生理周期は気持ちに影響を与えたり、生活習慣に左右されることもあるデリケートなものなので、女性の健康を語る上で欠かせない存在です。また、生理周期が分かれば効率的にダイエットができるほか、妊娠や避妊に役立てることができます。さらに、生理周期のバラつきから子宮や卵巣の異常を見つけられるケースも。ここでは、そんな生理周期について解説。計算方法や正常な範囲、生理周期が安定しない理由について知りましょう。

4つに分けられる生理周期

生理周期とは、生理1日目から次の生理までの期間を指します。生理周期は「卵胞期」「排卵期」「黄体期」「月経期」の4つのサイクルに分けられ、それぞれに起こる体の変化が、女性の心身に影響を与えています。

卵胞期

卵胞期は、卵胞ホルモン(エストロゲン)が多く分泌される期間です。おおむね生理後の7日間続きます。卵胞ホルモンは「女性を美しくするホルモン」と呼ばれており、この時期は肌や髪がツヤツヤになり、精神的にも前向きに明るくなれることが多いです。また、比較的痩せやすいことからダイエットに適した時期ともいわれています。

排卵期

排卵期は、卵胞期の次にやって来る期間です。約5日間あり、その名の通り排卵が起こります。妊娠に適した体に変えるための「黄体ホルモン」の分泌量が増え始め、卵胞ホルモンの分泌が減っていきます。その結果、むくみや便秘、ニキビなどに悩むこともあります。

 

排卵日の3日前ごろから排卵した翌日までが妊娠しやすいため、このあたりはいわゆる「危険日」と呼ばれます。ちなみに「安全日」とされているのは、排卵期を過ぎてから生理前までの期間です。しかし、卵子の寿命には個人差があるため、確実な安全日は存在しません。妊娠を望まない場合は、安全日でも避妊を忘れずに行いましょう。

黄体期

黄体期は、排卵期を過ぎて10日前後の期間を指します。いわゆる生理前です。妊娠した場合は、この時期に精子と卵子が出会い、受精します。また、黄体期は「PMS」という生理前の体調不良がみられやすい時期です。イライラしたり憂鬱になるなど精神的にも安定せず、頭痛や下腹部痛などにも悩まされます。

月経期

月経期は、その名の通り月経(生理)を迎えた時期です。おおむね3~7日ほど続きます。生理の後半になると卵胞ホルモンが再び増え始めるので、精神状態が安定し始め、体の不調も緩和されていきます。

生理周期の正常な範囲とは?

成人女性の正常な生理周期は、25~38日とされています。平均として約28日周期で生理が来るという人が多いようです。月によっては生理周期が25日だったり、30日だったりと変化する女性もいるかと思います。生理周期がバラバラだと心配になりますよね。しかし、正常な範囲内であれば、特に問題はないとされています。

実は簡単!生理周期の計算の仕方

生理周期は自分で計算することができます。しかもやり方はとっても簡単です。2ステップで解説します。

1)まずは先月と先々月の生理開始日を振り返ってみましょう。
2)先々月の生理開始日を1日目として、先月の生理開始日の前日までの日数を数えます。

これで出てきた日数が、あなたの生理周期です。たとえば、先々月の生理が2月7日に来て、先月の生理が3月5日に来た女性の場合、2月7日から3月4日までの日数を数えて、生理周期が26日ということになります。これを数か月繰り返すと、生理周期の平均値が分かります。

アプリやソフトで生理周期を計算することもできる!

自分で計算するほか、アプリやソフトを使って生理周期を計算することもできます。生理日を記録することで今後の生理予定日を予測したり、今の自分が生理周期のどのサイクルにいるのかを教えてくれるといった機能もついています。ただし、生理不順の場合は正確な予測ができないことも多いようです。

長い?早い?生理周期が安定しない理由とは

「正常な生理周期よりも生理が早い」、あるいは「生理周期が長い」という女性、多いと思います。生理周期が23日や24日と短い場合を「頻発月経」、生理周期が39日以上ある長い場合を「稀発月経」と呼びます。

頻発月経とは?

