ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ダイエット

ダイエットをしても痩せないのはもしかすると食べてないのが原因かも?

更新日:

食べる量を少なくしたのに痩せない、それどころか太ってしまったという経験をしたことがあるという方は少なくないのではないでしょうか。

 

食事制限は一見やればやるほど効果が出るダイエット方法に見えますが、実はやり過ぎるとダイエットの効果が出にくくなるどころか、逆にリバウンドをしてしまうこともあるのです。

 

この記事ではそんな「食べてないのに痩せない」という問題についてご紹介していきます。

食べてない人は痩せないってホント?

ダイエットをするときは必ずと言ってよいほど食事制限をするはずです。そもそも太っている原因は食事から摂取するカロリーが多すぎること運動不足であることの2つですので、その二大要因のひとつである食事を制限するというのはダイエットをする上で当然のことと言えるでしょう。

 

しかし、場合によってはそんな食事制限が原因で痩せにくい身体になっていることがあるのです。例えば女性の一日の総消費カロリーは1600kcal程度と言われていますが、それを大きく下回る500kcal程度で生活をした場合は痩せない身体になっている可能性が高いでしょう。

 

人間の身体は食べたら食べただけ太る、食べなかったらその分痩せるというような単純な作りをしていないため、行き過ぎた過食や拒食は真逆の効果を生む原因となってしまうことがあるのですね。

例えば、ダイエットをしたことがある方ならおそらく誰もが経験したことがあるであろう停滞期はそんな食べてない習慣が引き起こす代表的な症状と言えます。

 

ダイエット中に起こる停滞期は身体が長期的なエネルギー不足を起こすことで、体内にあるエネルギーの使用を制限するために起こるものですが、食べてないのに痩せないという方は通常の停滞期以上にエネルギーが不足しているため、常に停滞期を起こしているような状態が続きます。

 

そうすると身体は慢性的なエネルギー不足の問題を解決するために、どんどんエネルギーを消費しなくなってしまい、長期化するといくら食べてない状態が続こうと痩せない体質が出来上がってしまうのです。

食べてないのに痩せない状態から回復するには

食べてないにも関わらず痩せないという状態は本当に辛いですよね。痩せるために食べてないにも関わらず、体重は落ちず空腹に苦しむという状態は確実に精神をすり減らしていくため、健康上のことを考えても危険な状態だと言えます。

 

行き過ぎた食事制限による慢性停滞期を引き起こしてしまった時はまず、思い切って好きなものを好きなだけ食べてみることから始めましょう

これはダイエット中に良く起こる停滞期を緩和するためにも使われる手法で、食べてない状態を長く続けてしまったことで痩せにくい身体になってしまった方にも有効な方法です。

 

通常の停滞期から脱却する場合は2、3日程度食事を多めに取るだけで良いのですが、食べてない状態が長く続いたことで体質まで変化してしまった時は少し根気強く取り組まなければいけません

 

具体的には少々辛くても、一日三食きちんと食事を取るようにしましょう。きつい食事制限を長期間に渡って行ってきたにも関わらず、それを台無しにしてしまうような過食はなかなか受け入れることが出来ないかもしれませんが、食べることが痩せない体質から脱却する近道なのです。

どうしても、高カロリーなものをたくさん食べることが難しいという場合は段階を踏んで量を多く食べられるようトレーニングをするという方法を取ってみても良いかもしれませんね。

 

長期的に行き過ぎた少食が続いていた場合は、身体が食事を受け付けないことがありますので、少しずつ身体に慣れさせていくことが必要です。

食べてないのに痩せないのは病気のせいかも?

