ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

睡眠

睡眠に不満がある人必見、メラトニンで睡眠改善

更新日:

ストレスや生活習慣など、様々な理由で睡眠に不満を持っている人がいらっしゃると思います。人生の3分の1は睡眠だと言われていることからも分かるように、睡眠は非常に重要です。

 

睡眠を改善するうえで重要となるのが、メラトニンと呼ばれる睡眠を促すホルモンです。メラトニンが不足していると、体が疲れていても寝付けなかったり、何度も目が覚めてしまったりします。

 

睡眠に必要な不可欠なメラトニンを増やすにはどうすれば良いのか、ご紹介したいと思います。

睡眠に欠かせないホルモン、メラトニン

人間には体内時計というものが存在します。1日周期で、朝目覚めて夜睡眠につく、という決まったリズムで生活することができるのは、この体内時計のおかげです。

 

体内時計は意識的に設定できるものではなく、ホルモンを利用して自然に調整されています。そのホルモンが、メラトニンなのです。

メラトニンはいつ分泌されるのか

メラトニンは、常に大量に分泌されているわけではありません。メラトニンは眠りを誘う働きがあるので、主に夜に分泌されています。日中は眠くならないように分泌する量は少なくなっています。

 

そのため、メラトニンが不足してしまうと、寝付きが悪くなってしまったり、深い眠りにつけなかったりしてしまうのです。

どうしてメラトニンは減ってしまうのか

では、なぜメラトニンの量は減少してしまうのでしょうか。

 

まず、加齢によってメラトニンの分泌量が減ってしまうことが明らかになっています。メラトニンの分泌が最も多いのは10歳前後で、そこからはどんどん減少してしまいます。特に高齢者では分泌量が非常に少なく、そのため、睡眠時間が減少してしまうのです。

光の影響も受けてしまう

メラトニンの分泌は、夜になると自然に行われるのですが、その際によるかどうかを判断するために光を利用しています。つまり、夜になっているにもかかわらず、強い光を浴びてしまうとメラトニンが分泌されず、睡眠に問題が発生してしまうのです。

特に気を付けるもの

光がメラトニンの分泌に影響を与えるからと言って、夜になったら照明は一切つけないようにする必要はありません。もちろん、間接照明などを利用するようにして、部屋を暗くすることはメラトニンの分泌を促しますが、なかなか難しいと思います。

 

睡眠改善のために注意すべき光は、パソコンやスマートフォン、テレビなどの液晶画面から発せられる光です。実感したことは少ないかもしれませんが、これらから発せられる光は非常に強く、睡眠障害以外にも、視力低下などの問題も引き起こしてしまうのです。

 

他にも、コンビニエンスストアの光などは非常に強いので、夜になったらこういった強い照明を使っている施設にできるだけ近づかないようにするのも有効です。

自律神経の乱れにも気を付けましょう

ホルモンは自律神経の乱れによる影響を強く受けてしまいます。自律神経が乱れる原因として有名なのが、ストレスです。悩み事などがあると、メラトニンとは関係なしになかなか気持ちよく寝られないと思いますので、ストレスの解消方法を早い段階で見つけておくようにしましょう。

アンチエイジング効果もあるメラトニン

メラトニンは睡眠を促す効果以外にも、様々な効果を持っています。

抗酸化作用

ストレスや喫煙、激しい運動、加齢などによって体には活性酸素と呼ばれる物質が発生してしまいます。この活性酸素は、老化を引き起こす物質で、肌などの見た目の老化だけでなく、血管などにもダメージを与え、生活習慣病などの原因にもなってしまいます。

 

この活性酸素を除去する効果のことを抗酸化作用呼び、メラニンはこの抗酸化作用があるホルモンとしても注目を浴びています。メラトニンを増やすことは、美容や健康にとっても欠かすことができません。

免疫力を高める

体の中に存在する免疫細胞を強化することにより、免疫力を高める効果がメラトニンにはあります。一説にはガンにも効果があると言われており、メラトニンの量を増やしてやることは非常に大切なことだと言えるでしょう。

