ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

健康

老眼の原因や予防、対策方法は?目のアンチエイジングを始めよう!

更新日:

老眼とブルーライトの関係


最近、ブルーライトというものがよく取り上げられています。多くの人は聞いたことがあると思います。
最近一気に普及して、中毒のようになってしまっている人もいる、スマホからは、目にダメージを与えるブルーライトと呼ばれる光が放出されているのです。

 

スマホに限らず、パソコンなどからも発せられるこのブルーライトは、こういった電子機器が欠かせない現代では猛威を振るう存在です。その対策として、専用のレンズを利用したメガネで、ブルーライトをカットしたり、パソコンやスマホの画面に貼るシールを使ってブルーライトをカットしたりしている人も少なくないと思います。現に、これらの商品はかなり多くの人に利用されているようです。

 

では、ブルーライトが目にダメージを与える、というのは具体的にはどのようなダメージを与えるのでしょうか。
痛みなどがないので、気づかないですが、網膜と呼ばれる非常に大切な場所に、ブルーライトは届きます。これによって、網膜剥離、白内障、緑内障などが引き起こされます。

 

また、研究では、メラトニンを発生させないようにして、体内時計を狂わせて、睡眠障害を引き起こすという結果もあり、様々な問題につながる可能性があります。本来メラトニンは夜に分泌され、寝る時間であることを体に知らせます。そのメラトニンが分泌されないので、夜だと体が認識できないのです。

老眼サプリおすすめランキングBEST6

眼精疲労と老眼

老眼になると、ピントが合わなくなる以外にどのような症状があるのかご存知でしょうか。
老眼になってしまうと、ピントが合わなくなってしまうために、目を酷使してしまうことも多々あります。

 

特に、老眼があらわれ始めてすぐのときなどは、自分が老眼であると気づかないので、今までと同じようにピントを合わせようとします。
しかし、ピントを合わせる能力が低下しているので、今までと同じようにピントを合わせようとするだけで大きな負担になってしまうのです。

 

その繰り返しによって、眼精疲労を引き起こす可能性もあります。しかし、老眼だけが眼精疲労を引き起こすわけではありません。眼鏡のレンズが目にあっていなかったり、ブルーライトを目に浴びせ過ぎていたり、病気に目が蝕まれていたり、など様々な原因があるので、ひとえに老眼だと決めつけてしまうのも危険です。

 

必ず、眼科に行き、きちんと原因を突き止めることが大切です。もし、原因だと思っていたものが間違えていた場合、どんなに改善しようとしても改善できない可能性があるからです。

老眼の予防は健康や美容にも役立つ


老眼を引き起こす原因である活性酸素は健康や美容にも大敵です。

健康面では、動脈硬化や心筋梗塞などにも活性酸素は大きな関係がありますし、美容面ではシワやほうれい線、たるみなどを引き起こす原因に活性酸素があります。

 

活性酸素が増えると、血液がドロドロの流れにくいものになってしまい、血栓とよばれる塊ができてしまいます。この塊ができてしまうと、血管に付着して、血管が硬く、脆くなってしまいます。
これが、動脈硬化です。この動脈硬化が悪化すると、血管内部に血栓がたまり、血管の内部の血がどんどん流れにくくなってしまいます。

 

そして、ついには血栓が詰まってしまい、心筋梗塞、脳梗塞などが引き起こされます。脳梗塞や心筋梗塞は命に関わる重大な問題ですし、一命をとりとめても、後遺症が残ってしまう可能性も低くはありません。

 

こういった病気は予防することが一番大切です。活性酸素を、抗酸化成分を摂取することで除去することは、これらの問題へ対処していることにもなります。
老眼なんてまだ先の話、と思っている人も、今から老眼対策をしておけば、これらの問題もしっかり予防することができます。

 

ピントが合わなくなった、などの症状が出ていない人は老眼の大変さがわかって居ない部分も多く、予防などに積極的になれないかもしれませんが、体にも良いことなので、積極的に老眼予防をしていくようにしましょう。