身体がエネルギーの消費を抑えている状態になっているという場合以外でも、病気が原因で食べてないのに痩せないという状態になっている場合があります。

 

ここでは食べてないのに痩せないという症状が現れる代表的な病気をご紹介しますので、ご自身の身体に該当する症状があった場合はすぐに病院で検査を受けるようにしましょう。

甲状腺機能低下症

甲状腺とは様々な役割を果たす成分であるホルモンを血液に流し込む役割を持った器官のことで、甲状腺が原因で体調不良等の身体の不具合が起きているのだと気付けないために、ここが病気になると相当悪化してから発見されることが多いです。

 

主な症状としては首周りの腫れ動悸過剰な汗の分泌食べてないのに太るなどで、自覚症状のほとんどが更年期障害や一部の生活習慣病に似ています。

 

甲状腺機能低下症の症状には食べてないのに痩せないというものの他、人によっては逆にたくさん食べているのにどんどん痩せるという症状が出る場合もあるそうです。

肝臓病

一見肝臓と痩せる・痩せないという問題の間には関連性が見えないように思えますが、肝臓が病気になっている時は急に体重が増えることが多いようです。

 

肝臓に何らかの異常があることで起こる体重の増加は、体内に脂肪ではなく水が多く溜まることで起きます。

 

そのため、明確な自覚症状には急に身体がむくむようになった腹水が溜まるようになったなどがあり、注意して自分の身体を観察しておけばそこまで苦労せずに自覚症状に気付くことが可能です。

子宮の病気

一部の子宮や卵巣で起こる病気では、子宮・卵巣内に大きな腫瘍が形成されるため、いくら食べてなくともどんどん腫瘍が大きくなることで痩せないということが起こります。

 

大きな腫瘍とは言っても内側からはなかなか気付くことが出来ず、お腹が少しぽっこりとする程度なので、なかなか子宮・卵巣の腫瘍の存在に気付くことは難しいです。

 

これらの病気を予防・発見することは困難であるため、定期健診などで注意深く見てもらっておく必要があるでしょう。食べてないのに痩せないという症状があり、上記2つの病気に当てはまらない場合に子宮・卵巣の病気を疑ってみるというのも良いですね。

栄養不足が原因で痩せない場合もある

やり過ぎという程の食事制限をしていないにも関わらずなぜか体重が落ちないということもあります。例えば一日の摂取カロリーはそこまで落としていないにも関わらず何故か体重が落ちないという場合は、何かしらの病気に罹っていない限り十中八九栄養不足が原因と言えるでしょう。

 

最近だと特に炭水化物などの糖質が不足している方が多いようです。糖質を抑えることは確かにダイエットに繋がるのですが、まったく食べない状態が続いた場合は筋肉をエネルギーに変えて不足したエネルギーを賄おうとするために基礎代謝が低下してしまいます。

 

基礎代謝が低下すると、一日の消費カロリーが減ってしまうため食事制限の効果が相対的に薄くなり、その結果食事制限をしているのに痩せないという状態になるのです。

また、アミノ酸や脂質、ビタミンやミネラルなどが不足した場合もやはり食べてないのに痩せないという状態を作り出す原因になってしまいます。

 

特にダイエット中だからといって肉を一切食べないというのはかなりの悪手で、たんぱく質が不足してしまうと、脂肪が燃えにくくなるためにダイエットが上手く行かなくなることが多いです。

まとめ

ダイエット中の食事制限は痩せるために欠かせないことですが、やり方を間違えてしまうと痩せないどころか逆に太ってしまうこともあります。

 

ご紹介したように一見ダイエットをするに当たって有効に見える糖質制限もやり過ぎると身体に良くありませんから、糖質制限を行う際はあまりにも糖質をセーブし過ぎていないか考えてから行うようにしましょう。

 

結局のところ食べてないのに痩せないというのは、あまりにも食べていないのが原因となっているか又は栄養不足が深刻であることが原因となっています。

 

そうならないためにも、ダイエット中の食事には細心の注意を払っておくようにして下さいね。

 

こちらもおすすめおすすめ

葛の花サプリランキング《売れ筋10選》脂肪減少効果が高いのはこれ

このページは、『葛の花サプリメント』について詳しく書かれたページです。内臓脂肪が減少するおすすめのサプリメントの紹介や脂 ...

続きを見る

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

続きを見る

-ダイエット
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.