ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

健康

神経痛による足の悩みに効く治療法、治し方5選!

投稿日:

坐骨神経痛大腿神経痛による足の痛みや痺れは相当つらいものです。体験者のお話によれば、指先や足の裏を鋭い針で突き刺されたかの如き強烈な痛みであり、立ち仕事や歩くことすら苦しいのだとか。この痛みにはご年配の方だけでなく、20代30代の比較的若い男性女性も苦しめられているようです。

 

骨の歪みで発生した腰椎椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症等による神経の圧迫、その他血行不良や冷えなどが原因となって発生すると言われているこれらの症状は、そのまま放置しておくと着実に悪化し、最終的には立つことすら難しくなって生活に支障をきたしてしまう恐れがあります。そうした重篤な事態に陥ってしまう前に、今回この記事でご紹介する治療法をぜひお試しください。

 

治し方①:市販薬の服用

市販薬の定期服用によって神経痛に効果がある成分を摂取し、症状による痛みの緩和、改善が期待できます。

 

メリットとしては、薬局やドラッグストアなどでお手軽に購入が可能なこと。それほど大きなコストを必要としないことでしょう。

 

デメリットとして、成分の内容によっては痛みを抑えるだけの効果しか持たないこと、あまりにも症状がひどい場合は、効き目が通用しない可能性があることです。

 

以下、評判のよいおすすめのお薬を2点ご紹介しましょう。

 

ロキソニンS

まず最初にご紹介するのは、「新ルルA錠」などのロングセラー商品を多数手がけている第一三共ヘルスケアの「ロキソニンS」です。

 

この薬に含まれているロキソプロフェンナトリウム水和物が神経痛に作用し、その痛みによるつらさを和らげてくれると、使用した方々から高い評価を得ています。眠くならず、1回1錠で使えるという点もおすすめですね。

 

注意点としましては、第一類医薬品のため、購入にあたっては薬剤師のいる薬局やドラッグストアにて用法容量に関する説明を受ける必要があります。また、あくまでも痛みを抑えることが主目的のため、この記事で紹介している他の治療法と併せて服用しましょう。

 

価格:648円(12錠12日分)

 

グルコンEXプラス錠

日本薬師堂が開発した「グルコンEXプラス錠」は、累計販売個数480万個を超えるベストセラー商品です。

 

コンドロイチンチアミン硝化物等の有効成分が傷ついた軟骨や神経組織を回復させ、その症状を和らげてくれます。専任薬剤師によるコールセンターや定期お届けコースなど、充実したサービスも人気の理由ですね。特に定期お届けコースに関しては、初回が72%割引、それ以降も10%割り引きなうえ送料も無料なので、大変お得といえるでしょう。

 

定価:7178円(186錠、31日分)

※定期お届けコース加入で、初回のみ1980円、それ以降6460円

 

治し方②:自宅でのストレッチ

お尻や太もも、腰といった神経痛に関連している箇所の筋肉をストレッチでほぐすことによって血行不良を改善し、症状を和らげることができます。

 

この方法のメリットは、なんといってもお金がかからないこと。特別な器具も必要なく、自宅で誰でも実践可能なので、コスト面ではもっともすぐれた方法といえるでしょう。また、完全に自分のペースで行うことができるので、体調が悪いときなどは力加減や回数を適度に調節可能という点も魅力的ですね。

 

デメリットとしては、長期的に続けなければならないこと。少なくとも1ヶ月、人によってはそれ以上の期間が必要なので、効果が現われる前に飽きてしまうかもしれません。それに、誤ったストレッチ法を続けて行ってしまうと、逆に症状を悪化させてしまう恐れもありますので、実践する際にはやり方をしっかりチェックした上で行いましょう。

 

以下、おすすめのストレッチ法を2点ご紹介します。

 

後ろ足のばし法

まず、周囲にぶつかるものが何もない場所でシャキッと背中を伸ばして立ちましょう。そしてそこから右足だけを後ろに伸ばしていってください。「ヨーイドン」の姿勢に少し似てはいますが、左足は膝をつかず、足の裏を地面に引っ付けた状態にしておきましょう。

 

