ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

自己啓発

秘書に必要な英語力とは?バイリンガルセクレタリーと英語の資格

更新日:

秘書の仕事について、英語を含む外国語の語学力が必要とされることが一般的になってきているようです。社長や役員などのスケジュール管理などのイメージが強いかと思いますが、ときにそれは外国語で行わなければならないかもしれません。英語を会社内の公用語にしている企業もあるように、これからも必要なケースは増えていくことが予想されます。

 

また、英語に自信がありそれを活かしたいという人はこの状況をチャンスと捉えることもできるでしょう。バイリンガルセクレタリーという資格もあります。今回は秘書に求められる英語力に関して、求められる能力やバイリンガルセクレタリーの資格、そして主な英語の資格などについて紹介していきます。

秘書と英語などの資格

まずはじめは、秘書と英語などの求められる能力についてみていきましょう。バイリンガルセクレタリーとはどのようなものなのかについてと合わせて挙げていきます。

秘書に求められるもの

そもそも秘書に求められる能力とは、いったいどのようなものなのでしょうか。冒頭でも挙げた社長や役員などのスケジュールの管理、社内・社外との窓口となる役割において、コミュニケーション能力や情報の整理などが主に求められるものとして挙げられるでしょう。

 

先頭に立ったり指揮をとったりする人間をサポートする役割ということですね。表立ってサポートするというよりは、陰でサポートするという役割とも言えます。これらの能力に加えて、語学力が必要という流れになってきているということですね。

英語は必須というわけではない

上述した役割を果たすために、英語は必ずしも精通していなければならないというわけではないようです。勤める企業などにもよりますが、英語などを使う機会がそもそもない職種や業種であれば必須とはならないということですね。

 

会社の規模は様々であり、秘書がつくかつかないかということも企業によって変わります。社内の人事異動や派遣で秘書の業務をするということもあり、中には英語がまったくできないけど秘書の業務を命じられたという人もいるようです。

突然必要になることも

必ずしも英語が使えなければならないわけではないと述べましたが、グローバル化が進む現代では突然英語が必要になることもありますね。業種によっては英語でのやり取りが必要になったり、規模の大きい企業や外資系の企業などでは上司が外国人に変わるということもあるでしょう。

 

現状必要でなくても、必要になる日が来るということは意識しておいた方が良いということですね。これからは増々その流れが加速していくとも言われています。

バイリンガルセクレタリー

外国語を使って業務をする秘書を、バイリンガルセクレタリーと言います。英語でのやり取りがあり、英語力が高いことを前提として秘書として業務をするということですね。上述した秘書の業務を英語で行ったり、会議での通訳や書類などの翻訳も行います。

 

また、上司が外国人に変わる場合もあると述べたように、日本での生活をサポートする役割が求められることもあります。異国に来た上司が仕事やプライベートでスムーズになじんでいけるようにしていくということですね。

英語を使った仕事というイメージは間違い?

英語力に自信があり、英語の能力を活かした仕事がしたいということで秘書を目指す場合もあるようです。しかし、想像していた内容と違う場合もやはりあるということで、注意が必要とされています。英語にたくさん触れて理解が深まっていくというよりは、その業務上のやり取りに特化していくことが多いようです。

 

通訳や翻訳も同様なので、物足りなく感じるようになるとも言われていますね。また、英語量がメインということではもちろんないので、先に述べた秘書に求められる能力が前提になるということです。

英語の資格

 

では次は、英語の資格についてみてきましょう。求人の際に条件が示されている場合もありますが、そうでない場合でも持っていた方が有利と言える英語の資格を挙げていきます。

TOEIC

英語の資格で浮かびやすいものの1つとして挙がるのが、TOEICではないでしょうか。英語の能力をはかるテストとして用いられやすく、大学ではTOEICのスコアで英語の科目の単位が認められる場合もあります。また、就職活動でもTOEICのスコアは履歴書に記載しますね。

 

秘書の場合は、英語を必要とする場合はTOEICのスコアが800点以上が基準になることが多いようです。それほど英語を使うことが多くない場合でも650点以上が基準になることが多いとされています。もちろん上述したように英語が必須ではなく、スコアがそこまで重要性をもたない場合もあります。

 

ただしTOEICはライティングやスピーキングなどアウトプットに関する科目はないので、その点で海外での評価は得にくいとも言われています。

英検

英語の資格で浮かびやすいものとしては、英検も挙げられますね。正式には実用英語技能検定と言い、学校教育を受けている過程で取得を目指すことが多いのではないでしょうか。TOEICと並んで最もなじみのある英語の資格だと思います。それぞれのカテゴリに合わせて受験する場合が多いですね。

 

つまり、中学レベルでは3級、高校レベルでは2級、大学レベルでは1級が目安となっています。就職活動では2級以上が評価対象となりやすいようです。3級以上はスピーキングも入ってくるのでTOEICとは違いますが、国内の資格ということに留意が必要です。

TOEFL

英語の資格として次に挙げるのは、TOEFLです。大学の単位認定について先に触れましたが、TOEICに加えてTOEFLのスコアで認定している大学もあります。留学を考えている人ではTOEFLの受験も選択肢に入ってきますね。海外の学校に留学するためには、TOEFLのスコアが条件として示されることが多いためです。

 

もともと英語を母国語としていない人が英語を用いて授業や講義についていけるかどうかを判定する指標として作られており、多くの大学などでスタンダードとして取り入れられています。ライティングやスピーキングもあるのでTOEICに比べて難易度が高いですが、評価は受けやすいと言えます。

IELTS

英語の資格ではIELTSも挙げられます。アイエルツと読みますが、ここまで挙げてきたものからするとあまり馴染みはないかもしれません。IELTSも海外留学などで条件となっていることが多く、TOEFLと同じく授業や講義についていけるかどうかが判定されるスタンダードになっています。

 

近年ではTOEFLよりもIELTSを採用するところが増えているようです。スピーキング重視ということですが、日本人はTOEFLよりもIELTSの方が得点をとりやすいとも言われています。

ケンブリッジ英語検定

英語の資格で最後に挙げるのは、ケンブリッジ英語検定です。これもIELTSと同じく上記の3つに比べれば日本での認知度は高くないかもしれませんが、メジャーな資格には入るでしょう。留学や就職時に英語力をはかる基準となる検定です。英語の知識というよりは実用力が問われるとされており、世界的にはとてもメジャーな資格です。

まとめ

バイリンガルセクレタリーでは英語が必須となりますが、秘書業務において必ずしも英語が必須となるということはないようです。しかし、これからは必要になってくる流れではあると言えるので、考えておくと良いでしょう。

 

英語の資格に関しては、実用性を考えるのであればTOEFLやIELTSがやはりおすすめとなるようです。TOEICや英検も評価はされますが、限定的になりやすいとされています。自身の目的などに合わせて、英語を勉強していきましょう。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

続きを見る

-自己啓発
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.