家電

【活動量計】おすすめランキング!口コミで人気のBEST3(Amazon・楽天)

更新日:

このページでは、活動量計を探している方向けにおすすめしたい商品やその選び方のポイントについて解説しています。

活動量計とは、基本的には万歩計に似ていますが、歩きだけでなく家事や仕事を含めた総合的なカロリー消費に対してアプローチできるアイテムです。

ぜひ参考にして導入を検討してみてください。

 

活動量計の選び方

活動量計を使ったことのない人にとって、活動量計にどんな違いがあるのか、正直よくわからないと思います。

ここではまず活動量計を選ぶポイントとして、活動量計のスペックについて考えていきます。

より自分にあった活動量計を見つけることで、さらに正確に、かつ効率よく一日の自分の活動の管理が可能になるはずです。

特に活動量計は追加オプションが非常に多いため、買う前に必要な要素と不要な要素を確認しておくことが大切です。

 

計測範囲で選ぶ

活動量計は基本的には日常で起きうるさまざまな動作から生まれる運動とそれによって消費されたカロリーを算出するものです。

しかし、活動量計によってはデスクワークのようなちょっとした動きを感知できても、逆に激しい運動には対応していないものもあります。

つまり日頃から本格的な運動をしている人などは運動強度における計測範囲が広いものを選ぶ必要があります。

そうしたタイプのものは自然と防水や衝撃に強い仕様のものも多く、値段も高くなりがちですが、自分の日頃の生活にあわせた活動量計を選ばないと正しい消費カロリーは算出できないと言えるでしょう。

 

つける場所で選ぶ

活動量計はメーカーやアイテムによって装着場所が違うのも特徴です。

最も主流なのはリストバンドタイプ・・・つまり腕時計の様に腕に装着するタイプですが、日中、特に仕事中も装着したい場合は目立たない方がいい、という方にはポケットにタイプやクリップタイプもおすすめです。

中には腰にまきつけるタイプなどもあり、これはメーカーごとに実用性と計測力を吟味して開発されています。

どこに装着するかを優先的に決定するのも一つの手段だと言えるでしょう。

 

オプションで選ぶ

活動量計には非常に多彩なオプションがあります。

スマホとの連携や防水機能、表示機能の違いなど・・・挙げると非常に多くの要素があることがわかります。

もちろんデザイン面などでもこのみがあることでしょう。

ベースはつける場所と計測の範囲で考えながら、それ以降はオプションの有無で絞っていくことになると思います。

どんなオプションがあるのか、購入前にしっかりとチェックしておきたいものですね。

 

口コミで人気の商品を選ぶ

特別にこだわった機能性を求めない場合は口コミから選ぶのもいいでしょう。

たとえばJACAGGの活動量計はスマートなデザインとバランスのいい機能性から多くの方に指示されているアイテムの代表です。

どれにするか悩んでしまう・・・という方はまずこういった商品からチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

モチベーションを上げる活動量計とダイエット

活動量計はどのような時に使用するのでしょうか?

やはりダイエット目的で使われている人が多いアイテムだといえるでしょう。

日々の消費エネルギーを総合的に目で見て理解できる数値にあらわしてくれるので万歩計などよりもモチベーションにも繋がりやすいのが特徴です。

 

スマートウォッチに付帯された活動量計

スマートウォッチとは多機能化し、情報過多になりつつあるスマホの中のスピードや頻回使用する情報のみを伝えてくれる腕時計型のアイテムです。

今後ますますその需要は高まるのではないかと言われていますが、最近ではスマートウォッチに活動量計が組み込まれたアイテムも登場してきています。

もはやどこからがスマホでどこからが活動量計なのか、その線引きすらあいまいになりつつあるなか、いち早く次世代の活動量計に手を出してみてもいいかもしれませんね。

 

活動量計の機能の一つGPS

活動量計は日々進化を遂げていて、最近ではGPS機能の搭載されたモデルが注目されています。

GPS搭載モデルではそれまで腕の振りなどをベースに測定していたデータをより正確に弾き出すことが可能となっています。

活動量計が弾き出すデータは年々その精度を上げています。より正確なデータを希望する方は最新版の機能に注目したいですね。

 

活動量計ランキングBEST3

ここからは、おすすめの活動量計をランキング形式でご紹介します。希望に合った活動量計は見つかるでしょうか?ぜひチェックしてみましょう。

一日の生活を計測「JACAGG 活動量計」

一日の生活を計測「JACAGG 活動量計」

本体機能:日本語対応、血圧計、心拍計、活動量計、座りがちの自動注意、睡眠モニター、電話着信提示、アラーム、時間、日付、データ同期、データ分析。時計機能はもちろん、スマホとBluetoothで接続して、血圧、心拍数、歩数、走行距離、カロリー消費、睡眠モニター

形状:スマートウォッチタイプ

レビュー

運動から睡眠まで、日常の動作で生じる心拍や血圧の変化を記録できる活動量計。

スマートウォッチタイプで、非常にスタイリッシュなデザインが装着に違和感をもたせません。

ラインや着信通知で携帯とも連動し、非常に機能性の高いパフォーマンスを発揮します。

はじめて活動量計を試すならぜひオススメしたいアイテムです。

 

スマートウォッチタイプの「GanRiver」

スマートウォッチタイプの「GanRiver」

本体機能: 活動量計、歩数記録、サイクリングモード、屋内での運動モード、屋外での運動モード、時間表示、日付、距離、カロリー消耗表示、心拍測定、音楽再生、紛失防止、カメラ遠隔操作、着信通知、SMS通知、Line通知、Skype通知、 Facebook通知、 Twitter通知、 Whatsapp通知、 長座注意通知

形状:スマートウォッチタイプ

レビュー

活動量計の今の主流であるスマートウォッチタイプ。

リアルタイムで心拍数を測定することが可能で、健康管理に使用できます。

スタイリッシュなデザインでファッショナブルなのも嬉しいポイント。見た目を気にする方にオススメですね。

 

雨にも強い「フィットビット 活動量計」

雨にも強い「フィットビット 活動量計」

本体機能: 歩数計、心拍計、 睡眠計、 着信電話通知(Email、Gmailの着信が表示されていません)、リモートカメラ撮影、 長座注意、 置き忘れ通知、SMS通知、目覚まし通知、時間表示、携帯探し、データ同期、運動データ分析

形状:スマートウォッチタイプ

レビュー

スマートなデザインが魅力的なスマートウォッチタイプ。

汗、雨、水しぶきなど、腕につけていると何かと被害を受けがちな水に対しても強い性能を持っています。

1、2位同様に高性能なスマートウォッチ型が活動量計としてはトレンドで、あとはデザイン性や細かい機能での差別化になってくるでしょう。

 

 

まとめ

圧倒的に人気なのはやはりスマートウォッチ型。

トレンドを追求してもいいですし、ポケットやクリップ式で見えないように携帯するのもアリ。

ニーズや持ち運ぶ頻度、ライフスタイルなどと相談して自分にあった活動量計を探してみましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-家電
-

Copyright© Lacy(レーシー) , 2018 All Rights Reserved.