洗顔

自分に合った洗顔料で毛穴ケアしよう!肌質別・おすすめ洗顔料23選

更新日:

このページでは自分に合った洗顔料で毛穴ケアをしたい方のために、肌質別でおすすめの洗顔料をピックアップしご紹介しています。

「洗顔料はどうやって選んだら良いの?」「洗顔料の効果をより高めるためにはどうしたら良いの?」という方に向けてしっかりとリサーチしまとめています。

このページに書いてあること

  • 洗顔料の選び方は?
  • 肌質別でおすすめの洗顔料は?
  • 正しい洗顔方法ってどうするの?
  • 洗顔料の効果をさらに高める方法って?

などを詳しく書いていきますので、洗顔料選びの参考になればうれしいです。

 

洗顔料の選び方


毎日満足できるスキンケアのためには、洗顔料の選び方が大切です。

洗顔料には肌質タイプや形状タイプなど様々な種類があります。

 

そこで、ここでは肌質別、悩み別など様々な観点から自分にあった洗顔料を選ぶポイントを調べてまとめました。

今までの洗顔料で満足していない人や、新しく買い換えようと思っている人などに参考にしていただければと思います。

 

肌質に合った洗顔料を選ぶ


洗顔料を選ぶときの大切なポイントの一つは肌質です。

洗顔料には様々な成分が配合されており、肌質によってはそれらの成分が合う場合と合わない場合があります。

 

ですので、洗顔料を選ぶときにはまず自分の肌質を見極めるのが大切。

ここでは肌質に合った選び方のポイントを調べてまとめました。

 

乾燥肌

乾燥肌の人は、保湿効果や保水効果に優れている洗顔料を選びましょう。

乾燥している人は皮脂の分泌量が少ないので、洗浄力が強いものは乾燥を悪化させてしまいます。

 

しっとり洗い上げるアミノ酸系の洗顔料がオススメです。

 

脂性肌(オイリー肌)

オイリー肌の人は皮脂をしっかり除去できる洗顔料を選びましょう。

皮脂がしっかり取り除けないと、毛穴が詰まったりニキビの原因になります。

 

皮脂を吸着する働きがある、クレイ配合などの洗顔料がさっぱりした洗い上がりになるので、オイリー肌の人にオススメです。

 

敏感肌

敏感肌の人は刺激の強い成分が配合されていない洗顔料を選びましょう。

合成界面活性剤や着色料、香料など添加物の含まれない低刺激処方の洗顔料は、敏感肌の人も安心して使うことができます。

 

全配合成分がきちんと確認できる洗顔料がオススメです。

 

毛穴に合った洗顔料を選ぶ


洗顔料を選ぶときに気をつけたいポイントの一つは「毛穴のタイプ」です。

毛穴の悩みを抱えている人が多くいますが、タイプにあった洗顔料を選べば、その悩みも改善されやすくなります。

 

まずは自分の顔の毛穴がどんな状態かをチェックするのが大切。

ここでは毛穴のタイプに合った選び方のポイントを調べてまとめました。

 

皮脂詰まりや黒ずみ毛穴の人は酵素洗顔料

毛穴に皮脂や汚れが詰まって黒ずんでいる毛穴の人には、酵素入りの洗顔料がオススメ。

毛穴の黒ずみ(黒ずんだ角栓)の主な成分はタンパク質なので、普通のメイク落としや洗顔では取り除くことができません。

 

毛穴に詰まったものを除去するために「タンパク質を分解できる酵素」が配合されている洗顔料を選びましょう。

 

色素沈着による黒ずみ毛穴の人は美白系の洗顔料

色素沈着によって黒ずんでいる毛穴の人には、美白効果のある洗顔料がオススメ。

黒ずんでいるけど角栓がデコボコしていない場合はメラニン色素によるもの。

 