老眼予防には、目に悪いことをしないのも大切

老眼予防では、抗酸化成分だけを摂取していれば良いわけではありません。老眼を引き起こす原因であるブルーライトなどは、自分の生活が深く関係しています。

 

必要もないのに、スマホやパソコンをずっと眺めていたり、スマホやパソコンを長時間眺める必要があるのに、ブルーライトをカットできる眼鏡をかけていなかったりすれば、それは老眼になろうとしているのと同じことです。

 

現に、以前は加齢によって引き起こされるものだった老眼が、若者にもあらわれるようになってきているのです。
最近の若い人たちの老けが早まっているわけではなく、スマホやパソコンの普及で、ブルーライトを大量に浴びていることが原因です。

 

これはスマホ老眼とも呼ばれ、多くの患者がいます。スマホをずっと眺めている弊害はブルーライトだけではなく、水晶体への影響もあります。
スマホを体から離して持つ人は少なく、どうしても近くを眺める時間が増えてしまいます。
それにより、近くにピントを合わせるために水晶体が酷使され、弱ってしまうのです。

 

ブルーライトと、酷使によるダメージで、どんどん老眼が早められてしまうのです。
スマホから目を離した直後、ピントが合うまで時間がかかる、という人は、すでにスマホ老眼が始まってしまっている可能性があります。すぐに予防、改善するようにしましょう。

 

目を温めて血行を促したり、指圧して疲れをとったりするだけでも十分効果が期待できるので、ぜひ試してみてください。

目のトレーニングをして老眼を予防、改善


老眼を予防改善する方法には、目のトレーニングをしてやる、という方法もあります。
近くにあるものをずっと眺める、というのがよくないのであれば、ときどき遠くを眺めるだけでも目を休めてあげられます。

具体的なケアをいくつか紹介します。

 

指を目の前に持ってきてその指先と、遠くの景色を交互に1秒くらい時間をかけてみます。20回ほど行うようにしましょう。
これを何度も行っていれば、ピントを合わせる能力が低下しないですみます。

次に、眼球を動かすトレーニングです。上下左右へ眼球を動かしてみたり、瞬きをしてみたり、眼球を意識して視界を動かしてみましょう。
意外と眼球を意識的に動かすことはないので、良いトレーニングになります。

 

常に目を意識的に使うことは大切です。たとえば、卓球などの素早くボールが移動する競技では、目の動きが重要になってきます。野球などで球を見るときもおなじです。
これらを意識的に行ってやるだけでも、目のトレーニングをすることは可能です。

 

目のトレーニングは、特に物がなくてもできるものが多く、場所も選びません。時間がない人でも取り入れやすいものが多いと思いますので、ぜひ行ってみてください。

老眼を早める要因


老眼とは、近くのものが見えにくくなるという、目の老化現象です。年齢とともに、目の中の水晶体は硬くなります。
そのため、ピントを合わせる機能が低下してしまいます。これが、老眼の原因であると言われています。

 

この水晶体が硬くなってしまう要因に、目の疲労やストレスが挙げられます。
目の疲労やストレスが貯まりやすい環境の人は、注意が必要です。

スマホやパソコンを長時間利用している人

スマホやパソコンは、目にものすごく負担がかかります。目を使いすぎるということは、ストレスや疲労も溜まりやすくなります。
そのストレスや疲労の蓄積が、老眼の速度を上げてしまいます。

 

老眼の速度を上げないためには、目を休める必要があります。
休日は、スマホやパソコンの使用時間を減らすなど、目に負担がかからないように工夫をしましょう。

また、お風呂の時間を利用してマッサージをするなど、溜まった疲労を放置しないということも重要です。

老眼による視力低下で、メガネを使用し始めた人

老眼鏡を使用すると更に悪くなるという、認識を持っている人は少なくありません。
それは、メガネが直接的に老眼の進行速度を上げているわけではありません。

 

慣れないメガネによって、目が疲れることが老眼の速度を上げてしまうのです。
ですから、最初の頃は、メガネを連続で使用するのではなく、必要な場面のみで使用し、徐々に慣れさせるのがよいでしょう。

 

老眼が始まる年齢や、速度については個人差はあるものの、全ての人に起こります。ですから、若いうちから老眼について知っておくことはとても重要です。また、老眼を予防するために、日常的に目のケアを行いましょう。

老眼サプリおすすめランキングBEST6【口コミ徹底比較】効果があるのはこれだ!

