塩分を避けることができます。また、だしをしっかりとることで、薄味でも美味しく頂けたり、香りや風味を生かした調理を心がけることで、余分な味付けを避けることができます。

 

以上のことを目安に、生活習慣を改善して、血管内の働きを改善していきましょう。

 

糖尿病と血圧を同時に予防する方法

上記のように既に糖尿病を発症している前提で血圧をコントロールするのと、糖尿病と高血圧の両方を予防するのでは対策方法が異なってきます。

 

生活習慣を整える、食生活を栄養バランスの良いものにするなどの基本的な取り組みは同じですが、それ以外にも糖尿病、高血圧それぞれに特化した対策方法を取っておく必要があるのです。

 

特に糖尿病予備軍であったり高血圧とまでは行かずとも血圧が高めだったりする人の場合は少々きつい方法を実践する必要があるでしょう。

納豆を毎日食べる

納豆に含まれる『ナットウキナーゼ』と呼ばれる固有の成分は血管の中に出来る障害物である血栓を分解する効果を有しています。つまり、納豆を食べると狭まった血管が元に戻るのです。

 

また、納豆とご飯を組み合わせて食べると血糖値の上昇を抑えられることが食品メーカーの研究で明らかになっています。

 

血糖値の乱高下は糖尿病の原因となりますし、血栓の増加は心筋梗塞や脳梗塞の原因となりますから、納豆を毎日食べてこれら2つを同時に予防しておきましょう。

体脂肪を減らし筋肉を付ける

昨今のダイエットは体重の減少にばかり目が行っており、筋肉量の増加や脂肪の減少にはあまり目を向けていません。しかし、糖尿病や高血圧を予防するにはそれらが欠かせないのです。

 

脂肪の増加は動脈硬化の原因となり血圧を高め、糖尿病のリスクを上昇させますし、筋肉を付けなければ消費カロリーが増えずカロリー過多となってやはり糖尿病や高血圧を発症させることになります。

これを食い止めるためには脂肪を減らし筋肉をつけるための取り組みが必要となるでしょう。肥満体型などもっての外です。

 

具体的な方法としては全身の筋トレに加え脂質や糖質を多く含むものを食べないようにするのが効果的でしょう。最初は辛いかもしれませんが少しずつ実践していくことで次第に身体が慣れていくはずです。

水分補給を多めにする

高血圧傾向の人や糖尿病予備軍の人の血管内は糖分や血栓、塩分などが健康な人に比べて多いためドロドロになりがちです。これを解決するために手っ取り早いのはたくさん水分補給をすることでしょう。

 

目安としては一日に1500㎖から2000㎖程度の水分を補給するようにしたいです。このとき、糖分が多く含まれたものを飲んでしまうと意味がありませんから気を付けて下さい。

 

水分補給をしておかなければ上昇した血糖値や血圧を下げることが出来ず、高血圧や糖尿病を発症させる可能性が高まってしまいますから、こまめな水分補給を忘れないようにしましょう。

糖尿病や血圧が気になる方は健康のために是非高血圧に効くサプリを飲んで見て下さい。

高血圧を下げるサプリランキングヘッダー画像
【ガッツリ効く!】高血圧を下げるサプリメント口コミランキングBEST7

このページでは、『高血圧サプリメント』を検討してる方に向けたページです。高血圧を下げる効果のあるサプリメントはどんなものがあるか?また、どんな成分が高血圧を下げる効果があるのか?サプリメント以外で高血圧を下げるにはどうしたらいいか?など、高血圧の予防・対策をしたい方へわかりやすくまとめたページです。

高血圧と糖尿病の基本知識

そもそも高血圧ってなに?

「高血圧」や「低血圧」という言葉は、よく耳にすることが多いのではないでしょうか?なんとなく、体にいい影響を与えるものではない、というイメージが大きい言葉ですよね。しかし、そもそも血圧ってなんなのかご存知でしょうか?

