ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

病気

【爪水虫】塗り薬は無い?すぐに病院に行った方が良いただ一つの理由

更新日:

白癬菌(はくせんきん)に感染してしまった爪は、変色したりボロボロになったりして見た目もキレイではありません。爪水虫は治りにくく、そして他の人に感染させてしまうこともある厄介な病気です。早く治したくても病院に行く時間が無い場合はどうしたら良いのでしょうか?放置することで爪水虫は自然治癒できるのでしょうか?これから、爪水虫の効果的な治し方や症状の悪化を防ぐ方法について解説していきます。正しい治療方法で、なるべく早く爪水虫を完治させましょう。

爪水虫になってしまう原因は?

爪水虫は、カビの一種である白癬菌が感染することで発症します。では、どこから白癬菌が感染してしまうのでしょうか?

実は爪水虫はポピュラーな病気!

爪水虫で悩んでいる人は、日本人の10人に1人と言われており、爪の病気の中で一番多い病気です。女性よりも男性の方が多いと言われていますが、大きな差はありません。若い人よりも高齢者に多く、主に足の爪に症状が現れます。爪水虫の原因菌である白癬菌は、爪や皮膚を構成するケラチンというタンパク質を食べて増殖します。

まずは爪水虫の症状を確認しよう

爪水虫で悩む人の多くは、足の親指の爪に症状が出ています。親指の爪が白く濁っていたり、黄色っぽくなったりしている場合は爪水虫の初期症状の可能性があります。症状が進行すると爪が分厚くなってボロボロと崩れたり、表面に筋が沢山できることもあります。爪には神経が無いため爪が痒くなることはありませんが、爪の周りの組織に痒みを感じることがあります。

爪水虫は症状が進行するとどうなる?

爪水虫の症状が進行すると、爪がどんどん傷んで痛みを感じるようになります。靴を履いた時に痛みを感じたり、歩きにくさを感じるようになってしまいます。こうなると日常生活に大きな影響を及ぼしてしまいます。また、他の人に感染してしまうことも爪水虫が持つ問題の1つです。家族が爪水虫になってしまった場合、全員で爪水虫の治療をしなければなりません。

足の水虫から爪に感染

元々足に水虫がある人は、白癬菌が爪に感染して爪水虫になる事があります。また、足だけではなく手にも白癬菌が感染することもあります。

他の人から感染

家族などの身近な人に水虫の人や爪水虫の人がいる場合は、家の様々な場所で白癬菌に感染する可能性があります。タオルやバスマットなどの共同使用により感染したり、切った爪や家に溜まったホコリの中で生き続けた白癬菌に感染することもあります。

爪水虫は自然治癒するの?

何もしなくても、爪水虫の症状が良くなったような気がすることはありませんか?この場合は爪水虫が自然治癒しているのでしょうか?

放置して治ったというのは間違い!

何もしないでしばらく放置していたら水虫症状がよくなった!と感じたことがある人もいるでしょう。しかし、これは放置して症状が完治したというわけではなく、白癬菌の活動が一時的に弱くなっているだけなのです。白癬菌はカビの一種であるため、温かくて湿気のある場所が大好きです。空気が乾燥して温度が下がる冬になると、白癬菌の活動が弱くなります。そうすると、まるで治っているかのように感じてしまうのです。夏になり、湿度の高い蒸し暑い気候になると、今まで眠っていた白癬菌の活動が活発になってしまいます。こうやって、爪水虫は何度も再発し、少しづつ症状が悪化してしまうのです。

爪水虫は自然治癒しない

爪水虫を放置しても治ることはなく、かえって慢性化してしまう危険性が高くなります。症状に気が付かないくらいのごく初期の爪水虫であれば、身体の免疫機能で自然治癒することもあります。しかし、症状が現れるくらいに慢性化してしまった場合は自然治癒することはありません。慢性化した爪水虫は病院で治療を開始してもなかなか治らず、通常よりも完治まで時間がかかってしまいます。自分で症状が分かるくらいになった爪水虫の原因菌は自然治癒しないということを良く覚えておき、早めに病院での治療を開始するようにしましょう。

爪水虫を自力で治す方法は?

自力で治す?それとも病院?爪水虫の治し方について確認しておきましょう。

爪水虫に効果のある塗り薬は市販されていない!

通常の水虫になった時は、原因菌である白癬菌に効果のある抗真菌薬が配合されている塗り薬を使って治療します。水虫の薬はドラッグストアなどで気軽に購入できるので、病院に行く前に自分で治療ができます。ですが、爪水虫になった場合は話が変わってきます。市販で売られている薬の中で爪水虫に効果があるものはありません。市販の薬では、爪の奥まで入ってしまった菌まで有効成分を届けることができないからです。薬が浸透しないため、水虫の薬を塗っても症状の改善効果は得られず、いつまでも治らずに慢性化してしまう原因となります。爪水虫と一緒に足の水虫で悩んでいる人は、塗り薬で爪以外の水虫症状を改善することはできるでしょうが、爪水虫の症状を改善することはできません。

爪水虫に悩んでいる人はまず病院へ!

爪水虫の場合、市販の塗り薬を塗っても有効成分が爪の奥まで浸透しにくいため、効果が十分に発揮されません。自力で治そうとしてなかなか治らないことがほとんどでしょう。爪水虫になってしまったら、専門医を受診して爪水虫に良く効く薬を処方してもらいましょう。病院では、爪の状態に合わせて飲み薬や塗り薬を処方します。飲み薬は身体の内側から白癬菌に働きかけて症状を改善させますし、最近では爪に良く浸透する処方薬もあります。

爪水虫を予防する方法

症状を悪化させないためにも、普段から爪水虫を予防する生活を送りましょう。

お風呂でしっかり洗う

患部を清潔に保つことで、爪水虫の治りを早くしたり、新たな白癬菌の感染を予防することができます。毎日、お風呂で石鹸で洗って足を清潔に保ちましょう。指の先や指の間もしっかり洗い、風呂上がりは足を清潔なタオルで良く拭いて乾燥させます。バスマットやタオルは他の人と共用しないようにしてください。いつも使用するタオルやバスマットはこまめに洗濯し、清潔なものを使用しましょう。

身体の免疫力を高める

爪水虫の原因である真菌は、身体の免疫力が弱っていると急に増殖して症状を悪化させてしまいます。普段から身体の免疫力を高めることで白癬菌に感染しにくくなりますし、爪水虫の症状を改善しやすくすることができます。ストレスを減らす、良質な睡眠をとる、バランス良く食事を摂るなど規則正しい生活を送ることで身体の免疫力を高めていきましょう。

室内を清潔にする

爪水虫の原因となる白癬菌は、室内のホコリなどの汚れと共に長期間生き続けています。こまめに掃除をしてホコリを取り除き、清潔な空間になるようにしましょう。垢のたまりやすいスリッパやマットも良く洗ってキレイにしましょうね。白癬菌は湿った場所が好きなので、スリッパなどを良く乾燥させることも大切です。

爪水虫は自然治癒しない!気になったらすぐに病院へ行こう!

水虫の塗り薬はドラッグストアで購入できますが、爪水虫に効果のある薬は一般薬にはありません。爪水虫の場合は薬が爪に浸透しにくいため、普通の水虫の塗り薬では効果が発揮されないのです。爪水虫かと思ったら、早めに病院に行って医師に診てもらいましょう。治療中は、家族に白癬菌をうつさないように気をつけながら過ごすことも大切ですよ。

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。

おすすめランキング

-病気
-, , , , , ,

Copyright© ランクラボ , 2018 All Rights Reserved.