ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

美容

湿度が高いと髪の毛がもう大変!原因を知ることで適切に対処しよう

更新日:

雨が降っている日や梅雨の時期など、湿度が高くなると髪の毛がうねったりはねたりして憂鬱になるという人は多いと思います。くせ毛だからしょうがいないと諦めていたり、一生懸命アイロンなどを使って整えようとする人など様々だと思いますが、いったいなぜ湿度が高くなると髪の毛がうねったりはねたりするのでしょうか。

 

また、湿度が高かったり暑い時期は髪の毛がよく伸びるという声も聞きますが、これは本当なのでしょうか。今回は湿度によって髪の毛がうねったりはねたりする原因や髪が伸びるということについて、そしてうねりやはねへの対処法を紹介していきます。

湿度が高いとなぜ髪の毛はうねったりはねたりするの?

まずはじめに、湿度が高いときに髪の毛がうねったりはねたりする原因についてみていきましょう。原因を押さえておかないと、対処もしようがないですね。

ダメージが原因

湿度が高くなることで髪の毛がうねったりはねたりする原因としては、髪の毛のダメージが一番とされています。よく言われる髪の毛が傷んでいる状態だと湿度によってうねりやはねが起こりやすいということですね。傷んだ髪の毛のまま放置しているという人も多いのではないでしょうか。

 

髪の外側の部分をキューティクルと言い、刺激などから髪の健康を守るはたらきをしています。これは聞いたことがある人も多いでしょう。このキューティクルがダメージによって剥がれるなどしてしまうと、髪の中の栄養や潤いが失われやすくなってしまうということですね。このことを指してダメージヘアと言ったりもします。

水分を含んで膨張

上述のように、ダメージを受けている部分はキューティクルがなくなってしまっているということです。この部分から水分を吸ってしまうということで、湿度が高くなると髪の毛のうねりやはねの原因になるということですね。湿度が高くなるとキューティクルのない部分から水分が吸収され、繊維状の層であるコルテックスに溜めこまれて膨張することで向きが変わるとされています。

 

ダメージを受けている部分は均等ではないので、それがうねりやはねとなって出てくるということですね。全体が均等に吸収した場合には太く重くなって潰れるということになりますが、部分で吸収するのであちこちはねたりうねりが出るということです。

髪にダメージを与えてしまう原因とは

髪の毛のうねりやはねの原因についてみてきたところで、次は紙にダメージを与えてしまう原因についてみていきましょう。どのようなことが髪にダメージを与えるのでしょうか。

パーマやカラーリング

髪にダメージを与えてしまう原因としてまず挙げられるのは、みなさんご存知のことだと思いますがパーマやカラーリングです。カラーリングはキューティクルを開いて色を着けるということですが、それで傷んでしまうというのは想像に難しくないですね。

 

パーマも同様で、キューティクルにダメージを与えるということは変わりません。繰り返し行っていると髪が傷むと言われているのは、キューティクルが回復しないうちに次々にダメージが加わってしまうということも挙げられるでしょう。

紫外線

髪にダメージを与えてしまう原因として次に挙げられるのは、紫外線です。肌や頭皮が紫外線によって日焼けをするように、髪も紫外線を浴びることで日焼けします。紫外線に当たっていることによって、髪の色が変化してきたという人もいるでしょう。

 

紫外線は透過する力が強く、髪のキューティクルが壊されてしまいます。それによってダメージを受けやすい状態になるということですね。肌や頭皮だけでなく、髪の毛もしっかりと紫外線対策をしたいところです。

ドライヤーやアイロン

髪にダメージを与えてしまう原因として次に挙げられるのは、ドライヤーやアイロンなどの熱です。パーマも同様ですが、髪の毛は高温によってダメージを受けてしまいます。ドライヤーの熱風の場合は毛根などもダメージを受けやすく、抜け毛の原因にもなってしまうと言われていますね。

 

髪の毛もたんぱく質なので、高温には弱いということです。ドライヤーは温度を使い分けて近くで当てないようにすること、そしてアイロンの場合も温度をしっかり使い分けることが重要とされています。

夏場にかけては髪の毛がよく伸びる?

では次は、梅雨や夏場は髪の毛がよく伸びるという話についてみていきましょう。実際にそのようなことがあるのでしょうか。

湿度との関係というよりは代謝

髪の毛が梅雨から夏にかけてよく伸びるという人は実際に多いようです。これを読んでいる人でも美容院などへ行く間隔が狭くなっているという人はいるかと思います。もともと人によって髪の伸びるスピードは違いますが、同じ人の中でも夏場に伸びるスピードが早くなるということですね。

 

その関連としては、湿度というよりは代謝が高くなることが関係しているとされています。夏場は髪が抜けやすい時期でもあるとされており、それに加えて髪が伸びやすいということで新陳代謝が活発な時期ということです。

髪にも時期がある

夏は髪が抜けやすく伸びやすいと述べましたが、やはり時期によって変わるようです。髪が生えて成長し、しばらく経って抜けるまでの間でそれぞれ過程があるとされています。これらの過程が滞りなく行われている状態が新陳代謝が正常に起こっている状態であり、健康な髪の毛ということができますね。

 

1日100本くらいは髪の毛が抜けていると言われていますが、その後3ヶ月ほどは毛根も休息しているようです。そして再び髪の毛が生えて伸びていき、抜けるということを繰り返しているのですね。長くても3年から5年ほどで毛根の休息は必要ということで、このくらいで一度髪が抜けるということですね。

湿度による髪の毛のうねりやはねへの対処とは

最後は、湿度による髪の毛のうねりやはねへの対処についてみていきましょう。基本的なことから応急処置まで紹介していきます。

髪の毛の状態を保つ

うねりやはねへの対処としてまず基本となるのは、髪の毛の健康状態を保つということです。上述したキューティクルを守るということですね。髪の毛だけでなく毛根や頭皮の状態も重要なので、しっかりと栄養をとってケアをする必要があります。

 

毎日しっかりブラッシングをするということも効果的なようです。髪をとくことで水分が均等になっていくとされています。

ダメージを避ける

うねりやはねへの対処として次に挙げるのは、ダメージを避けるということです。せっかくケアをしていても、負担をかけ続けていては改善は見込めません。これは髪以外でも同様のことですね。

 

カラーリングやパーマなども、休息期間をつくりながら楽しんでいくことが大切とされています。

アイロンやハンドクリームを使う

それでも、はねたりうねったままというのは嫌ですよね。湿度が高いときはアイロンをかける人も多いと思いますが、あまり温度が高くならないようにしましょう。高いほど効果的な気がするという人もいますが、あまり差はありません。

 

ダメージが増えるだけなので、きちんと温度管理をしましょう。そして、外出先などですぐに直したいという場合ではハンドクリームが役立つようです。もともと肌につけるものなのでそこまで心配はありませんが、低刺激のものを持っておくのも良いでしょう。

まとめ

今回は湿度によって髪の毛がうねったりはねたりする原因や髪が伸びるということについて、そしてうねりやはねへの対処法を紹介してきましたがいかがでしたか?ダメージにしっかり対処することで髪の毛の健康を守っていき、うねりやはねへの対処にもつなげたいものですね。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

おすすめランキング

-美容
-, , , ,

Copyright© ランクラボ , 2018 All Rights Reserved.