このページでは、近いものが見えにくくなる老眼に効果のある老眼サプリについて書かれています。   老眼対策・予防 ...

どのような検査で老眼を調べるのか


40歳を超えると、スマホや新聞の文字が見えにくくなることがあります。
それは、一般的に「老眼」と言われており、近くのものがぼやけて見えにくくなるという、一種の病気です。

例えば、新聞紙を持っている手を前後させている人を見かけたことはありませんか。あれは、老眼で近くの文字が見えにくいため、文字のみえる位置を探しているのです。
眼には、ピントを調節する機能を持つ「水晶体」というものがあります。

水晶体の柔軟性から視力低下

この水晶体は、柔軟性があり、厚みを増加させたり減少させたりすることによって、ピントを合わせようとします。
しかし、年をとると、この水晶体は柔軟性がなくなり、硬くなってしまいます。そのため、変形しにくくなるので、ピントを合わせる機能が低下するのです。

 

個人差はありますが、老眼による視力低下は、誰にでも起こる現象です。
そのため、年配の方で、視力低下はただの老眼であると、勝手に思い込み、きちんと検査をしない人がいます。

 

しかし、老眼とは別の病気で視力が低下している恐れもあります。ですから、年々、視力が低下しているなと感じたら、まず、眼科で検査をしてもらいましょう。

眼科での検査方法

眼科での検査方法は、眼底検査、眼圧検査、オートレフラクトケラトメーター検査、波面センサー検査、細隙灯顕微鏡検査など、様々なものがあります。
眼底検査や眼圧検査では、光や風を当てて、網膜や血管の異常、水晶体の柔軟性などを検査・測定します。

 

オートレフラクトケラトメーター検査や波面センサー検査では、絵をみることで角膜などに異常がないか、調べたりします。

 

眼科での検査は、一瞬で終わるものもあるため、あまり時間がかかりません。
視力低下は老眼が原因だと自分で決めつけるのではなく、眼科できちんと検査をすると良いでしょう。

工夫次第で老眼の進行を抑えることができる


老眼は、誰にでも起こる目の老化現象です。
近いものがぼやけて見えにくくなるという視力低下が、一般的な症状です。

 

症状や発症時期には、個人差があります。
しかし、日常生活を改善したり、少し工夫したりことで、老眼の進行速度を抑えることができます。

食生活の改善

最近、インスタントフードや冷凍食品、コンビニなどで手軽に食事を済ませる人が増えています。

 

しかし、このような食生活が続くと、老眼の進行が早まると言われています。ですから、野菜をたくさん食べ、バランスの良い食生活を心掛けることが大切です。

ストレスや疲労の軽減

スマホやパソコンを長時間利用すると、目にはかなりストレスがかかっています。また、知らないうちに、疲労やストレスが蓄積されています。

 

疲労やストレスも、老眼の進行速度を早めます。
ですから、スマホやパソコンの利用時間を削減する、毎日マッサージをするなど、工夫をすることで、老眼の進行速度を抑えることができます。

眼科で検査をしてから老眼鏡を作る

自分にあった老眼鏡でなければ、目に余計に負担がかかる恐れがあります。
ですから、まず、眼科でしっかり検査をしてから、老眼鏡を作るようにしましょう。

サングラスを使用する

紫外線は水晶体を酸化させる作用があります。水晶体は酸化すると、柔軟性がなくなってしまいます。
そうなると、ピントを合わせる機能が低下するため、老眼が進行してしまいます。

 