色素沈着の黒ずみ毛穴には「ビタミンCやビタミンE」が配合された洗顔料を選びましょう。

※本記事での美白とは、「シミの原因を抑える・予防する・メラニンの生成を抑えて、シミを防ぐ」ということです。

毛穴の開きやたるみには保湿重視の洗顔料

毛穴が開いてしまったり、たるんでいる毛穴の人には保湿効果の高い洗顔料がオススメ。

毛穴の開きやたるみは、加齢や肌が乾燥していることが主な原因です。

 

毛穴が目立つからと洗浄力の強い洗顔料を使用すると、皮脂の分泌を増やしてより毛穴が開く原因となります。

毛穴の開きやたるみ毛穴には「保湿効果の高いセラミドやスクワラン」が配合された洗顔料を選びましょう。

 

よく分からない場合はクレイタイプの洗顔料を

毛穴のタイプがよくわからない、もしくは様々な毛穴がある複合的な場合はクレイ配合の洗顔料がオススメ。

クレイは毛穴よりも小さい粒子で、皮脂や汚れを吸着する効果で毛穴の詰まりを予防したり、古い角質を取り去るため、肌のトーンアップが可能です。

 

毛穴タイプがわからない人は「天然クレイ」が配合されている洗顔料を選び、しばらく使って様子をみてみましょう。

 

洗顔料のタイプに合わせて選ぶ


洗顔料を選ぶときは、洗顔料のタイプにも気をつけて選びましょう。

毎日のことなので使いやすさも大切なポイントですが、どんなタイプを使うかで肌の悩みを改善しやすいかどうかが決まります。

 

ここでは洗顔料にどんなタイプがあり、それぞれどんな特徴や効果があるかを調べてまとめました。

 

固形の石鹸タイプ

固形の石鹸タイプは、手のひらでよく泡立てて使用するもので若干の手間がかかってしまいます。

ですが、皮脂を取り過ぎることのない優しい洗顔料なので、敏感肌や乾燥肌の人も安心です。

 

クリームタイプ

クリームタイプは、肌に伸ばして使用するもので、拭き取りと洗い流しの2種類あります。

マッサージしながら洗う洗顔料で乾燥肌の人や泡立てるのが面倒な人に向いています。

拭き取りタイプは、拭き取る際に肌への刺激となることがあるため、洗い流すタイプを選びましょう。

 

泡タイプ

泡タイプは容器をプッシュすればすぐに泡になって出てくるので、泡立てる手間もかからず、肌に負担をかけずに汚れを落とすことができます。

出してすぐに使えるので時短ケアしたい人や泡立てが苦手な人などにオススメです。

 

パウダータイプ

パウダータイプは、水と混ぜて泡立てて使用するもので洗浄力が優しいためメイク落としはできません。

アミノ酸系や酵素の洗顔料が多く、毛穴の皮脂や古い角質が気になる人に向いています。

 

リキッドやジェルタイプ

リキッドやジェルタイプはそのまま使うものと泡立てて使うものがあり、メイク落としやピーリングができます。

洗浄力が高いものが多いので、クレンジング後に物足りなくてW洗顔をしたい人や、オイリー肌の人に。

洗浄力が高いということは、皮脂を取り去る力も高いということなので、肌の状態をみながら使用すること、洗顔後は保湿をていねいに行うことが大切です。

 

肌質別・種類別おすすめ洗顔料23選


肌質別、さらに洗顔の種類別におすすめの洗顔料をピックアップしました。

自分の肌質に合うものはどんな洗顔料がおすすめなのか、ぜひチェックしてください。

 

普通肌~脂性肌におすすめの洗顔料

普通肌から脂性肌の人におすすめの洗顔料は、スッキリ洗い上がるタイプです。

それを基準にして、保湿効果や美白効果など自分の悩みにあったものを選びましょう。

 

オススメの洗顔料には以下のようなものがあります。

 

