病気

首の神経痛に効く薬・治療方法・痛みの原因・セルフチェックまとめ

更新日:

このページでは、首の神経痛について、首の神経痛に効く薬の紹介や首の神経痛の原因・症状のセルフチェック方法などをわかりやすくまとめたページです。

首に痛みを感じた時にぜひ確認してみてください。肩こり?単に寝違えただけ?と、気にせずそのままにしてしまう人も多いのではないでしょうか?しかし、首の痛みは体の不調のシグナルだったり、病気が隠されていることがありますので、このページで紹介してるセルフチェックなども参考にどんな病気の可能性があるか?本当に首の神経痛なのかどうかも確認してみてください。

 

首の神経痛の薬

首の神経痛ということがわかってる場合は、通販でも首に効く神経痛の薬を購入することができます。(セルフチェックで首の神経痛が原因で首が痛いことを確認ください)

※あまりにひどい場合は病院を受診されることをお勧めします。

通販で購入できる首の神経痛の薬【ラークセブン】

ラークセブンは、ビタミンB12の作用で神経障害を改善。さらにガンマオリザノールが、自律神経に作用しバランスを整えることで体の内側から首の神経痛を緩和します。

 

首以外の神経痛にも効果があり、血行の促進を促す成分も入っていますので、血行が悪いことによる関節痛や手足のしびれなどにも効果があります。

 

首の神経痛がなかなか良くならない人におすすめしたい神経痛薬です。

病院で処方される首の神経痛の治療・薬

病院での首の神経痛の治療は、内服治療や理学療法、神経ブロック等さまざまなアプローチがあります。その一部をご紹介いたします。

湿布

患部に炎症がある場合、湿布が処方される事もあります。突発的な痛みの時は冷湿布、慢性的な痛みの場合は温湿布を処方される場合が多いようです。痛みの度合いによっては湿布だけでは対処できないケースもあるので、そのような場合は痛み止めの内服薬も併用します。

解熱鎮痛剤

解熱鎮痛剤には非ステロイド性抗炎症薬と麻薬性鎮痛薬(モルヒネ等)があります。一般的に使用される非ステロイド性抗炎症薬「ロキソニン」や「ボルタレン」は、痛みや炎症を鎮めるのに効果的ですが、神経痛に対しては効果に個人差が大きく、全く効かないというケースもあるようです。対処的に利用することはできますが、長期的な服用は推奨されていないので注意が必要です。

鎮痛補助薬

上記の非ステロイド性抗炎症薬と麻薬性鎮痛薬以外に、痛みを鎮めるのに効果的な薬を総称して“鎮痛補助薬”と呼びます。神経痛の痛みには、抗うつ薬、抗精神薬、抗てんかん薬等が効果的なケースもあります。

神経ブロック

神経や神経の近くに局所麻酔薬を注射し、交感神経の働きを抑えて、痛みの伝わりをブロックする治療法です。神経ブロックを行うと筋肉のこわばりが緩和し、血流が改善すると言われています。治癒が期待できる治療法ですが、何回か注射を行うケースもあり、できる限り熟練した麻酔医を選ぶ必要もあります。

理学療法

専門の理学療法士によって行われる治療法で、痛みの箇所を温める温熱療法、患部を引っ張ることで正しい位置に戻す牽引コルセットによる固定等、さまざまな方法があります。特に、帯状疱疹後の神経痛肋骨の外傷等による肋間神経痛に行われることの多い治療法です。

頚椎の矯正

体の歪みを矯正することで、凝り固まった筋肉、圧迫された神経の改善をはかる治療法です。長時間のデスクワークや運転をする人、左右どちらかに体重をかける癖があったり、猫背になりがちな人の神経痛に適していると言われていますが、強い負荷のかかる矯正は症状が悪化する可能性もあるため、自己判断で行わないようにしましょう

首の神経痛の原因一覧


首の神経痛の原因は大きく2つに分けられます。ひとつは症候群性神経痛、もうひとつは特発性神経痛です。

 

症候群性神経痛は、事故などによる外傷圧迫ウイルス感染等、原因が明確になっている神経痛の事で、一般的に言われる神経痛はこちらに当てはまるケースが多いです。一方、特発性神経痛は、診察や検査をしても原因が見当たらない場合を指します。

後頭神経痛の原因

ストレスや間違った姿勢で大後頭神経が圧迫されると発症しやすいようです。また、気圧の変化等で自律神経が乱れることも神経過敏の原因となると言われています。

上腕神経痛の原因

放射線治療により神経が損傷した場合や、毒素化学物質薬物による損傷も発症の原因となるようです。長時間のパソコン作業等による首こり肩こりからきている場合もあります。

肋間神経痛の原因

骨粗鬆症(骨折やヒビのリスクがある)、帯状疱疹を発症した場合(ウイルスによる痛み)、激しい運動をしている人や、その逆で運動不足の人も肋間神経痛になりやすいと言われています。同じ姿勢をとる事の多い人ストレスの多い人も、筋肉が凝り神経が圧迫されやすいので注意が必要です。

頸椎椎間板ヘルニアの原因

頸椎とは、背骨と頭蓋骨をつなぐ骨で、この軟骨の間にあるゼリー状のクッションが飛び出してしまうのが頸椎椎間板ヘルニアです。加齢が原因となることが多く、40〜50代に発症する人が多いと言われています。

頸椎症性神経根症の原因

軟骨の間のクッションとなっている椎間板が、加齢に伴い外に飛び出し変形してしまいます。ストレスがかかった椎骨は、骨棘という尖った骨を形成し、その骨が結果的に神経根を圧迫し痛みが発生します。首を後ろへそらせる姿勢は症状が悪化する可能性があるので注意しましょう。