サングラスなどで目を守り、老眼の進行を遅らせる工夫をしましょう。

 

このように、日常生活の中で工夫をすることで、老眼の進行は抑えることができます。
また、老眼が始まっていない人には、予防になります。意識して日常生活を送っていきましょう。

近視の人も老眼になる


年齢とともに、体には様々な老化現象が出てきます。老眼も、その一つです。
老眼は、近くのものが見えにくくなるという特徴があります。

 

年を重ねると、水晶体は徐々に硬くなり、厚みの変動がなくなってきます。これが、老眼の原因と言われています。
老化現象が出始める年齢には、個人差があるため、遅い人も当然います。しかし、老化は、全ての人に見られる症状です。
ですから、老眼も、全ての人に症状が出ます。

 

しかし、近視の人は老眼にならないと言われることがあります。近視というのは、角膜や水晶体の光の屈曲異常のことをいいます。
近視の場合、網膜の手前でピントが合ってしまったり、水晶体と網膜の距離が長すぎて、遠くのもののピントをうまく合わせることができなくなるそうです。

近視の人も老眼になってる

老眼とは逆に、遠くのものがぼやけて見えにくく、近くのものや文字ははっきり見えるのです。
通常、近くを見る時は、水晶体の厚みに変動があります。
しかし、近視の人は、常に近くにピントが合っている状態なので、水晶体の厚みにあまり変動がありません。

 

そのため、老眼が進行し始めても、自覚がない人が多数いるのです。ですから、実際は、近視の人も老眼になっています。
近視の人は老眼にならないと言われるのは、気づかない人が多いということです。

 

老眼は決して恥ずかしいことではありません。
自分はまだまだ若いと思う気持ちは大切ですが、老化現象が出始めたら、それをきちんと受け入れることも重要です。

きちんと受け入れることで、進行速度を遅らせることができます。眼科で検査をして、老眼と向き合いましょう。

どのような関係がドライアイと老眼の間にはあるのか


年齢とともに、身体の至るところに不調が現れることを、一般的に老化と言います。
目の老化は老眼と言われており、近くのものが見えにくくなる、目が疲れやすくなる、といった症状が出ます。

 

老眼は、誰にでも起こる現象です。しかし、症状が出始める年齢や、進行速度などは個人差があります。
老眼の進行速度を進める要因にドライアイがあります。

 

ドライアイとは、涙の量が不足している、または、涙の質が悪い状態のことです。ドライアイになると、目の表面に傷が付きやすくなります。
なぜかというと、涙が目の表面を覆い、目を守る、というとても重要な働きをしているからです。

 

ドライアイは、この機能が低下している状態です。
ですから、目が乾く、目がゴロゴロする、不快感がある、疲れやすい、物がかすんで見える、目が充血する、といった様々な目の不調が現れます。

ドライアイの原因

ドライアイになる原因は、加齢や目の使いすぎが挙げられます。
加齢に伴い、マイボーム腺の機能が低下することがドライアイに繋がります。

 

マイボーム腺とは、涙がこぼれ落ちるのを防ぐ、涙の蒸発を防ぐ働きがあります。
また、パソコンやスマホを長時間使用することで目を使いすぎてしまい、目のダメージが過剰になり、ドライアイになってしまいます。

 

コンタクトレンズの使用も、目にはかなり負担がかかっています。ドライアイになると、目のストレスが多くなります。
このストレスが、老眼の進行速度を進めてしまうのです。

 

ドライアイも老眼も、きちんと目を休める、目の体操をするなど、日常生活の中で気をつけることで、ある程度予防することができます。

どのような関係がストレスと老眼の間にはあるのか


現在の日本は、ストレス社会であると言われています。
ストレス社会とは、仕事や日常生活で、ストレスを感じることが多い社会状態のことです。

 

仕事では、パワハラ、過剰な残業、人間関係のトラブルなどが挙げられます。
日常生活では、育児の負担、高齢者の生活のサポート・介護などが挙げられます。現在社会は、子供でもストレスを感じ、溜め込んでしまうほど、ストレスが多いと言われています。