ホワイトヴェールフェイスウォッシュ


太陽に負けないサプリホワイトヴェールから販売されているフェイスウォッシュ。

濃密ホワイト泡の中にたっぷり美容成分を配合、さらにホワイトクレイの毛穴ケアで潤いと透明感ある肌にしてくれます。

ホワイトヴェールの販売サイトへ

 

ファンケル 洗顔パウダー


キメの整った極上ツルツル肌にしてくれるのは、ファンケルが販売する洗顔パウダー。

濃密もっちり泡で角栓や不要な皮脂をつるんとオフして潤いは逃さない洗い上がり、乾燥知らずの素肌美を叶えてくれます。

ファンケルの販売サイトへ

 

オルビス 薬用クリアウォッシュ


オルビスが販売する皮脂も毛穴汚れもスッキリ落とす薬用クリアウォッシュ。

モチモチ泡で毛穴の詰まりを解消して化粧水の浸透を高め、ニキビケア成分を奥まで届けて肌コンディションを整えます。

オルビスの販売サイトへ

 

敏感肌・乾燥肌におすすめの洗顔料

敏感肌や乾燥肌の人におすすめの洗顔料は、しっとり洗い上がるタイプです。

添加物などを含まず肌に負担をかけにくい成分やオーガニックの原材料など、できるだけ無添加の洗顔料がオススメです。

敏感肌や乾燥肌の人向けの洗顔料には以下のようなものがあります。

 

コラージュ 洗顔パウダー


コラージュが販売する敏感な肌を考えて生まれた酵素配合の洗顔パウダー。

敏感肌や乾燥肌の人でも毛穴の黒ずみやお肌のざらつき、肌のくすみ、大人ニキビなど肌の様々な悩みが改善できる洗顔料です。

コラージュの販売サイトへ

 

健康家族 ランリッチ しっとりソープ


健康家族が販売する超濃密メレンゲ泡で洗い上げるランリッチしっとりソープ。

卵殻膜モイスチャーエキスと美容液並みの保湿成分配合で洗浄力、泡立ち、保湿力を最高のバランスで極めた洗顔石鹸です。

しっとりソープの販売サイトへ

 

資生堂 dプログラム コンディショニングウォッシュ


資生堂が販売する不要な汚れをやさしくオフする、dプログラムコンディショニングウォッシュ。

肌をいたわりながらメイクや汚れを落とすジェルタイプの洗顔料で、美肌バリア機能を守りながら洗い上げます。

dプログラムの販売サイトへ

 

ニキビ肌におすすめの洗顔料

ニキビ肌の人におすすめの洗顔料は、さっぱり洗い上げさらに保湿に優れたタイプです。

大人ニキビ、思春期ニキビ、男性ニキビなどがありますが、共通しているのは過剰な皮脂を取り去り、肌の常在菌バランスを整え潤いを与えること。

適度に皮脂を取り去り、保湿成分も配合されたさっぱり洗える洗顔料を選ぶようにしましょう。

オススメの洗顔料には以下のようなものがあります。

 

ラフィスコスメティック ACリッチケアライン


ラフィスコスメティックが販売する、新発想の大人ニキビケアのできるACリッチケアライン。

独自成分のダチョウ抗体配合で整菌し、ニキビ予防をする殺菌剤フリー処方の肌をやさしく洗い上げる洗顔料です。

ACリッチケアラインの公式サイトへ

 

ノブ L&W ウォッシングフォーム [医薬部外品]


ノブ L&Wが販売する、敏感肌のための高保湿エイジングケアのできるウォッシングフォーム。

保湿成分を贅沢に配合した濃密クッション泡で、ニキビができてしまったデリケートなお肌に、負担をかけずにやさしく洗い上げます。

ノブ L&Wの販売サイトへ

 

エイジングケアにおすすめの洗顔料

エイジングケをしたい人におすすめは、肌にダメージを与えずに洗い上げるタイプの洗顔料です。

肌を擦らずに優しく洗えて、さらにたっぷり潤いを与え乾燥から守れるものを選びましょう。

オススメの洗顔料には以下のようなものがあります。

 