 

神経痛以外の首の痛みの原因


首の痛みの原因はいろいろ考えられますが、現代人はストレスからくる事も多いようです。ストレスを感じると、人は交感神経が優位になり筋肉が緊張した状態が続きます。すると、流れにくくなった乳酸などの疲労物質がどんどん溜まってしまい、首が凝り固まった状態に…。人の頭は、体重の約10%の重さと言われているので、ただでさえ首には大きな負荷がかかっています。首の痛みが慢性化すると、うつ病の原因にもなると言われているので、早めの改が必要です。

高血圧

ストレスだけでなく、高血圧も血液循環を悪くする原因になります。カイロプラクティック等で首の凝りを改善した人が、施術後に血圧が下がったという例もあるので、首の痛みと血圧は密接に関係している事がわかりますね。首の痛みを放っておくと高血圧がさらに悪化しやすくなるので注意しましょう。

リンパ節炎

ウイルスや細菌による感染でリンパ節が腫れ、症状が進むと発熱を伴う事もあります。首の付け根のあたりが痛くなる場合が多く、患部を触ると痛かったり、しこりを感じる事もあるようです。リンパ節炎は、抗生物質を投与する治療法がとられる事が多いです。また、回復するまで十分な休養をとり、安静にして過ごす事も大切です。

ストレートネック

デスクワーク等で長時間同じ姿勢を取っている人は、肩こりだけでなく首の凝りにも悩まされている事が多いのではないでしょうか。ストレートネック(うつむいた姿勢)になると、首の自然なカーブが失われ、慢性的な首の痛みの原因になるだけでなく、頭痛やめまい、不眠を伴う事もあります。

神経痛

人の体には末梢神経(自律神経、運動神経、感覚神経)と中枢神経(脳と脊髄)があります。全身に枝のように張り巡らされているのが末梢神経、幹のように体の中心となるのが中枢神経です。末梢神経の感覚神経が何らかの原因で刺激を受けて、末梢神経領域に痛みや痺れといった症状が出るのが神経痛です。帯状疱疹の後遺症等、原因のはっきりした症候性の神経痛もありますが、原因のわからない突発性の神経痛もあります。

首が痛い神経痛の症状セルフチェック


神経痛を発症した人は、「最初はいつもの首こりかと思った」という場合や、「自分が神経痛になるとは思ってもみなかった」という事も多いようです。首の痛みを伴う神経痛にはどんなものがあるでしょうか。早期発見できるよう、ぜひチェックしてくださいね。

後頭神経痛

緊張型頭痛、偏頭痛とならんで、第3の頭痛と言われている後頭神経痛。後頭部に突然電気が走ったようにズキズキ、ピリピリとした痛みを感じるようになり、こめかみ付近まで痛みが及ぶこともあります。目の奥の方まで差し込むような感覚を伴う事もあり、しびれを感じる場合もあります。中には、髪を触っただけでも痛いという人も。

上腕神経痛

首の片側から肩にかけて広い範囲で痛みやしびれを感じることが多く、腕から手にかけて脱力感を伴う人もいます。症状や痛みの出る部位はさまざまですが、頸椎の歪みによるものや、長時間同じ姿勢を取ることによって血流が滞り、筋肉が凝り固まってしまうのが原因と考えられています。そして神経が圧迫され、上腕神経痛を発症すると言われています。

肋間神経痛

胸やお腹、背中等の肋骨付近を走る肋間神経が圧迫されて痛みが起きる神経痛です。声を出したり、くしゃみや咳をする事で痛みが走るケースもあり、ある日突然発症する事も…。肋間神経が圧迫される原因の中に、先ほど挙げたストレートネックもあります。背骨や首の歪みが胸椎に影響を及ぼすので、同じ姿勢でいる事の多い人、つい猫背になりがちな人は注意が必要です。

頸椎椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアと聞くと腰に痛みが生じることが多いイメージですが、同じことが首に起こる場合もあります。首から腕にかけて痛みや痺れが生じたり、首が動かしにくいという場合もあるようです。握力が低下したり、頭痛むくみ耳鳴り吐き気等を伴うこともあります。

頸椎症性神経根症

頸椎椎間板ヘルニアと似ていますが、手が動かしにくくなったり指先にしびれを感じたりする事もあり、首から肩にかけて痛みを感じる人もいます。患者は中年から高齢者に多く見られ、痛みの程度も個人差があり、左右どちらか一方に症状が出ることもあります。

神経痛で病院にかかる場合の注意点


治療の一つとして注目されてはいますが、整骨院や接骨院、カイロプラクティックや鍼灸など、はじめから自己判断で行くのは避けたほうが良いでしょう。内科的な治療が不可能な上、原因がわからないうちに肩や背中に負荷をかけることで、症状が悪化する可能性もあるので注意が必要です。まずは医療機関で診察を受けましょう。初診にはまず、整形外科脳神経外科脳神経内科ペインクリニック等が適していると言われています。

 

まとめ


神経痛の症状の出方はさまざまですが、首の痛みの他にめまいや痺れ、肩や腕、胸部にも痛みが及ぶ事もあります。呼吸器や心臓の病気かと思ったら神経痛と診断されたというケースもあり、判断が難しい病気でもあります。痛みが続く場合は、迷わず医療機関を受診しましょう

 

病院での治療法の他にも、ゆっくり湯船に浸かって体を温めたり、就寝前にストレッチをしたり、上手にストレス発散をしたりと、日常生活の改善で痛みが和らぐケースもあるので、ホームケアも合わせて試してみてくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-病気
-, , ,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2018 All Rights Reserved.