ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ファイナンシャルプラン

生命保険の選び方・見直しで押さえておきたい5つのポイント

投稿日:

生命保険を選ぶとき、どんなポイントを基準に探せば自分に適した保障を備えられるのでしょう。ファイナンシャルプランナーや保険販売員などに相談する場合でも、ある程度自分がどんな生命保険を求めているのか明確にしておくことをお勧めします。
 
 
営業マンやセールスレディは、お客様のためというよりも自分の営業成績のために勧誘していることもありますから、複数の専門家に相談してみてもいいのではないでしょうか。

生命保険の選び方について

生命保険に自分が何を目的として入ろうとしているのか、まず明確にすることが1つ目です。大きく分類すると、医療保障・死亡保障、老後保障、介護保障の4通りがあげられますので、自分の目的はどの保障に該当するか考えてみましょう。
 
 
保障額をいくら備えたいかが、2つ目のポイントです。保険会社から受け取る保険金の額を高く設定すれば、その分毎月支払う保険料も割増になります。
 
 
家計を圧迫するようでは支払いが困難となり、途中で解約することになりかねませんので、無理のかからない設定にすることも大切です。
 
 
生命保険が必要な期間を見極めることが、3つ目です。子供の教育資金を備えたいという場合は、高校卒業までや大学卒業までなどそれぞれ違います。
 
 
契約者である自分が何歳まで保険が必要なのか、将来のプランを見据えましょう。
 
 
保険料の支払いをいつまでの設定にするかが、4つ目です。定年退職の60歳までという人もいれば、1回の負担を増やしても早めに払い終えたいという場合は55歳までなど、可能な範囲で決めてみてください。
 
 
契約する保険会社の決定が、5つ目です。昔からある漢字生保もあれば、外資系が多いカタカナ生保、インターネットからやり取りするネット生保などがあります。

生命保険に入るタイミング

shutterstock_324938681
 
 
生命保険に入るベストなタイミングは、まだ健康で保険の必要性を感じていないうちです。
 
 
将来自分がケガをしたり病気をすることなんて想像もつかないので、起こるかどうかわからないことのためにお金を使うより、好きなことに使ってしまいたいというのが本音でしょう。
 
 
病気だと診断されてから契約できる生命保険もないわけではありませんが、支払う保険料が通常より高くなるので、健康なうちから備えておくことが大切です。
 
 
生命保険に申し込むとき、3種類の基準が重要だといわれています。年齢、健康状態、職種の3つです。
 
 
年齢が高くなるほど、毎月支払う保険料の金額は高くなります。保険会社によって違いはありますが、誕生日を境に保険料があがる商品が多いので、その場合は誕生日を迎える前に入った方が、月々の保険料の金額は安くなります。
 
 
「ひらがな生保」や「カタカナ生保」は、契約日が誕生日の前日までの場合は、満年齢とされることが多いようです。「漢字生保」は、誕生日から半年前より1歳繰り上げて計算をするところが多いようです。
 
 
健康状態は、過去5年間の病歴で判断され、場合によっては契約できないこともあります。完治してから5年間ですから、薬を飲んでいたり血糖値や血圧が高ければ、基準に引っかかってしまいそうです。
 
 
生命保険商品によって、加入条件が60歳までや80歳までなどの制限がありますので、確認してから決めてください。職種は、登山家、カーレース、テストパイロット、プロボクシング、プロレスラー、力士などの方、無職の方も難しいことがあります。

契約前に生命保険のプロに相談しよう

shutterstock_143172139
 
 
生命保険を選ぶとき、保険会社の数や扱っている商品があまりにも多いので、しぼりこめないという悩みがでてきます。
 
 
日本の保険会社の数だけでもたくさんありますが、外資系も最近は増えていますので、全ての資料に目を通して特徴を知るのは困難でしょう。
 
 
生命保険が豊富にあれば自分にピッタリのプランに出会えそうなものですが、度を超えて多過ぎることが返って弊害になっています。
 
 
近ごろでは家族構成や職業、年齢などに応じて最適な生命保険を提案してくれる、見積もりサービスや相談サービスを賢く利用する人が増えています。
 
 
生命保険商品は、条件や規約が複雑になっていますし、わからない専門用語が多く出てきます。相談サービスを活用した方が自分で探すよりも、確実に最適なプランを見つけられるでしょう。
 