頻発月経は、ストレスが原因で起こりやすい生理の異常です。頻発月経が続くことでよりストレスが溜まり、悪循環にはまってしまうこともあります。改善するためにはストレスを溜め込まない環境づくりが大切です。または、ピルを服用することでホルモンバランスを整えるケースもあります。

 

まれに卵巣の機能低下や黄体機能不全が原因で起こることもあります。こういった場合、妊娠しにくい体になってしまう可能性があるので、何か月も続く場合は念のため婦人科に相談すると良いでしょう。

稀発月経とは?

稀発月経の原因は、体質の場合と病気の可能性があります。体質の問題であり、排卵も認められれば、特に治療の必要はありません。ただし、妊娠を希望している場合は排卵誘発剤を使用することもあります。

 

一方、病気が原因である場合は妊娠希望の有無や患者の希望によって治療が必要になるケースがあります。稀発月経の原因となる病気には、多嚢胞性卵巣症候群や全身疾患などがあります。このほか、使用している薬の影響や精神面の影響を受けることもあります。

頻発月経・稀発月経どちらもある不整周期月経

女性の中には、頻発月経と稀発月経の両方が交互にやって来るという人もいます。こういったケースを「不整周期月経」と呼びます。生理周期に統一性がないことから、一般的には「生理不順」と呼ばれることもあります。不整周期月経は、産後や授乳中の女性や思春期、更年期の女性に特にみられます。

基礎体温を測れば、より詳しく生理周期が分かる

より詳しく、そして正確に生理周期を把握したいという場合は基礎体温を測りましょう。基礎体温とは、生命維持に必要な最低限のエネルギー消費時の体温のことです。

 

基礎体温は、生理開始日から2週間は「低温期」が続き、排卵後から生理前まで「高温期」に変わるという二相に分かれます。このデータをもとにすれば、自分の体のことがよく分かるようになります。たとえば、排卵後に高温期が続けば妊娠の可能性がありますし、低温期が長引いている場合は排卵が起こっていない可能性があります。

基礎体温の測り方

基礎体温は通常の体温計では測れません。というのも、低温期と高温期の違いは0.3~0.5度ほどの差しかないためです。そのため、基礎体温を測るときには小数点第2位まで表示される専用の基礎体温計が必要になります。

毎朝、同じ時刻に測ろう

基礎体温は朝に測ります。それもできるだけ同じ時刻が理想的です。そうすることで、時間の変動による誤差を減らすことができます。万が一、時刻がずれてしまった場合も検温は続けてください。

寝たままの状態で測ろう

基礎体温は布団の中で安静にして測ってください。また、検温中に動き回るのもNGです。正確な検温ができなくなります。

基礎体温計は舌下にあてること

基礎体温計はわきの下で測らず、口の中に入れて検温します。それも舌下にあてるようにして置くのが正解です。舌下の中でも中央にある筋の両側がベストです。毎日同じ位置に置いて検温しましょう。位置をずらすだけでも誤差が出てしまいます。

基礎体温は記録して置こう

検温が終わったら、必ず記録しておきましょう。そうすることで体のリズムが分かってきます。手帳やグラフのほか、最近ではアプリでも記録できるものが増えています。

まとめ

生理周期の計算方法や正常な範囲はお分かりいただけましたか?生理周期を知れば、自分の体のことが今まで以上に分かるようになります。妊娠を希望する場合も、今は望んでいない場合も健康管理の上で役立つので、ぜひ把握しておきましょう。

妊娠・妊活でよく読まれてるページ

ミトコンドリアサプリ効果ランキング!妊活・卵子の若返りにオススメ
このページでは、妊活中の方に注目されている『ミトコンドリアサプリ』について、おすすめ出来る売れ筋の商品の紹介と、特徴や効果、体験談などをわかりやすくまとめています。ミトコンドリアサプリをお探しの方は、ぜひ参考になさってください。ミトコンドリアの働...
The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。