 

血圧とは、血液を送り出すポンプの働きをする心臓が、血液を送り出す際に血管にかかる圧力のことを言います。血圧の正常値は、老若男女問わず(上)130/(下)85mmHg未満とされています。この血液が送り出された時の一番高い血圧の数値と、血液が心臓に戻ってきたときの一番低い血圧の数値のどちらか一方、又は両方が正常値を上回ると、異常な圧力が血管にかかってしまっていると言えます。心臓が異常に血液を送り出していて、かなり負担がかかっている状態が“高血圧”ということなのです。

 

しかし、高血圧というのは自覚症状がないことがほとんどないため、気づかないうちに進行し様々な病気を引き起こしている可能性がありますので、ライフスタイルの管理を心がける必要があります。

高血圧チェック

下記の内容に心当たりはありませんか?

最近太り気味

■たまに手がしびれる

■足がむくむ

■眠れない日が続いている

■めまいがする

■背中の痛みや肩こりを感じる

■ときどき耳鳴りがする

■動悸や息切れ

■疲れやすい

■たばこを吸う

■お酒が好き

■運動が苦手

■濃い目の味付けが好き

■肉を食べることが多い

 

上記の項目の中でいくつ当てはまりましたでしょうか?上記のいずれかの3つ以上に当てはまれば高血圧の可能性または、高血圧になりうる可能性があるので注意が必要です。

 

 

糖尿病ってどんな病気?

糖尿病は4種類に分けられています。

■【1型糖尿病】・・・・体内組織を守る免疫反応の混乱によるものです。体内組織を守る役割の免疫系統が、インスリンの分泌をしてくれるすい臓のβ細胞を誤って外敵と判断し攻撃してしまいます。これによって、インスリンの分泌が足りなくなり、血糖のバランスが崩れていってしまうのです。

 

■【2型糖尿病】・・・・遺伝的なものも要因にはありますが、生活習慣の乱れにより発症することが多いと言えます。不摂生な生活が続くことで、インスリンの働きが低下し、インスリンの分泌量不足やインスリンの効き目が弱くなってしまうのです。

 

■【その他の特定の要因や疾患によるもの】・・・・臓のβ細胞の遺伝子異常やインスリンの伝達リズムの遺伝子異常が原因だったり、他の病気によって糖尿病が引き起こされてしまっている状態です。

 

■【妊娠糖尿病】・・・・妊娠をきっかけに、インスリンのコントロールがうまく取れなくなり血糖値が上がってしまうこともあります。妊婦の体重や親兄弟の糖尿病の有無、流産早産歴、年齢などで、血糖が上昇しやすい体質なのかが分かれてきます。妊娠時に発症して出産後に治るケースがほとんどですが、将来糖尿病を発症しやすい体質だということが言えるので、注意が必要です。

 

 

といった上記の4つに分けられています。糖尿病とは、血管内で行われるインスリンの働きが正常に機能しなくなり、血糖を吸収できなくなりそのまま尿として排出されてしまう状態が“糖尿病”と言われています。それがどういうことなのか説明していきたいと思います。

 

終わりのある脱毛とは?

本当の格安永久脱毛サロンはココだけ!
52597 view

更年期の悩みが解決!華美幸年の◯◯が凄い!

口コミで人気の更年期サプリ
35697 view

高血圧は命にかかわる重病に!?対策情報

高血圧を下げる情報
15056 view

無制限で使える格安データ通信はこちら

ポケットWIFIランキング
12452 view

まとめ

糖尿病しかり高血圧しかり生活習慣病はある日突然発症するものではありません。日々のちょっとしたことの積み重ねによって発症するものです。

 

そしてこれら2つの病気は互いが互いを呼び合う関係にありますから放置することなく予防・改善する必要があります。

 

いきなり生活をガラリと変えるのは難しいかもしれませんが、糖尿病や血圧の急激な変化は放っておくことで健康を著しく害してしまいますから、少しずつ対策を進めていきましょう。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

おすすめランキング

-高血圧
-, , , , ,

Copyright© ランクラボ , 2018 All Rights Reserved.