 

ストレスが過剰である状態は、身体に様々な影響を及ぼします。
老眼も、ストレスの影響を受けます。

 

老眼とは、年齢とともにピントを合わせる機能が低下することによって、近くのものが見えにくくなるという症状が出る目の老化現象です。老眼の症状が出始める年齢や、進行速度は人それぞれ違います。

毛様体筋の使い過ぎ

目の使いすぎが老眼の進行速度を速めると言われています。
目の使いすぎというのは、具体的に、毛様体筋を使いすぎているということです。

 

毛様体筋を使うのは、瞳孔を開いている時です。普通、瞳孔は開いたり閉じたりしますが、緊張していると、瞳孔は閉じなくなってしまいます。
その緊張を引き起こすのが、ストレスです。緊張状態に深く関係がある交感神経は、ストレスによって働かされます。

 

結果として、老眼はストレスによって進められてしまうのです。
ですから、ストレスを溜めないということが、老眼を遅らせることにも繋がります。

 

ストレスを溜めないようにするために、しっかりと休養をとりましょう。
また、ストレス発散になることを行っていきましょう。

ふらつきの原因は老眼かも


年齢を重ねると、肩があがらなくなるなど、体の至るところに不調が現れます。
これは、老化現象と言われ、個人差はあるものの、全ての人に症状が出ます。

 

老化現象の一つである老眼は、近くのものが見えにくくなるとういう症状がでます。
また、夕方になると目がかすむ、目の疲労感が強い、目に違和感がある、というような症状もあります。

 

老眼の症状が出始めるのは、一般的に40歳くらいからと言われています。老眼は、日常生活の中でちょっとした努力をすることで、進行を遅らせることができます。
しかし、止めることはできません。
ですから、老眼の症状が出始めたらきちんと受け入れて、向き合っていかなくてはなりません。

 

年齢を重ねると、よくふらつくようになったという人は、老眼が原因かもしれません。
もちろん、他の病気も考えられるため、そのような症状が出た場合は、必ず病院で検査をしてもらうようにしましょう。

ふらつきと老眼の関係

では、なぜ、ふらつきの原因が老眼にあるのでしょうか。
老眼の進行速度は、人それぞれ違います。それと同様に、左右でも進行速度が違うのです。

 

例えば、右目の老眼の進行速度が速く、右目だけ見にくい、というような、左右の見え方に差がある状態が良くありません。
左右の見え方に差があると、平衡感覚にバラつきがでてきます。これが、老眼によるふらつきの原因です。また、頭痛や肩こりなども、老眼が原因であることがあります。
前にも述べたように、老眼は進行を阻止することはできません。

 

しかし、日常生活で意識することで、進行を遅らせたり、症状を緩和させたりすることは可能です。
ちょっとでも目に違和感があったら、きちんと検査をしてもらいましょう。

どうすれば老眼を治すことができるのか


老眼とは、年齢とともに、近くのものがぼやけて見えにくくなる眼の病気です。老眼になる原因は、眼の中にある水晶体にあります。

 

水晶体は本来、柔軟性があります。そのため、厚みを増加させたり、減少させたりすることによって、ピント合わせることができます。
しかし、年をとると、水晶体の柔軟性がなくなって硬くなってしまいます。それにより、ピントを合わせることができなくなるのです。

眼科で老眼の治療

老眼は、個人差はありますが、一般的に40歳を超えた頃から始まります。視力が低下するため、メガネをかける必要があります。
しかし、メガネをかけることに抵抗がある人も少なくないと思います。
そのような人は、眼科で老眼の治療をすることができます。

 

治療方法は、主に手術で、様々なものがあります。まず、角膜の中に老眼治療用のものを入れる方法です。
アキュフォーカスリングやレインドロップなどがあります。
アキュフォーカスリングとは、黒くて小さいリングを用いて、ピンホール効果を起こさせる方法です。

 