次に体重を前に乗せ、「ほんのちょっぴり痛みを感じるな」というところまで腰を落としてください。その状態を20秒ほど保った後、今度は左足を後ろにして同じ運動をします。これを一日2~3セット行いましょう。

 

寝転がり足組みだっこ法

最初にマットあるいはシーツへと寝転がり、両膝を折り曲げましょう。次に左足を上げ、その外側を右膝に載せてください。それから折り曲げている右膝を両手でつかみ、そのまま自分の胸のあたりまで持ってくるように引きましょう。身体の力を抜いて、ゆっくり行うことがポイントです。これを10~20秒程、左足と右足で交互に2~3セットずつ行いましょう。

 

治し方③:食事療法

毎日食べている食事の構成を見直し、神経痛に対し内側から改善を図る方法です。

 

この方法のメリットは、ただ食事のメニューを変更するだけなので、薬を飲んだりストレッチをするといった特別な行動が不要であり、日常生活に組み込みやすいことでしょう。特に、料理が好きな方にとっては実践しやすい方法といえますね。また、この食事療法は神経痛だけでなく、生活習慣病や肥満の改善にも効果があります。

 

デメリットとしては、食事内容を制限しなければならないので、好き嫌いの多い方にとってはストレスに感じる可能性があるといったところでしょうか。加えて、仕事に追われ、食事を調整する時間がない方の場合は、実践が難しいかもしれません。

 

根菜の摂取

身体が冷えると感覚が過敏になり、その痛みもより強いものとなります。なので、身体を温める効果のある根菜(だいこん、しょうがなど)を中心に摂取することによって、ある程度痛みを改善することが可能です。おすすめは、ふろふき大根ジンジャーラテ。食べるだけでぽかぽか温まっていくようなレシピで摂取することがポイントです。

 

糖分の制限

砂糖などに代表される糖分の過剰摂取は、血管や神経の圧迫による血行不良を招き、神経痛を悪化させる要因です。

 

なので、糖分を多量に含むジュースやビール、スナック菓子などは摂取しないように食事制限します。もしどうしても食べたい場合は、砂糖不使用を謳っている製品を摂取することで補うとよいでしょう。糖分ゼロビールおからクッキーがおすすめです。

 

治し方④:サロンでの整体

整体師の施術によって症状の改善、治療を図る方法です。治療のメカニズムとしては前述したストレッチと同様ですが、こちらは長年の経験と知識を積んだプロによるもの。鍛えられたテクニックによって患部に直接処置を施すので、より大きく確実な効果が期待できるでしょう。

 

治療代の相場は少々高めで、1回3000~5000円程度。ほとんどの場合1回の施術による完治は難しく、1~2ヶ月程度の定期的な通院が必要となります。仮に1週間1回、それを続けて約2ヶ月通院したとすれば、大体24000~30000もの金額となり、症状の程度によっては更に施術を受けなければなりません。サロンや施術内容によっては保険が適用されるケースもありますが、すべての施設がそうだとは限りません。

 

ですが、その分効き目は確かなものです。血行も良くなるので、肩こりや慢性疲労に有効なのもいいですね。

 

サロンでは、症状改善のためのアドバイスなどを聞いたり相談することもできるので、サポーターとしても非常に頼れる存在です

 

施術の内容について

神経痛の主な原因とされているヘルニアや脊柱管狭窄症は、椎間板や背骨の歪みから生じるとされています。サロンでは時間をかけて神経痛の原因となっている箇所に少しずつ力を加えゆっくりと矯正していくことで筋肉や神経のバランス不調を改善し、正常な状態へと回復させます。

 

背骨や腰を強く押したりするため、この施術が痛いという方もおられますが、痛みを感じていることをはっきり整体師に伝えれば、適切な力加減をしてくれます。レベルの高いスタッフによる施術はむしろ気持ちよさすら覚えるそうです。

 

サロンの評判は事前にチェックを!

