ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

美容

ダイエットで実践したい痩せる食事献立!コンビニや自炊を使い分ける

更新日:

皆さんはダイエット中の食事をどうしていますか?ダイエットを決行しようとすると一番問題になるのはやはり食生活。今まで通り思うままに食べていたのでは当然痩せられるものも痩せられなくなってしまいます。

ダイエットを確実に成功させるには食生活も徹底的に見直していく必要があるわけですが、いざダイエット向けの食事を考えようと思うとなかなか思い浮かばないもの・・・。普段から意識して食事を作っていたりしなければ仕方のないことかもしれません。

そんなわけで今回はダイエットに向けて、意識したい痩せる献立とそれを作るために知っておきたいダイエットの食事の基本を見ていこうと思います。

ダイエット食の基本を学ぶことで料理への応用も利きやすくなるはず。ぜひ挑戦してみてくださいね。

ダイエット中の食事の基本


ダイエットをするなら常識としておさえておきたい食事の基本は多々ありますが、意外とこれらをしっかりと実践している方は少ないのではないでしょうか。逆にこれらをしっかりとおさえていれば劇的ではなくとも必ずダイエットは効果を見せるはずなんです。

具体的な献立を考える前にまずはダイエット中の食事の基本をおさらいしましょう。

消費カロリーを摂取カロリーが超えないようにする

もっとも基本となる考えがこちらです。改めて口に出すのもバカらしくなるくらい当たり得のことですが、消費するカロリーを上回って食事などでカロリーを摂取してしまうと、余分なカロリーはいざという時のために身体に脂肪として蓄えられてしまいます。これは生物として当然の反応です。

摂取カロリーや消費カロリーは実際にはさまざな要素が絡み合って単純に口に入れた食べ物の総量や運動して消費したカロリーとは一致しませんが、それでも人が日々使っている消費カロリーを大幅に上回るカロリーを摂取し続ければ痩せるどころか太っていくのは当然ということになります。

ファストフードやインスタント食品、お菓子に注意

日々の忙しい生活の中でついつい頼ってしまいがちなファストフードやインスタント食品、おやつ代わりに食べるお菓子などは脂質や糖質が多いばかりか、栄養が不足して効率的に身体を燃焼することが出来なくなる原因にもなります。

忙しい日々の中でもちゃんとした献立を考えて食べていくことがダイエットの基本と言えるでしょう。

糖質を抑える

巷ではさまざまなダイエットが話題になっては消えていきますが、今根強い支持を保っているのが糖質制限ダイエット。というのも近年糖質が太る原因として非常に大きな要因になっていることが分かってきているのです。

糖質が身体に入ると血糖値が上昇しインスリンが分泌されます。このインスリンは糖を分解するために必要なホルモンですが、一方で脂肪を体内へ留めるという役割も持っています。そのため糖を摂取するということは身体に蓄えられるものを増やしてしまうので太る原因になるというわけです。

糖質制限まではいかなくても糖質を意識的におさえる努力はダイエットにおいて大切なことだと言えるでしょう。

食べる順番を意識する

食べる順番を意識することもダイエットにとっては大切です。さきほども述べたように血糖値の上昇は太る要因になります。そのためなるべく血糖値が変動しないように意識することがダイエットにとってはポイントになるのですが、食べる順番を変えるだけで血糖値の上下を多少コントロールすることが出来るのです。

具体的には血糖値の上昇をおさえる食物繊維を含む野菜やお腹を満たす効果のある汁物から肉や魚といったメインディッシュ、そして最後に炭水化物と、コース料理のような流れで食事をするのが理想です。この順番を意識するかどうかでも太りやすい食事になるかどうかが変わります。

そのため献立を考える時も丼ものやチャーハンのような炭水化物一本の食事は避け、野菜類を用いた料理、肉や魚の料理、汁物・・・となるべく多数の品を食べられる環境を作りたいものです。

意識して使いたい食材

献立を具体的に考える前にダイエット中に意識して使いたい食材にも触れておきましょう。
どのような食材がダイエットに適しているのかを知っておくだけでも献立の立て方は広がるはずです。

生姜

生姜は体を温めて代謝を良くしてくれる効果があります。ダイエットと代謝は切っても離せない関係です。代謝がよくなるような食材を積極的に取り入れるようにしてダイエットをスムーズに進めたいですね。

わかめ

わかめをはじめとした海藻類は食物繊維が多く、ダイエットによって偏りがちな栄養、特にミネラル類が豊富に含まれているため健康維持のためにも積極的に食べたい食材です。

豆腐

豆腐をはじめとした大豆食品は低カロリー高たんぱくとダイエットを効率的に進めるために適した食材です。なぜ高たんぱくなものがよいのでしょう?

タンパク質は私たちの身体を構成する上で欠かせない成分です。筋肉などを維持・補強するためにもたんぱくは必要。筋肉をつけると基礎代謝が上がるのでダイエットの効率は上がります。

一般的には肉類などがタンパク供給源として有名ですが、脂質も多いことから大豆食品をうまく取り入れて低カロリーな食事でもタンパク質を取り入れたいですね。

野菜はなんでもアリというわけではない!

野菜がダイエットに良いということは一般的に考えられていることだと思いますが、野菜であればなんでもいいのかというとそうでもありせん。もっと具体的に言えばダイエットによっては適さない野菜もあるということを覚えておきましょう。

例えば糖質制限ダイエットの最中にはトマトなどはあまりオススメできません。トマトは一般的にはダイエット向きの食材と言われていますが、糖質も多分に含んでいる野菜でもあります。

ダイエットの仕方によっては野菜の中にもNGなものが出てきますから注意したいですね。

痩せるための献立とは?

ここまで見てくるとなんとなくわかってくると思いますが、痩せるための献立というのは基本的には存在しません。もっと具体的に言えば人によって異なるということです。

大切なのはこの献立なら痩せる、と決めつけてしまうのではなく、なぜこの献立を選んだのか、なぜこの献立なら痩せるのかということを理解すること、ひいては自分がどのようなダイエット法を実行すれば痩せられそうか考えることです。

誰にでも効く万能なダイエット法は存在しません。例えば効果が高いと言われている糖質制限ダイエットのようなダイエットでも、甘いものを生活から取り除くなんてありえない・・・と思う方にとってはストレスもたまりますしあまり良い方法とは言えません。

ぜひ一度自分がどんな方法ならダイエットを継続できそうか考え直してみてください。そしてその方法にあった献立を組み立てられるように、食材のカロリーや栄養についてもっと目を向けてみてほしいですね。

大切なのは献立を管理するという心持。他人から教わったレシピをそのまま痩せるらしいと真似している間は献立を管理しきれていませんから必ずボロがでてダイエットもうまくいかなくなってしまうことでしょう。

簡単に痩せられる献立は無い

ダイエットをする上で献立を考えることはとても大切なことです。しかしそれだけ食べていれば痩せる献立などという都合の良いものはなかなか存在しません。

大切なのは自分が痩せるためにどんな献立が適しているのか考えることです。大変な部分もありますが、一度自分の食生活や痩せるためにどんなことを気を付けるべきなのかを考え直し、そこから献立を組み立ててみましょう。

こちらもおすすめおすすめ

葛の花サプリメント 脂肪減少効果の高い売れ筋10選

このページは、『葛の花サプリメント』について詳しく書かれたページです。内臓脂肪が減少するおすすめのサプリメントの紹介や脂 ...

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-美容
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.