レインドロップは、透明のレンズを用いて視力矯正を行います。これらは、小さい文字も見やすくなりますが、視力が安定するのに、3~6ヵ月もかかるというデメリットがあります。

アーモンドは老眼予防に効果的


アーモンドには老化を防ぐ成分が多く含まれていることをご存知でしょうか。
最近では、テレビなどでも言われるようになり、アーモンドの人気が高まっています。

 

老化とは、40歳頃から、身体の至るところに様々な不調が現れることの総称です。老化を防止するためには、酸化と糖化を抑える必要があります。
まず、酸化とは、身体に有害な生成物となる活性酸素が多く、体が錆びてしまう状態のことです。

 

適量の活性酸素は、体内の菌を殺してくれる作用があります。
しかし、活性酸素が過剰になると、有害な生成物となり、体内の大切な細胞を傷付けてしまいます。活性酸素は、生活習慣の乱れやストレス、スマホやパソコンから出る電磁波、紫外線、アルコール、タバコなどが原因で過剰に発生してしまうと言われています。

 

次に、糖化とは、余分な糖がタンパク質と結びついて、最終的にAGEという有害物質になることです。
AGEは、細胞から弾力を奪うという性質があります。弾力を失った細胞は、ハリや透明感を出すことができず、結果として老けて見えるのです。

アーモンドの成分

この体に有害な酸化や糖化を抑える成分を多く含んでいるのがアーモンドです。その成分とは、オレイン酸、アルギニン、ビタミンEです。
アーモンドを毎日20~25粒ほど食べ続けることが重要です。

 

また、ビタミンAやビタミンCが多い野菜と一緒に摂取すると、より効果が期待できます。さらに、食後にアーモンドを食べる方が、AGEを減らすことができるそうです。老化を予防するために、アーモンドの摂取を心がけましょう。食べる量やタイミング、食べ方も意識していきましょう。

 

次に、角膜を変形させるという方法です。
CK(伝導性角膜形成術)やモノビジョンレーシックなどがあります。CK(伝導性角膜形成術)とは、高周波によって角膜を変形させる方法です。

 

モノビジョンレーシックは、光の屈折を調節するために、角膜を削る方法です。これらは、基本的に片目のみの手術となるため、左右の視力に差がつくというデメリットがあります。

老眼は治療ができる病気なので、眼科で医師の説明を聞いて、治療をするとよいでしょう。

目の運動が老眼予防になる


年齢を重ねると、体の至るところに不調が現れます。それは、一般的に老化現象と言われ、誰にでも起こることです。
老化現象は、避けては通れません。

 

しかし、日常生活で気をつけることで、老化の進行速度を遅らせたり、予防したりことができます。
老化現象の一つである老眼の予防には、目の運動が良いと言われています。

 

目の運動の前に、温かいタオルで目周りを温めましょう。目周りを温めることで、血流がよくなります。
血流が良くなると、目の疲労や老廃物などが体外に流れ出ます。

 

老眼になる要因の1つが、目の使いすぎによる疲労やストレスの蓄積です。目周りを温めて、老眼になる要因を排除していきましょう。
お風呂の中でマッサージを行うのも良いです。

血流が良くなったところで、目の運動を行うとより効果があります。

目の開閉運動

まず、2~5秒間、力強く目を閉じます。そして、ゆっくりと、めいいっぱい目を開きます。

これを、数回行いましょう。これは、目周りの筋肉のトレーニングにもなるため、まぶたの引き締め効果もあります。

眼球運動

眼球を5秒くらいかけて、ゆっくりと上下左右に動かします。また、時計回り、反時計回りにゆっくりと目を回します。

 

これも、数回行いましょう。
顔は正面を向いて、眼球だけを動かすことがポイントです。

交互に見る運動

まず、遠くにあるものと近くにあるもの、それぞれ見るものを決めます。そして、それらをゆっくり交互に見ます。

 