ネットのポータルサイトなどを経由して、サロンの評判は必ずチェックしておきましょう。低レベルな施設の未熟な整体師のおかげで、症状がむしろ悪化するということも考えられます。そもそも、整体サロン開業にあたって特別な資格は必要ないため、中にはまったく経験のない人間があたかもプロのように振舞ってまったく効果のない施術を行い、高い料金を請求してくるケースがあるそうです。

 

ただ「近くて通いやすい」という理由だけでなく、過去に通院した方々の口コミを調べ、そのサロンが本当に信頼できるかを確かめましょう。

 

治し方⑤:外科手術

これまでに上げた方法を実践しても症状の緩和が見られず、生活に大きな負担をきたすような場合は、外科手術による治療が必要となるでしょう。費用は他の治療法に比べかなり高額ではありますが、その分非常に高い効果が期待できます。

 

以下、主な手術法について解説していきます。

 

椎弓切除術、椎体間固定術

「椎弓切除術」とは、頸部をメスで切開し、その中にある椎弓棘突起、ならびに付着している筋肉を直接切除することによって神経の圧迫を解消するといったものです。また、椎体間固定術という方法もあり、これは症状の原因となっている箇所を切除した後、移植骨や人口骨の挿入、スクリューやプレートの使用等によって固定し、脊椎の安定性を高めるといったものです。

 

もうひとつ同系統の方法として、椎弓そのものではなく神経を圧迫している箇所のみを取り除く「開窓術」というものもありますが、これは非常に高度な技術を要するため、日本ではほとんど行われていないそうです。

 

これらの費用については30万~60万と非常に高額で、入院期間も3~6ヶ月と長くなってしまいます。会社に勤務されている方にとっては、少々難しいかもしれません。

 

レーザー治療、MED法、MD法

その他の治療法としては、レーザー治療によってヘルニアの原因となっている髄核を蒸発させる方法や、内視鏡とモニターを用いて切除手術を行うMED法、拡大鏡を使用するMD法なども実施されています。

 

これらの方法については費用も10~30万と比較的安価で、入院日数も2週間程度、経過によってはその日のうちに帰宅することも可能ですが、設備や技術力の問題から手術が不可能な病院も少なくないようです。

 

術後の後遺症について

いずれの方法も、術後しばらくは足の指先などにしびれが残るとされています。ただこれは極めて微弱かつ一時的なもので、それほど気に掛ける必要はありません。頸椎を損傷し、痛みの悪化や半身不随などの後遺症が発生する恐れがあるともいわれていますが、それが実際に起こる可能性は非常に低いようです。

 

症状再発の可能性とその対策

上記の方法によって神経痛が一時的に改善したとしても、再発の可能性は十分に考えられます。特に20~30代の場合、原因は血行不良や骨盤の歪みに依るところが大きく、劣悪な生活習慣を懲りずに続けていれば、一度は治したはずの痛みに再び襲われてしまうでしょう。そのようなことにならないためにも、しっかりと対策を実践しましょう。

 

防止の対策

まず行うべきは、姿勢の歪みを正すことです。猫背胸突き出しなど、背骨に負担をかける姿勢はとらないよう日ごろから心がけましょう。背中や腰の歪みは整体でも治すことができますが、「姿勢矯正ベルト」「コルセット」といった健康グッズを使用することでも改善が期待できます。

 

また、適度な運動も大切です。一日一回数十分ウォーキングを行うだけでも、しない場合と比べて大きな新陳代謝及び血行のアップが見込めます。仕事などで時間が取れなくとも、寝る前にスクワットを10回、2~3セット行えば血行改善効果を得ることができるでしょう。

 

もし喫煙をしているのであれば、禁煙しましょう。タバコに含まれているニコチンを摂取することによって血管が収縮し、ヘルニアや神経痛のリスクが高まってしまうからです。止めるためにはそれなりの努力が必要となりますが、禁煙外来など協力機関はたくさんありますので、積極的に相談してください。

 

まとめ

以上、神経痛による足の痛みの治し方、治療法について説明致しました。

 

ストレスが溜まりやすく、生活習慣も乱れがちな現代社会において、ある日突然足の神経痛に悩まされるといった方は決して少なくないようです。

 

面倒くさいからと放っておけば症状はどんどん悪化し、日常生活へ及ぼす影響はますます大きくなっていきます。寝たきりになってから「あのときちゃんと治療しておけば・・・」と嘆く前に、適切な治療、そして再発しないための対策をしっかり行っていきましょう。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-健康
-, , , , , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.