メラトニンの副作用について

睡眠の改善、抗酸化作用、免疫力向上など非常に多くの効果があるメラトニンですが、副作用はあるのでしょうか。

体調不良

摂取量を誤るなどすると、腹痛や嘔吐など、体調が悪くなってしまう可能性があります。他にも、メラトニンの量が急に変わるせいで逆に体内時計がくるってしまったり、悪夢を見てしまったりすることもあるようです。

摂取に注意が必要な人

メラトニンは誰でも服用してよいものではありません。特に問題となるのが、授乳中、妊娠中の女性、14歳未満の子供の摂取です。専門医の指導の下であれば、服用することが不可能というわけではないのですが、体への影響を考えて避けるのが良いでしょう。

メラトニンを直接摂取するのは効果的なのか

メラトニンは自然と分泌されるホルモンですが、睡眠薬として直接摂取することも可能です。メラトニンを直接摂取するのは体にとって良いことなのでしょうか。

メラトニンは医薬品

アメリカなどではサプリメントとして利用することができるのですが、日本では医薬品としてしかメラトニンを利用することしかできません。そのため、個人で自由に購入したり使用したりすることはできないのです。

 

もともとメラトニンには副作用の恐れがあるので、専門家の指示の下で利用するのがお勧めです。どうしても個人で利用したい場合、ネットショッピングなどで個人輸入する必要が出てきます。

メラトニンを増やすのがお勧め

個人輸入するのが手間だと感じたり、医薬品を使うのが不安だったりするのであれば、メラトニンを増やしてやるのがお勧めです。メラトニンを増やすには、メラトニンの分泌量を減らさないように気を付けた上で、メラトニンの分泌を促進する成分を増やす必要があります。

 

メラトニンの分泌を促進する成分は、セロトニンと呼ばれる成分です。セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれるホルモンで、ストレスを軽減し、うつ病などを予防する働きなどもあります。

セロトニンを増やすには

セロトニンを増やすには、メラトニンの分泌を減らしてしまうような行動を避けるとともに、セロトニンの材料となる成分を摂取するのがお勧めです。セロトニンの材料となるのが、トリプトファンです。

 

トリプトファンは必須アミノ酸の1種で、たんぱく質の中に含まれています。人間が体内で作り出すことのできない成分なので、積極的に摂取する必要があります。具体的には、大豆や魚、肉などを適量食べるようにする必要があります。

グッドナイト27000を使ってメラトニンを増やす

メラトニンを増やすために重要なことはわかっても、なかなか実践できない、という人はサプリメントを利用するのがお勧めです。サプリメントであれば、忙しさにも影響されにくく、継続しやすいと思います。

 

メラトニンを増やすときにおすすめなのが、グッドナイト27000です。グッドナイトにはトリプトファンが非常に多く含まれている上に、ストレスの軽減などが期待できる成分を多く配合されているのです。

含有成分について

グッドナイトには、7つの睡眠改善をサポートしてくれる成分が配合されています。

 

GABA、グリシン、L-テアニンなどのアミノ酸はストレスを軽減させたり、リラックスを促したりする降雨化があると言われています。どれも睡眠改善のサプリメントで用いられることの多い成分で、いずれもしっかりとした量を配合しているのでサプリメントをいくつも飲む必要がありません。

 

リラックス効果の高いハーブである、カモミール、ラフマも配合しているので、気分が落ち着かない、という人に非常にお勧めできるサプリメントです。

 

これらの成分に加え、メラトニンの分泌を促すセロトニンを作るために欠かせない、トリプトファンや、ストレスの軽減に大きな効果があると期待されている、注目の成分ラクティウムも配合されています。

まとめ

メラトニンを増やすことで、自然に訪れる眠気で寝付くことができます。いくつかの生活習慣に気を付けるだけでもしっかりメラトニンの分泌を促すことができるので、自分の生活を見直し、規則正しい生活を心がけましょう。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-睡眠
-, , , , , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.