この時、どちらも、しっかりピントを合わせるようにしましょう。
ピントを合わせることで、水晶体を鍛えることができます。

目薬を上手く利用して老眼を遅らせる


年齢とともに、身体に様々な不調が現れることを、老化と言います。老眼もその1つです。
老眼は、全ての人に起こる現象で、避けては通れないものです。

 

しかし、日常生活の中で少し気をつけるだけで、進行を遅らせることができます。老眼用の目薬も、進行を遅らせるのに効果があると言われています。
一般的な目薬と比べて、老眼用の目薬には、角膜の代謝を上げる成分がとても多く含まれています。

 

代謝を上げる成分とは、コンドロイチン、パンテノール、タウリンなどです。これらの成分は、目の使いすぎによる疲労の蓄積をクリーンにしてくれます。
目の使いすぎは、老眼をより進行させてしまうと言われています。

 

ですから、これらの成分が入っている目薬で疲労を取ることが、老眼を遅らせるために良いのです。

 

また、目のかすみを取るのに良いと言われている成分も、とても多く含まれています。目のかすみに効く成分は、ネオスチグミンメチル硫酸塩です。
目のかすみは、一時的でも物が見えにくくなることから、知らず知らずのうちに目を使いすぎていることがあります。

老眼用の目薬

老眼の症状が出始めたら、老眼用の目薬を使用するようにしましょう。
ただし、いくら良いものだからと言って、使用しすぎるのはよくありません。

 

一日の使用量や、使用方法は、きちんと指示に従うようにしましょう。また、老眼用の目薬は、老眼を回復させるものではないということも覚えておいてください。

 

この老眼用の目薬は、ドラッグストアなどで手軽に購入することができます。老眼用の目薬と言っても、様々なものがあります。
少しでも合わないなと感じるものは、使用するのを辞めましょう。

 

症状が悪くなる恐れがあるからです。目薬を正しく使用して、老眼と向き合っていきましょう。

老眼の簡易自己診断


老眼とは、目の老化現象のことです。個人差はあるものの、一般的に40歳くらいから始まります。
老化現象は、誰にでも起こることです。私はまだまだ若い!と思うことも、とても大切なことです。

 

しかし、症状が出た時に、きちんと老化に向き合うことが、老眼の進行速度を遅らせることに繋がります。
老眼は、簡単に自己診断ができます。

文字が見えにくい

老眼は、近くのものがぼやけて見にくくなるという特徴があります。
新聞やスマホを前後させている人を見かけたことありませんか。

 

本来は、目の中にある水晶体が、厚みを変えることでピントを合わせます。しかし、年齢とともに、水晶体は硬くなり、ピントを合わせる機能が低下します。
すると、今まで見えていた距離ではピントを合わせることができなくなります。

 

そのため、手を前後させてピントを合わせようとするのです。

夕方になるとぼやけてくる

昼間は何ともないけれど、夕方になると視界がぼやけてくるというのも、老眼の特徴です。
この場合、目が疲れているだけだと思われがちで、老眼が進行し始めていることに気が付かなことがあります。

めまいや吐き気がする

単なる目の疲労や、他の病気からくるめまいと考えられることもありますが、実は、老眼によってめまいや吐き気がすることもあります。
老眼になると文字などが見えにくくなるため、知らず知らずのうちに、目を駆使してしまいます。

 

それが、目の疲労、ストレスの蓄積に繋がり、体調不良の原因になります。

 

 

上に挙げたことが当てはまったら、老眼が進行し始めているかもしれません。簡易自己診断で老眼かもしれないと思ったら、眼科できちんと検査をしましょう。

老眼サプリおすすめランキングBEST6【口コミ徹底比較】効果があるのはこれだ!

このページでは、近いものが見えにくくなる老眼に効果のある老眼サプリについて書かれています。   老眼対策・予防 ...

The following two tabs change content below.
編集部:SAYAKA

編集部:SAYAKA

美容と健康が大好きな32歳のライターです。いつまでも若々しくいるために日々いろんな美容方法を頑張ってます♪体験談を踏まえた様々な記事を投稿しているので参考にしてみてください。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-健康
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.