ビーエー ホットジェリーウォッシュ


ビーエーが販売する温感マッサージ洗顔で年齢肌を改革するホットジェリーウォッシュ。

温感マッサージ効果で毛穴を開いて汚れを落とし、さらに美容液成分で肌のバリア機能を高め、キメの整ったつるつる肌にします。

ホットジェリーウォッシュの公式サイトへ

 

エスロッソ GRAV(グラヴ)facewash


エスロッソが販売するテカリやオヤジ臭など男の肌の悩みを改善するGRAV(グラヴ)facewash。

3つの天然保湿成分で角質層のバリア機能をサポートし、高保湿効果でエイジングの肌の悩みを解決できる洗顔料です。

GRAV(グラヴ)の販売サイトへ

 

美白におすすめの洗顔料

美白をしたい人におすすめは、肌に溜まったメラニン色素を残さずに洗い上げるタイプの洗顔料です。

肌のくすみやシミの原因となる古い角質や汚れをきれいに除去できて、さらに効果的な成分が配合されているものを選びましょう。

オススメの洗顔料には以下のようなものがあります。

※本記事での美白とは、「シミの原因を抑える・予防する・メラニンの生成を抑えて、シミを防ぐ」ということです。

 

トランシーノ 薬用クリアウォッシュ


第一三共ヘルスケアが販売する、きめ細かな上質泡で透明感を引き出すトランシーノ薬用クリアウォッシュ。

肌荒れ防止成分や、保湿クリーム成分約50%配合で、くすみ対策し白肌を目指せる洗顔料です。

トランシーノの販売サイトへ

 

クレンジングリサーチ ウォッシュクレンジング


クレンジングリサーチの洗顔料は、毛穴をスッキリさせるスクラブ入りのウォッシュクレンジング。

マッサージ効果で毛穴の奥の汚れや角栓を除去、また古い角質を取り除いてくすみのない明るく汚れのない肌に洗い上げます。

クレンジングリサーチの販売サイトへ

 

資生堂 エリクシールホワイトクレンジングフォーム


資生堂が販売する、スッキリとしたクリアな肌に導く薬用洗顔料のエリクシールホワイトクレンジングフォーム。

肌荒れ防止成分が配合された泡で肌のくすみの原因を除去し、肌の新陳代謝をサポートする洗顔料です。

エリクシールホワイトクレンジングフォームの販売サイトへ

 

やさしく毛穴の汚れをオフするクレイタイプ

毛穴の汚れをやさしく除去できるクレイタイプは、泥の持つ皮脂吸着力を活かした肌に負担をかけない洗顔料です。

クレイには産地や色、成分、効果など種類が色々ありますので、自分の肌質にあったクレイ洗顔料を選びましょう。

オススメの洗顔料には以下のようなものがあります。

 

健康コーポレーション どろあわわ


健康コーポレーションが販売する肌をほぐしながら洗顔でき、素肌が変わるというどろあわわ。

米麹エキスと米ぬか発酵エキスの発酵力で肌をほぐし、マリンシルト泥の吸着力で汚れをやさしく落とすことができます。

どろあわわの口コミ・詳細

どろあわわの公式サイトへ

 

ビーグレン クレイウォッシュ


ビーグレンが販売する、落とすものと残すものを見極めて滑らかに洗い上げるクレイウォッシュ。

天然クレイ「モンモリロナイト」の、汚れだけを吸着する作用で肌にダメージを与えずに、余分な皮脂や角質をスッキリ洗い上げます。

ビーグレンの販売サイトへ

 

HASウォッシングフォーム


シャンティが販売するHASウォッシングフォームは、未来の肌を見据えて肌を変えていくというコンセプトで、クレイを配合した洗顔料です。

モロッコ溶岩クレイで、粘土質の優れた吸着力で汚れや皮脂を除去し、また人の脂肪由来幹細胞から抽出した成分でハリツヤ肌に導きます。

HASウォッシングフォームの販売サイトへ

 