 
専門的な知識を持ったファイナンシャルプランナー(FP)に個人で依頼すると、高い費用がかかりそうですが、生命保険の相談サービスの多くは無料で利用できます。
 
 
個人の職業や年収、ライフスタイル、家族構成や子供の年齢などから、どのような保障を備えるべきか、専門家の立場からアドバイスしてくれます。
 
 
見積もりサービスは、契約後に毎月支払う保険料がいくらになるかを算出してくれます。一括見積もりサービスを利用すると、備えたい保障ではいくらかかるかが簡単にわかります。
 
 
各保険会社のホームページでも、見積もりを出せるツールがありますが、興味がある全ての会社のサイトから別々に入力するより、一括見積もりサービスの方が簡単でスピーディです。
 
 
同じ入力条件で各社の比較ができるというのも、メリットではないでしょうか。

生命保険の主契約と付加できる特約

shutterstock_314913380
 
 
生命保険を選ぶときに商品説明を見てみると、主契約と特約の2種類があることがわかります。
 
 
主契約はその生命保険の中核部分であり、主契約のみで加入することが可能です。特約は、主契約の内容に加えてもっと保障を充実させたいというときに、別の備えもプラスできるというものです。
 
 
特約の単体で加入することは不可能で、入りたい場合は主契約に付けくわえることになります。
 
 
特約の保障内容は、探せば主契約でもありますので、1つの生命保険にいろいろな特約を付加するよりも、主契約単体で契約されることをお勧めします。セットだからといって、割安になるわけではありません。
 
 
将来見直しをしたときに、生活環境が変わって主契約はいらなくなり、特約だけ継続したいということになったら、主契約なしで特約のみ続けることはできないからです。
 
 
主契約が不要になって特約だけ必要なとき、両方解約して特約の保障のみ改めて主契約の加入をすればいいと思われるかもしれません。
 
 
でもそのときには現在より年齢が高くなっていますし、もしかしたら医師に病気だと診断されて入れなくなっていることなども可能性としては考えられます。
 
 
生命保険によっては、年齢制限を設けているものもありますので、入れないケースもあります。最初から主契約にしておけば、そのような心配をせずに保障を備え続けられるのです。
 
 
特約は、保障期間や保険料を支払う期間などが主契約の影響を受けることになります。特約よりも主契約で加入した方が、見直しをしたときに生命保険の無駄を省きやすい状態といえるでしょう。

遺族に準備すべき保障額

ご自身が一家の大黒柱の場合、自分の身に万一のことがあったときに備えた生命保険を備える必要があります。
 
 
子供の有無や家族の年齢、資産状況、今の収入などによって必要保障額が違いますが、一般的にどのように算出すればいいのでしょう。
 
 
自己資産や遺族年金などの収入より、教育費や住居費、生活費を差し引いて割り出すやり方があります。
 
 
準備すべき生活費は、一番末の子供が独立するまでとそれからの2つに分けます。大黒柱の他界後は、今かかっている生活費の7割減を目安と考えてみます。
 
 
今の年間の生活費×0.7×(一番末の子が独立する年齢 - 今の年齢)。子供が独立して、妻(もしくは夫)一人分の生活費は、今の生活費の5割を目安と考えます。今の年間の生活費×0.5×(妻もしくは夫の平均寿命 - 一番末の子が独立する年齢)。
 
 
上記2つに葬儀代、子供の結婚援助資金、教育資金を合計し、見込める収入として自己資産、企業保障、社会保障、契約中の生命保険を差し引けば、遺族に準備すべき保障額が算出されます。
 
 
こうして計算した必要保障額を補うために、生命保険などに加入すればいいことになります。
 
 
自己資産には、有価証券、預貯金、売却できる資産などがあげられます。企業保障は、会社員の方でしたら弔慰金、死亡退職金などです。社会保障は、遺族年金などがあります。
 
 
葬儀代は、一般的に500万円くらいが目安でしょう。子供の結婚援助資金の目安は、一人あたり100万円、教育資金は例えば高校まで国公立に通い、私立大学に入学した場合、約1,000万円といわれています。

まとめ

生命保険の選び方を考える時に、生命保険の詳細や内容について詳しく知っておくことは必要不可欠です。勧められるままに保険に加入するのではなくて、どのような保険でどういうメリットがあるのかをよく理解するようにしましょう。
 
 
理解をした上で、生命保険に加入することにより自分にとって最適な保険に加入することが出来るのです。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-ファイナンシャルプラン
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.