黒ずみや古い角質も除去する酵素洗顔料

黒ずみや古い角質を除去できる酵素洗顔料は、タンパク質や皮脂を分解して毛穴をきれいにする効果があります。

通常の洗顔では落とせない頑固な皮脂や汚れを落とせますが、クレイタイプと比較して刺激がやや強くなります。

 

オバジ 酵素洗顔パウダー


オバジが販売する酵素洗顔パウダーは、潤いをキープしながら毛穴の黒ずみや角栓などを取り除ける洗顔料です。

ビタミンC配合でエイジングケアもOK、酵素入りにもかかわらず低刺激処方で毎日使えるのが特徴です。

オバジ 酵素洗顔パウダーの販売サイトへ

 

メンソレータム メラノCC 酵素ムース泡洗顔


ロート製薬が販売するもっちり濃密泡のメンソレータムメラノCC酵素ムース泡洗顔。

整肌・保湿・ニキビ予防効果などがあり、ボタンを押すだけで泡が出るので時短ケアできるのが特徴です。

メラノCCの販売サイトへ

 

やさしい成分で洗える固形石鹸タイプ

固形石鹸タイプは、添加物が少ないので肌トラブルを起こしにくく肌にダメージを与えない洗顔料です。

優れた脱脂力があるので余分な皮脂をしっかり落とし、肌に皮脂を残さないので化粧水や美容液の浸透が高まります。

オススメの洗顔料には以下のようなものがあります。

 

長寿の里 然 よかせっけん


長寿の里が販売する然よかせっけんは天然ミネラルのシリカを超微粒子で配合した完全無添加の洗顔料です。

余分なものを含まず一つ一つ職人による手作りでできており、肌本来の力を発揮して健やかな肌にしてくれます。

然 よかせっけんの販売サイトへ

 

アルソア クイーンシルバー


アルソアが販売するクイーンシルバーは、天然ミネラルの泡でしっかりスキンケアのできる洗顔料です。

一人一人の肌の状態に合わせた適切な製品を案内できるよう、カウンセリング販売をしているのが特徴です。

アルソア クイーンシルバーの販売サイトへ

 

サンヨー油脂 ベイビースキンソープ


サンヨー油脂が販売するベイビースキンソープは、100%植物原料の成分で作られているこだわりの石鹸です。

ホホバオイルを贅沢に配合し、デリケートな素肌をいつもきれいにキープできる自然派スキンケアとして注目を集めている洗顔料です。

ベイビースキンソープの販売サイトへ

 

市販で人気の洗顔料

市販の洗顔料は、多くのメーカーから多種多様に販売されています。

市販の洗顔料は実際にアイテムを見て買えることや、気軽に買えることなどがメリットです。

オススメの洗顔料には以下のようなものがあります。

 

カネボウ スイサイ ビューティークリアパウダーウォッシュ


カネボウが販売するスイサイビューティークリアパウダーウォッシュは、毛穴の黒ずみや古い角質を除去できる酵素洗顔料です。

2つの酵素とアミノ酸系洗浄成分で、つるつるすべすべの肌にしてくれます。

スイサイの販売サイトへ

 

資生堂 専科 パーフェクトホイップ


資生堂が販売する専科パーフェクトホイップは、濃密泡でやさしくしっとり洗い上げる洗顔料です。

専科独自の潤い導入技術がリニューアルされ、しっとり・ハリ弾力・美白といった3タイプの洗顔料があります。

パーフェクトホイップの販売サイトへ

 

おうちdeエステ 肌をなめらかにするマッサージ洗顔ジェル


花王が販売する、おうちdeエステ肌をなめらかにするマッサージ洗顔ジェルは、お家で毎日エステ気分を楽しめる洗顔料です。

肌を柔らかくするタイプと滑らかにするタイプの2タイプで、マッサージしながら毛穴や乾燥のケアができます。

おうちdeエステの販売サイトへ

 

正しい洗顔方法


スキンケアの基本といえば、まずは正しい洗顔をすることが第一歩です。

きちんと洗顔ができていなくては、肌にダメージを与えたり、化粧水などの浸透が十分にできなくなります。

 

正しい洗顔とは肌に刺激を与えず優しく、そして余分な皮脂やメイクなどの汚れをしっかり落とすことがポイント。

そのためには自分の肌質と悩みをきちんと把握して、自分にあった洗顔料でていねいに洗顔しましょう。

 

ゴシゴシこすったり、洗い残し・すすぎ不足は、毛穴詰まりなど肌トラブルのもととなるので厳禁。

毎日の正しい洗顔方法を心がけて、健やかできれいな肌を目指しましょう。

 

より効果的に洗顔できるアイテム


洗顔をする際には、より効果的に洗顔ができるアイテムがいくつかあります。

これらのアイテムは肌に良い効果をもたらすだけでなく、時短できるなど便利な点も。

雑菌が繁殖しないよう、保管方法についても説明しています。

 

ここでは今注目のアイテムについてご紹介しますので、ぜひ一度お試しください。

 

泡立てネット ・泡立てブラシ


泡立てネット ・泡立てブラシは洗顔料をあっという間に泡立てることができる便利なアイテムです。

肌にダメージを与えずに優しく洗うためには、洗顔料をふっくらもっちり泡立てるのがポイント。

 

手で濃密な泡を作るのはとても難しいですが、泡立てネット ・泡立てブラシを使用すれば誰でもふっくらもっちり泡が作れます。

 

泡立てネット

洗顔料をネットにつけて手で揉み込んで泡を作ります。

泡ができたら、ネットを絞って泡を手にとり顔に塗布します。

 

使用後は洗顔料をしっかり洗い流して風通しの良いところで保管しましょう。

 

泡立てブラシ

最近注目されているアイテムで柔らかい毛の筆のようなブラシです。

色々なタイプがありますが、毛が細い方がキメ細かい濃厚な泡を作りやすいのでオススメです。

 

使用後は洗顔料を十分に洗い、やさしくタオルドライして筆の中の方までしっかり乾燥させるようにしましょう。

 

洗顔泡立て器


洗顔泡立て器とは、道具を使って洗顔料をふっくらもっちりした泡にするアイテムです。

ここでは最近人気のある2つの洗顔泡立て器を紹介します。

 

あわわ


きめ細かな泡を作れる泡立て器で、テレビや雑誌などでも多く取り上げられる人気アイテムです。

フリフリの縁がついたビーカーのような形の容器と、そこにぴったりはまるスティックのついた円盤がセットです。

 

円盤には細かく穴が空いていますが、これが泡を作るために重要な役割となります。

ビーカーに洗顔料を入れて円盤をはめ、スティックを上下させるとどんどん泡ができてビーカーいっぱいに。

 

力を入れずに30秒程度で簡単にふっくらもっちりした泡が完成します。

あわわの販売サイトへ

 

ほいっぷるん


ダイソーにある泡立て器で、もっちり泡が作れるとネットの口コミで評判になっているアイテムです。

形状はあわわと全く同じで、使用方法についても全く同じですが、泡ができるまでのスピードはやや劣ります。

 

簡単にふっくらもっちり泡が作れますが、あわわに比べると若干泡が軽いという口コミもみられました。

ほいっぷるんの販売サイトへ

 

まとめ


肌質や洗顔料のタイプ、悩み別などからどのように洗顔料を選ぶのか、またオススメの洗顔料を調べてご紹介しました。

毎日の洗顔はスキンケアの中でもとても大切な役割を担っています。

 

いつまでも美しく若々しい肌をキープするためにも、自分にあった洗顔料で正しいケアを心がけてください。

本記事が皆さまの美肌のためにお役に立てればうれしく思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-洗顔
-, , ,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2019 All Rights Reserved.